人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 602 )

行ったのはどこ?

f0202151_19153698.jpg
19日くらいから、友達のところに風景印のはがきが届いてるようです。
ところが「どこへ行ってきたの?」という問い合わせが続きます。
さて、どこへ行ったのでしょう??
f0202151_19153624.jpg
紅葉はこの程度でした。
f0202151_19154010.jpg
お出かけは息子家族と一緒でした。
車を降りてから、こんな雑木林の中を進みます。

これは写真を写すために、私がわざと遅れたのではなく
私は頑張って歩いているつもりなのに、こんなに差がつくんです。
途中で気が付いて夫が待っていてくれましたが
体力の差をしみじみ思いました。
f0202151_19154767.jpg
体力を嘆きつつ、着いたのはここサントリー白州蒸溜所です。
f0202151_19155518.jpg
展望台の建物の下が、工場見学の待合所になっています。
f0202151_19155475.jpg
このキャラクター懐かしいですね~

懐かしいと言えば「ビールをまわせ」という歌をご存じですか?
この歌好きです。(↑リンクを貼ってあります)
f0202151_19160280.jpg
これも夫がよく飲んでいました。
f0202151_19160605.jpg
右の写真が一代目、左が2代目です。
鳥井さんを逆にして「サントリー」という社名にしたお話は有名ですよね。
f0202151_19161210.jpg
数々のウィスキーが並んでいますが・・・・・
f0202151_19162268.jpg
子供連れですから、私たちが見学したのはこちら
南アルプスの天然水の工場です。

ウィスキーのほうは、何年か前夫と二人で見学したことがありますから
私達にもこちらのほうが好都合でした。
f0202151_19162980.jpg
こういうパネルを使って、子供にもわかりやすく説明されました。
工場のラインの写真は、UPしていいかどうかわかりませんので割愛します。
f0202151_19163525.jpg
工場見学のあとは試飲させてもらえます。
左は天然水、右は…なんだったかな…ヨーグリーナ?
そんな名前で、透明なのにヨーグルトの味がするもの。
ほかに炭酸水や、4種類くらいの試飲がありました。
f0202151_19163982.jpg
昼食は森のレストランで、私が食べたのは「おざら」(←リンクをはってあります)
山梨県に来たからには、ほうとうを食べなくちゃと注文しました。
上から写したので、よくわかりませんが
左上のかき揚げが10センチくらいも厚みがあり
ほうとうも量が多くて食べきれず、夫に助けてもらいました。
f0202151_19164964.jpg
さて、腹ごなしに展望台に上がりましょうか・・・
この建物の、三角屋根をつないでいるのが展望台です。
夫と二人の旅行なら登るのを拒否するでしょうが
2歳8か月の手を引いて登りましたよ。
f0202151_19164774.jpg
途中にはこんな展示がたくさんあります。
f0202151_19165384.jpg
さて次は、シャトレーゼの工場見学です。
ここも工場内部の写真は割愛いたします。

ここで私が後ろを歩いている訳は、工場のラインを見ていたら
興味のない子供たちがさっさと行って
夫がそれに付き添っているからです。
体力の差ではありません・・念のため・・・アハハ
f0202151_19172349.jpg
見学の最後はアイスクリーム食べ放題。
左右の柱のあたりに、いろんなアイスクリームのケースがあって
どれをいくつ食べてもいいんですって。

向こう側と左右はガラス張りになっていて、工場のラインが見学できます。
f0202151_19171547.jpg
私はこれ!!
あんことのコラボがたまりません。

というわけで、出かけたメインの場所はここで
北杜市ではがきを投函したかったのです。
ところが、山奥、子供連れ、運転手は息子などなど・・・でポストが見つけられず
行った所ではなく、通過したところのポストに投函しました。
はがきを受け取って不思議に思われた方、ごめんなさいね。

