どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

<   2018年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

8月も終わり

f0202151_20550492.jpg
8月最後の夜が更けてゆきます。
昼間はすごい嵐のような雨風でしたが
今は月夜で、沢山の虫が鳴いています。

この夏は大変な暑さで、庭の雑草や、草花も枯れてしまって
ホトトギスなどは今秋は咲きそうにありません。
草むらのような場所が減ってしまったので
虫の隠れる所があるのだろうかと危ぶんでいましたが
こうして沢山の鳴き声が聞けて嬉しいです。

皆さんも私も、この夏をよく耐え抜きましたよね~
毎年、暑中見舞いには「暑さに負けないで」と慣用句のように書いていましたが
今年という今年は本気でそう思いました。

まだ、すんなりと涼しくはならないのでしょうが
皆さん、本格的な秋の訪れを楽しみに待ちましょうね~~
f0202151_20550030.jpg
今日は絵手紙がないので、私のコレクションの一部です。
パッチワークに使うシンブルです。
実際にパッチワークをやるときに使ったのは、金属製のもので
これらは旅行の時などに買い求めた未使用のものです。
なるべくその土地の特徴のある模様のものを買ったので
時々出して眺めては、昔の旅行を懐かしんでいます。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-31 21:17 | よもやま話 | Comments(11)

お接待

f0202151_13390036.jpg
夫が図書館から、黛まどかさんの四国遍路の本を借りてきたので
私も読ませて貰いました。
黛さんが歩いて、通し遍路をされた時の記録で
過酷な道中のこと(険しい道や、雨の日もありますが、
大変だと感じたのはトンネルを歩くことだそうです)
様々な人との出会いや体験を読んで感動しました。

読み終えて私が思ったのは、もしもなれるものなら
お遍路さんより、お遍路さんをお接待する人がいいなということです。

遍路道の草を刈ったり整備する人、
壊れたところを直す人
参道をお掃除する人
迷いやすいところに道標を立てる人、
手作りの地図を作る人
食べ物や飲み物のお接待をする人
そういう人たちがお遍路さんを支えているんだなぁと思いました。

それぞれの悩みや思いを胸に抱えて懸命に歩くお遍路さんに
ほんの一時でもほっとなごんでもらえる
そういうお接待の出来る人生っていいなぁと思うのです。

そう夫に話したら「じゃあ、俺はお遍路するから
俺をお接待してね」だって。


画像は、友達にお盆のお土産を入れて渡すラッピングです。
中身がおまんじゅう一個でも、
絵手紙で付加価値をつけてごまかして・・・・アハハ
笑って受け取ってください。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-29 14:35 | 絵手紙 | Comments(2)

防災訓練

f0202151_14120209.jpg
昨日、市の防災訓練が、私たちの中学校区で開催されました。
班長は夫婦で参加することになっていたので
夫と共に、午前7時50分に中学校のグランドに行きました。
夫は消火器係で、消火器の実演をしましたが
私は特に役はなく、グランドで壊れた家屋から人を救出したり
けが人を搬送する訓練を見たあと
体育館に移動して、パーテーションを組み立てたり、収納したり
簡易トイレの組み立てを見学しました。
f0202151_14120784.jpg
簡易トイレは、実際は屋外に作られますが、今回は体育館の中で組み立てられました。
5千回使用可能なんだそうですが
そうするために、かくはん棒が取り付けられていました。
f0202151_14121141.jpg
炊き出しの実演も行われていて
おはぎは、ご飯を潰さずに丸めて、きなこやごまをまぶしてありました。
ご飯にきなこをかけて食べる発想はいままで考えたことがなくて
こうして丸められていると、おはぎってご飯だったんだと思いました。
ご飯の炊き方は、男性の説明がわかりにくかったのですが
ビニール袋に無洗米と、きれいな水を入れ、もずくも入れて
口をきちんとゴムで縛って、大きな鍋に水を入れて湯煎してあるようでした。
こうすると大鍋のお水は、雨水などでも良いということのようです。
「もって行きますか」と聞かれたのでいただいて来て
家でお昼ご飯に食べましたが、少し固く、お茶漬けにしました。
美味しいとはいいにくかったのですけれど、災害の時にはしかたがないことですね。
f0202151_14121576.jpg
その後またグランドに出て、高層の建物から人を救出する訓練を見学しました。
予想気温は35度で、お茶と、扇子と、飴、タオルに帽子と暑さ対策を完璧にして参加しましたが
グランドのテントの下は風通しもよく、疲れた感じはありませんでした。
しかし非日常の体験に、身体の方は苦痛を感じていたのか
今朝は普段より遅くまで寝てしまいました。
f0202151_14121954.jpg
それなら本当に災害が発生して避難したなら、もっと緊迫感があり
その上、不安、心配が加わって、もっと身体のダメージが大きいだろうと思いました。
そういう日が来ないことを願います。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-27 14:18 | よもやま話 | Comments(2)

