人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

カテゴリ:よもやま話( 217 )

運動会でした

f0202151_16105939.jpg
昨日、小学校の運動会でした。
同じ団地ですが、隣の校区なので、私も歩いて行って運動できました。

校庭に着いて「ここはキャンプ場なのか!」と思いました。
それぞれの保護者が持ち込んだ、テントが立ち並んでいます。

夫と私は、敬老席で観戦させてもらいました。
お茶とお菓子もいただけましたよ。
f0202151_16174442.jpg
暑さを考慮して、今年は種目がかなり減っているそうです。

一年生の孫は玉入れに出場しました。
3回勝負で、一回目は普通の玉入れ。
制限時間内にたくさんの玉を入れたチームの勝ちです。
2回目はひとり一個ずつの玉を投げて、どちらのチームがたくさん入るかを競います。
3回目はすべての玉を早く入れ終わったチームが勝ちます。
どの競技も一年生がやるとかわいいですね。
f0202151_16122169.jpg
ダンスを披露したのは、3年生と5年生。
どちらもキレがよくて、「私たちの頃は踊りだったね」と夫と笑いあいました。
「パプリカ」は今時だと思いましたが
2曲目は、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」
私は懐かしくて口ずさんでしまいましたけれど
踊っている子供たちは「リンリンリンリン・・・・・」とか
「ダイヤルを回す」の意味を理解しているんでしょうか・・
「着メロ」に指で「タップ」するんですもんね、今は。

綱引きは、1・2年生、3・4年生、5・6年生と3回に分けて行われ
3回に分けるほど児童がいるということに安心しました。

ちょっと残念なことに、晴天ではありませんでしたが
熱中症の心配のない、楽しい運動会観戦でした。

by kyo-ko5 | 2019-09-29 16:54 | よもやま話 | Comments(4)

煮卵

f0202151_15021089.jpg
昨日、煮卵を作ろうと思い立ちまして、上記の2種類を作りました。
ピンクのほうは、いただいた紫の大根を酢漬けにしましたが
その時の酢があまりにもきれいなピンク色なので
それに卵を漬けたら、ピンクの煮卵ができるかなと思ったのです。
画像の左上が元の酢なのですが、一晩漬けたら
下のように卵はほのかなピンク色にはなりましたが
酢の色が見る影もなく薄くなっています。
卵と酢は、相性が悪かったかしら?
味も右の、めんつゆにつけたもののほうがおいしい気がします。
ともあれ、今夜は2色の煮卵を使ったサラダでも作りましょう。
f0202151_15022264.jpg
これは昨日お出かけに持参したプチお土産です。
中に入っているのはお口の友・・・飴です。
f0202151_15150372.jpg
出かけた先は、友達の絵手紙展です。
f0202151_15150793.jpg
お部屋の中ではなく、オープンスペースに段ボールを使って
ユニークな展示をしてありました。
壁がないというハンディーを乗り越えたアイディアですね。
すべて、会員の方がどなたかに送られた絵手紙で
心のこもった絵手紙展でした。

by kyo-ko5 | 2019-09-01 15:31 | よもやま話 | Comments(4)

変だなぁ

f0202151_14310054.jpg
Blogの右の欄が表示されなくなりました。
タイトルも表示されていません。
どうしてかなぁ・・・・
どなたか教えてください。


by kyo-ko5 | 2019-04-21 14:33 | よもやま話 | Comments(0)

喜寿のお祝い

f0202151_21325784.jpg
今日は寒の戻りなのか、すごく寒い一日です。
昨日は暖かで、いとこのご主人の喜寿のお祝いに招かれて出かけました。
最近、昼にビールを飲むことがほとんどないので
昨日は帰宅したら、もう眠くて眠くて・・・・

いとこのご主人は「私が就職したころは、定年が55歳でした。
だから定年になったらさっさと会社を辞めて、5年間ほど好きなことをしたら
もう人生はピリオドだろうと思っていたのに
予想をはるかに超えて喜寿を迎えることが出来
こんなに大勢の親せきにお祝いしてもらえて、本当に嬉しいです」
そう挨拶されました。

私ももっと若いときは、平均寿命までは楽勝で生きるだろうと考えていましたが
今は、元気で生きていくことがどんなに大変かを痛感します。
今こうして生かされていることが奇跡だと感じます。

昨日はなごやかで嬉しいお祝でした。


by kyo-ko5 | 2019-03-17 22:06 | よもやま話 | Comments(2)

実家をたたむと・・

f0202151_16334205.jpg
実家の片づけは、これまで行くたびに少しずつやっていましたから
今回は掃除以外にほとんどやることはありませんでしたが
ひとつ大きなことが残っていました。
それは神棚です。

実家は黒住教の神様をお祭りしてありましたので
帰省する前に連絡をして、黒住教の教会所に
神棚をお返しさせてもらいました。
こういうことは前例がないと言いながら
黒紋付羽織袴の正装で、手寧な儀式をしてくださいました。

さらにもう一つ、御霊社があります。
これは仏教でいえば仏壇にあたるものでしょうか。
実家のご先祖様なので、とりあえず我が家へ持ち帰りました。
これからこれをどうさせてもらうのがよいのか・・・
まだまだ課題が続きます。


by kyo-ko5 | 2019-03-15 17:26 | よもやま話 | Comments(4)