by kyo-ko5 | 2019-11-21 20:26 | お出かけ | Comments(6)
f0202151_17062297.jpg
久しぶりに陶器まつりへ出かけてきました。
私の住んでいる近くには、陶器の産地がたくさんあります。
それぞれの地で得意とする焼き物があって
駄知(だち)というところではどんぶりだったりしますが
今日のお祭りの下石(おろし)というところはとっくりの産地です。
そういうわけでここには「とっくん」というキャラクターがあります。
とっくんは町のあちこちで見ることができて
今日はそのいくつかを写してきましたのでUPいたします。
何年か前にも撮影してきてスライドショーにしたことがありますので
以前からのお友達は「あぁ、あれか」と、懐かしんでください。
f0202151_17062833.jpg
やぁ!いらっしゃい!!
f0202151_17063301.jpg
名物の五平餅で腹ごしらえ
f0202151_17063731.jpg
キャー!!怖いよ~~~~~
f0202151_17064345.jpg
なんか、ようかい?
f0202151_17064787.jpg
アチャー、その手は待ってくれよ~~
f0202151_17065133.jpg
道案内だってできるよ
f0202151_17065505.jpg
ちょ、ちょっとォ~おくさ~ん、泥棒ですよ~~~~!!
f0202151_17070017.jpg
でんぐり返しだってできるもん!
f0202151_17070942.jpg
ヤヤッ!ここでも忍び込もうとしてる!
f0202151_17071468.jpg
そんなところでふて腐れんなよ・・・・・
f0202151_17072300.jpg
昨日の首里城の火災はショックだよねぇ~~
f0202151_17072524.jpg
陽だまりでまったり・・・
f0202151_17073198.jpg
歌を聞きにおいでよ~~
f0202151_17073816.jpg
う〇ち座りして、タバコなんか吸うなって
f0202151_17074231.jpg
酔っぱらってこんなところで寝ちゃだめよ!
f0202151_17074670.jpg
良いこのみんな~車に気を付けて~
f0202151_17075215.jpg
ムンクの叫び???
f0202151_17075752.jpg
良いおひよりですこと・・・・
f0202151_17075995.jpg
全部命中させるぞ!
f0202151_17080486.jpg
サバイバルな川渡り 気を付けてよ~~

これらはほんの一部です。
煙突をよじ登ろうとしてたり、ガレージの屋根にいたり
電柱の下でたそがれていたり、釣りをしていたり
いったい何体いるんでしょうね?

お天気も良く楽しい一日でした。

by kyo-ko5 | 2019-11-02 17:36 | お出かけ | Comments(6)

五色塚古墳

f0202151_15144169.jpg
神戸市垂水区の五色塚古墳です。

かねてから夫に、神戸にも古墳があるんだよと聞いていましたが
「ふーん」という生返事をしていました。
神戸というハイセンスな街と、古墳が結び付きませんでした。
でも古墳時代には今の神戸の街はなかったんですから
私のほうが大きな時代錯誤ですね。
この度、初めて連れて行ってもらいました。
f0202151_15143832.jpg
これは隣の小壺古墳です。
なだらかな小山の形状をしています。
f0202151_15144780.jpg
五色塚古墳の上を目指しましょう。
f0202151_15145332.jpg
葺石がきれいに並べられています。
この前高崎で見た保渡田古墳とは、やり方が違うのでしょうか。
f0202151_15150118.jpg
わっせ、わっせ!
なだらかな坂だけど、しんどいです。
f0202151_15150310.jpg
古墳の細長い場所に到着しました。
f0202151_15151032.jpg
明石大橋が見えます!
夫の話によれば、昔この場所で朝鮮が攻めてくるのを見張っていたんですって。
攻めてきたら、のろしを上げて大阪へ知らせていたとか。
f0202151_15151597.jpg
さ、丸いほうへ登ってみましょう。
f0202151_15152141.jpg
近づいてきましたよ。
f0202151_15152598.jpg
もう一息。
f0202151_15153256.jpg
着きました。
向こうは神戸の街です。
f0202151_15153848.jpg
後ろを振り返ります。
明石海峡がよく見えますね。
f0202151_15154406.jpg
この埴輪って、筒状のものかと思っていましたが
羽のようなものがついて、横がふさがるようになっているんですね。
f0202151_15154878.jpg
古墳の向こうに神戸の街が。
新しいものと古いものが同時に見られます。
f0202151_15155177.jpg
規則正しく並べられた葺石。
f0202151_15155772.jpg
楽しい古墳見学でした。

ふもとの資料館には、発掘されたものを展示してあって
その中にかわいらしいタコつぼがありました。
「これがタコつぼ?」と思いましたが
イイダコを捕るためのものだそうです。
昔の人もイイダコを捕まえて食べていたんですね。


by kyo-ko5 | 2019-11-01 15:48 | お出かけ | Comments(0)

