人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 537 )

又兵衛桜(滝桜)

f0202151_18054283.jpg
夫にはもう一か所、見たかった桜がありました。
それがこれ、奈良県宇陀市にある又兵衛桜です。
大坂夏の陣で活躍した後藤又兵衛の屋敷跡にあることから、そう呼ばれるそうです。
ところが残念・・・・これは見ごろを過ぎていました。
f0202151_18053095.jpg
又兵衛桜を取り囲むように、桃や菜の花が植えられて
それはとてもきれいでした。
f0202151_18050148.jpg
それに、その周辺の景色がとてものどかでした。
f0202151_18045759.jpg
f0202151_18053521.jpg
f0202151_18060118.jpg
f0202151_18055652.jpg
f0202151_18061111.jpg
f0202151_18060745.jpg
周辺の美しい桜や、水仙に心が洗われる思いがしました。

夫はもう一度、満開の時期に見に来たいそうです。
そういう日がやってきますように。

by kyo-ko5 | 2019-04-21 18:23 | お出かけ | Comments(0)

ああ、吉野山


f0202151_22123590.jpg
かねてより、17日から関西のほうに行く予定があったので
出発を一日早めて16日にしようと、夫が提案しました。
ついでということで、観光に行く交通費が節約できるからです。

それで行った先は奈良県の吉野山です。
タイトルの「ああ」は「ああ美しい」の「ああ」と「ああしんどい」の「ああ」です。
これほどの山道とは想像もしていませんでした。

足に自信のある夫はずっと歩きたかったのですが
私は最初からギブアップで、まずロープウェイに乗りました。
所要時間は3分で、片道450円でした。
f0202151_22240371.jpg
そこまで行って驚いたのは、商店がひしめいていること。
郵便局もあって、ここから3人にだけ風景印で送りました。
もっと送りたかったけど、準備の時間が不足でした。
f0202151_22120342.jpg
ここは金峯山寺です。
ちょうど御開帳でしたが、私は階段を上がったりする自信がなくてパスしました。
f0202151_22115948.jpg
横を通り抜けて上を目指します。
f0202151_22121505.jpg
きれいな桜にワクワクします。
f0202151_22121914.jpg
道端のシャガもきれいです。
このあたりからバスに乗って、奥千本を目指しました。
f0202151_22124891.jpg
ここに着きます。修行門です。
この坂道は風情に乏しい上に、勾配も急で過酷でした。
それを40代くらいの女性4人が、ずっとおしゃべりしながら登られていました。
すごいですねぇ~~~
f0202151_22122653.jpg
坂を登ると、金峯神社です。
この奥にも熊野古道に通じる道があって、
f0202151_22124450.jpg
夫が散策する間、私は桜を見て時間をつぶしました。
f0202151_22123986.jpg
好天に恵まれて、遠くの山々とのコントラストがとてもきれいでしたよ。
f0202151_22125874.jpg
そこからはずっと下って上千本を目指します。
上の画像はちょっと道をそれて、高城山展望台に登る道です。
f0202151_22130413.jpg
期待に反して、ここから見える木はつぼみでした。
f0202151_22514757.jpg
展望台を降りると、こんな景色が見えました。
いつだったか、いいネットで吉野の桜が衰えてきてるので応援しましょうと言われましたが
こういう状態のことをおっしゃっていたのでしょうか。
若木を植えてありましたので、何年か後には桜の山になるのでしょうね。
f0202151_22515630.jpg
水分神社です。
あまりにも人が多くて、人をよけようとしたら、こんなアングルになりました。
f0202151_22520255.jpg
水分神社の楼門です。
f0202151_22521629.jpg
さあ、ここの展望台、ここから見える景色は桃源郷でしたよ。
f0202151_22522195.jpg
素晴らしかったです。
夫のほうが少しマシなカメラなので、もっときれいに映っているでしょうか。
f0202151_22522756.jpg
斜面に大勢の人が座って桜を鑑賞しています。
f0202151_22523235.jpg
フォルムカードとコラボしようとしたのですが・・・・・・・・・・・(笑)
f0202151_22524044.jpg
下手な説明はやめて写真のみをUPします。
f0202151_22524414.jpg
f0202151_22524984.jpg
f0202151_22525553.jpg
f0202151_22530114.jpg
f0202151_22530564.jpg
f0202151_22532251.jpg
f0202151_22532772.jpg
菫の花も可憐です。
f0202151_22533538.jpg
これは吉野の郷土人形なのだそうです。
買おうかどうか迷いましたが、私の技量では描けそうにないと思ってやめました。
f0202151_22533152.jpg
何でも写真で見たり、人に聞いたりするのと、
自分で体験するのとでは大違いだと、改めて実感しました。
外反母趾で膝が悪い私は、長い長い坂道に難儀しましたが
続々と人が歩いてるんですね。
でも、やはりしんどいのか、ガヤガヤとおしゃべりする人は少ないように思いました。