道の駅 はくと

f0202151_14592461.jpg
昨年、道の駅「はくと」で食べたワニラーメンをいとこがいたくお気に入りで
今回も是非食べたいという希望で、帰省初日のお昼はここへ寄りました。

白兎海岸海水浴場へ来る人たちも、ここへ駐車するので
駐車場も、お店も激混みでしたが
なんとか食事のテーブルを確保しワニラーメンを食べることが出来ました。

駐車した場所が遠いからと夫にせかされて
f0202151_14593018.jpg
あ、ピンクのポストがある!ここで投函したい・・・と思えど
写真だけ写して走り
f0202151_14594370.jpg
あ、大黒様!・・・前に回る時間が無い・・と後ろから写し
f0202151_14593818.jpg
マンホール!・・・・そうか、ここは鳥取市なのね・・・・と走る。

運転は夫任せなので、機嫌を損ねないように
わがままを言わず、蒜山への道を急いだのでした。

自宅への道中では、途中兵庫県明石市でお墓参りに寄ったのですが
ここもいとこの希望で、昼食は明石焼き。
焼けた順に一枚ずつ運ばれてきて、4人が我先に箸を延ばすので
写真を撮り忘れました。

明石焼きをご存じない方のためにいうと
f0202151_15181782.jpg
これはフォルムカードですが、こんな感じで板の上に乗せて出されるんですよ。
私たちが行ったお店は、20個乗っていて「一人5個ね」
2枚目が来たらそれも「5個ずつね」と食べて
気がつけば写真を撮り忘れていました。

明石焼きというのは、外部の人がそう呼ぶようで
地元の人は、たまご焼きといいます。
メニューに明石焼きがないので、いとこは
「どれを注文するの?」と、戸惑ったようです。

いろいろよく食べた里帰りでございました。


[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-23 15:30 | お出かけ | Comments(6)

食事その3 マス釣り

f0202151_16000368.jpg
この日は、蒜山の「叉木」というおそば屋さんへ出かけました。
私たち4人ともお気に入りのお店です。
ここも、定休日をちゃんとリサーチしていったのに
・・・・・・・・お休みでした・・・・・・ア~ア

ほかに蒜山では思い当たる店がなかったので
夫がマス釣りに行って、お昼はマスを食べようと提案しました。
・・ということは、マスが釣れるまでお昼はお預け・・です。
ま、面白いので賛成して、マス釣り場へと行きました。
f0202151_16002428.jpg
あ、夫に引きがあったようです!
f0202151_16001760.jpg
お!釣れました!
f0202151_16004851.jpg
小さな子供も頑張っています。
f0202151_16004377.jpg
釣り堀の中には、こんなに沢山の魚がいます。
規定量以上に釣れたら、実費を払うので
トータルで8匹釣れたところでやめました。

この場所で炭火で焼いて食べるもよし、持ち帰るもよし。
持ち帰るには、お金を払って腹を出して貰うのと
自分で、その処理をする方法があります。
自分でやると、包丁が無料で借りられて、塩をして貰えます。

私たちは男性群が、その処理を引き受けてくれました。
f0202151_16005324.jpg
夫の手。
f0202151_16010005.jpg
いとこの旦那の手。
f0202151_16011091.jpg
二人とも、がんばれぇ~~~
f0202151_16011498.jpg
スーパーで、バターとおにぎりを買って、自宅で焼きました。
今ホットプレートに乗っているのは、アマゴのようですが
3種類の魚が釣れたんですって。
f0202151_16011863.jpg
いただきま~す。

おそばは食べられませんでしたが
楽しくて美味しい昼食でした。


[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-21 16:42 | お出かけ | Comments(4)