岸和田から和歌山へ

f0202151_13453515.jpg
昨日UPした道路を通って、着いたところは大阪府岸和田市の岸和田城です。
私は初めて行きましたが、夫は私のタオル筆コンクールの表彰式に同行してくれた時に
一人あちこちを散策してここにも来たことがあるそうです。
この度、岸和田城が続100名城に認定されたので
スタンプをもらうためにやって来ました。
ところが、ところが・・・・この日はお休みで、お城の見学は不可能でした。
でもスタンプをもらうためにはちゃんと予備の場所を設けてあって
岸和田城のスタンプは、隣の市役所の観光課に置いてありました。
f0202151_13454270.jpg
というわけで、お堀の外からのみの写真撮影になりました。
f0202151_13454733.jpg
お天気は良かったのですが、秋の日はもう暮れかけていて
残念な写真になってしまいました。
f0202151_13453122.jpg
マンホールのデザインもシンメトリーで楽しいですね♪
ほほえましかったのは、街で見かけたこの子供たち。
f0202151_14050471.jpg
小さなだんじりの屋台で、一生懸命練習してるんです。
f0202151_14050111.jpg
子供たちにとって、だんじりは憧れなんでしょうね。
屋根の上で飛び跳ねる人、かっこいいですもんねぇ~
がんばれぇ~~~~!!
f0202151_14045488.jpg
和歌山市内に入るとこんなきれいな夕焼けでした。
(なのに翌日は雨でした・・・・・)
f0202151_13460347.jpg
和歌山での夕食は、いろは劇場という居酒屋さんです。
一日運転してくれた夫のために、ビール代だけはケチりません(笑)
あ、写真は私の分です(;^_^A
f0202151_13460834.jpg
お刺身を頼んだら、こんな大きな氷の上に乗ってきてびっくり!!
f0202151_13461510.jpg
周りを見回していたら、なんと火野正平さんの色紙がありました。
しかも2枚。
右が2012年で「もう来ない」って書いてあるのに
2017年にまた来てるんですねぇ~~(笑)
昼食には居酒屋さんへ来られませんから、打ち上げの時らしいです。
とても穏やかな方でしたと、お店の人に伺いました。

こころ旅と言えば、今夜の放送は(11月1日)兵庫県朝来市なんですよ。
一度行ってみたいと思っている、神子畑選鉱場跡からスタートです。
楽しみです~~

もうひとつ思い出しました!
今日はぞろ目の日。もうひとつ1が多いのが11月11日。
今日はもう無理だから、11日に風景印送ろうかな・・・・・




by kyo-ko5 | 2019-11-01 14:36 | お出かけ | Comments(0)
f0202151_20193226.jpg
guuchanとお別れしてから、岸和田へ向かって車を走らせました。
道路の両側にはビルが林立しています。
でも、神戸のビルは何となくすっきりしているように見えます。
f0202151_20193850.jpg
いろいろな道路が交差しています。
f0202151_20194015.jpg
ここは真下を通ります。
f0202151_20194784.jpg
ここはもっと接近しています。
f0202151_20195165.jpg
こういうのは何のため?
f0202151_20195613.jpg
こんな橋はいくつも渡りました。
f0202151_20200896.jpg
何の工事をしてるんだろう?
f0202151_20201216.jpg
面白いなぁ~
f0202151_20201421.jpg
こんな事面白がってるのは、私だけかな?
頭が単純なんですね・・・・きっと。

by kyo-ko5 | 2019-10-31 20:28 | お出かけ | Comments(0)

狸が消えた!

f0202151_14362170.jpg
28日は明石でguuchanとお会いしました。
彼女と明石駅で待ち合わせるときは「狸」のところが定番でした。
ところがこの陶器の狸、酔っ払いにタックルされて壊されてしまったそうです。
それで今回は改札口付近で待ち合わせと改めましたが
狸の前という定位置より改札口付近というのは場所がアバウトになり
お互いに約束の時間より早く着いていたにもかかわらず
うろうろ探し回ったらしいのです。
ま、ちゃんと巡り合えて、図書館の前の広場で早速おしゃべり開始!
イスとテーブルが置いてあって格好の場所でした。

