人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

カテゴリ:よもやま話( 222 )

インフルエンザ予防

インフルエンザ予防_f0202151_14364267.jpg
インフルエンザに罹患したくないので、
予防効果があるということを聞けば実行しています。
外出後のうがい手洗いは当然のこと
緑茶がいいと知って、食後にはたっぷりと飲みます。
もともとお茶好きですから、これを実行するのは容易です。

加えて最近友達のBlogで、クロモジエキスを配合した飴が
効果があると知りました。
早速購入してバッグに忍ばせています。
インフルエンザ予防_f0202151_14545068.jpg
(この画像はネットから借りてきました)
ところが年末、台所を片付けていて、飲み忘れていたクロモジ茶を発見しました。
インフルエンザ予防_f0202151_14371955.jpg
蒜山に帰省した時に買ってきたものです。
購入した動機は、地元のお蕎麦屋さんで出されて美味しかったということで
その時は、インフルエンザに効果があるなんて知りませんでした。

このお茶を飲めば、飴をなめるよりも糖分を摂取するリスクがなくなる
そう思ったものの、もう賞味期限が切れています。
もし賞味期限切れではなくても、緑茶とクロモジ茶と
両方たっぷりと飲むのはちょっときついですよねぇ~~~

絵手紙は友達に頼まれて作ったカレンダーで
モデルは福島県のデコ屋敷のお雛様です。

by kyo-ko5 | 2020-01-07 15:30 | よもやま話 | Comments(2)

ビデオレター

ビデオレター_f0202151_19092051.jpg
絵手紙を始めてからずっと、お見舞いには絵手紙ほど最適なアイテムはないと思っていました。

先月末の話ですが、孫姫の保育園の同級生が入院したので
お見舞いにビデオレターを送るという話をお嫁ちゃんから聞きました。

その日はお休みにもかかわらず、卒園生全員が園に集まったそうです。
担任だった先生はもちろん、ほかの先生方も参加してくださいました。
まず子供たち一人一人と先生からのメッセージ。
次は園庭で全員がパプリカを踊りました。
期せずしてパプリカは子供たち全員が踊れたんだそうです。
先生もご存じでした。
編集は、スマホの動画編集アプリでやったそうです。
それを見せてもらいながら、涙が出ました。

時代が変わると、こんなに素敵なお見舞いもできるんですね。


by kyo-ko5 | 2019-12-23 19:34 | よもやま話 | Comments(4)

読書が止まらない

読書が止まらない_f0202151_20123105.jpg
ボチボチとカレンダーに書かれたスケジュールを消していっています。
今週はその中に、病院の予定がありました。
予約してあるとはいえ、待ち時間が長い。
時間つぶしに、息子からもらった文庫本を持って出かけました。
「ビブリア古書堂の事件手帖」の8巻目です。
読み始めたら待ち時間が全く気にならないほど面白い!!
帰宅してからも続きが気になって、気になって・・・・
この時期にと思いましたが、時間をやりくりして読み終えました。
古書をめぐって、これほどの物語が展開するの驚きです。
作家さんて、知識が豊富でなければならないし
登場人物の心の内を書き分けられるのもすごいことですね。

それを読み終えてから、もう一冊貰っていた本も気になり始めて
今日はお掃除そっちのけで読んでしまいました。
その本は「ツバキ文具店」です。

かいつまんで説明しますと、鎌倉で文具店を営む主人公は、代書屋もやっています。
代書屋とは様々な理由で自分で手紙を書けない人の代わりに、手紙を書いてあげるお仕事です。
その手紙は依頼人に合わせて、毛筆で書いたり、ガラスペンだったり万年筆だったりします。
字体も男文字だったり、かわいらしい女文字や、鏡文字まで、何でもござれ。
依頼人の人柄や、手紙の目的にあわせて、便せんや封筒、切手のデザイン、
インクの色まで選び抜かれるのが、とても興味深かったです。
また主人公の、亡くなった人に対する心情が私自身の気持ちと相まって
共感するところがたくさんありました。
読み終わってほっこりと優しくなれる小説で
息子もこの本を読んだということがとても嬉しくなった読書でした。

by kyo-ko5 | 2019-12-14 20:53 | よもやま話 | Comments(0)

