人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

潮岬から大島へ

f0202151_12511767.jpg
夫が「せっかくここまで来たんだから潮岬にも寄って行こう」と言いました。
潮岬で看板を見ながら「大島も面白そうだ」と大島へも行くことになりました。
f0202151_12512549.jpg
大島にはトルコ記念館があったんです。→こちら

明治時代、遭難したトルコの軍艦を地元の人が救助した。
トルコの人はその恩を忘れず、つい最近何の紛争だったかしら・・・・
帰国する手段がなくて困っていた日本人を、トルコ政府が助けてくれましたよねぇ
その話に感動したことがありましたので
思いがけずこの地に来られたことをとても嬉しく思いました。
(うろ覚えで ごめんなさいね)
f0202151_12512914.jpg
こういう景色を見ながらさらに進むと
f0202151_12513477.jpg
とても立派な記念碑がありました。
トルコ共和国から寄贈されたそうです。
f0202151_12514008.jpg
さらに進むと、灯台が見えてきました。
f0202151_12514894.jpg
あ、上に登れるんですね!
f0202151_12515222.jpg
ワクワク胸が膨らみます。
f0202151_12515604.jpg
灯台の上から見る波の美しいこと!!
岩に当たって砕けた泡の白さに感動しました。
同じように見えて一回ずつ全部違う波に見とれていたら
先を急ぐ夫に呼び戻されてしまいました。
f0202151_12520778.jpg
このお店も覗いてみたいよぅ~~~

夫には予定外の寄り道でしたから仕方ありませんね。
でも、この寄り道で見た海が一番きれいで感動しました!!
f0202151_12520041.jpg
f0202151_12514345.jpg

f0202151_12512281.jpg
ここで見つけた花たちです。


# by kyo-ko5 | 2019-06-10 13:25 | お出かけ | Comments(0)

醤油発祥の地 湯浅

f0202151_11065201.jpg
蒜山からの帰りは、回り道も回り道、紀伊半島を一周してきました。
行程が長いうえに、夫の目的はお城ですから
泉佐野・・・パス。岩出・・・パス。田辺・・・パス。
絵手紙の友達の顔を思い浮かべながらスルーしてきました。

最初に車を止めたのは、和歌山県湯浅町です→こちら
ここはお城には関係なく、夫が醤油発祥の地で
好物の金山寺味噌を買いたかったのだそうです。
f0202151_11065608.jpg
古い町並みが趣がありますね。
f0202151_11065960.jpg
裏側に回ってみました。
f0202151_11070451.jpg
f0202151_11070992.jpg
日本遺産なんですね~~
f0202151_11071245.jpg
再び表に回って歩きます。
f0202151_11071678.jpg
ここはね、角の火鉢の中にメダカがいたんです。
めだかの学校って書いてありました。
そばの紙に「最近メダカが連れ去られます。新しい子を入学させましたので
温かく見守ってください」と書いてありました。
f0202151_11072194.jpg
あ、酒屋さん!!買いたい!!
でもこの日はお休みでした。
執念でほかの店を探して「稲むらの火」という銘柄を買いました。

そう、この近くの広川は稲むらの火の場所なんですね。
f0202151_11072571.jpg
「稲むらの火の館」がありました。
門の左側の石に刻まれているのは、小泉純一郎さんの字です。

金山寺味噌は味の違いを楽しむために、複数のお店で買い求めました。





# by kyo-ko5 | 2019-06-10 12:38 | お出かけ | Comments(2)

赤崎

f0202151_17191317.jpg
ここは、鳥取県東伯郡琴浦町の「道の駅ポート赤崎」です。
なんか以前、烏賊が回ってる珍百景みたいなので放送してたのかな・・・
その日も烏賊をぐるぐる回して乾燥していました。
行くたびに目にする光景なので私としては珍しくなかったけど、写してみました。
動画ならよく分かったんですけどね。
f0202151_17193174.jpg
今回は琴浦町の花見潟墓地に行ってみました。
日本最大の、自然発生墓地だそうです。→こちら
f0202151_17193776.jpg
ここは無縁仏を集めた一角のようです。
すごいところがあるもんですねぇ~~~~~
f0202151_17194364.jpg
道の駅のすぐ隣には「風の丘」という公園があります。
ここに漂着した韓国の船を助けたという史実をもとに
日韓友好を願って作られたそうです。→こちら
f0202151_17195058.jpg
f0202151_17195450.jpg
f0202151_17195974.jpg
f0202151_17200537.jpg
韓国へ紛れ込んだみたいでしょう?
f0202151_17200967.jpg
この石風車は2トンもありますが、本当に回るらしいです。→こちら
f0202151_17201325.jpg
スケッチができたなら、筆が止まりそうにありませんね。
f0202151_17202160.jpg
面白い散策でした。

赤崎で食事をするときは「日本海を食べに来てごしなれ」
(ごしなれはこのあたりの言葉で、くださいという意味です)
というキャッチフレーズの店がお気に入りです。
私が注文するのは「何でもどんぶり」で、本当にいろんな魚介が入った海鮮丼です。
近くには「波しぐれ三度笠」という石のモニュメントや
隣の北栄町は「名探偵コナン」の作者の出身地で、コナン大橋などがあります。