上のタコは明石駅前にある植物で作られたモニュメントですが、
ここなら良い目印になるかと思うものの、屋外だから天候によりけりですね。
f0202151_14341742.jpg
ひとしきりおしゃべりした後で、ジュンク堂に併設されている文具屋さんに入りました。
絵手紙している人にとって、文具屋さんや100均は至福の場所ですね~♪
特にそれが趣味を同じくしている友達と一緒ならなおのこと!
前日も別のところで友達と文具屋さんに行ったのですが
「私、外で待ってるから~」と言われて、早々にお店を出てしまいました。
f0202151_14311902.jpg
お買い物したあとはランチへ。
メニューに明石御前というのを見つけて注文してみました。
うどんの中へ明石焼きがふたつ、タコのてんぷらに、タコのお刺身と
明石ならではのメニューだと思ったからです。
でも、うどんの中の明石焼きは、専門店の明石焼きとはもって非なるものでした。
うどんの中へ入れても型崩れしないよう、硬めに焼いてあるように思いました。
明石焼きを味わいたい時は、専門店へ行きましょう~~~
f0202151_14314287.jpg
腹ごなしの運動は明石公園へ。
お天気も良く最高のお散歩日和でした。
明石市は市政100年、明石城は築城400年だそうです。
真ん中は「明」という字をデザインした市章です。
f0202151_14305196.jpg
ちょうど菊花展をやっていて、これは明石城主夫妻です。
花が全部開いたら、もっと美しくなるのでしょうね。
f0202151_14313083.jpg
歩いていてジャイアント馬場さんゆかりの震災の石碑を見つけました。
ジャイアント馬場さんの身長と同じ高さに作ってあるそうです。
f0202151_14313263.jpg
明石城は天守閣は残っていなくて、櫓なんですね。
f0202151_14313882.jpg
こんな感じです。
f0202151_14305594.jpg
公園の中でこんなマンホールを見つけました。
あちこち出かけるうちにわかったのですが
街の中にあるマンホールと、公園のマンホールは違うようですね。
f0202151_15165783.jpg
これはネットでお借りしてきましたが、街の中はこんなマンホールです。
子午線と天文台のデザインでしょうか。
あ、それからね、魚の棚商店街に行くと、さかなクンがデザインしたマンホールがあるんですよ。
いろんな魚が描かれていて楽しいです。
f0202151_15220036.jpg
ひとつだけご紹介しますね。
明石らしい魚で、いかなごです。
何種類のデザインがあるんでしょう?明石に行かれたら探してみてください。
f0202151_14314462.jpg
guuchanに会ったお話を書くつもりだったのに、
すっかり明石のコマーシャルになっちゃいました(汗)

最後に彼女とは夫が迎えに来てくれる場所が見える喫茶でお茶しました。
guuchan、いつも私の都合に合わせて出てきてくださってありがとう!!
趣味に絵手紙を選んでよかったと思える、最高の時間を過ごせました。

by kyo-ko5 | 2019-10-31 15:47 | お出かけ | Comments(2)
f0202151_15270966.jpg
ご無沙汰しました。
今回のお出かけで、一番皆さんが知りたがっておいでじゃないかなと思うことからUPします。
和歌山電鉄貴志川線の、絵手紙列車に乗ってきました。

乗車前に一応確かめなきゃと思って駅員さんに「8時21分発は 絵手紙列車ですか」と聞いたら
その時すでに9時を過ぎていたので、年配の駅員さんが大笑いされました。
これほど楽しそうに笑われる駅員さんも見た事がありません。
・・・というわけで乗ったのは和歌山発9時21分の電車でした。
f0202151_15270436.jpg
往復切符を買うより一日乗車券のほうがいいと教えてもらって、購入しました。
f0202151_15271598.jpg
一歩足を踏み入れてワクワクしました!
f0202151_15272668.jpg
友達の絵ももちろん探したいけれど、気にかかる絵はじっくり見たい。
上のクジラも、輪郭は同じだけれど、色の付け方がみんな違う。
どういう技法なんだろう・・と考えたりしているうちに
電車は早くも喜志駅に到着して、時間切れになってしまいました。

それにずっと上を向いていると、首が痛くなりました。
上信電鉄の絵手紙列車は、天井にまで絵手紙を貼ってあったけど
首が痛いとは感じなかった・・・どうしてだろうと考えました。
これは電車のスペースの問題で仕方がありませんが
上信電鉄は横のスペースにも絵手紙を貼ってあって
首は上だけを見るのではなく、上下させていたんですね。
f0202151_15274306.jpg
心を残しながら、電車を降りると喜志駅ではニタマちゃんが出迎えてくれました。
ガラスの向こうなので、ちょっと見にくいですけれど。
f0202151_15274747.jpg
喜志駅は、楽しいんですよ。ほら!猫の顔してます。
雨が降っていたので、あまりいいアングルで写すことができませんでしたけど。
あ、左に夫の傘が写ってる!
f0202151_15275676.jpg
復路はうめ星電車に乗りました。
まあ、これが素晴らしいのなんのって!
f0202151_15275802.jpg
ほら!こんな感じ。和風の内装になっています。
f0202151_15280476.jpg
厳かな感じがしますね。水戸岡鋭治さんのデザインだそうです。→こちら
f0202151_15280684.jpg
ショーケースもあって、こちらはタマちゃんグッズがいっぱい。
f0202151_15281281.jpg
向かい側のケースには、紀州の名産品などが並んでします。
f0202151_15281605.jpg
タマちゃんグッズはどれもかわいいですね。
f0202151_15283300.jpg
中でもこれが一番好き!
f0202151_15283772.jpg
紀州と言えば、やっぱりてまりを連想します。
f0202151_15281956.jpg
一両目と2両目の車両の内装は変えてあります。
f0202151_15282814.jpg
窓の枠もこんなに素晴らしい!!
夫が、ななつ星の列車には乗れそうにないけど、
ここで雰囲気を味わうことができたと喜んでいました。

