どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

丸亀城

f0202151_17261087.jpg
2018年6月7日、いよいよ百名城巡りのゴール「丸亀城」です。
お城の外の道路から見た丸亀城です。

待っててね~~~今、行くからね~~~!!
お天気も味方してくれて、昨日の雨が嘘のように晴れました。
f0202151_17261485.jpg
お堀を覗くとカメがいっぱい甲羅干しをしていました。
おぉ~~、丸亀城の亀さん。
帰りに見るともっと増えていましたよ。
f0202151_17261784.jpg
期待を膨らませて門をくぐります。
f0202151_17262162.jpg
鏡石が沢山ありますが、ガイドさんによれば全部鏡石で
これはお城の威厳を示すだけではなく
「風水」だったかな・・・・ちゃんと意味があるのだそうです。
f0202151_17262418.jpg
次の門をくぐって、振り返ってみたところです。
f0202151_17262835.jpg
石垣の麓、迫力があります。
f0202151_17263288.jpg
見えている部分だけではなしに、土に埋もれている石垣部分もあるから
相当な高さになりますね。
重機もない時代、これを積むのはさぞかし大変だったろうと
石垣を見るたび思うのですが
今回案内してくださったガイドさんは
「そんなこと、わけないです」とこともなげにおっしゃいました。
「大勢の人夫を雇って、人海戦術でやります。その頃から入札制度がありました。
仕事ぶりを見張る役もいて、よく働く人には報酬を多く出しました」と。
大勢の人の食事はどうするんですかと質問すると
「そのための女性も雇いました」と。
大勢の人を使って競争で仕事をさせたので、結構早く仕上がったらしいですが
それにしてもねぇ~~~
f0202151_17264146.jpg
この坂道は結構急でした。
でもお天気もよく、見晴らしもよくなって嬉しい!
f0202151_17264468.jpg
でも私はここもあえぎながら登りました。
f0202151_17264853.jpg
井戸がありました。
お城ではどこでも結構上の方に、井戸がありますね。
左の方はガイドさんです。
運良く城郭研究家の方に出会って、とても詳しく説明してくださいました。
f0202151_17265600.jpg
おぉ~~到着です。
ここは櫓らしいですが、通称天守閣で通っているようです。
f0202151_17270186.jpg
お城から見える風景には、空海ゆかりのものが沢山あります。
空海のお母さんの生まれたところ、空海が身を投げた山・・・etc・・・・
・・・・覚えきれません・・・・・
f0202151_17270469.jpg
上から見下ろした石垣、足がすくみますね。
f0202151_17271493.jpg
方向を変えて眺めてみます。
f0202151_17275296.jpg
これは百名城達成記念に、さやかさんが作ってくださったものです。
左の方にアゲハチョウが写り込んでいて驚きました。

帰宅してから夫が手続きをして、
城郭記念協会から百名城達成の認定証が送られてきました。
2219番でした。
微妙な数字ですね。
ぞろ目になりたかったなぁ
f0202151_17271959.jpg
嬉しく楽しい丸亀城でした。

お城の話に付き合ってくださった皆様も、ありがとうございました。
沖縄から北海道まで、日本のお城を巡ることができました。
f0202151_17263766.jpg
マンホールは特産のうちわが。デザインされていました

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-06-30 18:11 | お出かけ | Comments(2)

丸亀町商店街

f0202151_22162901.jpg
話がややこしいですが、この丸亀町商店街は高松市にあります。
ご多分に漏れずシャッター街でしたが
再開発によって、賑わいを取り戻したということで夫が興味を持ちました。

栗林公園と高松城に挟まれた場所にあります。
f0202151_22155837.jpg
このお店のショーウィンドウを見たとき
私はドイツのケルンを連想しました。
ケルンには1999年の5月に行きましたが
ショーウィンドウも町を歩く人の服装も、モノトーンでした。
カラーはどこにあるのかといえば
男性ならネクタイ、ポケットチーフ、女性はスカーフなどでした。
それを思わせるような、お店のたたずまいでした。
f0202151_22160243.jpg
並木が豊富にあって、心が安らぎます。
f0202151_22160619.jpg
道路の模様です。
f0202151_22161054.jpg
上を見上げればこんなドームが。
f0202151_22161530.jpg
f0202151_22162523.jpg
この日は木曜日だったかしら、
定休日なのか閉まっている店が多くて、ちょっと人も少なめでした。

