人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ
f0202151_17215401.jpg
昨日は、沢山の誕生日祝の絵手紙や、お祝いメッセージをありがとうございました。
70歳になりました。
昨日は自分の身体に「よく頑張ったね、ありがとう」と言ってやりました。
今日病院に行ったら、案内表にちゃんと70歳と書いてあって
これが自分の歳なのかとまじまじ見つめました。
おいおい、それにも慣れてくることでしょう。

今までは、一日の中で、自分の部屋にこもって
絵手紙やパソコンなど、一人で過ごす時間が多かったので
今日からは夫と共にいて、話したりする時間を増やしたいと考えています。

これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

# by kyo-ko5 | 2019-10-16 17:37 | 絵手紙 | Comments(2)

茅野市 尖石縄文考古館

f0202151_11191844.jpg
旅の初日、お蕎麦の昼食を済ませてから、茅野市の尖石(とがりいし)縄文考古館を目指しました。
ここには縄文のビーナスと、仮面の女神が展示されています。

風景印を貰うために持って出た絵手紙は、縄文のビーナスの消しゴム印にしました。
上の画像の右側です。
左は、考古館備え付けのスタンプを押したものですが
こういう彫り方もあったのか・・・と思いました。
次回消しゴム印を彫るときの参考にしましょう。

今日、送った方からメールが届いて「消しゴム印と、風景印が同じデザインで感動しました」って。
よかった、よかった、頑張った甲斐がありました。
考古館は人里離れた場所にあって、ポストが遠かったんです。
f0202151_11194841.jpg
こちらは仮面の女神ですが、この日は他の技術館へ貸し出されていて、これはレプリカです。
すごい安定感がありますね。
f0202151_11195323.jpg
こんな感じで出土したそうです。

発掘は、あるのかないのかわからない所を掘っていくお仕事ですから
さぞかし大変でしょうが、こういうものが土中から現れたら
もうワクワクドキドキが止まらないでしょうね。
高揚感で眠る時間も惜しく、早く朝が来て、早く掘り起こしたいと
私だったら思うような気がします。
f0202151_11205051.jpg
こちらが私の本命、縄文のビーナスです。
このふくよかさ、安定感、ツンとしたお顔、どれもいいですねぇ。
f0202151_11205391.jpg
もう四方から全部見せちゃいます。
f0202151_11210379.jpg
お尻の具合も最高じゃないですか。
f0202151_11205919.jpg
安産を願ったのではないかという説があるそうですが
もう安産間違いなしって思えますね。
f0202151_11194755.jpg
こちらはこんな感じで出土したそうです。
右足が壊れていますが、5000年もの間土に埋もれていたためだそうです。
5000年!!気が遠くなるような年月ですね。
f0202151_11200096.jpg
ほかの展示物もすごいです。
f0202151_11195744.jpg
水を汲んだり、煮炊きをするためだけなら
模様など、まして火炎土器のような凹凸などなくてもいいような気がしますが
縄文人の美的センスにはとても驚かされます。
f0202151_11201342.jpg
これは土偶の頭部です。
f0202151_11200905.jpg
f0202151_11202490.jpg
f0202151_11201754.jpg
f0202151_11202806.jpg
こんな模様、私には考え付きません。
f0202151_11203287.jpg
黒曜石の矢じりなどです。
こんなに小さなもの、私なら掘っていても区別がつきそうにありません。
f0202151_11203800.jpg
装飾品。きれいに穴があけられていますね。
この時代から人は身を飾ることに熱心だったんですね。
私ももっと身だしなみに気を付けなくちゃと反省します。
f0202151_11211068.jpg
これはトイレに貼ってあったイラスト。
子供バージョンでかわいい!
f0202151_11213239.jpg
外には家屋を復元してあります。
f0202151_11213736.jpg
ショップで、ガチャガチャを見つけた夫が
「国宝のミニチュアが入ってるらしいよ」とひとつ買いました。
ウフフ・・・・・何が入っていたと思います?

・・・・・・・・・・縄文のビーナスでした。
売っているレプリカは手の出せない値段でしたから、すっごくうれしい!!
我が家でモデル業に励んでもらいます。



# by kyo-ko5 | 2019-10-14 13:37 | お出かけ | Comments(0)

諏訪 高島城

f0202151_16030874.jpg
旅行の初日は雨でした。
車は中央道を走り、飯田インターで降りました。
目的地とは離れていますが、夫は地元の風景を見ながら走るのが楽しみだと言います。
f0202151_16031682.jpg
飯田は街路樹にリンゴを植えてあります。
ありました!ありました!
走る車の中から写したのでこの程度の画像ですが、たわわに実っています。
このリンゴ、最終的にはどうするのか、気になるのは私だけ・・・・??
f0202151_16032115.jpg
これは伊那を走り抜けるときに見たオブジェです。
伊那のKさ~ん、これわかりますか?
f0202151_16032569.jpg
その日最初の目的地はここ、諏訪の高島城です。
f0202151_16034248.jpg
諏訪湖のほとりにこんな見事なお城があるとは知りませんでした。
f0202151_16034556.jpg
石垣も苔むして風情があります。
f0202151_16033793.jpg
中に入ってみましょう。
f0202151_16161822.jpg
この石段は段差が大きくて大変でした。