その昔秀吉は、5000人もつれてきて花見をしたそうですが
歩くのは大変だっただろう、泊る所や、食料はどうしたんだろうと
いにしえに思いをはせました。

昼食に食べた柿の葉寿司、お土産に買った奈良漬けに金山寺味噌、どれも美味でした。


by kyo-ko5 | 2019-04-20 23:29 | お出かけ | Comments(0)

多治見陶器祭り

f0202151_17221808.jpg
今日はお昼過ぎから雨になりましたが
昨日今日と岐阜県多治見市の陶器まつりが開催されました。

晴れて町内会の役員から解放された私たちは、
昨日出かけて、思う存分楽しんできました。
f0202151_17225117.jpg
桜もまだまだきれいに咲いていました。
ここは鰻屋さんのお店です。
多治見は言うまでもなく陶器の産地で、一旦窯に火を入れると
食事をする時間もないことから
ご飯とおかずを一緒に食べられるということで、鰻が名産になったそうです。
f0202151_17242665.jpg
ご当地のゆるキャラも「うながっぱ」で、やなせたかしさんのデザインです。
見えにくいですが、しっぽが鰻になっているんですよ。

今まではお祭りの会場に近い、市営駐車場を利用していましたが
今年は時間を気にしなくて済むように、特設会場に駐車して
シャトルバスで会場に向かいました。
f0202151_17224213.jpg
バスの止まった市役所から一番近い会場は、この銀座通りです。
f0202151_17223791.jpg
ここは若い作家さんがメインに出品しています。
絵手紙に描いた猫は、この会場で買いました。
「寄ってらして~」というような、悩ましいポーズが目を引きましたが
どうしても欲しいという気持ちでもなく
帰りにまだあったら買おうと思いましたら、帰り道待っていてくれましたよ~~
そんなわけで我が家に連れて帰りました。
f0202151_17224699.jpg
ところで私たちが楽しみにしているのは、陶器市のみではなく
この川の向こうの通りで行われている、クラフトフェアです。
f0202151_17225522.jpg
お店を見るのに一生懸命で、写真を写すのを忘れてしまいました。
これはと思うものは買っておかないと、毎年出店者が変わりますからね~~

上の写真はこの通りで見かけたものですが
「夢」という文字が「ありがとう」になっているのがわかりますか?
f0202151_17234439.jpg
こんな楽しい人もいましたよ。
一人で10種類の楽器を演奏しています。
足をあげているのは背中のドラムをたたくためです。
この時演奏していたのは「アメージングレース」でした。
f0202151_17234931.jpg
絵を描くパフォーマンスの人もいましたよ。
とても幻想的な絵でした。
大道芸とかバルーンアートなどあちこちでやっていて
それを見ているだけでも退屈しません。
f0202151_17235940.jpg
さぁ!肝心の陶器を売っている通りです。
f0202151_17235506.jpg
陶器を売るテントはだんだん少なって行くように感じます。
f0202151_17241650.jpg
消しゴムすくいですって!
かわいい~~
f0202151_17242267.jpg
ここは常設のお店です。
どこでもお祭り価格になっていますから
いいものを買おうとすればこういうお店が間違いないけれど
やっぱり、テントのお店が楽しいですね。
レジ袋に一杯500円という子供たちがやっているお店もありますが
欲しい陶器が、袋に一杯になりそうになかったのでやめました。
急いでこしらえたんでしょうね「令和」の文字を書いた器もありました。

帰りの駐車場で「長野や山梨の車が結構来ますが
このお祭りのことをどうやって知りましたか」と
係りの方から質問されました。
「私たちは車で30分ほどで来れますし、毎年楽しみにしていますけれど
ネットに全国陶器祭りの日程をUPされていますから
陶器好きの人はそれを見て来られるんじゃないでしょうか」と答えました。
どうなんでしょうね・・・・