この丸亀町商店街を見学した後
私たちは丸亀市へと向かいました。・・・あぁ、ややこしい

もっときれいで沢山の写真が見たい方はこちらへどうぞ。→

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-06-29 22:45 | お出かけ | Comments(4)

栗林公園

f0202151_21202740.jpg
栗林公園には、小学6年生の修学旅行で来たはずなのですが
全く記憶がありません。
ですから、懐かしいという感情もなく
雨も降っていたので、淡々と見て歩きました。
写真だけUPしますので
行ったことのある方は「こんな所あったね」
行かれたことのない方は「こんな所なのか」と見てくださいませ。
f0202151_21203596.jpg
f0202151_21203931.jpg
f0202151_21204965.jpg
f0202151_21205548.jpg
f0202151_21205965.jpg
f0202151_21210519.jpg
池に浮かんでいる島の木を剪定するときは
舟で渡るんでしょうか。
まあるい島に、まあるく刈り込まれた木が可愛かったです。
f0202151_21211103.jpg
f0202151_21211897.jpg
夫は、昔、母親がここで写した写真があって
この橋を見るために来たかったんだそうです。
見られてよかったね。

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-06-29 21:32 | お出かけ | Comments(2)

高松城

f0202151_00514449.jpg
高松城の石垣はきれいでした。
切り込みはぎ積みって言うのかな?
f0202151_00514851.jpg
鏡石らしいのが沢山ありますね。
ここのスタンプをお借りするとき「99城目です」といったら
受付の女性にびっくりされました。
f0202151_00515115.jpg
櫓です。
f0202151_00515574.jpg
この、もわもわっとしたお花、何でしょうね。
f0202151_00520216.jpg
玉藻公園。
お友達の、たまもさんのお住まいになってる高松。
たまもさん、やっぱりここでは雨でした。
気にかけてくださってありがとう。
f0202151_00520857.jpg
お堀のそばに、鯛の餌を販売するガチャガチャがありました。
「鯛願城就」(たいがんじょうじゅ)ですって。
今治城とは違って、ここ高松城のお堀は全部海水です。
それで、お堀には黒鯛がわんさかといます。

餌を買いました。
f0202151_00521400.jpg
見てください、この餌争い。
f0202151_00521986.jpg
運良く鯛の身体が写りました。
f0202151_00522376.jpg
餌をやり終えて歩いて行くと、お堀を渡る屋根のある橋がありました。
f0202151_00523163.jpg
右側を向くと、あら、お堀の上に電車の駅があります。
駅を前から見ようと、入ってきたのとは違う門から出ました。
係の女性に、ここから出ても正門の駐車場に行けますかと尋ねると
「はい、行けますよ」という返事でした。
f0202151_00523980.jpg
おかげで駅前のこんな風景が見られたんですけど
係の方、あなたの答えは間違っていないけれど
「行けますけど、ちょっと道が怖いですよ」って教えて欲しかったです。
f0202151_00524243.jpg
こんなマンホールも見つけたし
f0202151_00524675.jpg
こんな電車も見ることができたんですけど
歩道がなくて、ビュンビュン走るトラックなどの横を歩くのが怖かったこと。

それを除けば楽しい高松城見学でした。
f0202151_00523558.jpg
あ、天守閣の位置から見下ろした画像を忘れました。
最後に貼っておきます。

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-06-29 01:23 | お出かけ | Comments(0)

行けなかった別子銅山

f0202151_00263748.jpg
今回行くのを諦めた所の一つ、別子銅山
ものすごい霧でした。
行きたかったなぁ・・・・・天空の遺産・・・・・日本のマチュピチュ・・・・
ここは道の駅で、ここからバスや鉱山鉄道に乗ります。

f0202151_00264206.jpg
この太鼓うどんも気になります。
いつかリベンジしたい!!!
夫殿、連れて行ってくれるかなぁ~~~

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-06-29 00:34 | お出かけ | Comments(0)