人気ブログランキング |

どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

対馬

f0202151_17432334.jpg
対馬の厳原港には12時10分に到着しました。
私たちは乗船前に軽食を買って、船内で昼食を済ませましたので
ホテルにチェックインしてから、15時40分のパレード開始まで余裕がありました。
そこで今では夫の第一目的になっている、お城に行くことにしました。
カーナビの指示通りに走って、この標識を見つけ山道を登っていきました。
ところが走れども走れども、お城らしきものは見えてきません。
曲がりくねった細い山道はいよいよ険しく、対向車が来てもすれ違い出来そうにありません。
パレードに遅れても・・・と、お城へ行くのは断念しました。
そこで今度はスタンプの設置場所です。
お城のガイド本に書いてある住所に行ってもないのです。
こういう時の力強い見方は、スマホのグーグルナビ。
カーナビよりも最新の情報を教えてくれます。
今度は海岸沿いのくねくね道を走って、何とかスタンプを押すことができました。
こんな時、公共の乗り物を使ってお城巡りする人はどうするんでしょうね?
f0202151_17355122.jpg
パレードの様子は先日UPしましたので省略しますが
それを見終わってもまだ日が高いので、対馬の最北端、韓国展望所に行きました。
上の画像はそこへ行く途中にある「万関橋」です。
旧海軍が軍船を通すために切り開いたそうです。
f0202151_17355640.jpg
↑切り開いたところがわかりますね。
f0202151_17360010.jpg
ここが韓国展望所の建物です。
夕方で脚光なので、見にくい写真でごめんなさい。
お天気の良い日はここから釜山の街並みが見えるそうです。
f0202151_17360511.jpg
日が落ちれば、釜山の街の明かりが見えるということで
夕日が沈むまで居たかったのですが、ここへ来るまでの2時間ほどの道中を考えるとき
引き返すことにしました。
例年なら、お祭りの日でもあるし、韓国からの観光客でにぎわったのでしょうが
万関橋も、この展望所でも誰にも会いませんでした。
そして厳原への帰り道、早めに引き返した判断が正しかったことに気が付くのです。

司馬遼太郎の「街道を行く」と熟読している夫は、行く先々でそのエピソードを話してくれます。
展望所へ行く途中「司馬さんが対馬に行ったときは、タクシーの運転手が
ガンガン飛ばして怖かった」と書いてあったと笑い話にしていました。
実際地元の人は、軽トラでビュンビュン私たちの車を追い越していくのです。
ところが帰り道では、夫も狭くてカーブの多い道をバンバン飛ばすのです。
「こんな何にも景色に変化のない道をゆっくり走っていたら
いつ目的地に着くのかわからない。俺も対馬の人の気持ちが分かった」というのです。
それに明かりのないカーブばかりの山道を、少しでも明るいうちに早く走り抜けたい
そういう気持ちもあったようです。
20時ごろホテルに帰り着いて心からホッとしました。
f0202151_17361044.jpg
展望所付近の道路わきに、この植物がたくさんありました。
自生していたのかしら?
f0202151_17361622.jpg
翌朝はホテルの近くの、雨森芳洲の墓に詣でました。
・・・と言っても、お墓はこんもりした山の上だったので
山頂へは夫だけが行きました。
f0202151_17362077.jpg
厳原の街には、こんな石垣がたくさんありました。
ほかの集落では見なかったので、厳原の武家屋敷の特徴なのでしょうか。

あ、そうそう、厳原の町はハングル語が氾濫して、韓国のようだと
出かける前に何かの情報で知ったのですが、行ってみたらそうは思いませんでした。
確かにハングル語はあちこちで見かけましたが、そこは日本の町でした。
九州に行くと、ハングル語の標識や看板をよく見ますが、同じ程度のように思いました。
f0202151_17362783.jpg
それよりも、この建物はホテルの真ん前にありますが
中に「レッドキャベツ」というスーパーがあるんです。
f0202151_17364425.jpg
この店内、見てください!
f0202151_17365063.jpg
f0202151_17365732.jpg
f0202151_17370294.jpg
f0202151_17370690.jpg
f0202151_17371075.jpg
f0202151_17371485.jpg
f0202151_17371981.jpg
f0202151_17372339.jpg
f0202151_17372620.jpg
f0202151_17373060.jpg
テーマパークに行ったみたいに、面白かったです!
このお店のターゲットは、地元の人ではなく観光客のように感じました。
物産館や船着き場のお土産物屋さんでも、対馬には関係のない
富士山や、舞妓さんをあしらった商品を扱っていました。
平地がほとんどないから、田んぼや畑もあまりない
早く韓国との関係がよくなって観光客が来てくれないと
対馬の人たちは困窮するのでないかと思いました。






名前
URL
削除用パスワード
by kyo-ko5 | 2019-08-13 22:25 | お出かけ | Comments(0)