天守閣に入るのは、料金が大人1名310円のところ
JAFのカードを提示すると、二人で400円になりました。ラッキー!
f0202151_16035229.jpg
最上階から諏訪湖を眺めました。
お天気が良いと、もっと見晴らしがよいんでしょうね。
f0202151_16034904.jpg
庭にはこんな実がなっていました。
秋のグリーティング切手の図案にもなっていましたが
名前は何て言うのでしょう・・・・
私の田舎では「とがの木」と呼んで、子供の時この実を食べていました。
f0202151_16033047.jpg
お城を見学したら、夫の心はここにあらずで、次の見学地へはやります。

諏訪だけに来たのなら、諏訪大社とか、美術館とか見どころがあるのにねぇ~~→こちら
f0202151_16035848.jpg
長野と言えばやっぱりお蕎麦でしょ・・と、昼食は十割の新蕎麦。
お店の人のおすすめだったけど、雨で気温が低かったので
温かいお蕎麦のほうがおなかに優しかったかなぁ・・・・

美味しくいただいて、次の目的地に向かいました。

# by kyo-ko5 | 2019-10-13 16:44 | お出かけ | Comments(0)

気温差

f0202151_10100607.jpg
旅行に出かける前、10月になっても当地は30度を超える日があり
私は半袖のTシャツで過ごしていました。
まだ、夏が居座っていたのです。
なので旅行の準備をするにあたって、衣類は何を持参しようかとても悩みました。
10月でもあるし、北のほうへ行くのだから半袖はやめよう。
でもニットは暑そうだ、上着も薄手でいいな・・・
そんな感じで衣類をチョイスしました。

出発は早朝で肌寒かったので、薄いコートを羽織って出ました。
結局その日は一日そのコートを脱ぐことができませんでした。

一泊目は長野県の佐久市、2泊目は群馬県の川原湯温泉でしたが
なんと朝はストーブを焚いてありました。
もう、どこにも夏はいません。
選択肢から外したニットでもよかったのです。

そして帰宅する日、自宅が近づくにつれて気温が上がっていきます。
夜でも24度くらいで、旅行の荷物を片付けるのに「あぁ、暑い!」と
半袖に着替えて働きました。

今日は朝のうちに買い物を済ませましたが
買い物客の半分以上は半袖でした。
当地はまだ夏が名残惜しそうにしています。


# by kyo-ko5 | 2019-10-12 13:18 | お出かけ | Comments(2)

途中で帰宅しました

f0202151_21554412.jpg
あぁ~!こんなことは初めてです。
大型台風が関東地方に来るというので、旅行を途中でキャンセルして帰宅しました。
7泊8日の予定で出かけましたが、3泊4日になってしまいました。
私の目的は半分叶いましたが、夫もその程度だと思います。

私の目的のひとつは、群馬の絵手紙列車に乗ることで
これは叶えることができました。
上の画像が絵手紙列車のTOPです。
f0202151_21554193.jpg
こんなかわいい子が出迎えてくれましたよ。
f0202151_22055677.jpg
乗ってみて、まぁびっくり!
一番前に私の絵手紙がありましたよ。

予想通り、電車はよく揺れるので、足を踏ん張って写しましたが
私があまりフラフラすると、一般の座っている人がぶつかられるんじゃないかと
不安になるだろうと、走っている間はなるべく歩き回らないようにしました。
それでもシャッターを押したとたんに大きく揺れてブレたりしています。

絵手紙列車は上州富岡で下車して、一路新洋亭へ。
嬉しいことに大勢の方が歓待してくださいました。
f0202151_21554851.jpg
ほら!こんなごちそうが!!
新洋亭のかつ丼に加えて、ゴーヤの佃煮、ナスの辛し和え、名荷と新生姜の漬物
イチジクのコンポートに栗の渋皮煮などの手作りのごちそうが並びます。
いただいたお土産も、手作りジャムや、どくだみの化粧水、梅干しなどなど・・・・
絵手紙もさながら、なんと多彩な特技を持った方たちなんでしょう!
こんな方たちのいる、富岡へ引っ越した~~い!
f0202151_21555129.jpg
食事のあとは、これも楽しみだった蔵へ。
蔵の前はこんなに美しい花々で彩られていました。

中ももっと詳しくご紹介したいのですが
睡魔に襲われていますので、また後日のお楽しみに。
おやすみなさい・・・・

台風の被害がありませんように。


# by kyo-ko5 | 2019-10-11 22:31 | お出かけ | Comments(2)