どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

江戸城

f0202151_22084187.jpg
東京へ着いて、まず行ったところは江戸城です。
これは誰でもご存知ですよね。
ここはもちろん百名城なのですが、前回時間が遅くて見学できなかったので
今回見学することにしました。
門がたくさんあって、覚えることができませんが、これは武道館に一番近い門です。
江戸城の石垣はやっぱり見事ですね。
やっと覚えた知識では、切込みはぎ積みというのかな。
f0202151_22090640.jpg
江戸城は堀の大きさも、今まで見たお城の中では群を抜いて大きく
無血開城しましたけれども、これでは攻めることは不可能だったのではと思いました。
f0202151_22084706.jpg
お堀端に水仙が咲いていました。
f0202151_22091235.jpg
城内に入るには手荷物検査があります。
なにも怪しまれるようなものは持っていませんが
リュックの中が、ぐちゃっとなっているのが恥ずかしかったですね。

この石垣は天守台です。
f0202151_22091629.jpg
比べるものがないと大きさがわからないなあと思っていたら
運よく通りがかった方があったので・・・・シツレイ
f0202151_22092162.jpg
天守台の上はこうなっていました。
f0202151_22093034.jpg
一部に窪んだ場所があって、地下室になっていたのかな・・・
隠すものは、武器?お金?それとも食糧?
f0202151_22093437.jpg
ここは石室で、火事になったとき大奥の調度品などを入れるのではないかと書いてありましたが
それにしては狭いように感じました。
とにかく半端なく広くて、歩くのにくたびれてしまいました。
このほかに皇居も江戸城内でしょ
皇居の中で十分にウォーキングできる広さというのが理解できました。
f0202151_22090033.jpg
何より驚いたのは、江戸城を高速道路が貫いていること。
高速道路のゲートの前に横断歩道があって、人が歩いているんですよ。
そんなゲート他では見たことありません。
f0202151_22083192.jpg
最後の画像は武道館の前のイチョウです。
見事でした!

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-12-11 22:43 | お出かけ | Comments(0)

八王子市 滝山城

f0202151_21351602.jpg
八王子市の滝山城へ行きました。
なぜこんな遠くの、名も知らぬお城へ行くのかといえば
日本100名城を達成した夫殿は、今度は続100名城にチャレンジするのだそうです。
この度も東京への用事にかこつけて、張り切って予定を立てました。
早朝3時に起きて、我が家を出発するという力の入れようです。
f0202151_21343291.jpg
ここではいきなり急傾斜の登山口が現れて、私は登れないかもしれないと思いました。
しかしそれをクリアすると、こんななだらかな道が続き
f0202151_21353451.jpg
秋の風情を楽しみながら歩くことができました。
f0202151_21345365.jpg
本丸が近づくと、こんな橋がありました。

f0202151_21351298.jpg
渡ると本丸の場所に着きます。
f0202151_21352104.jpg
男性がおひとり、整備をしておいででした。
こうして城跡がきれいに保たれているんですね。
f0202151_21352672.jpg
先ほどの橋を下から見上げるとこんな感じです。
f0202151_21353027.jpg
下の石畳も風情があって、時代劇が撮影できそうですね。
f0202151_21353777.jpg
そんなわけで、城山をひとつ登ると一路東京へと向かいました。


[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-12-11 21:56 | お出かけ | Comments(0)

クリスマスカード

f0202151_20163567.jpg
半円形を折って作ったクリスマスカードは
いろんな方に作っていただいてありがとうございます。

最初はこんな風にぺったんこにして、はがきとして62円で送ろうと思ってました。
f0202151_20164060.jpg
ところがやくさん作っているうちに、貼り付けるのがめんどうになり
壁に飾ってもらったとき、ちょっと立体的になるのもいいかなと思うようになりました。
f0202151_20164441.jpg
それで貼るのをやめて、めくったところにメッセージを書くことにしました。
上の画像です。
f0202151_20164843.jpg
さらにその上をめくったところにも、シールを貼ったりメッセージを書き込みました。
f0202151_20165175.jpg
一番上の小さなスペースにも書きました。

