人気ブログランキング | 話題のタグを見る

そうめん

そうめん_f0202151_14290563.jpg
暑くなると、冷たいそうめんが食べたいですね。
今まで素麵といえば、夫のふるさと播州のもの「揖保乃糸」と信じて
そればかりを購入していました。
ところが今年友達から、徳島の素麺をいただいて
その、のど越しの良さに感動したのです。

そこで全国各地に素麺の産地があることに改めて気づき
いろんな素麺を食べてみようと思いつきました。

絵手紙に描いたものは、富山県礪波市の「大門(おおかど)素麺」です。
写真を撮り忘れましたが、普通の素麺はまっすぐなのに
大門素麺は俵のようにくるっと丸めてあります。
それを四個紙にくるみ、ぐるりと紐をかけてあって
包装もとってもレトロです。
そうめん_f0202151_15220703.jpg
レトロといえば、吉野の坂利の手延素麺の絵柄もレトロです。

そうめん_f0202151_14284664.jpg
先日食べてきたのは、三輪素麺です。

そうめん_f0202151_14285035.jpg
箸墓古墳のそばにあるお店で食べました。
にゅう麺と、柿の葉寿司を注文しました。
七味山椒が添えられています。
にゅう麺に入れると、山椒と七味がダブルでピリピリしますね。
柿の葉寿司は、サバでおいしかったです。

あとは島原素麺なども買ってみましたが
夫は地元びいきなのか、舌がそれに慣れてしまっているのか
やっぱり「揖保乃糸」にしてと言います。

まだ6月なのに、今年はもう梅雨が明けて
今日は熱中症警戒アラートが発令されています。
皆さん、頑張ってこの暑さを乗り越えましょうね。

# by kyo-ko5 | 2022-06-29 15:44 | 絵手紙 | Comments(2)

まさかやー

まさかやー_f0202151_16370416.jpg
朝ドラで覚えたばかりの沖縄の言葉「まさかやー」
今日はそう叫んでしまいました。

歯医者から帰宅した夫が言うんです。
「歯ぎしりがひどくて歯にひびが入ってるから、
マウスピースを作ることになった」と。
思わず「まさかやー」でした。

マウスピースを作るということに対してではなく
私が、夫が歯ぎしりをしてることに全く気が付いていなかったことにです。
私の眠りがよっぽど深いのでしょうか。
いえ、眠れない夜もあるし、寝つきもあまりいいほうではありません。

先日、孫と一緒に寝たときに
孫がギリギリと歯ぎしりをして
「この子歯ぎしりするよ」と家族に話したので
夜中でも私は聞こえるはずなんです。

でも夫の歯ぎしりは聞いたことがない。
歯科には年に数回通っているのに
今頃指摘されるなんて。
「まさかやー!!」
まさかやー_f0202151_16371565.jpg

# by kyo-ko5 | 2022-06-22 16:55 | 絵手紙 | Comments(2)

玉ねぎ

玉ねぎ_f0202151_15594694.jpg
昨日、友達が丹精して育てた玉ねぎをいただきました。
ちょっと甘やかして育てられた大玉ねぎは
直径が約14センチ。

小さな玉ねぎは、余った苗をそのままにしていたら
直径4センチほどの小玉ねぎになったそう。

玉ねぎ高騰のこの時季
とっても嬉しいプレゼントです。

半紙に描きました。

# by kyo-ko5 | 2022-06-21 16:05 | 絵手紙 | Comments(0)

ドクダミ 3枚

ドクダミ 3枚_f0202151_22565932.jpg
ぼんやりしていても、日にちはどんどん過ぎてゆき
庭の花たちも、どんどん移り変わってゆきます。
雑草だと思えば、邪魔にされるドクダミですが
絵手紙のモデルには重宝して何枚も描きました。
パソコンに残している3枚をUPさせていただきます。
一枚目はごく普通に描いたものです。
ドクダミ 3枚_f0202151_22570721.jpg
友達にいただいた手すきのハガキに描いてみました。
ドクダミ 3枚_f0202151_22524358.jpg
三枚目は丸いハガキに。

これらの絵手紙はそれぞれ違う日に描いて
違う人に送ったものですが
のせた言葉は似たり寄ったりですね。

特に三枚目は闘病中の方を励ましたくて描きました。
ドクダミと言えば私にはこのイメージなんです。
次の雨上がりの日にはまた庭で格闘しなければいけません。

# by kyo-ko5 | 2022-06-20 23:10 | 絵手紙 | Comments(0)

十津川村

十津川村_f0202151_13485854.jpg
長く険しい山道を通って、十津川村へ行ってきました。
日本は山国ですからどこへ行っても、こういう道はあります。
でも明治維新のころ、こ~んな山深いところから、スワ!朝廷の一大事と駆けつけたなんて
どうやって情報を伝えたんだろう、どうやって山道を抜けたんだろうと
疑問は深まるばかりです。
十津川村_f0202151_13434746.jpg
谷瀬の吊り橋を見て、郵便局へ寄りました。
画像の加工に失敗してしまいましたので
吊り橋の写真は上のリンクから見てください。
十津川村_f0202151_13462216.jpg
唯一大丈夫そうなのはこの画像で、向こうを歩いているのは夫です。
ゆらゆら揺れるのも怖いですが、下の板がしなるので折れるんじゃないかとびくびくしました。
十津川村_f0202151_13464256.jpg
あまり土地の広くないところなのでしょう
上の写真で茶色の建物が警察署、左の白い建物が歴史民俗資料館です。
とても興味がありましたが、この日は用事を済ませたあとで疲れていて
私は資料館へ行くのを断念して、道の駅の足湯で待っていることにしました。
同じ用事をこなして、運転してきた夫はすごいと思います。
十津川村_f0202151_13463188.jpg
足湯には一人先客があって、ずっと足を入れたままパソコンをされていました。
ですから程よい湯加減なのだろうと私も足を入れたら熱いのなんの!
十津川村_f0202151_13463565.jpg
ふと隣の看板を見たら「熱湯ですから気を付けてください」と。
あぁ、驚いた!
十津川村_f0202151_13462898.jpg
道の駅でおそばを食べたあと、一路三重県へ。

この道も細く険しい道で、すれ違いも困難だなと思っていると
トラックが2台止まっているところに遭遇しました。
その前で懸命に車をバックさせているのは軽自動車の女性です。
バックが苦手というよりも、そちらは谷側ですから、怖かったでしょうね。
トラックは容赦なく、ぐいぐいと前に進めます。
ようやくすれ違いができたとき夫が「ありがとう、大変でしたね」と
相手の女性をねぎらったのを聞いて私もホッとしました。

なおも続く山道で、鹿と猿に会いました。
郵便配達のバイクにも出会いました。
こんなさみしい山奥にも配達するんだなぁと
最近郵便の配達に時間がかかりすぎるのに不満を抱いていましたが
こういう配達員さんには頭が下がります。
あ、話が飛躍してしまいましたが、戸津川村は大変な山の中でした。
夫がかねてから行きたがっていた場所を、これでまた一つクリアできました。


# by kyo-ko5 | 2022-06-08 15:44 | お出かけ | Comments(0)