うめ星電車がこんなに素晴らしかったので、ほかの電車にも乗りたくなって
伊太祈曽駅で途中下車しました。
f0202151_15284374.jpg
駅の前にはこんなかわいい顔出しが。
私もタマの隣の窓から顔を出して写してきましたよ。アハハ
伊太祁曽神社に行ってみたかったのですが、雨降りのため途中で引き返しました。
f0202151_15284641.jpg
ここにいるのは、なにタマちゃんでしたっけ・・・お昼寝中でした。
f0202151_15290133.jpg
駅に飾ってありました。
f0202151_15290438.jpg
さて、ここで乗り換えたのは「いちご電車」。
f0202151_15291419.jpg
内装がいちごでとってもかわいく、いい香りがしました。
f0202151_15291715.jpg
小さなお子さん連れの方が、記念写真を写していました。
f0202151_15292075.jpg
それぞれの電車の中には、みんなのれんがかかっていましたよ。

もう一つ気になるのは「おもちゃ電車」・・・これはこの時間、車庫にあって
小学生の遠足でしょうか、中を見学していました。
私も混ぜてほし~~いと思いました。
電車の中にガチャガチャがあるそうですね。
ガチャガチャは喜志駅の構内に招き猫のガチャガチャがあって、ひとつ買ってきました。
子供向けのガチャガチャは、値段に見合うものが出てこないことがありますが
大人向けだと、安価に絵手紙のモデルさんが手に入るので嬉しいです。

そういえば絵手紙列車は、動物愛護列車らしいですが
絵手紙ばかりを見ていたので、内装をほとんど見ていません。残念。

すごく楽しかった貴志川線の旅でしたよ!!!
絵手紙を乗せて、行くきっかけを作ってくださった皆さん、ありがとうございました。
貴志川線がこれからも繁栄しますように。
f0202151_15293225.jpg
電車を降りて、和歌山市内を歩いてみました。
きれいな街でした。
f0202151_15293915.jpg
喜志駅の構内で、こんなフリーの冊子をいただいてきました。
f0202151_15294431.jpg
中を開くと、おなじみの絵手紙列車が並んで掲載されています。
貴志川線があまりにも楽しかったので
夫が「新しい旅行の目的ができたね」と言っています。
これから、お城巡りの旅の途中に、ローカル列車も組み込まれそうな予感がします。(笑)
f0202151_15265787.jpg
お詫び:梅干し電車ではなく「うめ星電車」でした。
    訂正してお詫びいたします。

by kyo-ko5 | 2019-10-30 17:27 | お出かけ | Comments(0)