こうやって封書で送ると、ジュエリーシールが少々大きくても大丈夫です。
大部分はこの方法で送りました。
次々とメッセージが出てくるのも楽しいかなと思いますので、試してみてください。
f0202151_20170467.jpg
昨日アイスクリームのシールでツリーを作ったらおもしろかったので
きょうはバルーンのシールで作ってみました。
なんかピエロみたいですね(笑)

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-12-11 20:32 | 絵手紙 | Comments(0)

山中城

f0202151_16200385.jpg
山中城は以前訪れたとき、あまりにも深い霧で登るのを諦めました。
今回2回目で、この障子堀を見ることができて大感激しました。
f0202151_16200930.jpg
このお城の特徴なんですよね。
f0202151_16201483.jpg
遠景も入れるとこんな感じです。
f0202151_16201935.jpg
長い年月で、堀の底は堆積物などで浅くなっているそうですが
昔の人はどうやって掘ったのでしょう。

このような守りがあっては、とても城は落とせないと思いますが
なんのなんの、秀吉は半日で落としたそうです。
すごいですね。
f0202151_16202428.jpg
通路の畝堀もとてもきれいに保存されていて
風化を防ぐため、芝を貼って保護してあります。

お城のふもとで茶店を営んでおいでの男性の話では
子供のころ、よもや山の中にこんなお城があるなんてわからなかったそうです。
誰が発見したのでしょう。
木や草が生い茂って、この形に整備するのが大変だったようです。
きれいに維持管理されている三島市に敬意を表します。

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-12-11 16:42 | お出かけ | Comments(0)

石垣山城

f0202151_22565478.jpg
(くりママさんが、シールを上手に使ってクリスマスツリーを作っておいででしたので
私も真似っこしてみました。メインに使ったのはアイスクリームのシールです)

さて、12月8日に東京へ行く用事があったので
前後にホテルを予約して、2泊3日で関東方面に行ってきました。
往復の道中では観光をして、訪ねたお城が6か所。
その中で印象深かったものからご紹介します。
f0202151_22573051.jpg
石垣山城は、通称一夜城とも呼ばれます。
おバカな私は、ほんとに一晩で張り子のようなお城を作ったのだと長い間信じていました。
その後そうではなくて、極秘に建物を作って、夜中に前にある木を切り倒し
一晩で建てたかのように見せかけたと知りました。
でもその時点でも、簡易的な館のようなものかと思っていました。
なので、現地について真っ先にこの石垣が目に入ったときはびっくりしました。
石垣のある本格的なお城だったとわかったからです。
f0202151_22573739.jpg
どこにも、完璧な石垣は残っておらず、登っていく道もこの通りで
(あとから、もっと登りやすい道があることを知りました)
ガラガラと崩れ落ちた石の間を登っていくのは
まるで沢登りのようで、ちょっとおもしろかったです。
f0202151_22574241.jpg
登ったところが南曲輪の跡でした。

実際には、このお城は延べ4万人の手で3か月かかって作られました。
作っている間、普請する音や人の声で小田原城に悟られなかったのかと不思議でしたが
f0202151_22574770.jpg
小田原城はこの風景のはるか向こうにあり、気づかなかったのでしょうね。
f0202151_22575452.jpg
この崩れた石垣を見て、こんなお城をどこかで見たことがあると思ったら、肥前名護屋城でした。
石垣はともかく、どちらも秀吉が建てたお城ですから共通点が多いそうです。
急ごしらえのお城ということでも同じですね。
f0202151_22580072.jpg
急ごしらえだから石垣の基礎がしっかりしていなくて、こんなに崩れたのでしょうか。
f0202151_22580436.jpg
それにしても石垣を積むということは、非常に財力と労力を要することですから
現れたそのお城を見て小田原城の武士たちは度肝を抜かれ、士気を失ったのだそうです。

今までの私の認識が覆った面白いお城でした。

[PR]
# by kyo-ko5 | 2018-12-10 23:37 | お出かけ | Comments(0)