津和野

f0202151_19123397.jpg

そんなことも知らなかったの?と笑われるでしょうが
昨年の秋旅行に行くまで、萩と津和野は同じ県にあるものだと思っていました。
旅行のパンフレットなどに、必ずペアで書かれていますから。

また、鯉の住む清らかな川の流れる城下町というイメージでした。
f0202151_19224194.jpg

ところが鯉はいましたが、水は濁っていました。
これは台風の影響だそうですから、仕方がありませんね。
f0202151_19241734.jpg

f0202151_1925958.jpg

それ以外は美しい秋の風情の城下町でした。
f0202151_1927715.jpg

もうひとつ知らないことがありました。
殉教者の悲しい歴史をです。
f0202151_19281259.jpg

教会の中は畳敷きになっていました。
こうべを垂れているのは夫です。
鎮魂に行かなければいけなかったねと、話し合いました。
絵手紙に描いたのはこの教会で買ってきた、和紙の人形です。
f0202151_1933534.jpg

そのいきさつが書かれているのがこの本です。
お正月の用事も一段落しましたので、読もうと思います。
f0202151_19352494.jpg

隠れキリシタンの人って、どうしてあんなに強いのでしょう。
尊敬してやみません。
f0202151_19363642.jpg

石見和紙などの買い物をしたあとは、津和野城へ向かいました。
このお城へ登るにはリフトを利用するので、これはちょっと怖かったです。
リフトなんて乗るのは超久しぶりでしたから。

リフトから降りて、またしばらく歩いてお城の跡まで行くのですが
ここは素晴らしかったです!!
うかつなことに車にデジカメを忘れてしまったので
画像がありませんが、私はハイジになったような気持になりました。
f0202151_19422716.jpg

これはネットからお借りした画像ですが
この本丸の石垣の上に立った時、さながらアルプスの風景のようだと思ったのです。

いろいろなことを思った津和野観光でした。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-10 19:55 | 絵手紙 | Comments(6)

味噌のお話

f0202151_15511257.jpg

今日の絵手紙は、左が蒜山に住む叔母への寒中見舞い。
雪が降って寒いであろうと、叔母の言葉の代弁です。
実家に飾ってあった、博多人形を持ってきたので描きました。
右は孫にお年玉をいただいた方へのお礼状です。
タオル筆で描きました。

さて、タイトルの味噌ですが
旅行先では地味噌を買うのも楽しみの一つです。
どこのお味噌もそれぞれに美味しいのですが
私たち夫婦は二人とも西の出身であるためか
西の地方のお味噌のほうが口に合うような気がします。

あ、まだ買ってきたお味噌を全部食べていませんので
今から食べるものに、お気に入りの味が見つかるかもしれませんけれど
今まで食べたものの中で・・・・・という話です。

東北の味噌は、その土地柄なのでしょうが
塩分が多いように感じ、今食べている大内宿で買った味噌は
毎日食べてもなかなか減りません。

一昨年買ってきたものでは、九州の日田で買った麦味噌が口にあって
生協で似たような商品を扱っているので時々購入します。
f0202151_1652312.jpg

中で一番の気に入りは、広島県の竹原で買ってきた味噌です。
今あるお味噌を食べきるころに、お取り寄せしようかと思います。
夫婦で「マッサンの味噌」と呼んでいました。
マッサンの生家で作っているわけではないのですけどね。
上の画像は、マッサンの生家です。

朝ドラが放送されたころ、あまりの人気で
家の中が荒らされてしまうという理由から、今は公開されていませんでした。
f0202151_16164329.jpg

竹原の町は、あまりにもきれいに町が残されていてびっくりしました。
古い街並みといっても、所々は新しく立て直した家があったりしますが
ここはほとんどそのままなんです。
町ぐるみ海のほう側へ移住したのだと地元の方がおっしゃっていました。
f0202151_16202972.jpg

f0202151_16211819.jpg

f0202151_16215853.jpg

f0202151_1623032.jpg

ここは西芳寺だったかな?
f0202151_16241556.jpg

そこから町を一望することができます。
f0202151_1626564.jpg

お店も素敵で、つい買い物したくなっちゃいますね。
f0202151_16284412.jpg

これはマッサンご夫婦の像。
いいご夫婦でしたよねぇ~
f0202151_16301768.jpg

竹細工が盛んなようで、翌日も竹のイベントがあるらしく
あちこちで準備をしていました。
f0202151_16322168.jpg

マンホールもこの通り、かぐや姫でした。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-09 16:40 | 絵手紙 | Comments(2)

