聖コルベ館

f0202151_14141438.jpg
九州で行きたかった二つ目の場所は、長崎市の「聖コルベ館」です。
何年前でしょうか、遠藤周作の本で「コルベ神父さま」のことを知ってから
いつか訪れたいと思い続けていました。

アウシュビッツの収容所で、他人の身代わりとなって亡くなられた方です。
その尊い決断をなさった方のおられた場所を訪ねたかったのです。
コルベ神父様について詳しくは、こちらをご覧ください。→こちら

f0202151_14142292.jpg
当時の洋館は焼けてしまったそうですが
赤煉瓦の暖炉が残っています。
この暖炉を残すべく尽力してくださった方のお話はこちらをご覧になってください→こちら
f0202151_14142848.jpg
現オーナーの女性とも是非お話ししたかったのですが
若い数人の女性が熱心にお話を聞いておられて、時間的に断念してしまいました。
場所は、大浦天主堂に行く坂道の右側です。
f0202151_14143484.jpg
(この画像は大浦天主堂です)
他の人を救うために、自分が身代わりになられたコルベ神父様の記念館を
やっと尋ねることができました。

[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-11-12 14:53 | お出かけ | Comments(0)

軍艦島

f0202151_14311464.jpg
九州に旅行できるチャンスがあったら、ぜひ行ってみたいところがありました。
そのひとつが長崎県の端島、通称軍艦島です。

軍艦島に上陸するのには、クルーズ船の申し込みが必要で
2か月ほど前にネットで申し込みましたが
人気があるらしく、残りが2席という船に滑り込みで申し込めました。
f0202151_14065172.jpg
船の上からは稲佐山がよく見えます。
f0202151_14075256.jpg
湾の中にも造船所などの見所がたくさんあります。
f0202151_14302152.jpg
湾を出ると岬のマリア様とか、教会も見えていい景色です。
f0202151_14103564.jpg
高島というところに一度止まって、ジオラマを見ながら予習します。
f0202151_14303457.jpg
岩崎弥太郎の像が建っていました。
f0202151_14283318.jpg
こんなマンホールもあり、ここで初めて同好の人に会いました。
一緒にマンホールの写真を写して、乗船するまでの間
マンホール談議に花が咲きました。
f0202151_14313310.jpg
一度に一組のツアーしか上陸できないので
待ち時間に島を一周してくれます。
f0202151_14312514.jpg
自宅を出発するときは、台風22号が接近していて
ツアーが中止にならないか心配しましたが
それは杞憂に終わり、一年に何日もない上天気だと、ガイドさんがおっしゃっていました。
f0202151_14320126.jpg
この方向からが、一番軍艦に見えるとか。
f0202151_14321934.jpg
さあ、いよいよ上陸です。
f0202151_14322823.jpg
建物の崩落の危険があるので、見学コースはほんの一部です。
f0202151_14323683.jpg
左側のビルがちょっと曲がっているのがわかりますか。
激しい台風の波を受けるとき、まっすぐな面より
曲がっているほうが、衝撃を和らげるという理由です。
f0202151_14324534.jpg
この点線を見て、ここは駐車場のあとかしらと思った私はなんておバカなんでしょうね。
狭い島のどこに車に乗って行くというんでしょう(笑)
もし持つのならば、自家用船でしょうか・・・
では何のあとだか分かりますか。
プールです。
しかも海水で、プールで海水浴ができたんですねぇ~
f0202151_14330487.jpg
レンガの建物は、事務所です。
絵手紙友のYさんのおじさんが、ここで働いておいでだったそうです。
事務職だったのに、胸を悪くされてお亡くなりになったそうですが
掘りあげられた、石炭以外の鉱物が、一日中ベルトコンベアーで運ばれていたそうですから
目には見えない粉塵が舞っていたのかなと想像しました。

真ん中に見える白い灯台は、最近建てられたもので
端島が稼働しているときは、24時間灯りが消えることがなくて、灯台は不要でした。
f0202151_14331975.jpg
端島には花壇などを作る土地がなく
土を運んで屋上に日本で最初の屋上菜園が作られましたが
今はこんな場所にも、可憐な草花が咲いていました。
f0202151_14331223.jpg
ガイドさんはとても熱のこもった説明をしてくださいました。
彼の後ろに見える細長い建物は、坑道に降りるエレベーターで
天井も何もない、床に手すりだけが付いたものです。
仕事が終わって、エレベーターを降りるとすぐにお風呂があり、浴槽は三つです。
最初の浴槽には、衣類のまま入り・・・と言われたような・・・あやふやです・・・・
二つ目で体を洗います。ここまでは海水で、三つ目の真水の浴槽で
体を洗い流しておしまいです。