食事その2 ナジャ

f0202151_15185388.jpg
蒜山ではいとこの希望で「ナジャ」というお店に行きました。
中蒜山の麓で、森の中にあります。
f0202151_15185840.jpg
天気予報通りの雨で、カエル君も傘を差してお出迎えです。
f0202151_15190678.jpg
f0202151_15191212.jpg
f0202151_15191980.jpg
f0202151_15192522.jpg
f0202151_15193127.jpg
お店に入るまでにワクワクします。
お天気がよければテラスで、まったりとくつろぎたいですね。
f0202151_15183553.jpg
郷土料理ではありませんが、
小鉢膳を頼むとこんなにたくさんの皿がついています。
冷や奴は、ミョウガの薬味がきいて絶妙です。
ここのお醤油も味がよかったので、
昨年、地元の店で同じ銘柄を探してみましたが
残念ながら売っていませんでした。
f0202151_15184090.jpg
夫はかたくなに、ジャージー牛カレー。
たっぷりのチーズと卵がかかって、これはこれで美味しいのですけれど
虎視眈々と、私の小鉢を狙っています。
私も多すぎるくらいの皿数なので
夫に分けてあげましたとさ・・・・

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-21 15:41 | お出かけ | Comments(0)

美保関

f0202151_21561901.jpg
帰省した時チャンスがあれば、私には行きたいお店が一軒ありました。
それは鳥取県米子市にある「大吉」というおそば屋さんです。
住宅地にあって、普通の民家をお店にしてあるところで
以前そこで食べた、そばがきの味が忘れられません。
是非もう一度、そばがきを食べたかったのです。
夫と、いとこ夫婦の了解も得られて行けることになりました。

ちゃんと定休日もリサーチして行ったのに、なんということでしょう
臨時休業でした・・・・・・・(涙)

そこで夫が観光案内で調べた、海鮮丼やさんへ行きましたが
なんと!そこもお休み。
仕方なく美保関まで車を走らせました。
上の画像の白いビルは、弟が健在の時一緒に泊まりに来た懐かしいところです。

地元の方に聞いて、そのビルの隣にあるお店で食事しました。
f0202151_21564233.jpg
そこで出されたのは、この時期に山陰ですから、やっぱり白いか。
白いかのお刺身に、げそのぬたです。
f0202151_21564692.jpg
こちらが魚のお刺身で、このほかに魚の煮物もありました。
このとき添えられていた、お醤油が美味しかったので
お店の方に聞いたら、すぐ近くにある「たいこ醤油」の品で
もし行かれたら、醤油アイスが美味しいですよと勧められました。
f0202151_21565485.jpg
ここが「たいこ醤油」です。
「たいこ醤油」と聞いて「太鼓」を連想したのですが
「太皷」で、初めて見る漢字でした。
名字が太皷さんなのだそうです。
f0202151_21565880.jpg
食事したお店の方が熱心に勧めてくださったので、しょうゆアイスを食べました。
いとこは醤油を、私はつゆの素をお土産に買ってきました。

今日我が家でそうめんを作って食べたら美味しくて
ちょっと高いなと思いましたが、5~6倍に希釈するのでお値打ちで
お取り寄せしようかと、夫と話しました。
f0202151_21571196.jpg
お醤油屋さんを出たら、青石畳通りを通って、美保神社へ向かいます。
青石って、緑がかった石で、以前来たとき打ち水をしてあって、きれいでした。
f0202151_21572776.jpg
私は、あちこちの路地を覗いたりするので、なかなか先へ進みません。
f0202151_21571855.jpg
f0202151_21572217.jpg
路地って、なんか楽しい♪
f0202151_21573246.jpg
ギャラリーもありました。
f0202151_21574281.jpg
あ、ここ以前来た旅館です。
とても古い建物でした。
f0202151_21574698.jpg
f0202151_21580547.jpg
青石畳通り、終了です。
って、ほんとはこちらが入り口なのかしら?
f0202151_21580972.jpg
井戸があります。
ポンプの取手というのかな・・・跳ね上がってますね。
今も水が出ました。
f0202151_21575227.jpg
とても立派な社殿です。
f0202151_21581364.jpg
観光案内所に、関の五本松の原木を展示してありました。

昔、両親が農作業をしながら「関の五本松」という民謡をよく歌っていました。

 ハアー 関の五本松 ドッコイショ
 一本切りゃ四本
 あとは切られぬ 夫婦松
 ショコ アショコ
 アショコホイノー松 ホイ


という歌詞ですが、ここで初めて意味を知りました。
五本のうち、もし一本を切ったら・・・と言う意味だと思っていましたが
実際は大名行列の邪魔になると、一本切られてしまったのだそうです。
もう、切ってはいけませんよということだったのですね。

両親も亡くなって、この歌を聞いてから60年もたってから知ることとなりました。
(フォントが変ですけど、直すことが)出来ません
f0202151_22534367.jpg

