人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

福江島  その2

f0202151_20441308.jpg
堂崎協会のところで一服してから、福江地区へ戻り
宿泊所へチェックインして車を預けてから、町のメイン通りを歩いてみました。

宿泊所っておかしな言い方ですけれど、ホテルでもないし民宿のほうが近いかな?
夫がネットで予約してくれたので、来てみてこんなところだとわかりました。
ピカイチセカンドって名前でしたが、またのちほど触れますね。

メイン通りは私たちがごく普通に連想する町と同じでした。
f0202151_20442289.jpg
ここが風景印を送った郵便局です。
窓口でお願いしたら印を押す場所を「この辺でよかですか」と聞かれました。
最近は方言があまり聞かれませんが、好感が持てました。

郵便局は島の中に結構あって、地図で数えたら12もありましたよ。
夫はガソリンスタンドのほうが気になって、これもたくさんあったと話していました。
f0202151_20440439.jpg
町の中にね、こういう造花を売っているお店をたくさん見かけました。
f0202151_20441796.jpg
華やかなんですよ。
お盆にお墓にお供えされるそうです。
暑いですからね、きれいだし合理的だと思いました。
九州地方では、結構造花をお供えしてあるお墓を見かけます。
f0202151_20442696.jpg
適当なお店があったら、夕食を・・・と思いましたが、まったく見つからなくて
宿泊所のピカイチセカンドへ帰りました。
実はここ、2階に人を泊めて一階は居酒屋さんなんです。
そこで食べたお刺身は、ワサビではなく唐辛子を添えて出されました。
これが五島流なんだそうです。
ピリピリと辛くておいしかったです。
f0202151_20443093.jpg
これは突き出し。
うっかりして、かなり食べてから写しました。
f0202151_20443635.jpg
実は私イカが大好物なんです。

マスターとお話をしながら飲んでいると、
地元出身で教員をされている常連の男性が来られました。
その方も交えて、おしゃべりが弾みましたが、内容は・・・うろ覚えです。
飲みながら・・・・ですからね(笑)
覚えているのはきびなご漁が厳しいこと。
今度からきびなごを食べるときはもっと感謝しようと思いました。
私たちが引き上げるときに「ご安全に」と言ってくださったので
私がその挨拶は、軍艦島で初めて聞いたと言いましたら
夫は現役時代、会社の朝礼で必ず「ご安全に」と言ってから仕事にかかるのだと教えてくれました。
それほど何事もなく一日の仕事を終えるのは大変なことだというので
五島では漁師さんが多いことでしょうから、日常的に
「ご安全に」というあいさつを交わしていたのかなと想像しました。
私は生意気にも「先生、子供たちに歴史をしっかり教えてね。
歴史を知ってると、旅行が一層楽しいから」と言ってしまいました。
今、まさにそれを痛感しています。歴史がわかると、旅行先の町がより理解できるのにと・・・
f0202151_20444124.jpg
これは翌朝の食事です。
量が多かったけどマスターの心づくしなので、一生懸命食べたら
「100点満点です!」とほめてもらえました。
f0202151_20445041.jpg
朝一番は武家屋敷通りへ。
この石塀、面白いんですよ。端っこにかまぼこ型に加工した石を乗せて
f0202151_20445549.jpg
その横に小さな石をずらりと並べて積み上げてあります。
f0202151_20454415.jpg
これは「こぼれ石」というそうです。
敵が乗り越えようとすると、こぼれ落ちて音がする。
また、石を投げて敵を撃退することができるそうです。

昨夜の先生は「漬物石にもらって帰った」と言われていましたが
確かに塀によってはそのくらいの大きさの石もありましたけれど
概して手に持って投げられるくらいの大きさでした。
f0202151_20451190.jpg
次に行ったのは「鬼岳」怖そうな名前なのに、こんななだらかな山です。
f0202151_20450640.jpg
相棒(私のこと)のことなんか忘れてしまったように、
嬉々として登って手を振っているのはわが夫です。
こういうところへ来るとまるで少年のような人だと思います。

前日、歴史資料館で見せてもらったビデオに、
この鬼岳でバラモン凧を上げるシーンがありました。
最適の場所ですね。
f0202151_22351068.jpg
画像はネットでお借りしました。

歴史資料館で思い出しましたが、そこで「野茂」という名札を付けた男性に会ったんですよ。
「野茂?!」と思いましたが、そこでは聞けなくて、居酒屋さんで質問してみました。
そしたら福江島より北の「奈留島」というところに野茂英雄さんの実家があるんですってね。
f0202151_20453012.jpg
明人堂です。
f0202151_20453466.jpg
f0202151_20453907.jpg
こんな感じでお祭りしてありました。
f0202151_20454857.jpg
再び武家屋敷通りへ戻り、あまりにも暑くてのどが渇いたので氷を食べました。
私は黒いアームカバーをつけていましたが、それが塩を吹くんですね。
夫も黒っぽい服だと、背中がそうなります。暑かったです!
上の絵はポスターの一部分を写したものですが
「とどひかよ~」って言葉に興味があったので。
意味は英語で書いてありますが「お久しぶり」っていうときも
「とどひかったね~」と言うと、喫茶店の方に教えてもらいました。
f0202151_20455762.jpg
ここは溶岩海岸。
f0202151_20460134.jpg
美しい海の景色を最後に見て、福江島を後にしました。
f0202151_20444515.jpg
福江島は、椿が多くて、椿油が名産でした。

対馬へ行くときもそうでしたが、船賃は結構高く
島民は割引があるらしいですけれども
本土へ行ったり来たりするのは大変だなぁと思いました。
五島出身の私の知人も、あまり島へ帰ることはないと言っていたのがうなづけます。
f0202151_20440004.jpg
海がきれいで、沖縄の人もダイビングに来るほどだとか。
ゆっくりと滞在するのもいいでしょうね。
もしそうできたなら、チリンチリンアイスを食べに行くぞ~~~~!!


名前
URL
削除用パスワード
by kyo-ko5 | 2019-08-18 23:24 | お出かけ | Comments(0)