どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

カテゴリ:絵手紙( 910 )

猫の日ですって

f0202151_11460193.jpg
今日は猫の日だそうです。
この猫のおひな様は、愛知県瀬戸市で買いました。
藤井聡太君の出身地ですね。

スケートの小平奈緒さんの言葉を拝借してのせました。
タイムリーに仕上げたかったのですが
「愛してるわ」の方が良かったかしら?

夫が現役で働いているとき
「そんな難しい仕事をこなして
あなたを尊敬するわ」と言ったら喜んでくれました。

パシュート、やってくれましたね。
素晴らしい女の子たちです!



[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-22 16:44 | 絵手紙 | Comments(0)

ひと冬20万円?!

f0202151_19532957.jpg
先日、新潟県十日町市の方から絵手紙をいただきました。
2~3メートル雪が積もっているとコメントに書いてありましたので
厳しい寒さの中、心にほんのちょっとの温もりになればと
おひな様の絵手紙を送らせて貰いました。
そしたら今日はお電話がかかってきて、いろいろお話しすることができました。

多いところでは雪が4メートルほどにもなって
何回も屋根の雪下ろしが必要になる、
その費用がひと冬に20万円ほどかかると言うことです。
新しいおうちでは融雪機能のついた屋根にするそうですが
その灯油代も同じくらいかかるのだそうです。
雪下ろし専門の職人さんがおいでになるのですかと質問すると
大工さんなどは冬場に仕事がなくなるので、雪下ろしの仕事をされるそうです。

昨年の旅行で、十日町は通り抜けただけですけれど
大抵の家で玄関は2階に作ってあり、サンルームのように囲ってありました。
一階の屋根から、2階の屋根に梯子も常設してありました。

雪深い地方の皆さん、頑張ってください。

絵手紙は、福島県のでこ屋敷で買ったおひな様です。
二人でふるさとを忍んでおります。



[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-21 21:51 | 絵手紙 | Comments(0)

新タマネギ

f0202151_14524358.jpg
オリンピックは、同じシーンを繰り返し見て、同じところで「アッ」っと声を上げ
同じところで拍手し、新聞を丹念に読んでは涙を流しています。
今日涙したのは、小平選手の「氷も溶かす熱い友情」という記事です。
彼らと同じ時代に生まれ合わせた幸せを感じますね。

今日の絵手紙は、新タマネギです。
昨日スーパーで見つけて買ってきました。
昨年から我が家のお気に入りレシピは
スライスして、大きめのお皿に平らに盛り、
黒こしょう、マヨネーズ、チーズをのせ、ラップをかけてチンします。

日差しが春めいてきたとはいえ、まだまだ寒いのに
どこかでもう新タマネギがとれてるんだなと、この言葉を載せましたが
ちょうど描き終えたとき、お嫁ちゃんのお母さんから電話がかかってきました。
お住まいは浜松で、タマネギの産地です。
「もう新タマネギがとれるんですか」と質問すると
「いえいえ、暮れから出荷が始まってます」・・・と。

季節がわからなくなりそうです。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-20 15:20 | 絵手紙 | Comments(4)
f0202151_18132721.jpg
昨日のフィギュアスケート感動しましたね。
将棋でも藤井君が頑張って、名古屋では2回も号外が出たそうです。
しかも、あの時間に結果が出たのに
夕刊にはちゃんと羽生君と宇野君の記事が載って
新聞社はてんやわんやだったことでしょう。

更新をちょっとお休みしましたが
私も先週はちょっと頑張りました。
お嫁ちゃんが親知らずを抜くため、2泊3日で入院したので
5才、3才、11ヶ月を預かりました。
何が大変って、お風呂に入れるときと
朝、保育園に送って行くまでですね。
久しぶりに座る間もないという日を過ごしました。

絵手紙に描いたのは「たいそうブーブー」という人形です。
鼻を押すとお話しし、長押しするとラジオ体操が流れます。
手軽に体操ができるかなと、生協で購入しました。
オリンピック選手に比べれば、なんともレベルの低い目標ですが
68才にはこれでいいでしょう・・・
鼻を押すと「続けることが大事 ブヒブヒ」と言っております。



[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-18 20:02 | 絵手紙 | Comments(4)

おひな様の絵手紙

f0202151_20441144.jpg
立春を過ぎてから、おひな様の絵手紙を少しずつ投函しています。
今年はチャーミングさんに教わった、ハートの形をしたものを作りました。
襦袢と着物、そして二人を組み合わせたときの和紙のコーディネートが難しく
また、そこが面白くもあった、はがき作りでした。

おひな様のはがきが届けば、どんな人でもほっこりしてくださるかしらと
今まであまり届けなかった人にも送りました。
例えば、施設に入居されてる隣のご主人、病気療養中の夫の友達などです。

今日は送った方の一人から、わびしいお返事が届きました。
彼女は昨年ご主人を亡くされたので、
おひな様を見ると余計悲しくなるかしらと
不安を抱えつつ送ったのですが
返信の絵手紙には女びなのみが描いてあり
「私、とうとう一人になっちゃった」と言葉を添えてありました。
彼女の深い悲しみが伝わってきます。

でも、私の絵手紙はひな祭りが終わってもずっと飾りますと
コメントにありました。
良かったです。

もうおひな様作りは終わり・・・と思っていましたが
今日いただいた絵手紙のお返事には
まだおひな様が間に合いそうなので
ささやかなほっこりを、もう少し作って送ろうと思います。


[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-13 21:22 | 絵手紙 | Comments(6)

五木茶

f0202151_19394986.jpg
九州のお茶は、八女茶、嬉野茶、知覧茶しか知りませんでした。
ところが昨年九州を旅行したときに、それ以外にもあちこちに産地があることを知って
お茶が目につくと買って帰りました。
その中のひとつ、五木茶を今飲んでいますが、そのお茶が楽しいんです。