え?どうして詳しいのかですって?
夏、蒜山へ帰省した時には、夫や息子がここへ釣りに来ていましたから。
鳥取県なのにこの辺は懐かしいです。
蛇足すけれど、鳥取県はもう一人水木しげるが境港の生まれで
米子空港は「鬼太郎空港」鳥取空港は「コナン空港」と呼ばれています。
f0202151_17202882.jpg
翌日は蒜山に行きますが、実家はもう人手に渡ったため
その日は倉吉にホテルをとりました。
上の画像は「白壁土蔵群」です。

# by kyo-ko5 | 2019-06-09 20:56 | お出かけ | Comments(0)

餘部(あまるべ)

f0202151_15471485.jpg
日本一高い鉄橋があった餘部には何度か行ったことがあり
古い鉄橋も見、風景印を貰いに郵便局にも行ったのに
この上にある駅には今回初めて行きました。
f0202151_15460791.jpg
駅に行くには坂道を登っても行けるらしいですが
このクリスタルタワーからエレベーターで登ります。
f0202151_15461543.jpg
入ると待合室になっていました。
f0202151_15461865.jpg
上に着きました。
海と空がきれいです。
f0202151_15463081.jpg
電車が来ました・・・って、電車の来る時間に行ったんですけど・・・
城崎温泉行です。
大勢の人がいましたが、電車に乗った人は3人で
あとは私たちのような見学者でした。
f0202151_15463707.jpg
すぐ横に古い線路が残っています。
下の道の駅で、鉄橋をかけ替えるときのビデオを見ましたが、すごい工事ですね。
監督さんはじめ、働いた方たちに敬意を表します。
f0202151_15464118.jpg
とてもすっきりしていますね。
f0202151_15464592.jpg
これはエレベーターの中から写しました。
f0202151_15465004.jpg
これも、エレベーターの中から写したものです。
f0202151_15465631.jpg
降りてから改めて見上げましたよ。
首が痛くなりますね。
f0202151_15470945.jpg
これは道の駅の横にあったものですが
駅にも当然あったんでしょうね。
うかつにも見ることを忘れてしまいました。
f0202151_15470502.jpg
この右上のカメは「空の駅長さん」って書いてあったのかな・・・・
時報には、幼稚園児の歌が流れて楽しかったです。
f0202151_15460396.jpg
古い鉄橋の一部を、文鎮などに加工して売っていましたけど
重たいものですね~
以前建っていた鉄橋全体では、いったいどのくらいの重さだったんでしょう???



# by kyo-ko5 | 2019-06-09 16:40 | お出かけ | Comments(0)

出石の町並み

f0202151_14380345.jpg
次は出石の街をご案内しましょう。
ここへ来るのは3度目で、最初来たのは子供たちが小学生のころでした。
「いずしへ行くよ」と言って到着したら
「お母さん、ここ、いずしと違う」と息子が言います。
いずし・・・・・伊豆市と勘違いしたことがわかって大笑いしました。
f0202151_14392362.jpg
街のシンボルは、この辰鼓楼ですよね。
今の時計は3代目だそうです。
f0202151_14383211.jpg
今回は行きませんでしたが、桂小五郎の潜居跡があります。
出石の人はとても親身にかくまったのだそうです。
f0202151_14383608.jpg
酒蔵です。
前回来た時は、この壁がもっと崩れかけていて、情緒豊かでしたが
今回来てみたらきれいに修復されていました。
がんばって修理されたのにがっかりしちゃいけませんけどね(笑)
楽々鶴(ささづる)という地酒があります。
f0202151_14384446.jpg
お隣にあるのが、籐細工の工房です。
f0202151_14385432.jpg
多肉ちゃんカフェがありました。
入ってみたいですね。
f0202151_14385903.jpg
前回ここで出石焼の花瓶を買いました。
出石焼は真っ白なのが特徴で、絵手紙のモデルにするのは
私にはちょっと難しいです。
f0202151_14390498.jpg
白い袋がぶら下がっているのがお蕎麦屋さんです。
六角形の顔の人形は、近くにある玄武洞のキャラクターかなと思います。
柱状節理で六角形の石が特徴ですから。
f0202151_14391338.jpg
私が街を一回りしたころ夫が山から下りてきて、一緒におそばを食べに行きました。
一人前は5皿ですが、山へ登ってきた夫は追加して食べていました。
薬味には、ネギ、大根おろし、山芋、卵がついています。
私はネギと大根おろしがさっぱりしていて好きです。
f0202151_14382825.jpg
f0202151_14381873.jpg
f0202151_14375533.jpg
f0202151_14380755.jpg
出石にはいろいろなマンホールのふたがありました。
車道に出て写すのは危ないので、逆に写してパソコンで回転しましたが
やはり四角のものは遠近感がおかしいですね。

# by kyo-ko5 | 2019-06-09 15:17 | お出かけ | Comments(0)