どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

琴平 中野うどん学校

f0202151_22430926.jpg
琴平にある、中野うどん学校へ行きました。
金比羅さんへは、以前さやかさんに案内して貰ってあの石段を登ったので
今回はパスしました。
正面に見える山に金比羅大神宮があります。
f0202151_22430551.jpg
マンホールもかごで石段を登るデザインです。
f0202151_22431579.jpg
これはうどん学校のどこの部屋だったかしら?
照明にお膳を利用してありましたよ。
f0202151_22431970.jpg
キンコンカンコーン♪というチャイムの合図で始まった授業は
まず、こういう塊を渡されます。
うどんのタネをねかせたもので、時間節約のためにここからやります。
これは3人分です。
f0202151_22432609.jpg
麺棒でのばします。結構力が必要です。
これはさやかさんの手。
f0202151_22432918.jpg
こちらは夫の手。
おっ!かなり長く伸びてますね。
f0202151_22433810.jpg
黙々と、せっせ、セッセ・・・・・
f0202151_22434268.jpg
じゅうぶん伸びたら折りたたんで切ります。
f0202151_22434630.jpg
夫も切ります。
f0202151_22435140.jpg
3人分切れました。
どれが誰のでしょう・・・・
f0202151_22435457.jpg
切ったうどんは、いったん置いておいて次の作業です。
グループの代表の人が手袋をはめたら
f0202151_22435816.jpg
小麦粉に塩水を入れてこねます。
この塩水はかなり辛いです。
最初は、ひたすらグルグル
ダマになってきたら、練ります。
f0202151_22440232.jpg
これが目安だそうです。
練り上げたものはかなり辛いけど、茹でるときに塩分は逃げていくそうです。
f0202151_22440802.jpg
お隣は中国から来たカップルでした。
先生は日本語オンリーなので、間違っているところも教えてあげられません。
すると、さやかさんが中国語で話しかけるじゃありませんか。
通訳できないところは、スマホの翻訳機能も使って。
さやかさんが、英語が堪能なのはわかっていましたが
中国語まで話せるとは知らなかったので、もうびっくりです。

男性の前にタンバリンがあるでしょ?
これは、粉をこねる人を応援するためです。
彼はこのとき画像を撮っているから使っていませんが
こねていない人はこれで応援します。チャッチャッチャッ・・・・・
f0202151_22441883.jpg
次に踏みます。
これもリズムに乗って。
YMCAなどの曲が流されて、若い人はぴょんぴょん跳びはねながら踏んでいました。
f0202151_22442348.jpg
そばで見ていても楽しそうだったのが、これも中国から来た男の子。
音楽が流れる、タンバリンを鳴らす、キャーキャー騒ぐ
すごい喧噪の中、うどん踏み踏みは終了しました。
踏んだものは寝かせる時間が必要なので、お土産にお持ち帰りします。
f0202151_22442730.jpg
さぁ、先ほど切ったものを食べましょう。
浮き上がってきたら、さらに5分茹でるんだったかな・・・・・・
f0202151_22443073.jpg
最初にトッピングは何にしますかと聞かれたので「きつね」と答えたら
いなり寿司が出ていて驚きました。
「たまご」を頼んだ夫は普通に卵でしたよ。
f0202151_20542676.jpg
最後に卒業証書がいただけます。
f0202151_22430191.jpg
楽しくて美味しいうどん作り教室でした。
f0202151_22443970.jpg
うどんを食べてから、少し参道を散策しました。
あまりにも大きな木があったので、比較するため夫に立って貰いました。
f0202151_22444442.jpg
ここから階段が始まります。
途中冷たい飲み物を試飲させて貰ってたら
小学生の男の子がふたり、学校の帰り道に立ち寄りました。
そしたらお店の方が「さぁ、これを飲んで頑張りなさい」と
冷たい飲み物をふるまわれるのです。
「この子たちのおうち、石段の上なんですよ」って。
そうかぁ~~~登下校がトレーニングですね。


[PR]
Commented by お山ばあちゃん at 2018-07-02 00:30 x
↓色々なところを紹介していただき楽しく見せていただいています。
ありがとうございます。

うどん学校ですか。
うどん作りの過程が面白そう!
さぞ自分で作られたうどんは美味しかったことでしょうね。
卒業証書いいねっ!
義弟夫婦と行った時に、讃岐うどんの元祖のお店に連れて行ってもらいました。
やはり讃岐うどんは美味しいですね。

金毘羅さんと言えば面白い話を思い出します。
義兄はかなり太っています。
金比羅山で籠に乗ろうと頼んだら「旦那さんどうかご勘弁を」と断られたそうです。
商売とは言えあまり太った人はねぇ(笑)
Commented by なお at 2018-07-02 17:55 x
金比羅さんにはお正月休みに行きました。
まだ随分若い時だったのに階段がしんどかったことが
一番記憶に残ってるなんて・・・(;´Д`)

おうちが石段の上の子達
鍛えられるでしょうね。
そして飲み物をふるまわれたお店の方
そういう関係っていいですね。

明日、京子さん達が鱧を食べに行かれたお店に行く予定です。
日帰りですけど台風の影響はないかちょっと心配です。
Commented by kyo-ko5 at 2018-07-02 21:32
お山ちゃん、こんばんは。
コメントの最後に、そうなのか~と思いました。
かごかきの人は、たとえ、料金を2倍貰っても
それ以上のダメージがあるんですね。

うどん学校は、想像していたよりも
気分がハイになって、面白かったです!
タンバリンやYMCAの踊りがよかったのかな?
AKBなんていわれたら、ついて行けませんでしたけど・・・

四国旅行のお話は、もう少し続きます。

Commented by kyo-ko5 at 2018-07-02 21:41
なおさ~ん!淡路島に行かれるんですか?!
いいなぁ!レポート楽しみにしていますね。
お天気が持ちますように。

昨日、友達のご主人に「四国のご出身じゃなかったですか」と聞くと
「徳島です」って。それも私が感心した
山の中腹にある家が実家だそうです。
毎日あの山を上り下りして学校へ通いましたって。
きっと根性あるんでしょうね。
あまりお話ししたことがありませんでしたが
今度はご主人にお話を聞きたいと思いました。

琴平の子供も、優しいおばちゃんに見守られて
優しくたくましく育ってくれるといいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by kyo-ko5 | 2018-07-01 21:23 | お出かけ | Comments(4)