人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 589 )

茅野市 尖石縄文考古館

f0202151_11191844.jpg
旅の初日、お蕎麦の昼食を済ませてから、茅野市の尖石(とがりいし)縄文考古館を目指しました。
ここには縄文のビーナスと、仮面の女神が展示されています。

風景印を貰うために持って出た絵手紙は、縄文のビーナスの消しゴム印にしました。
上の画像の右側です。
左は、考古館備え付けのスタンプを押したものですが
こういう彫り方もあったのか・・・と思いました。
次回消しゴム印を彫るときの参考にしましょう。

今日、送った方からメールが届いて「消しゴム印と、風景印が同じデザインで感動しました」って。
よかった、よかった、頑張った甲斐がありました。
考古館は人里離れた場所にあって、ポストが遠かったんです。
f0202151_11194841.jpg
こちらは仮面の女神ですが、この日は他の技術館へ貸し出されていて、これはレプリカです。
すごい安定感がありますね。
f0202151_11195323.jpg
こんな感じで出土したそうです。

発掘は、あるのかないのかわからない所を掘っていくお仕事ですから
さぞかし大変でしょうが、こういうものが土中から現れたら
もうワクワクドキドキが止まらないでしょうね。
高揚感で眠る時間も惜しく、早く朝が来て、早く掘り起こしたいと
私だったら思うような気がします。
f0202151_11205051.jpg
こちらが私の本命、縄文のビーナスです。
このふくよかさ、安定感、ツンとしたお顔、どれもいいですねぇ。
f0202151_11205391.jpg
もう四方から全部見せちゃいます。
f0202151_11210379.jpg
お尻の具合も最高じゃないですか。
f0202151_11205919.jpg
安産を願ったのではないかという説があるそうですが
もう安産間違いなしって思えますね。
f0202151_11194755.jpg
こちらはこんな感じで出土したそうです。
右足が壊れていますが、5000年もの間土に埋もれていたためだそうです。
5000年!!気が遠くなるような年月ですね。
f0202151_11200096.jpg
ほかの展示物もすごいです。
f0202151_11195744.jpg
水を汲んだり、煮炊きをするためだけなら
模様など、まして火炎土器のような凹凸などなくてもいいような気がしますが
縄文人の美的センスにはとても驚かされます。
f0202151_11201342.jpg
これは土偶の頭部です。
f0202151_11200905.jpg
f0202151_11202490.jpg
f0202151_11201754.jpg
f0202151_11202806.jpg
こんな模様、私には考え付きません。
f0202151_11203287.jpg
黒曜石の矢じりなどです。
こんなに小さなもの、私なら掘っていても区別がつきそうにありません。
f0202151_11203800.jpg
装飾品。きれいに穴があけられていますね。
この時代から人は身を飾ることに熱心だったんですね。
私ももっと身だしなみに気を付けなくちゃと反省します。
f0202151_11211068.jpg
これはトイレに貼ってあったイラスト。
子供バージョンでかわいい!
f0202151_11213239.jpg
外には家屋を復元してあります。
f0202151_11213736.jpg
ショップで、ガチャガチャを見つけた夫が
「国宝のミニチュアが入ってるらしいよ」とひとつ買いました。
ウフフ・・・・・何が入っていたと思います?

・・・・・・・・・・縄文のビーナスでした。
売っているレプリカは手の出せない値段でしたから、すっごくうれしい!!
我が家でモデル業に励んでもらいます。



by kyo-ko5 | 2019-10-14 13:37 | お出かけ | Comments(0)

諏訪 高島城

f0202151_16030874.jpg
旅行の初日は雨でした。
車は中央道を走り、飯田インターで降りました。
目的地とは離れていますが、夫は地元の風景を見ながら走るのが楽しみだと言います。
f0202151_16031682.jpg
飯田は街路樹にリンゴを植えてあります。
ありました!ありました!
走る車の中から写したのでこの程度の画像ですが、たわわに実っています。
このリンゴ、最終的にはどうするのか、気になるのは私だけ・・・・??
f0202151_16032115.jpg
これは伊那を走り抜けるときに見たオブジェです。
伊那のKさ~ん、これわかりますか?
f0202151_16032569.jpg
その日最初の目的地はここ、諏訪の高島城です。
f0202151_16034248.jpg
諏訪湖のほとりにこんな見事なお城があるとは知りませんでした。
f0202151_16034556.jpg
石垣も苔むして風情があります。
f0202151_16033793.jpg
中に入ってみましょう。
f0202151_16161822.jpg
この石段は段差が大きくて大変でした。

