どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

家計にやさしい休日

f0202151_2157876.jpg

昨日も今日もお財布にやさしい休日。
身体にも優しいのかな?

夫のつけている万歩計は両日とも12000歩くらい。
私は夫と身長差があるぶん歩数はもっと行くだろうし
夫の速度について歩くからかなりきつい。

疲れました。

お友達から頂いた絵手紙をアルバムにしました。
5月中旬くらいから6月末までにいただいたものです。
ご覧になってください。
# by kyo-ko5 | 2009-07-19 22:05 | 絵手紙 | Comments(4)

生駒屋敷

f0202151_21444100.jpg
連休の一日目は雨の幕開けでした。
夫と息子の釣りに行く計画を耳にして
私もスケッチブックを持ってついて行くつもりにしていましたが
残念ながら中止になってしまいました。

雨も上がってきたので、近場を散策することにし
若き日の織田信長が愛した吉乃のゆかりの地を訪ねてきました。

この布袋駅からスタートです。
その名の通り駅前には布袋さんの像がたくさん建っています。
f0202151_210657.jpg

え?!だれ?モデルはあんたでしょうって言ったのは?
・・・・ん~~~~~~知らないうちにモデルにされてたのかもしれない・・・・・・・・・
f0202151_2165950.jpg

のどかな田園風景の中に般若寺は立っていました。
f0202151_2174997.jpg

生駒家の墓地
f0202151_2183647.jpg

ここが来たかった生駒屋敷の跡。
ただこの石碑が建っているだけで、跡地は幼稚園になっていますが
この周辺を若き日の信長や、秀吉が歩き
生前の遠藤周作さんもここに立っただろうなどと想像しました。
f0202151_21124634.jpg

久昌寺で、吉乃の墓があります。
f0202151_21155627.jpg

龍神社
f0202151_21163814.jpg

常観寺。ここには相撲部屋があって、土俵を覗いてみましたが
昼間はみんな名古屋へ行っているのでしょう誰もいませんでした。
f0202151_21192179.jpg

さて、苦労して捜しあてたのがこの経塚です。
自転車の女性に尋ねたら、私たちを追い越してさっさと行かれたのに
曲がるポイントに立って待っていてくださいました。感謝です。

吉乃が荼毘にふされた場所だそうで、小牧山を向いて建てられている塚のそばには
見事な桜の木があります。
花のころまた来てみたいと思います。
f0202151_2127449.jpg

どの遺跡の周囲にものどかな田園風景が広がり
歩いているうちにお天気も回復して快い遺跡散策の一日でした。
# by kyo-ko5 | 2009-07-18 21:36 | お出かけ | Comments(0)

暑いですね

f0202151_2016724.jpg

夏の洗濯物は自分の衣類が一番多いような気がする。

朝起きて着替え、掃除が終わって着替え、買い物に行くからと着替え
せっせと自分で洗濯をしている。

汗をかいて頑張ったという自己満足もあるんですけどね041.gif
f0202151_2031506.jpg

# by kyo-ko5 | 2009-07-17 20:35 | 絵手紙 | Comments(8)

ペンギンのキャラクター

f0202151_1933167.jpg

これは某ビール会社のイメージキャラクターです・・・・・・・・・・古い?008.gif

私のTシャツの柄を見て描いたのものですが
このTシャツ、いったい何年着ているのでしょう!
もう首周りはボロボロなのですが、肌触りが良くて
ねまきとして愛用してからも何年にもなります。

このキャラクターを見ると反射的に
「♪じゅん〇まぁ~~~~019.gif」というコマーシャルソングが思い浮かび
心はすぐに青春時代に飛びます。
f0202151_19411642.jpg

最近この会社と、キ〇ンが合併するという話を聞きました。
それぞれの特徴、良さがあったと思うのに
まぜこぜになってしまうなんて・・・・・・ネェ
# by kyo-ko5 | 2009-07-16 19:47 | 絵手紙 | Comments(4)

続々と・・

f0202151_2282561.jpg

毎日のように絵手紙が届いている。
おおかたは長久手の遊印展に来てくださった方からで
「思い切って、出かけて良かったです!」
「パワーを感じました」
なんて感想が書いてあると、とても嬉しい!!

いくら人に聞いても、Blogを読んでも
その場に身を置いてみないとわからないものを感じとって下さったのだろう。

感動をともにしたスタッフからは、ねぎらいの言葉が書かれていて
「やったね!」という気持が言外にあふれている。

こんな夏らしい絵手紙もいただきましたよ。
f0202151_22123757.jpg

お返事は、どうか気長にお待ちくださいましね。
f0202151_22273649.jpg

# by kyo-ko5 | 2009-07-15 22:27 | 絵手紙 | Comments(6)