人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

赤木城

f0202151_22281951.jpg
ここは三重県熊野市の赤木城跡です。
100名城でも知らないところがたくさんあったのに
続100名城はなおさらで、こんなお城があったのかと驚きます。
それに続100名城は山城が多く、この赤木城も山城ですが
すぐ下に駐車場があって助かりました。
山のふもとから歩くのなら、私はスルーします。
f0202151_22283286.jpg
お天気も上々なので、さぁ、登りましょうか・・・
f0202151_22283642.jpg
天守の場所が見えてきました。
f0202151_22284144.jpg
石垣は、野面積みっていうのかな?
f0202151_22284858.jpg
どういう領主が、どういう領民を守ろうとしていたのでしょう。
f0202151_22285502.jpg
周囲の山々も写してみました。
f0202151_22290261.jpg
のどかですねぇ
f0202151_22290920.jpg
石垣って大きな石を積んだ内側に、中込石という小さな石を入れますが
これがそうなのでしょうかね。
f0202151_22282750.jpg
あざみが群生していました。
f0202151_22291683.jpg
近くに刑場跡という看板が立っていましたが
何も知らぬげに、きれいな花が咲いています。
f0202151_22294117.jpg
スタンプの置き場所がどこかなと案じていたら
タイミングよく、熊野市の車が来て職員さんに聞くことが出来ました。
そしたら、行く前に休憩した道の駅に車を止めて
すぐそばの郷土資料館にありますよということでした。
笑っちゃいますね・・・お城に行く前に押せたのに・・・
時間の余裕がなくて、資料館の見学はしないで
スランプのみを押させてもらいました。
f0202151_22293787.jpg
道の駅にあった「北山砲」です。
f0202151_22292909.jpg
向かいの山に鉱山の跡が見えました。
銅を産出して、奈良の大仏などに使われたそうです。


# by kyo-ko5 | 2019-06-12 22:59 | お出かけ | Comments(0)

丸山千枚田

f0202151_21200901.jpg
棚田を見ると、昔の人がよくぞ耕したといつも感動します。
f0202151_21195797.jpg
健脚な夫は、あちこち歩きまわって写していましたが
私は、車を止めた位置からほとんど動いていないので
あまりいい画像が写せていません。
f0202151_21202285.jpg
雰囲気だけお伝えしますね。
f0202151_21202796.jpg
ここまででもかなり登ってきており
民家はさらに上にありました。
よく頑張っていますよねぇ~~
f0202151_21201551.jpg
ここで見つけた花です。
ジャスミンの花に似ていましたが、香りはあまりありませんでした。
f0202151_21200339.jpg
これから、いろんな花が咲きそうでした。

# by kyo-ko5 | 2019-06-12 21:32 | お出かけ | Comments(0)

ここはど~こだ?

f0202151_21030062.jpg
新宮で迎えた朝、私たちはこんなところに向かいました。
f0202151_21021594.jpg
手水舎があります。
f0202151_21022158.jpg
したたるような緑の向こうに、鳥居が見えてきました。
賽銭箱もあります。
f0202151_21022874.jpg
鳥居をくぐります。
石段ですねぇ~
f0202151_21023563.jpg
おや?石段がカーブしてますよ。
f0202151_21024065.jpg
荒々しい石段が、ほとんど垂直なんですねぇ~
f0202151_21024909.jpg
何人に抜かされたやら・・・・・・

ここは神倉神社への参道です。→こちら
山頂までは無理としても、ゴトビキ岩までは行きたいと頑張ったのですが
見上げるような石段は、垂直に近いんですね。
山登り用のスティックは準備していたものの
よしや登れても、下りは相当に危険に違いないと、ここで登るのを断念しました。
う~~~~~~悔しい!!
これと似たような石段は、2015年に熊野磨崖仏に行った時に登りました。
その時から比べると、体力が落ちているんですね~
仕方がありません、神倉神社のサイトでも
「ご年配の方は、下の鳥居からご参拝ください」と書いてあります。
リスクは避けることにいたしましょう。

・・・・・というわけでゴトビキ岩に行こうとしたのですが
行くのを諦めたので、画像はありません。
夫は登ったので、降りてくるのを下でおとなしく待っていました。
f0202151_21030665.jpg
ふもとには出雲大社の新宮教会がありましたよ。
新宮にはパワースポットがいっぱいですね。