天守閣に入るのは、料金が大人1名310円のところ
JAFのカードを提示すると、二人で400円になりました。ラッキー!
f0202151_16035229.jpg
最上階から諏訪湖を眺めました。
お天気が良いと、もっと見晴らしがよいんでしょうね。
f0202151_16034904.jpg
庭にはこんな実がなっていました。
秋のグリーティング切手の図案にもなっていましたが
名前は何て言うのでしょう・・・・
私の田舎では「とがの木」と呼んで、子供の時この実を食べていました。
f0202151_16033047.jpg
お城を見学したら、夫の心はここにあらずで、次の見学地へはやります。

諏訪だけに来たのなら、諏訪大社とか、美術館とか見どころがあるのにねぇ~~→こちら
f0202151_16035848.jpg
長野と言えばやっぱりお蕎麦でしょ・・と、昼食は十割の新蕎麦。
お店の人のおすすめだったけど、雨で気温が低かったので
温かいお蕎麦のほうがおなかに優しかったかなぁ・・・・

美味しくいただいて、次の目的地に向かいました。

by kyo-ko5 | 2019-10-13 16:44 | お出かけ | Comments(0)

気温差

f0202151_10100607.jpg
旅行に出かける前、10月になっても当地は30度を超える日があり
私は半袖のTシャツで過ごしていました。
まだ、夏が居座っていたのです。
なので旅行の準備をするにあたって、衣類は何を持参しようかとても悩みました。
10月でもあるし、北のほうへ行くのだから半袖はやめよう。
でもニットは暑そうだ、上着も薄手でいいな・・・
そんな感じで衣類をチョイスしました。

出発は早朝で肌寒かったので、薄いコートを羽織って出ました。
結局その日は一日そのコートを脱ぐことができませんでした。

一泊目は長野県の佐久市、2泊目は群馬県の川原湯温泉でしたが
なんと朝はストーブを焚いてありました。
もう、どこにも夏はいません。
選択肢から外したニットでもよかったのです。

そして帰宅する日、自宅が近づくにつれて気温が上がっていきます。
夜でも24度くらいで、旅行の荷物を片付けるのに「あぁ、暑い!」と
半袖に着替えて働きました。

今日は朝のうちに買い物を済ませましたが
買い物客の半分以上は半袖でした。
当地はまだ夏が名残惜しそうにしています。


by kyo-ko5 | 2019-10-12 13:18 | お出かけ | Comments(2)

途中で帰宅しました

f0202151_21554412.jpg
あぁ~!こんなことは初めてです。
大型台風が関東地方に来るというので、旅行を途中でキャンセルして帰宅しました。
7泊8日の予定で出かけましたが、3泊4日になってしまいました。
私の目的は半分叶いましたが、夫もその程度だと思います。

私の目的のひとつは、群馬の絵手紙列車に乗ることで
これは叶えることができました。
上の画像が絵手紙列車のTOPです。
f0202151_21554193.jpg
こんなかわいい子が出迎えてくれましたよ。
f0202151_22055677.jpg
乗ってみて、まぁびっくり!
一番前に私の絵手紙がありましたよ。

予想通り、電車はよく揺れるので、足を踏ん張って写しましたが
私があまりフラフラすると、一般の座っている人がぶつかられるんじゃないかと
不安になるだろうと、走っている間はなるべく歩き回らないようにしました。
それでもシャッターを押したとたんに大きく揺れてブレたりしています。

絵手紙列車は上州富岡で下車して、一路新洋亭へ。
嬉しいことに大勢の方が歓待してくださいました。
f0202151_21554851.jpg
ほら!こんなごちそうが!!
新洋亭のかつ丼に加えて、ゴーヤの佃煮、ナスの辛し和え、名荷と新生姜の漬物
イチジクのコンポートに栗の渋皮煮などの手作りのごちそうが並びます。
いただいたお土産も、手作りジャムや、どくだみの化粧水、梅干しなどなど・・・・
絵手紙もさながら、なんと多彩な特技を持った方たちなんでしょう!
こんな方たちのいる、富岡へ引っ越した~~い!
f0202151_21555129.jpg
食事のあとは、これも楽しみだった蔵へ。
蔵の前はこんなに美しい花々で彩られていました。