内側の黒い茶碗

内側の黒い茶碗_f0202151_16022920.jpg
タイミングが悪かった。
11月3日に、ある方から「内側が黒い茶碗を買ってほしい」という依頼がありました。
私たちはその前日、陶器まつりに出かけたのです。(上の写真)
たくさん並んだテントの中には、きっと希望に添える茶碗も売っていたことでしょう。

もう今年の陶器まつりはすべて終わってしまったので
今日、岐阜県多治見市の「美濃焼卸団地」に行ってきました。
県境に近い私の家からは、ここまで車で30分ほどで行くことができ
常設の「織部」というお店はとても品ぞろえがいいのです。

ところでなぜ私にこういう依頼があったのかというと
彼女は目が不自由なので「白い茶碗に盛られた白いご飯は見えない」と言われるのです。
数年前そのことを耳にしたので、内側の黒いお茶碗をプレゼントしたことがあります。
それでこの度、再度の依頼があったのです。
内側の黒い茶碗_f0202151_16024695.jpg
このお店、もう年末が近いので、干支や正月用の器が並んでる
クリスマスグッズも並んでる、年中恒例の招き猫もたくさんある・・・で
私は来た目的を忘れてワクワクしました!
願わくは、この器の中に一日埋もれていたいです(笑)

冷静な夫は、黙々と茶碗を探し、軽いもの、手によくなじむもの
などと条件をクリアしていったら、最後に残ったものははさみ焼きでした。
美濃焼の地元に来て、長崎の焼き物を買ってしまいましたが
次回お会いするとき渡すことにしましょう。

by kyo-ko5 | 2019-11-07 16:34 | よもやま話 | Comments(2)
とっさに出てこない・・・・_f0202151_20170119.jpg
先日、姫路のホテルのエレベーターで
乗り合わせた外人の方が、明珍の風鈴を持っておいででした。
夫が思わず「みょうちん」と呟いたら
「Yes wind chime」と言われたので
「良いお買い物をされましたね」と伝えたかったのですが
とっさに出てこなくて、エレベーターが一階に着いて降りてしまわれました。

明珍の風鈴とすぐに分かった訳は、我が家にもそれがあるんです。
しかも今年は飾ることを忘れていたのを、その時思い出しました(笑)
とっさに出てこない・・・・_f0202151_20170541.jpg
話はさかのぼって、佐賀の吉野ケ里でのこと。
トイレに入るとアジア系の方がぽつねんと立っておられます。
個室はすべて空いていたのですが、
青があいている色だということがわからなかったようです。
理解されてはいられるとき「sorry」と言われたのですが
その時も「どういたしまして」という英語が浮かんできません。

そして別の場所の話、入り口のドアを外人さんが
私のために開けて待っていてくださいました。
その時は思わず「ありがとう」と口をついて出てしまいました。
「Thank you」なら、普段でも使っているのにね。

普段から英語になじんでいないと、とっさの時に
こんな簡単な言葉さえ出てこないんですね。

画像はどちらも姫路です。
姫路に行くと、駅舎の正面にお城が見えるのに感動します。
夕暮れなので、きれいに写っていませんが
横断歩道の真ん中あたりで写しました。

下の画像は駅前の広場から。
空の雲がきれいだなぁと写したものですが
これも雲の様子がよくわかりませんね。

夫が学校に通った学生の頃は、駅前は田んぼが多く
沢山の鷺がいたそうです。
それで姫路城の別名は「白鷺城」というのでしょうかね。

by kyo-ko5 | 2019-11-04 21:42 | よもやま話 | Comments(2)

運動会でした

運動会でした_f0202151_16105939.jpg
昨日、小学校の運動会でした。
同じ団地ですが、隣の校区なので、私も歩いて行って運動できました。

校庭に着いて「ここはキャンプ場なのか!」と思いました。
それぞれの保護者が持ち込んだ、テントが立ち並んでいます。

夫と私は、敬老席で観戦させてもらいました。
お茶とお菓子もいただけましたよ。
運動会でした_f0202151_16174442.jpg
暑さを考慮して、今年は種目がかなり減っているそうです。

一年生の孫は玉入れに出場しました。
3回勝負で、一回目は普通の玉入れ。
制限時間内にたくさんの玉を入れたチームの勝ちです。
2回目はひとり一個ずつの玉を投げて、どちらのチームがたくさん入るかを競います。
3回目はすべての玉を早く入れ終わったチームが勝ちます。
どの競技も一年生がやるとかわいいですね。
運動会でした_f0202151_16122169.jpg
ダンスを披露したのは、3年生と5年生。
どちらもキレがよくて、「私たちの頃は踊りだったね」と夫と笑いあいました。
「パプリカ」は今時だと思いましたが
2曲目は、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」
私は懐かしくて口ずさんでしまいましたけれど
踊っている子供たちは「リンリンリンリン・・・・・」とか
「ダイヤルを回す」の意味を理解しているんでしょうか・・
「着メロ」に指で「タップ」するんですもんね、今は。