暖かな一日で、道行く人もコート無しで
会場はとても広いのに、どこもたくさんの人出でした。


by kyo-ko5 | 2019-04-14 22:16 | お出かけ | Comments(5)

f0202151_22481399.jpg
いろんな方のBlogを訪問すると、今は桜の話題がいっぱいです。
やはりこの時期は、みんながワクワクするんですね。

今日は美容院に行きました。
行きは、車のオイル交換に出かける夫が、乗せて行ってくれましたが
帰りは歩いてきました。
昨日の雨の翌日の晴れですから、空がとっても澄んできれいでしたよ。

途中、中央道の上を渡ります。
こちらは飯田方面。
f0202151_22481867.jpg
こちらが名古屋方面です。
フェンスの隙間からスマホで写しましたので、アングルがおかしいですね。
両サイドの桜がきれいでした。
f0202151_22482286.jpg
それを過ぎると、公園です。
あ、ここでは以前夫と二人でプチ花見をしたことがあります。→こちら
f0202151_22482971.jpg
今日は一人で楽しみました。
f0202151_22483391.jpg
新緑も美しくて、よい一日でした。

by kyo-ko5 | 2019-04-11 23:08 | お出かけ | Comments(0)

想定外は孫から始まる

f0202151_22012084.jpg
孫の「おはよ~」の声でそれは始まりました。
市民四季の森に行こうとせがまれて、
急いで用事を済ませ、身づくろいをして
ジジババと、6歳、4歳は一路、市民四季の森を目指しました。
f0202151_22013990.jpg
桜の向こうに、彼らの目指す遊園地が見えてきました。
f0202151_22014354.jpg
ここです。
朝早かったので、着いたときは人もまばらでしたが
時間を追うごとに、にぎわってきました。
f0202151_22015153.jpg
木の砦のような遊具は大人気で
我が子を見守る父兄は、申し合わせたように同じ方向を見上げています。
f0202151_22020664.jpg
散々遊んだので、次は小動物園に行くことにしました。
f0202151_22021564.jpg
・・ところが、こんな看板が立っていましたよ。
やっぱりねぇ~~
愛知、岐阜の豚コレラの被害は深刻です。
f0202151_22022420.jpg
では、桜並木のほうへ。
f0202151_22022924.jpg
きれいでした~~~
男の子はスタスタ行きますが
女の子は桜の花びらを拾い集めて
手のひらからふぅ~~っと飛ばして楽しんでいました。
f0202151_22024452.jpg
メタセコイアはこれから芽吹いてきます。
f0202151_22030462.jpg
椅子取りゲームをやろうですって。
人が二人、椅子も二つなんですけど・・・・(笑)
f0202151_22030802.jpg
孫のおかげで、楽しい想定外の時間を過ごせました。

絵手紙は手作りのアームバンド。
くださった方へのお礼状です。

by kyo-ko5 | 2019-04-06 22:32 | お出かけ | Comments(2)

うどん屋の謎

f0202151_15491576.jpg
実家から自宅へ帰る日の出来事です。
高速代を節約するために、下道を走ると夫が言います。
それなら鳥取県周りで、途中兵庫県の浜坂で昼食にしようと決めました。
実はここに興味をそそられるお店があったのです。
f0202151_15495440.jpg
何年か前駅前の食堂に入って、私はきつねうどんを注文しました。
そしたら甘い出汁に、もっと甘いあげが乗っていて
甘い+甘いで、いかな甘党の私でもちょっと困惑しました。
あの時の味付けは、お店側が間違ったのか
それとも地元の人の好みの味付けだったのか
もう一度行って確かめてみようということになったのです。
f0202151_15495715.jpg
着いてみたらありましたよ、そのお店。
でも、お店の人が違っています。
息子さんが引き継がれたのでしょうか。
雨が降って寒かったので、今回は鍋焼きうどんを注文しました。
f0202151_15494419.jpg
やっぱり出汁は甘めでしたが、中の具が
ハマグリ、椎茸、舞茸、卵にエビ、かまぼこにはんぺんにわかめと
8種類も入っていて、とってもおいしかったです。
疑問は解けませんでしたが、大満足の昼食でした。
f0202151_15494753.jpg
絵手紙は実家のカギに付けていた、ラスカルのキーホルダーです。
蒜山の不動産屋さんに、実家のカギを渡してきましたので
この度ラスカルは役目を終えました。

by kyo-ko5 | 2019-03-20 19:59 | お出かけ | Comments(4)