中ももっと詳しくご紹介したいのですが
睡魔に襲われていますので、また後日のお楽しみに。
おやすみなさい・・・・

台風の被害がありませんように。


by kyo-ko5 | 2019-10-11 22:31 | お出かけ | Comments(2)

放浪アート展

f0202151_23015563.jpg
昨日、ケロさんの放浪アート展を見てきました。
今回は私たちが行って間がない、長崎の作品が多くて楽しめました。
平戸市春日の世界遺産の棚田の絵をぜひ見たいと
夫も楽しみに出かけました。

ケロさんのスケッチ旅行はすべて車中泊だそうです。
旅行のいろいろなお話を時間を忘れて聞きました。
ケロさんのような旅行ができたら楽しいでしょうね。
作品展が終わったら、また放浪の旅に出かけられるそうです。

私は放浪はしませんが、ちょっと更新をお休みします。
ごきげんよう~~~

by kyo-ko5 | 2019-09-23 23:13 | お出かけ | Comments(0)

敦賀 その他

f0202151_21122359.jpg
この建物は「敦賀ムゼウム館」です。
1920年、ロシアのウラジオストクから
375名のポーランド孤児たちが敦賀へ上陸し
それを記念して建てられた資料館です。
詳しくは↑をクリックしてご覧になってください。
f0202151_21120240.jpg
中には、杉原千畝のコーナーもありました。
f0202151_21120646.jpg
人道の港と呼ばれています。
f0202151_21121107.jpg
ポーランドの子供の民族衣装です。
f0202151_21123476.jpg
港に面した静かなとても環境の良い場所でした。
f0202151_21124197.jpg
これは敦賀市立博物館ですが
旧大和田銀行本店本館を利用してあります。
f0202151_21124646.jpg
入り口を入ると銀行の窓口があります。
f0202151_21125122.jpg
その奥はこんな感じです。
2階はビリヤード室、3階はホールで、市民に貸し出されていたそうです。
ビリヤード室だったところは、今展示室になっていて
松尾芭蕉のゆかりの品が展示してありました。
芭蕉が大垣に行く時に残していたっという、竹の杖がありましたよ。
f0202151_21130995.jpg
敦賀から車を走らせて、次に行ったのは
美方郡美浜町にある国吉城跡です。
写真は歴史資料館で、スタンプの設置場所です。
城跡までは、ここからさらに山の頂上へ登らなければならず
私はふもとで待っているからと言いましたが
夫は城跡へ行くのは断念しました。
f0202151_21131475.jpg
この辺りでお昼になったので、道の駅で越前そばを食べました。
その後は前述のとおり、美浜港で魚釣りを楽しみ
f0202151_21132133.jpg
浅井3姉妹の道の駅で買い物をして帰りました。

この日は午前5時に自宅を出て、夜8時ごろに帰宅しましたので
明け方の月を見、夜の月を眺める一日となりました。

by kyo-ko5 | 2019-09-19 21:58 | お出かけ | Comments(8)

敦賀 紙わらべ資料館

f0202151_10392906.jpg
敦賀へ行くと寄りたいところ「紙わらべ資料館」です。
ここは私の希望で寄ってもらい、
夫には付き合ってもらうという形になるので
どうしても早く早くと気持があせって
画像もいい加減になっています。
その証拠に、資料館の正面の写真がありません。
↑これは入り口の隣にあるショーウィンドウです。
f0202151_10384428.jpg
ここには高木栄子さんという方の創作和紙人形を展示してあり
それがほんとに見事なのです。
上の陶器屋さんを覗くおじいさんの膝や腰の曲がり具合
とてもよく観察して作られてると思いませんか。
f0202151_10384927.jpg
鯛焼き屋さん、昔の風景ですから文字も右から書かれています。
f0202151_10385243.jpg
この甘栗の袋もひとつひとつ手書きなんでしょうか。
聞いてみればよかった・・・・
f0202151_10385656.jpg
果物の作り方は・・・?
あまり夫に遠慮しないで、じっくりと見て聞いてみればよかったことがいっぱい。
f0202151_10385971.jpg
f0202151_10390383.jpg
f0202151_10390847.jpg
f0202151_10391240.jpg
f0202151_10391779.jpg
どれも素晴らしいでしょ!
まあ、聞き逃したことは残念ですが、
聞いても私がこういうのを作ることはないでしょうからね。
作品集や、作り方の本も売られていましたが、購入しませんでした。
f0202151_10382157.jpg
私が購入したものはこれです。
あ、写真がややこしいですね。
右の法被のつまようじ入れは、ご自由にお持ちくださいと置いてあったもので
真似したい!と思ったので、すでに一つゲットしてありました。
左の木のフォーク、これを使ってアレンジしてみたいことがあったので
こちらを買おうとしたのです。
そしたら担当の女性が、これに右の法被を付けます。
f0202151_10381882.jpg
さらにこの袋に入れてあげます。
袋は好きなデザインを選んでもらっていいからと
とても熱心にすすめてくださるのです。
言外に「この袋のアイディアいいでしょう。素敵でしょ!」
という意味が込められているように感じたので
「じゃあ、お友達のお土産にしますから」と買い込んできました。