カレンダー 奴鈴 津山

f0202151_11171531.jpg

岡山県津山市の民芸品「奴鈴」です。
実物はもう少し縦長なのですが
私が描くと、どうしてか太めになってしまいますemoticon-0125-mmm.gif

添える言葉にはとても悩みました。
FBの友達で鹿児島のTさんのように
「きばいやんせ!」なんて書けるといいけれど
私の絵には添えられないし
田舎の方言で「せわあない」はちょっとのんびりしているし・・・
など、さんざん悩んでいたら奴さんに喝を入れられているようで
この言葉に決めました。
f0202151_1131852.jpg

津山城には昨年の夏、実家に帰る途中に寄りました。
f0202151_1133263.jpg

森蘭丸の弟、森忠正が築いたお城です。
今私が住んでいるところに近い、岐阜の生まれだったそうですが
これも私の故郷に近い、津山に城を築いたなんて、親近感を感じます。
ですが、戦乱の世、見知らぬ土地に来て生き抜くのは
大変なことだったでしょうね。
f0202151_1156638.jpg

f0202151_11564398.jpg

f0202151_11571663.jpg

石垣や石段はどれをとっても見事なもので
残っていれば、姫路城を凌ぐかと思うほどの規模だったらしく
廃城令が出されたことが残念です。
f0202151_1214025.jpg

津山と言えば、B級グルメのホルモンうどんが有名ですが
下に火が付いたまま出されるとは思いませんでした。
f0202151_124217.jpg

マンホールのデザインは河童。
地元では「ごんご」と言うそうです。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-07 12:05 | 絵手紙 | Comments(4)

カレンダー 広島

f0202151_11295965.jpg

カレンダーを描いています。
毎年その年の第一日曜日に(今年は元旦が日曜日だったので8日)友達に渡します、
何を描こうかと、まずモデルを並べてみました。
f0202151_1132245.jpg

最初にお出まし願ったのは、この天神様です。
昨年10月に広島で買い求めました。
広島カープのおかげで、割引してもらえましたよemoticon-0105-wink.gif

キリッとしたお顔ですが、うまく描けません。
言葉は、年末ちょっとした悩みがあって
ポロリとラインでもらしたら「信じましょう」という助言をいただいたので
その言葉を添えました。
絵を描くのに使ったのはタオル筆です。
f0202151_11384229.jpg

広島へ行ったのは3度目ですが、
今回のメインの目的は、夫のお城めぐりと
オバマ大統領が寄贈された折り鶴を見たかったためです。
f0202151_11404541.jpg

これがその折り鶴です。
f0202151_11411813.jpg

もう一枚。
f0202151_11415733.jpg

ここに展示されています。
修学旅行生でいっぱいでした。
f0202151_11424887.jpg

f0202151_11431816.jpg

f0202151_11433565.jpg

お定まりのコースですね。
f0202151_114687.jpg

これは原爆を受けても生き残ったユーカリの木です。
f0202151_1147164.jpg

広島焼は、前回来たとき食べきれなかったので
ボリュームの少ないものをと注文しましたが、どれも私には大きかったです。
f0202151_11485816.jpg

マンホールはお城の近くで、広島カープのデザイン以外のものを見つけました。
やっぱり紅葉ですよね~~~
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-06 11:57 | 絵手紙 | Comments(2)

年賀状

f0202151_16294075.jpg

頂いた年賀状を見ていると、どれもみんなステキで
「こんなアイディアもあるのか!」「こんな描き方もあるのか!」と
感心ばかりしています。

夫に来た一枚を見ていて(絵手紙ではありませんが)
鶏って、葉書の白を利用すればいいから
白いクレヨンで、輪郭を描いて、その後周囲を彩色して
鶏を浮き出させればいいのではないか・・と、思いました。