ここのサイトに詳しく書いてあります。日本神話.com

# by kyo-ko5 | 2019-06-11 21:45 | お出かけ | Comments(4)

新宮城と居酒屋の話

f0202151_20112392.jpg
新宮城は歴史民俗博物館にスタンプを置いてあるので、先にそちらに行きました。
受付の男性は話好きな方で、徐福(クリックしてみてください) のこと、駐車場のこと、
果てはスイーツのことまで話してくださいました。
徐福は、泰と名乗って、京都の街を作った泰氏とつながってると夫は言います。
f0202151_20273024.jpg
スイーツはいつも友達がお土産に下さるお菓子で
今度は私がお土産にあげたら驚くだろうなと思いましたが
今度会う予定の日まで賞味期間がありませんでした・・・ザンネン
f0202151_20112626.jpg
教えられたとおりの駐車場に車を止めて城山に登ります。
f0202151_20113074.jpg
街を振り返って見ました。
f0202151_20113325.jpg
ここが天守のあった場所だろうと思います。
新宮城は「え!私が続百名城に選ばれたの?」と、戸惑っているような感じで
きれいに清掃が行き届いていましたが
天守だとか二の丸だとかの表示が見当たりませんでした。
(見落としただけだったらごめんなさい)
f0202151_20113736.jpg
天守から新宮川のほうを見た風景です。
f0202151_20114362.jpg
きれいに整備されています。
f0202151_20115256.jpg
f0202151_20115600.jpg
石垣は、切込みはぎ積みというのかな・・・整然としています。
f0202151_20115921.jpg
可憐な花が咲いていました。

さて夕食は、ホテルの隣の10人も入ればいっぱいになるような、小さな居酒屋に行きました。
カウンターに座ると、正面に吉田類の色紙が目に入ったのです。
「ここに吉田類さんが来たんですか?」と注文もしないうちに
居合わせたお客さんも交えて、類さんの話になりました。
類さんが感動して涙を流されたので、異例の撮り直しになったんだそうです。
撮影は突然ではなく、2か月くらい前にスタッフの方が来られたとか
六角さんの吞み鉄の話になったり、会話が弾みました。

そのうちお客さんが入れ替わって、
新しく入ってきた方は、来るなり水割りと熱燗を注文されました。
おかしな注文だなぁと思っていると、熱燗は私たちにふるまってくださるためで
私は久しぶりに日本酒で酔っぱらってしまいました。
肴を食べ終わるとすぐに帰られたので「どなたですか」とお聞きすると
木〇建設の社長さんですって。
交わした会話は、梅干しの漬け方などで、気さくなお方でした。
思いがけず楽しい夜を過ごすことができて
また新宮に来ることがあったら、必ずこの店に来ますと約束しました。

# by kyo-ko5 | 2019-06-10 21:10 | お出かけ | Comments(2)

串本から太地、那智の滝

f0202151_14412294.jpg
潮岬であんなに晴天だったのに、串本あたりでは曇ってきて
海の色も全く違って見えました。
f0202151_14414154.jpg
橋杭岩ではちょうど引き潮の時間でした。
f0202151_14413744.jpg
つい最近のブラタモリで橋杭岩の成り立ちを見て
「なるほどね~」と思ったばかりでしたが
もうすっかり忘れています。
f0202151_14414573.jpg
太地にはちょっと寄って、足跡を残しただけでした。
f0202151_14414901.jpg
くじらの博物館です。
夫が「クジラの置物があったら買いたい」っていうので
「え?!」っと思いましたが、欲しい形のものが売っていませんでした。
f0202151_14415520.jpg
那智の滝へ着きました。
f0202151_14415927.jpg
修学旅行でしょうか、子供が大勢います。
f0202151_14420429.jpg
f0202151_14421014.jpg
f0202151_14421413.jpg
さぁ、参拝したらまたこの石段を登って帰りましょう。
f0202151_14422051.jpg
私のほうがずいぶん先に出発したのに、子供たちの足は速い!!

こんな道を結構歩いたつもりですが、ちっとも体重は減りません・・・・・

# by kyo-ko5 | 2019-06-10 15:01 | お出かけ | Comments(0)