寄り道その2 飛騨高山

f0202151_16380658.jpg
寄り道その2は飛騨高山です。
f0202151_16310692.jpg
お昼前に着いたので、高山ラーメンを食べました。
高山ラーメンは細いちぢれ面でしょうゆ味です。
街の中は混んでいるだろうし、駐車場にも困るので
少し手前のお店に入りました。
f0202151_16311031.jpg
車を止めた場所からは、高山駅を通り抜けて街に入ります。
高山駅を一目見て、まぁびっくり!!
すごくきれいになっていました。
f0202151_16311460.jpg
2階の通路はまるでギャラリーのようです。
f0202151_16312072.jpg
正面に抜けるとこんな感じでした。
f0202151_16312838.jpg
駅前の通りも以前と違ってあか抜けています。
f0202151_16313545.jpg
こんなお店も。
f0202151_16312577.jpg
こういう看板があるということは、外国人が多いということですね。
f0202151_16315097.jpg
古い町並みは人がいっぱいで、
人が写りこまないように写真を撮ることはできません。
f0202151_16314593.jpg
飛騨牛握りずしが人気でした。
f0202151_16315575.jpg
物産館の中。
f0202151_16320163.jpg
一階が土産物店ですが、2階にはほとんど人が来ていません。
f0202151_16320724.jpg
韋駄天さん、お久しぶり~~~~
NHKで人気のようですね~~
f0202151_16321284.jpg
あなたもね。
いったい高山に来るのは何年振りなんでしょう・・・・・
f0202151_16321605.jpg
橋のたもとのみたらし団子屋さんは、いつ見ても大繁盛。
f0202151_16322242.jpg
托鉢のお坊さんと、外人観光客が写りこむのも高山ならでは?
その上の画像にもお坊さんがいますが、
複数の方がおいでになって、鈴の音が響き渡っていました。
赤いのれんの、ラーメン屋さんも美味しいですよ。
f0202151_16322576.jpg
車を止めた場所が遠かったので、夫が一人で取りに行ってくれました。
待ち合わせた場所はここ。
大きな招き猫、釣り竿も持っていますよ。

宮川の朝市も、正午で終わるし
私たちは何度も行った場所なので、
今回歩いたのはこの程度です。
期待して読んで下さった方ごめんなさいね。

一番上の絵手紙は、高山で買った地元のソースです。
マツコさんが大絶賛したというので買ってみました。

この度の旅行はここで終了いたしました。


by kyo-ko5 | 2019-10-21 17:12 | お出かけ | Comments(2)
f0202151_14264246.jpg
台風19号を避けるため、旅行を途中でキャンセルした帰り道
まだお天気はそれほどひどくなかったので、
一般道を通って寄り道しながら帰りました。

最初の寄り道は長野県東御市(とうみし)海野宿(うんのじゅく)です。
ここへ行くのは2度目ですが、古い町並みがよく残されていて
私たちのお気に入りの場所です。
到着したのは9時前で、お店も開いてなく、
人通りもほとんどなくて、写真撮り放題って感じでした。
写した写真をUPしますので、ご一緒に海野宿を散策しましょう。
f0202151_14264870.jpg
f0202151_14265218.jpg
f0202151_14265429.jpg
f0202151_14265939.jpg
f0202151_14270376.jpg
f0202151_14270743.jpg
f0202151_14271320.jpg
f0202151_14272374.jpg
f0202151_14272611.jpg
曇り空なので、写真の写りがイマイチでごめんなさい。
f0202151_14273045.jpg
絵手紙人が気になるのは、やっぱりポストですね。
守谷で投函するつもりのはがきを、途中で投函してしまったけれど
ここまで持ってくればよかったなぁ・・・・
f0202151_14273470.jpg

by kyo-ko5 | 2019-10-20 15:01 | お出かけ | Comments(0)

幻と消えた作品展見学

f0202151_14163716.jpg
高崎を観光した後は埼玉県を経由して、茨城県の守谷に行く計画でした。
守谷で行われていた、きゅうママさんの作品展を見たかったのです。
そもそも、この旅行に出かけたきっかけは
きゅうママさんが全国の絵友に募集された「ご当地自慢の絵手紙」です。
「こんなのを送りました」と、ネットにUPされるご当地の絵手紙が
すごく魅力的で、どんなご当地自慢があるんだろうと
「これ見たいな」と夫の前で呟いたら「行こうか」ということになりました。
それなら上信電鉄の絵手紙列車にも乗ろうということになり
途中、夫の好きなお城巡りもとり入れた旅行となったのです。

ところが、高崎のホテルにいるとき、きゅうママさんのラインがはいり
台風の影響で作品展が12日の正午で終わることになったという連絡でした。
予定を早めて明日作品展を見ても、自宅への帰り道が危険かもしれない。
それなら見るのを諦めて、明日帰宅しようと決断しました。
後ろ髪をひかれながらの帰宅となったのです。

上の絵手紙は私が送ったご当地自慢の絵手紙です。
この夏は、想像だにしなかった、わが町の誉(ほまれ)高校が
次々と強豪を破り、甲子園初出場を果たしました。
しかも選手宣誓まで引き当てたのです。

絵手紙の言葉は誉高校と「ほまれ」をかけました。
f0202151_14164930.jpg
これは渡すはずだったお土産のラッピング。
送るからちょっと待っててね~~~


by kyo-ko5 | 2019-10-19 15:02 | お出かけ | Comments(0)