・・で、手作りファンの皆様はこの袋の模様
何で作られているか、もうお分かりですよね。
私も気が付いて言ったら「そうです!そうです!」と嬉しそうにおっしゃいました。
f0202151_11192178.jpg
例えば先日から私もUPしているこの紅葉など
切り抜いたら端紙がたくさんでるわけですよ
それがきれいな和紙だったら、もったいない、何かに利用できたらと考えて
この袋の模様に利用されたというわけです。
何人かで集まって作られるようですから感性も違い
同じ模様の袋は一つもない、しかもエコである
それがここの担当者の自慢のようでした。

そんなわけで、安い買い物にもかかわらず
法被のつまようじ入れを、一つずつつけてもらい
ご自慢の袋に入れてもらってきました。
f0202151_10393685.jpg
この日は朝市をやっていて、試食のお饅頭を食べさせてもらい
「帰りに寄りますからね~~」と約束したのに
紙わらべ資料館であまりにも時間がかかったので
帰り道には終わっていました。
お饅頭屋さん、ごめんなさ~~い。
f0202151_11334415.jpg
これは酒屋さんの店先です。
かわいいですね。


by kyo-ko5 | 2019-09-17 11:42 | お出かけ | Comments(2)

我 太公望となる

f0202151_14135596.jpg
「お城に行くついでに、久しぶりに釣りをしたい」そう夫が言って
昨日は福井県の海へ出かけました。

朝5時に自宅を出発して、まず行ったのは敦賀です。
海釣り公園は大人気で、もう車を止める場所がありません。
釣り餌屋さんに教えてもらって、無料で車を止められて
釣りのできる場所に行きました。
f0202151_14143889.jpg
ここでは私は見ているだけだったので
日の当たらない場所で、下手なスケッチをしました。
「敦賀の海 釣り人はみな無口」と言葉を添えましたが
大勢の釣り人がいるにもかかわらず、みな黙って釣り糸の先を見ています。

私が敦賀を訪れたのは3回目で、前回は北海道に行くとき
ここからフェリーに乗りました。
その前は、長男が独身の頃で、夫と息子が釣りをするのに同行して
その時もやっぱり私は待っていました。
平日だったので、待ち時間に郵便局を回って風景印を集めたり
松本零士の出身地ということで、街のあちこちにある
銀河鉄道999のブロンズ像の写真を写したことを覚えています。
f0202151_14141995.jpg
これは釣りをしている夫。
この夏、迷彩柄の帽子を買ってきたので
いつ被るんだろうと思っていましたが
こういう場所なら、まあいいですね。
f0202151_14142806.jpg
釣り糸を垂れて、すぐに釣れた一匹。

そのあと隣にいた男性が、50センチくらいのボラを釣り上げられました。
記念写真を写されたら「持って行きますか?」と魚を私達に下さったのです。
無口とはいっても隣同士に座っていたので、少しは会話したのですが
初対面の私たちにありがたいお申し出でした。

その後夫は小さなものをもう一匹釣りあげましたが
9時になって、いろいろな施設が開く時間になったので
その場所は引き上げて観光に行きました。

さて、午後、見たい場所は見学したので
今度は美浜の海へ行きました。
ここでは夫が、私にも釣竿を用意してくれたのです。
これがまあ、面白いのなんの!!!
小鰺が入れ食いで、釣り糸を下したとたんに食いついてくる
その感触がたまりません。
一度に複数釣れて、もう我を忘れて楽しみました。
f0202151_14140336.jpg
100匹くらいは釣れたかなと思いましたが、90匹でしたって。
夫が半分干物にして、あとは私がから揚げや南蛮漬けにします。
今夜の夕食が楽しみだなぁ!