綱引きは、1・2年生、3・4年生、5・6年生と3回に分けて行われ
3回に分けるほど児童がいるということに安心しました。

ちょっと残念なことに、晴天ではありませんでしたが
熱中症の心配のない、楽しい運動会観戦でした。

by kyo-ko5 | 2019-09-29 16:54 | よもやま話 | Comments(4)

煮卵

煮卵_f0202151_15021089.jpg
昨日、煮卵を作ろうと思い立ちまして、上記の2種類を作りました。
ピンクのほうは、いただいた紫の大根を酢漬けにしましたが
その時の酢があまりにもきれいなピンク色なので
それに卵を漬けたら、ピンクの煮卵ができるかなと思ったのです。
画像の左上が元の酢なのですが、一晩漬けたら
下のように卵はほのかなピンク色にはなりましたが
酢の色が見る影もなく薄くなっています。
卵と酢は、相性が悪かったかしら?
味も右の、めんつゆにつけたもののほうがおいしい気がします。
ともあれ、今夜は2色の煮卵を使ったサラダでも作りましょう。
煮卵_f0202151_15022264.jpg
これは昨日お出かけに持参したプチお土産です。
中に入っているのはお口の友・・・飴です。
煮卵_f0202151_15150372.jpg
出かけた先は、友達の絵手紙展です。
煮卵_f0202151_15150793.jpg
お部屋の中ではなく、オープンスペースに段ボールを使って
ユニークな展示をしてありました。
壁がないというハンディーを乗り越えたアイディアですね。
すべて、会員の方がどなたかに送られた絵手紙で
心のこもった絵手紙展でした。

by kyo-ko5 | 2019-09-01 15:31 | よもやま話 | Comments(4)

変だなぁ

変だなぁ_f0202151_14310054.jpg
Blogの右の欄が表示されなくなりました。
タイトルも表示されていません。
どうしてかなぁ・・・・
どなたか教えてください。


by kyo-ko5 | 2019-04-21 14:33 | よもやま話 | Comments(0)

喜寿のお祝い

喜寿のお祝い_f0202151_21325784.jpg
今日は寒の戻りなのか、すごく寒い一日です。
昨日は暖かで、いとこのご主人の喜寿のお祝いに招かれて出かけました。
最近、昼にビールを飲むことがほとんどないので
昨日は帰宅したら、もう眠くて眠くて・・・・

いとこのご主人は「私が就職したころは、定年が55歳でした。
だから定年になったらさっさと会社を辞めて、5年間ほど好きなことをしたら
もう人生はピリオドだろうと思っていたのに
予想をはるかに超えて喜寿を迎えることが出来
こんなに大勢の親せきにお祝いしてもらえて、本当に嬉しいです」
そう挨拶されました。

私ももっと若いときは、平均寿命までは楽勝で生きるだろうと考えていましたが
今は、元気で生きていくことがどんなに大変かを痛感します。
今こうして生かされていることが奇跡だと感じます。

昨日はなごやかで嬉しいお祝でした。


by kyo-ko5 | 2019-03-17 22:06 | よもやま話 | Comments(2)

実家をたたむと・・

実家をたたむと・・_f0202151_16334205.jpg
実家の片づけは、これまで行くたびに少しずつやっていましたから
今回は掃除以外にほとんどやることはありませんでしたが
ひとつ大きなことが残っていました。
それは神棚です。

実家は黒住教の神様をお祭りしてありましたので
帰省する前に連絡をして、黒住教の教会所に
神棚をお返しさせてもらいました。
こういうことは前例がないと言いながら
黒紋付羽織袴の正装で、手寧な儀式をしてくださいました。

さらにもう一つ、御霊社があります。
これは仏教でいえば仏壇にあたるものでしょうか。
実家のご先祖様なので、とりあえず我が家へ持ち帰りました。
これからこれをどうさせてもらうのがよいのか・・・
まだまだ課題が続きます。


by kyo-ko5 | 2019-03-15 17:26 | よもやま話 | Comments(4)