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-20 23:16 | お出かけ | Comments(2)

帰宅しました

f0202151_21125782.jpg
昨日、蒜山より自宅へ帰ってきました。
これは国民休暇村からの眺めで
帰宅する日の朝、写しました。
f0202151_21130592.jpg
少しカメラを左に振るとこういう風景になります。
f0202151_21131016.jpg
もっと左を写してみました。
休暇村の宿泊棟です。
f0202151_21132088.jpg
高速道路に乗る前に,道の駅「風の家」で買い物を。
f0202151_21132790.jpg
道の駅の向かい側にあるひまわり畑です。
もう少し上のアングルから狙いたいのですが
高い場所は,競争率が高くて行けませんでした。
f0202151_21133143.jpg
これは蒜山サービスエリアからの風景です。
蒜山が眺められる場所はここが最後です。

今回はいきなり一番最後の日からの紹介になりましたが
最後の18日が一番お天気がよかったのです。

同行した、いとこ夫婦は,登山が趣味ですので
山を見るのを極上の楽しみにしているにもかかわらず
お天気がよくても,山がきれいに見える日はなかなか無いものなのです。

今年の蒜山は涼しくて,朝方は平均22度でした。
帰宅する日の朝は16度で、半袖では寒かったです。

自宅の方はさぞかし暑いだろうと,覚悟して帰宅しましたけれど
案に相違して、気温が下がっていました。
今朝の気温は25度で、日中はもっと上がりましたが
30度でも涼しいと感じるのは、38度の日々を耐え抜いてきたからですね。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-19 22:07 | お出かけ | Comments(2)

小さい人?

f0202151_15272019.jpg
この秋の風景をコラージュした絵手紙も
実家に行くとき持って出る予定です。
送り先も決まっていてyayoiさん宛てです。
f0202151_15272508.jpg
というのも,先日yayoiさんから届いたのが↑このスケッチだったのです。
尾瀬ですね。
旅行会社カタログを見ていたら,同じアングルの秋の写真があったので
私はそれを切り取ってコラージュしました。
yayoiさんは今年、47都道府県のマラソン大会を制覇するという夢を達成されて→こちら
その後、登山にチャレンジされているようなのです。
それで,言葉は「楽しみは無限大」としました。
さらに、47都道府県制覇しまたという連絡をいただいたのは
鳥取県倉吉市の風景印が押された絵手紙でした。
f0202151_15273418.jpg
↑これです。
だから私も彼女へのお便りは、倉吉の風景印で送るつもりです。
yayoiさん、私の遊び心に笑ってくれるかなぁ~

さて、タイトルの「小さい人」ですが
yayoiさんのスケッチに添えられたコメントに
「京子さんは、小さな身体であっちこっち動いて
BlogをUPして本当に感心しています」と書いてあったのです。

私は身長が150センチ程ですから、背は低いですが
自分では小さい人という認識はなくて「太った人」だと思っていました。

そういえば夫もサービスエリアなどの駐車場で「京子は小さくて車から見えにくいから
歩くとき注意しなさい」とよく言われます。

小さい人って、なんかかわいらしい感じがしていいなって
お便りを読んでほっこりしました。・・・アハハ
f0202151_15273025.jpg
yayoiさんの尾瀬のスケッチに押されていたのは↑この風景印です。


明日から実家へ出かけますので、しばらく更新はお休みさせていただきます。



[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-13 16:06 | 絵手紙 | Comments(0)

パトロール

f0202151_10201172.jpg
私の町内では夏と冬にパトロールがあります。
班長と,有志のボランティアで夜8時から行われますが
昨夜は私たちの班が当番でした。
今回は私が行かせて貰いました。

二組に分かれて、町内の西と東を、拍子木を鳴らしながら歩きます。
それにしても一時間もかかるんだろうかと思っていましたが
すべての道をくまなく歩きますので,ほぼ一時間かかり
問題も無く終了いたしました。

私たちの組は,男性が7人、女性が私を含めて二人で
歩くスピードが不安でしたが、ついて歩けてよかったです。
f0202151_10201724.jpg
今日の絵手紙は、沖縄のグラスです。
上の方はワトソン紙に,クレヨンと透明水彩を使いました。

二枚目は思いついて、スタイラス技法を試みましたが
適当な用紙がなく,にじみの薄い画仙紙を使ったら
スタイラスのあとがしっかり出てきませんでした。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-08-12 11:04 | 絵手紙 | Comments(2)