最近のお茶は、パックになっていたり、細かい粉状になっていたりしますが
買ってきた五木のお茶は昔ながらの感じで
このお茶を入れるたびに茶柱が立つのです。
飲み始めて10日ほどで、特にどんな良いことがあったということはありませんが
縁起が良いということは、何でもあった方が嬉しくて
食事のたびに「見てみて!」と喜んでいます。
f0202151_19395750.jpg
でんでん太鼓を、孫のために作ってみました。
最近キティちゃんが好きという孫に送ろうと思います。



[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-12 19:54 | 絵手紙 | Comments(4)

伊集院静 2冊目

f0202151_16101132.jpg
夫は柑橘類が好きで、家には切らさないように買い置きしてあります。
この時期は温州ミカンが終わりに近づいて
伊予柑やデコポンなどが店頭に並ぶようになり
それを見ると春が近づいているんだなと感じます。

今、2冊目の伊集院静のエッセイを読んでいます。
おすすめのタイトルを教えてくださった方がありますので
それを図書館の書架で探しましたが見つからなくて
予約しなくてもあるものから読んでいこうと
「可愛いピアス」というエッセイを借りてきました。
タイトルと表紙の可愛い猫の絵に惹かれたからです。

ところが読み始めてみると、ギャンブルと飲酒のことばかりが書いてあるのです。
週刊文春に、「二日酔い主義」というタイトルで書かれたものをまとめてある本のようです。

読んでいたら「日本人はうるさい」と書いてある箇所があって
思わず「そうだ!」と膝を打ちました。
今は日本に観光に来る中国人ばかりが、傍若無人に大声で話すように言われますが
’99年にヨーロッパへ行った時にそう感じました。
観光していると突然キャハハと大声で笑ったり、わぁ~~すごいなどと叫んでいるのは日本人なのです。
それと歩き方・・・これも日本人はすぐにわかります。
・・・・私も例外ではありませんけれどね。
公共の場所では気をつけたいものです。

それと美食家を自称するタレントなども、一刀両断で痛快です。

彼のエッセイを読んでいて心が和むのは、花の描写がたくさん出て来ることです。
庭に咲く花や、散歩の途中にある野の花、食事に行ったお店に生けてある花
特にご自宅には、いつも花が生けてあるようです。
そのさりげない描写にひかれて、また次の作品を読んでみたいと思っています。



[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-11 16:54 | 絵手紙 | Comments(4)

おひな様の絵手紙

f0202151_12552942.jpg
(クリックすると大きくなります)
立春が過ぎてから、作りためていたおひな様の絵手紙にコメントを書いて送っています。
雪深い地方の方にも、ちょっとだけほっこりとしていただけたらという思いでしたが
北陸地方の方には、そんな生やさしいことでは済まされない大変なことになっています。
心からお見舞い申し上げます。

画像は私の部屋の壁に飾った、おひな様の絵手紙です。
今までに貰った絵手紙の中から、クラフトのものをメインに飾っています。
私自身も見てほっこりしたいのですが
この部屋の室温は今も6度で、
このBlogを送信したらリビングの方に退散します~(笑´∀`)

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-09 13:06 | 絵手紙 | Comments(6)

節分です

f0202151_14413049.jpg
伊集院静という人の本を読んでみようと思ったのは
ずっと前、ラジオでトークを聞いたのがきっかけでした。
それからかなりの時間が過ぎてしまいましたが
このたび図書館へ行って、まずはエッセイから借りてみました。

読んでいるといろんな言葉が心にとまるのですが
まずは先日の「いつくしむ人 いつくしんでくれる人」
「愛する」とも「かわいがる」とも違う「いつくしむ」という言葉に
心が温まるものを感じます。

さらに「生きることにも 丁寧が必要」という言葉がありました。
昨年、タオル筆コンクールの審査委員長さんの総評で
「丁寧に描いてください」と言う言葉が記憶にあります。
ギャラリー通信にも「丁寧に描くことは 丁寧に生きることにつながる」と
書いておいででした。

私は絵手紙に「今日一日を喜んで 楽しんで生きよう」と言う言葉をよくのせますが
今度からはこれに「丁寧に」を付け加えたいと思います。
f0202151_14414317.jpg
これは、ずいぶん前の作品です。

さて、今日は節分です。
子鬼ちゃんたちは、豆まきに備えてお互いに励まし合っているようです。
鬼も、苦難に耐えて大人になるのかな??

ブログを読んでくださっている皆様も
どうぞ健康で過ごされますように。

[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-03 15:09 | 絵手紙 | Comments(4)

厳寒休み

f0202151_19224300.jpg
昨日の更新で「厳寒の日」と書いたとき
私の通った小学校では「厳寒休み」という休みがあったことを思い出しました。
雪深い土地柄のため、冬休みのほかに多分旧正月の頃だったんでしょうね
日数は忘れましたが、まとまったお休みがありました。
その頃は、旧正月の方を盛大に祝っていたように思います。
家の中のお飾りが、旧正月の方が豪華でした。

さらに言えば田植えをする頃「田植え休み」というのもありましたよ。
小学生の手さえ必要とする忙しさだったんですね。
こういう休みがあったので、夏休みが短かったです。

絵手紙に描いたのは、角館で手に入れた「中山人形」です。
横手市に行かなければ買うことができないと思っていたので
見つけたときは嬉しかったです。

添えた言葉は伊集院静さんのエッセイから失礼しました。


[PR]
by kyo-ko5 | 2018-02-01 19:47 | 絵手紙 | Comments(6)