職住接近ですから、近い方は30秒で自宅についたそうですが
決して風呂上がりの裸で帰宅するようなことはしないで
衣服を身に着けて、鏡をのぞいてニコッとしてから帰りました。
危険と隣り合わせの厳しい仕事場の、険しい表情を家族に見せない配慮でした。
坑内でのあいさつは「ご安全に」だそうです。
f0202151_14333392.jpg
世界遺産というと、島全体がそうなのかと思っていましたが
後ろに見える壁が、世界遺産なんだそうです。
島を拡張するために「天川(あまかわ)」という石灰と赤土を混ぜた
接着剤を使った石積みです。
もともとの島の大きさは、今の3分の1で6回も埋め立ててあるんですって。
f0202151_14335326.jpg
雲一つない青空に飛行機雲が鮮やかでした。
f0202151_14340365.jpg
繁栄のあとをご覧になってください。
f0202151_14341260.jpg

f0202151_14341858.jpg
さあ、次のツアーが待っていますから、そろそろお別れです。
f0202151_14343431.jpg
神社のあとを見ながら端島に別れを告げました。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-11-11 21:47 | お出かけ | Comments(0)

ご無沙汰しました

f0202151_23111277.jpg
昨夜、九州旅行から帰宅いたしました。
15日間の旅でしたが、そのうち4日は九州以外のところ
山口県とか、実家の蒜山で泊まりましたから、九州にいたのは11日かな。
台風22号が近づいていて心配でしたが、佐賀県の名護屋城と呼子を観光するとき
鹿児島市内に行ったときに少し降られた程度で、あとは良い天気に恵まれました。

ほかには私の体力がどうなるかと気がかりでしたけれど
11月1日の朝「今日は休息日にしたいな」という感じでしたが
その晩は早めにベッドに入って、その後は夫に迷惑をかけつつなんとか旅行を続けることができました。

感心するのは夫の体力で、ずっと一人で運転してくれたほか
出発する前に私がまた足を痛めていたので
時々はマッサージもしてくれたりして、感謝の一言しかありません。

毎日が感動の連続で、素晴らしい旅行でした。
明日から、おいおい更新いたします。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-11-10 23:34 | 絵手紙 | Comments(2)

またお休みします

f0202151_22594681.jpg
新しいパソコンを購入して、ブログを再開してからまだ3回しか更新していませんが
またお休みいたします。
明日から九州のお城巡りに出かける予定です。
今回は飛行機もフェリーも利用しないで
我が家からずっと自動車なので、再開は11月10日頃になると思います。

誕生日のメッセージをいただいた中に
旅行の記事が面白いと、何人かの方に言われました。
それが嬉しかったので、今度はもっとしっかり見てきて
皆さんに報告させてもらいたいと思います。

ではまたしばらくの間、ごきげんよう。

[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-10-25 23:12 | 絵手紙 | Comments(0)

気の流れ

f0202151_20552936.jpg
また更新を休んでしまいました。
このところお嫁ちゃんの忙しい日が続いて、孫守の日が多くなっていました。
孫たちが私を慕ってくれるのは嬉しいことなのですが
二人同時に背中にのしかかる、膝に乗る、押し倒されるという遊びに付き合っていたら
以前痛めた左ひざが、またグキっとなってしまいました。
病院に行ったら、シップだけで大丈夫だそうですが
ちょっと今、テンションが低いかもしれません。

テンションといえば少し前、体調が悪くてすごくテンションの低い人に会いました。
2時間ほど一緒にいて別れた後、私自身がとてもしんどくなりました。
夕食の支度もスルーしてしまうほどなのです。

こういうことは、今までにも経験していて
ケアハウスにボランティアに行った後、ぐったりしてしまうのです。
それはおかしいという友達もいますけれど
私は入居者の方が、私の気を持って行ったのではないかと思います。

今回も、友達が私の気を持って行って元気になってくれたらそれでよいのですが
私自身がつらいので、何とか早く気を回復させる方法はないものかと調べました。

そしたら、ソックスを履くとき、いつもと違う足から履くのもよいとありました。
意識してみると、いつも右足から履いています。
ズボンを履くとき、靴を履くときもしかり。
それ以後、気が付くと反対から・・とやってみるのですが
無意識だとやはり右から履きますね。
皆さんはどうですか。