はじめワトソン紙に、白いクレヨンで描こうとしましたら
白に白でさっぱり見えません。
それで鉛筆で輪郭を描いてみましたが
鉛筆の線が見えすぎてちょっと面白くありません。
周囲はたらしこみにしてみましたが、いまいちの仕上がりですね。
f0202151_16383378.jpg

さて、私の送った年賀状ですが、初めはいろいろ鶏を描いてみました。
だんだんデフォルメされて、元旦にUPした形になったのですが
一枚ずつ書くのに疲れて、一番形がいいと思われるもので版画を彫りました。
f0202151_16412669.jpg

それがこれです。
版画なので輪郭は同じになりますが、彩色を変えたり
ゼンタングルしたり、エンボス加工をしたり、和紙を貼ったりで
一枚として同じものはありません。
f0202151_16444198.jpg

これは和紙を鶏の形に切り抜いたもの。
f0202151_1646331.jpg

この鳳凰のハンコは、絵手紙でない友達へ。
いろいろグラデーションのスタンプを試してみましたが
思ったような配色がなくて、ラメ糊を使って派手派手にしてみました。

年賀状ってホントに楽しいですね♪
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-05 16:54 | 絵手紙 | Comments(4)

孫の目線で

f0202151_11323381.jpg

昔のようなフィルムのカメラではそうはいきませんが
今はデジカメなので、みんなが集まった時
孫に私のデジカメを貸してやります。
孫がカメラマンだとみんなが、面白いポーズをしてくれるからです。
f0202151_11261697.jpg

ほらねemoticon-0102-bigsmile.gif
f0202151_1126528.jpg

集合写真を写そうとしていたら、こんなアングルからemoticon-0104-surprised.gif
f0202151_112829.jpg

真剣な目つきで彼が狙っているのは・・・・・・?
f0202151_11283758.jpg

みかんでしたemoticon-0140-rofl.gif
f0202151_1129283.jpg

こんなアップの画像もあります。

今から編集して、みんなに配るのが楽しみです。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-04 11:33 | 絵手紙 | Comments(0)

新年会

f0202151_22213092.jpg
  
毎年1月2日は我が家の新年会です。

夫は、旅行に行った先々で買い求めた地酒を並べ
私が仕込んだ平成4年製の梅酒も出して
大変ご満悦でした。

みんな健康で一年を過ごすことができますように。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-02 22:27 | 絵手紙 | Comments(2)

あけましておめでとうございます!

f0202151_0131395.jpg

皆さま、新年おめでとうございます!

それぞれの方に、色とりどりの幸せが訪れる年でありますように。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-01-01 00:16 | 絵手紙 | Comments(6)

一年間ありがとうございました

f0202151_20423411.jpg

鏡の前で作り笑いでいいから、にっこりすると
それを見て脳が「今日はいい日だな、機嫌がいいんだな」
と錯覚してくれるのだそうです。

それなら小さな喜びを、大きく喜ぶと
もっと大きな喜びにつながるのではないでしょうか。

私の、今日の嬉しかったことは
白菜の漬物がとっても上手に漬かって
お昼ご飯はその白菜の漬物と、うどんと
志摩に出かけたとき買ってきたイワシの丸干しで
とっても美味しく食べられた!!

買い物に行った時
カーラジオから流れてきたのは
あの懐かしい「ジンジロゲ」で
夫と大きな声で歌った。

そんな幸せでいい。
来年も続きますように。

明日は更新できるかどうかわかりませんので
今日皆様にご挨拶いたします。

一年間ありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします。


飛騨のさるぼぼで、本年最後の更新です。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2016-12-30 20:56 | 絵手紙 | Comments(2)

一日頑張りました

f0202151_22444753.jpg

明日は今年最後のごみの日なので
午前中は庭の掃除をしてごみをまとめたり
午後は息子が帰宅したり、娘が孫を連れて泊りに来たり
孫をお風呂に入れるのに大騒ぎしたり
ちょっと大忙しの一日でした。
今年も残すところあと二日・・・頑張りましょう!!

友達にいただいた、アクリル毛糸のたわしを描いてみました。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2016-12-29 22:52 | 絵手紙 | Comments(2)