観劇で感激

f0202151_21073042.jpg
先日友達が持ってきてくれたシュークリームを描いたのですが
スキャンしたら部分的に切れてしまいました。
(もう投函してしまったので、実物はありません)
カップに入れてあるので、横に広がらないで上に伸びてしまうんでしょうかね?
とても楽しい形のシュークリームでした。

さて本日は、孫たちの通う保育園で
祖父母と一緒に見る観劇の集いがありました。
f0202151_21122805.jpg
その劇中で、それぞれの宝物を見せ合うのですが
そのひとつが、キャンディーなどの包装紙。
私も子供のころ、ビスケットなどを包んであったセロハンのしわを伸ばして集めてました。
それを上からヒラヒラと落として、拾い集める競争をしたり
下からふうふう吹いて空中にある長さを競ったりするのです。
また、ある宝物は、いろいろな容器の蓋。
どちらの手に持ってるかを子供たちにあてさせたり
大きなものはフリスビーにしたり、ランダムに投げ合ってキャッチボールをします。
ほかの人の宝物は、様々な形や大きさの空きビン。
叩いて音色の違いを楽しんだり、息を吹き入れて音を出したり
どれもが、私の子供のころを思い出す遊びなのです。
すっかり嬉しくなった今日の観劇でした。

by kyo-ko5 | 2019-02-21 21:33 | よもやま話 | Comments(0)

お雛様作り

f0202151_18250898.jpg
息子の家族3人が感染して猛威を振るったインフルエンザも
もう退散してくれたかと思いましたが
今度は、娘のほうの3歳になったばかりの孫娘が感染してしまいました。
婿殿の実家が近いので、私たちが手伝うことはありませんけれど
予防注射をしていたおかげで比較的軽症だという孫に
退屈を紛らわすための絵本や雛あられを届けました。
もうほかの誰にも感染しませんように・・・

さて昨日は、私の住む地域の「集い」の場で
上の写真のお雛様を教えて欲しいと頼まれて、出かけてきました。
(おびなとめびなは同じ大きさですが、前後に置いて写したらこんなに差がつきました)
この集いは、町内の集会場で行われ、参加費は100円で、コーヒーお菓子がつきます。
400円追加すればお弁当も注文できて、ワンコインで一日楽しめるそうです。
参加者は女性が圧倒的に多く、お雛様作りをとても喜んでいただくことができました。
次回の予約までしていただいて、ありがたく終えさせていただきました。
喜ばせごっこがひとつ実行できた一日でした。




by kyo-ko5 | 2019-02-17 20:46 | よもやま話 | Comments(2)
f0202151_08234047.jpg
新年あけましておめでとうございます。
皆様の上に、笑顔のあふれる一年になりますよう
お祈り申し上げます。

今年も楽しいお付き合い
よろしくお願いいたします。

by kyo-ko5 | 2019-01-01 08:26 | よもやま話 | Comments(12)
f0202151_20583617.jpg
話が前後しますが、11月27日同窓会のため蒜山へ里帰りしました。
その時嬉しかったことがあります。

会場へはバスが順に迎えに来てくれたのですが
私の次に乗る友達の家の前で、友達の97歳のお母さんが
私にぜひ会いたいと、バスの通りまで出ていてくださったのです。
その朝は冬にしては暖かな気温でしたが
ご高齢のお母さんが、私に会うために出てくださったのですよ。
嬉しくて、会場に着く前から気持ちがハイになりました。

会場ではくじ引きで男女交互に席が決まりました。
席について「あ、Nちゃんだ!」と声をあげると
ケーシー高峰に似たNちゃんが「ええがな」と笑います。

Nちゃんは、母の実家の隣の子で、母の実家に行くと必ずNちゃんと遊んでいました。
小学一年生では同じクラスになり、隣同士の席になりました。
母親同士も仲良しで「良かったね」と喜び合ったものです。
60年以上の月日が経過して、また隣同士に座りました。

その出来事を真っ先に報告したかった私の母がもういないことが
ちょっと寂しい一日でもありました。
f0202151_20585626.jpg
これは蒜山高原のお酒「そっ」です。
「そっ」とは「どうぞ」という意味です。

私の楽しかった一日のおすそ分けを、あなたにも「そっ!」


by kyo-ko5 | 2018-12-14 21:28 | よもやま話 | Comments(2)
f0202151_23162464.jpg
夫は、旅行先などで、ご当地手ぬぐいを買うのを楽しみにしています。
この画像の手ぬぐいは、今年の夏鳥取県で買ってきました。
お気に入りで、今玄関に飾っていますが、我が家に来た人の反応が気になって
「何か言ってなかった?」と私に聞きます。

でもね、知らない人にはわかりにくいと思うんですよ。
大山(だいせん)です。
伯耆富士とも呼ばれるように、日本海側から眺めると
富士山のように見えますが
私の実家の裏から見える大山は、こんな形です。

今月の中ごろには初雪が降ったそうですから
もう紅葉も終わって、初冬の風景だと思いますが
明日からこの大山の見える実家に行ってきます。

一番の目的は、同窓会に出席することですが
頻繁に行くことができませんので、
ついでにいろいろな用事をしてきたいと思います。

またまた更新をお休みいたします。
皆様、しばらくの間 ごきげんよう~



by kyo-ko5 | 2018-11-23 23:32 | よもやま話 | Comments(0)