どら絵もんのポケット Ⅱ

yuyujoyful.exblog.jp

アニメのドラえもんのように、ポケットの中から楽しいことを発信したいと考えています。

ブログトップ

遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑


f0202151_20160781.jpg
まぁ、ここは驚きました!!
駐車場から見上げる石の畑に声もなく
夫が「登る?」と聞くのに、足の痛いのも忘れて
即座に「登る!!」と答えました。
遊子水荷浦というところの段畑です。
f0202151_20161119.jpg
耕して天に至るという段々畑は知っていましたが
ここは1メートルほどの幅の細長い畑に、石を積み上げて囲いをしてあるのです。
f0202151_20161579.jpg
下手な写真ですけれど、我を忘れてシャッターを押しましたので見てください。
f0202151_20161969.jpg
あちこちに梯子があって、上の畑に登るときに使うようです。
f0202151_20163194.jpg
石はすべて海から運んだそうですが
空き缶で修理してある箇所がありました。
石は重たいですものねぇ
f0202151_20164466.jpg
今は端境期なのか、何も植えてありませんでした。
f0202151_20164978.jpg
とれた作物はモノレールのような物で運び下ろすようです。
f0202151_20313134.jpg

f0202151_20165602.jpg
なんときれいに手入れされた畑でしょう。
f0202151_20170070.jpg

f0202151_20170445.jpg
お墓は、山のてっぺんにありました。
ご先祖様たちは、自分の耕した畑を見ながら眠っておいでなんですね。
f0202151_20170857.jpg
昔はこの辺の山全体が、こんなふうな畑でしたが
真珠の養殖が始まって、畑を放棄する人が増えたそうです。
無理もないなとは思いますが。
この海に浮かんでいるのが養殖筏でしょうか。
f0202151_20172241.jpg
これは反対側の海です。
このような縞模様になった波を初めて見ました。
f0202151_20173573.jpg
再び前に戻って、畑を眺めたところです。
f0202151_20174656.jpg
放置された漁具が・・
f0202151_20175263.jpg
この畑で収穫されたのでしょう。
タマネギを干してありました。
f0202151_20175797.jpg
人が一生懸命生きていこうとすると
このような風景も作り出してしまうんですね。
f0202151_20431031.jpg
かずら橋に行く途中では、こんな山の上に人家があるのを沢山見ました。
買い物はどうするの?子供の学校は?郵便は?新聞は?
何を作っているの?
頭の中が「?」でいっぱいになります。

祖谷の人も、遊子に住む人もすごい!!
尊敬します。
このたびの四国の旅では「生きる」ということを、強く考えさせられました。
人間てすごい!
どんな場所でも一生懸命生きていく営みを続けている!
f0202151_20173815.jpg

f0202151_20174294.jpg
ここで作物を作っている人に敬意を表して
何か野菜を買って帰りたいと思いましたが
ここへ到着したのは午前7時で
一時間かかって見て歩きましたが
残念なことにまだお店が開きませんでした。

[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by kyo-ko5 | 2018-06-14 21:06 | お出かけ | Comments(0)