気が少なくなっているしんどさは、2~3時間もすれば自然に回復するのですけど
時々気の流れを意識してみたいなと思っています。

[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-10-22 21:27 | 絵手紙 | Comments(5)

お祝い、ありがとうございました

f0202151_14373209.jpg
昨日の誕生日には、絵手紙やメール、FBのメッセージなどで
たくさんの方にお祝いしていただき、ありがとうございました。
二人の娘からは、ともに化粧品をプレゼントされて
ますますきれいになるぞ~~~と張り切っています・・・・( ゚∀゚)アハハ

さて、以前のパソコンが壊れてから、すぐに手を打たないで
何をしていたかといいますと
この機会にパソコンに費やしていた時間を
ほかのことに使おうと思ったのです。
それは、まず読書、家の内外の掃除、断捨離などです。
家の掃除については、毎年暮れが近づくと
「もっと温かいうちに、網戸の掃除、カーテンの洗濯などをやっておけば
こんな寒い時期に水仕事をしなくて済むのに」と思うからです。

結論から言いますと、どれも少しずつしかやることができませんでした。
食事が終わって一服の時など、どうしてもパソコンの前に座りたくなりました。
でも、使えないのですから、新聞をよく読むことができましたけど・・・

あ、ひとつだけ頑張りました!と報告できるのは
年賀状を100枚手作りしました。
消しゴムハンコと、和紙をペタペタハリハリしましたよ。
上の絵手紙は、どのわんこにモデルになってもらおうかと
いろいろ描いてみた中の一枚です。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-10-16 15:09 | 絵手紙 | Comments(4)

復帰しました

f0202151_22180380.jpg
お久しぶりです。
以前のパソコンは修理不可能ということで
本日、やっと新しいパソコンを購入いたしました。

古いパソコンは、10年以上も使ったもので
メーカーでも、もう修理はできないそうです。
起動しなくなったので、データも取り出し不可能と言われ
いろんなデータが消失してしまいました。
今日の誕生日を機に、白紙からスタートいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-10-15 22:28 | 絵手紙 | Comments(0)

パソコンが壊れました

f0202151_21263470.jpg
私のパソコンが立ち上がらなくなってしまいました。
今これは夫のパソコンを借りて更新していますが
使い慣れないパソコンは、キーが打ちにくいですね。
ぼちぼち更新していきますので
ご了解くださいませ。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-09-21 21:29 | 絵手紙 | Comments(0)

醤油

f0202151_22170455.jpg
味噌と醤油というタイトルにしようと思いましたら
お味噌のことはもう以前にUPしたことに気が付きました。

旅行先でお味噌を買ってきますが、西の方で作られるお味噌が
我が家の好みに合っているという内容でした。

それと同じような好奇心から、お醤油も買ってくることがあります。
今更ながら使うお醤油によって、料理の味が変わることに驚いています。

この夏は、鳥取県産のお醤油を買ってきましたが
これを使っておうどんの出汁を作ると、我が家好みの味に作れないのです。
煮物などは違和感がありませんでしたが・・・

いろんな人が地元に帰って「この味でなくちゃ」と言いますが
こういうことが作用しているんでしょうね。
f0202151_22172505.jpg
豚ちゃんはお見舞いに送ったものです。
病気のお見舞いにはどんな言葉がいいのかよくわかりません。
どなたかご教示くださいませ。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-09-20 22:40 | 絵手紙 | Comments(2)

笑い飛ばしてください

f0202151_20572343.jpg
おとといの失敗の話は、いろんな人が笑って下さいましたが
またまた笑っちゃうしかないようなことをやってしまいました。

台風の日は当然ながら、家にこもりっぱなしでしたから
早めにハロウィンの葉書を作っちゃおと思いました。
消しゴムハンコを彫って、スリスリして
何気なく去年の記録を見たら
去年も、同じようなカボチャの図案ではありませんか。
同じような・・・ですから同じではありませんが
誰かに譲ったり、捨ててしまうわけにもいきませんので
10月にその葉書が届きましたら、笑い飛ばしてください。

上の猫は大きな口を開けていますので
何気なくこの言葉を書いたら
今日の記事にピッタリになってしまいました。
f0202151_20520223.jpg
これはお仲人さんの奥様に送った絵手紙です。
百日草は、その名の通り結構長い間咲き続けますので
いつまでもお元気でという意味を込めて送らせていただきました。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-09-19 21:37 | 絵手紙 | Comments(4)