蒜山は寒かった~~~

f0202151_15352709.jpg
この度3月7日に蒜山へ行きました。
その日の夕方にはあられが降り、翌8日の朝は雪景色でした。
次の日の朝は雪は降らなかったものの
雪と見まがうほどの霜で、あたり一面真っ白でした。
夜は持参した衣類を着こみ、ヒーターをつけてコタツに入っても
震えが止まりません。
早々に電気毛布で温めた布団に潜り込みました。

手続きをするために、冬コートを着てマフラーを巻いて出かけましたが
夫が、地元の人はみんなもっと薄着だというのです。
言われてみればセーターを着こんだ人も見かけません。
地元の寒さに慣れた人には、3月はもう寒さが緩んでいるんでしょうかね・・

そんな中、雪化粧した大山の美しかったこと。
今日の写真は三木が原の酪農大学校のそばで写しました。
昨日の写真は車で5分ほど行ったところにあるコンビニのそばからです。
大山は伯耆富士と呼ばれ、鳥取県側からは富士山のような形に見えますが
岡山県側から見るとこんな形です。

役所や不動産屋に行ったり、JAで火災保険の解約をしたり
忙しくしていましたが、大山の写真は何枚か写しました。

by kyo-ko5 | 2019-03-14 16:08 | お出かけ | Comments(0)

実家のこと

f0202151_20345737.jpg
お久しぶりです。
蒜山の実家へ行ってきました。
そして今回の帰省は、実家で泊まる最後の帰省となりました。

昨年、11月末に同窓会で帰省した機会に、地元の不動産へ行きました。
私が実家の固定資産税を払うようになって10年になります。
10年というのは節目でもあるように感じました。
ずっと夫が車を運転して連れて行ってくれますが
いつまで運転できるという保証はありません。
夫と私がいつまで元気で行くことができるのかもわかりません。
子供たちも遠すぎる親の実家は引き継がないと言います。
ならば私たち夫婦の余力があるうちに何とかしなければと思いました。

そういう理由で、不動産に売買を委託しましたが
すぐに売れるわけもないだろうから、
もう一度夏に行くことができるだろうと暢気に構えていました。
ところが今年の2月2日に不動産会社から「売れました!」という電話が入りました。
自分で承知したことでありながら「売るのをやめます」と言いたいくらいショックでした。
日が経つにつれ、気持ちも落ち着いてきて、この度買い主様と正式な契約をしてきました。
居抜きで買ってくださるということですから、これ以上の片づけは必要ないというものの
いろいろな気持ちが交錯して、夫と二人できるだけの掃除をしてきました。
夫は私の実家のために私以上に立ち働いてくれて、本当にありがたいことでした。

驚いたことに、買い主様は書道家なんだそうです。
田舎のことで10畳の部屋が二間続きで使うことができ
大きな作品を書かれるのに好都合なんだとか。
それにしても私が趣味で絵手紙を描くのに筆を用いるので
書道家さんが購入してくださることはすごく嬉しかったです。
すごいご縁だと感じました。
静かで涼しい蒜山で、たくさんの書を書いていただきたいと願っています。



by kyo-ko5 | 2019-03-13 21:20 | お出かけ | Comments(5)

広隆寺

f0202151_20105815.jpg
翌朝は、午前8時までに車を駐車場から出さなければならなかったので
早々とホテルをチェックアウトしましたが
さて、どこへ行こうかと迷った末「イノダコーヒ」に行きました。
ここへ来るのは何度目かで、2階席もレトロな部屋も行ったことがあって今回は一階席にしました。
今まで行った時間帯は観光客が多く、待ち時間もあったのですが
さすがにこの時間は空席が目立ち、すんなりと座れました。
お客様も地元の方が多いように感じました。
f0202151_20110688.jpg
おっと、飲み終わってからあわてて画像を写したので
テーブルの上が散らかってますね。
f0202151_20111561.jpg
ここは隣のレトロなお部屋との境の通路です。