by kyo-ko5 | 2019-09-16 15:11 | お出かけ | Comments(6)

大分県 中津市

f0202151_20530363.jpg
お久しぶりです。
一度更新を休むと「ま、いいか・・・」という気持ちになって
ずるずるとお休みしてしまいました。

上の画像は、孫がよくお世話になる人にお渡しした九州のお土産です。
時間がなくて超簡単なラッピングになってしまいました。
f0202151_20510265.jpg
さてこれは、青の洞門を掘った禅海和尚の像です。
青の洞門て教科書で習ったんでしたっけ・・・・
どんなトンネルかと関心を持って行きましたが
残念なことに明治の改修工事で、ほとんどの部分が失われていました。
f0202151_20511068.jpg
ほんの少しだけ、手掘りのトンネルが残されています。
f0202151_20510604.jpg
掘り跡がもっと荒々しいのかと思いましたが、なめらかでびっくりしました。
掘るのに30年もかかったそうです。
f0202151_20511669.jpg
耶馬渓は秋の紅葉の頃、人気の高まるスポットのようです。
f0202151_20512019.jpg
中津城です。
ここの堀は、海水だそうです。
f0202151_20512480.jpg
これは黒田家の家訓ですって。
f0202151_20512887.jpg
陣羽織。
戦の時に着るものでしょうが、ずいぶん装飾性が高いですね。
こういう展示物はカメラがNGのところが多いけれど
ここはOKだったので、写してきました。
f0202151_20513243.jpg
黒田官兵衛と言えばすぐに思い浮かぶのがこの人ですね。
f0202151_20513641.jpg
天守から見た景色です。
f0202151_20514038.jpg
堀の外には、官兵衛夫妻の像があります。
f0202151_20514430.jpg
もうすぐ表舞台からは消える運命らしいですが
一万円札でおなじみの、福沢諭吉の生家が中津にはあります。
f0202151_20514715.jpg
福沢諭吉の生母は、お順さんと言うそうですが
とても慈悲深い人だったようで、
「お順さんを朝ドラマに」というのぼりが立てられていました。

中津と言えば有名なのがから揚げで
あちこちにから揚げのお店があります。
時分時では無かったので、お店には寄らず
かける唐揚げの瓶詰をお土産に買って帰りました。

by kyo-ko5 | 2019-08-31 21:39 | お出かけ | Comments(2)

小倉

f0202151_22033003.jpg
時間がなくて、買ってきたお土産もなかなかラッピングできないでいましたが
今日は少しだけやりました。
九州へ行ったので、絵に描いたのはムツゴロウです。
f0202151_22152502.jpg
今日のお城は小倉城です。
もう私には画像を見ただけでは、どのお城かわからなくなって
夫に聞きながらUPしています。
f0202151_22153895.jpg
最近はどこでもご当地キャラクターがありますが
これは小倉城のとらっちゃですって。
f0202151_22155168.jpg
お城の中に紙で作られた、こんな人形が飾られていました。
f0202151_22155574.jpg
f0202151_22155937.jpg
f0202151_22160514.jpg
f0202151_22160850.jpg
f0202151_22161393.jpg
f0202151_22161794.jpg
すごく精巧に作られていて見とれてしまいました。
f0202151_22162141.jpg
天守から見た街の様子。カラフルですねぇ~~
黄色の建物は駐車場で、ここに車を止めました。
f0202151_22162675.jpg
これは右側にカメラを振ったんだったかな・・・・
f0202151_22153007.jpg
ここではねぇ、お祭りに遭遇したんですよ。
f0202151_22153326.jpg
ワクワクしますね
f0202151_22164582.jpg
これは何て呼ぶの?山車?見事でした。
f0202151_22164920.jpg
どこからかお囃子が聞こえるので、どこかなと思ったら山車の下から
人が出てきて驚きました。暑そうでした~~~~
f0202151_22165564.jpg
担いでいるところも見たかったなぁ
f0202151_22170592.jpg
露店もいっぱい!!
焼きカレー食べてみたかったです。
帰り道に門司を通った時にと期待していましたが
門司では台風に遭遇して、早々に通過してしまいました。

週末は更新をお休みいたします。

by kyo-ko5 | 2019-08-23 22:48 | お出かけ | Comments(6)