イノダコーヒの近くに和紙のお店があるのですが、2時間近くもここで過ごすせなくて
諦めて次は広隆寺へと向かいました。→こちら
f0202151_20114916.jpg
この門が正面らしいのですが、車なので
f0202151_20115730.jpg
こちらから向かいました。

広隆寺で有名なのは、弥勒菩薩ですね。
f0202151_20364259.jpg
これです。
写真不可ですので、ネットから借りてきました。
ほかにも聖徳太子16歳の像とか、京都の街を作ったという秦河勝の像
千手観音など、見ごたえのある木像がいっぱいでした。
私はほとんど知識がなくて、千手観音を見ては
「私なら、どの手でどんな仕事をしてるのかわからなくなりそう・・・」
などとおバカなことを考えていたのですが
物知りな夫がいろいろ説明してくれるので、面白く
こんなすごいものを作る平安時代ってどんな時代だろうと興味がわきました。
f0202151_20112402.jpg
この右奥の建物の中に展示してあります。
f0202151_20113515.jpg
この日は朝から雨でしたが、見学を終えたころには雨脚が強くなっていました。
池の水紋がきれいでしたよ。
f0202151_20114483.jpg
馬酔木の大きな木も咲き誇っていました。

私は雨の風情も好きなんですが、傘をさしての観光はちょっと難儀ですね。



by kyo-ko5 | 2019-03-05 21:01 | お出かけ | Comments(0)

北野天満宮


f0202151_21282354.jpg
ひな祭りは終わりましたが、これは私が受け取ったお雛様の絵手紙です。
(左は、私が作ったタペストリーです)
友禅和紙や、ホログラムなど華やかな紙を使用したものが多くて
受け取るとパァ~~っと心が明るく、ウキウキした気持ちになりました。
私からも結構あちこちに送りましたが、2月3月は何かと用事が多く
あと一息のところで時間切れになってしまいました。
自分がお雛様の絵手紙を受け取って思ったことは、こんなに嬉しい気持ちになるんだもの
頑張ってもっとたくさんの人に送ればよかったという後悔です。
来年はもっと大勢の方たちに幸せな気持ちを届けられるように
今から来年のお雛様を作らなくちゃ・・と言う気持ちになっています。
f0202151_21284857.jpg
京都旅行の続きです。
梅の花が見ごろだろうと、北野天満宮に行きました。
予想通り、きれいでしたよ。
牛さんがお出迎えです。
f0202151_21285513.jpg
この宝物殿で、刀の展示をしていました。
夫は見たいと言いますが、私は刀を見ているだけで怖いので
夫は刀を見、私は梅の花を見るためにここで夫と別れました。
f0202151_21290116.jpg
私が歩いた順に、画像をUPしますね。
f0202151_21291052.jpg
フォルムカードとコラボして画像を写している人がいました。
私もやりたかったなぁ~
f0202151_21290635.jpg
フォルムカードとコラボしていたのは、この建物です。
f0202151_21292361.jpg
この前の狛犬は角がありました。
f0202151_21291864.jpg
この牛はとても変わった石で作られています。
f0202151_21293294.jpg
飛梅はどこの天満宮に行ってもあるように思います。
f0202151_21292875.jpg
拝殿です。
ひっきりなしに鈴が鳴っていました。
f0202151_21293947.jpg
拝殿の左側です。
f0202151_21294354.jpg
たくさんの彫刻があり、全部違うデザインでした。
f0202151_21295296.jpg
なんとたくさんの絵馬!
大勢の人が合格祈願に訪れているんですね。
f0202151_21295688.jpg
建物の朱色とのコントラストがきれい。
f0202151_21300182.jpg
ここの狛犬はしっぽが大きいですね。
f0202151_21301074.jpg
拝殿の右後ろ。
f0202151_21301649.jpg
その前に回ると、かわいらしい木の魔除け祈願がてんこ盛りになっています。
f0202151_21302088.jpg
こういうお願いをするんですね。
f0202151_21302929.jpg
とてもたくさんの梅があります。
f0202151_21303715.jpg
この狛犬は強そうですね。
ここで夫と待ち合わせの時間になったので、車に急ぐと
夫は予想もしない方向から帰ってくるではありませんか。
刀の展示は早々と切り上げて、上七軒を歩いてきたのだとか・・
歩く速度が速いと観光もはかどりますね。


by kyo-ko5 | 2019-03-04 22:12 | お出かけ | Comments(2)