秋田

f0202151_22132979.jpg
この画像は、五城目八郎潟インターチェンジの付近で写しました。
雨が降っていたし、車の中からなので写りが悪いのですが
「よぐきてけだな五城目さ」という言葉が面白くて写しました。
f0202151_22133363.jpg
秋田での夫の目標は、久保田城です。
天守は、鉄筋コンクリートで再建されたものでしたが
写真を写すのを忘れました~~~
f0202151_22205131.jpg
いとこの孫が秋田大学に在学しているので、写真を見せてあげたいと思い
天守から大学方面を写しましたが、これも雨にけぶってよく写っていませんね。
f0202151_22134852.jpg
ホテルは、このアーケード街のすぐ左で、秋田駅にも近く良い場所でした。
人通りも多く、大きくてきれいな街という印象を受けました。
f0202151_22140572.jpg
何はともあれ、食べてみたいのは「きりたんぽ」
上は火を入れる前で
f0202151_22141014.jpg
お肉に火が通ったら、セリを入れます。
これで一人前なのですが、私には量が多すぎて夫に助けてもらいました。
夫は比内鶏の親子丼を注文しました。
f0202151_22141502.jpg
お店をうろうろしていて見つけたのが、上の画像のパンとおにぎりです。
仙台味噌パンは、ほんのりと味噌の味がしました。
さて「ぼだっこ」って何でしょう?

店員さんに聞いたら「しゃけ」のことだそうです。
ちょっと辛めの味の焼き鮭が入っていました。
f0202151_22134383.jpg
マンホールは竿灯まつりのデザインでしたよ。





[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-16 22:39 | お出かけ | Comments(2)

弘前郵便局で

f0202151_20580306.jpg
弘前では風景印をもらうために、弘前中央郵便局に寄りました。
今回はあまりいろいろな郵便局に寄らなくて、中央郵便局に的をしぼりました。
そうしないと小さな郵便局ではフォルムカードが手に入りにくいのです。

この弘前城のフォルムカードは、友達の孫の小学一年生の男の子に送りました。
彼は幼稚園の時からお城好きなのです。
f0202151_20561083.jpg
窓口で風景印を押してもらったり、フォルムカードを購入していると
隣の窓口に小包を送りに来た女性が「切手で支払ってもいいですか」と
沢山の切手を持って立っておいでなのです。
自分の支払いを済ませてから急いで「その切手、私に分けてもらえませんか」というと
「本当ですか?」と驚かれたあと「額面どおりでいいです」と
譲っていただけることになりました。
f0202151_20571186.jpg
それがこの切手です。
2円、3円、4円、5円といった少額切手がほとんどで
「本当にこれでいいですか」「どうされるんですか」と質問されるので
絵手紙をやっていること、切手は絵封筒に使いたいことや、風景印のことなど大急ぎで話し
折よく名刺を持っていたので「ブログ見てくださいね」と渡してきました。
今、この切手を見ていてもワクワクします。
思いがけない嬉しい出来事でした。
f0202151_20564007.jpg
話は飛びますが、弘前から秋田へ向かう途中、上の画像のパーキングへ寄りました。
「あじゃら」と書いてあります。
これはシーハイルの歌に出てくるところなのでしょうか?
「きのうは ぼんじゅね 今日また あじゃら」という歌詞があります。
ここが、あじゃらなら ぼんじゅねもどこかにあるんですよね。

ちなみにシーハイルの歌詞です。

  岩木の下ろしが 吹くなら吹けよ
  山から山へと われ等は走る
  昨日は梵珠嶺(ボンジュネ) 今日また阿闍羅(アジャラ)
  煙立てつつ おおシーハイル

この歌詞を調べていたら、ともに青森県の山だということがわかりました。
ずっと知らずに歌っていた場所へ行けるなんて素敵です。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-15 21:47 | お出かけ | Comments(6)

弘前城

f0202151_17172062.jpg
弘前城は今石垣の修復中で、天守は曳家によって違う場所に移動されています。
f0202151_17201943.jpg
あるべき場所はこの位置で、見学コースが作られて見ることができます。
f0202151_17223328.jpg
反対側はこんな感じで、こちらにも工事の見学コースがあります。
f0202151_17223852.jpg
取り外された石は、このように番号をふって並べてあります。
f0202151_17221497.jpg
今、お城は石垣ではなく芝生の上にあります。
驚いたのは、お城をまっすぐに動かしたのではなく
f0202151_17290201.jpg
この赤線のように移動したことです。
「弘前城曳家ウィーク」というのがあって、申し込みで選ばれた人が
一度に100人ずつ引くという行事があったようです。
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/jouhou/koho/kouhou/h270715_01.pdf
その様子が城内のテレビで流されていましたが
一回引くごとにお城が動いているのがわかって
大盛り上がりで楽しそうでした。
f0202151_19120814.jpg
ここは桜の名所で、その旬にはさぞやと思われる風景でしたが
f0202151_19123878.jpg
かいどう桜や
f0202151_19130820.jpg
どうだんつつじ
f0202151_19145871.jpg
これは何の木?小さな花がかわいかったです。
その他、いろんな花が出迎えてくれました。
f0202151_19135052.jpg
ちなみにお城のそばの花は、こんな名前だそうです。
f0202151_19251023.jpg
先月末、小牧山を案内してくださった方が
「お城へ行くときは鏡石を見てくるといい」とアドバイスしてくださいましたが
これがそうなんでしょうかね。
相手を威圧するために、石垣のしょっぱなに大きな鏡石を置くのだそうです。
金沢城や、大阪城が有名ですね。
f0202151_19254095.jpg
f0202151_19235607.jpg
夫は、城主がどうとか、歴史的なことを考えるのに一生懸命ですが
私はのんびりと風景を楽しんできました。





[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-15 19:45 | お出かけ | Comments(0)

三内丸山遺跡

f0202151_20213139.jpg
昨夜10時ごろ、4日間の東北旅行を終えて帰宅しました。
行きの飛行機が名古屋空港を午前7時5分発、帰りが午後9時20分着で
飛行時間が一時間ちょっとですから、目いっぱい時間を使って観光できました。

行っている間、自宅の方ではバケツをひっくり返したような雨が降ったそうです。
好天ばかりではありませんでしたが、全体を見ればあまり傘を使っていません。
全国的にお天気が悪いという天気予報の割にはラッキーでした。

気温はかなり低く、酸ヶ湯温泉の周囲はたくさんの雪が残っていました。
ヒートテックを着ていって正解でした。

まず、青森空港でレンタカーを借りて、走り出して見えたのが上の風景です。
この左のものは雪除けだと思いますが、北海道に行った時初めて目にしました。
また道の両サイドには、蕗がたくさん自生していて
北海道のおびただしい蕗を連想して、時々北海道に来ているような錯覚を覚えました。
f0202151_20222240.jpg
最初に行ったのは三内丸山遺跡です。
縄文時代のものです。
丁度草刈りタイムで、軽トラが止まっています。
これは縄文時代の遺物ではありません。(笑)
f0202151_20231072.jpg
竪穴式住居には、土のもの、茅葺のもの、木を使ったものの三種類がありましたが
手前の土でできた家には、フキが生えていました。
f0202151_20240452.jpg
わかりにくいのですが、その反対側にはおびただしい土筆が映えていて
家の屋根から食料が収穫できるなと笑ってしまいました。
f0202151_20250070.jpg
高床式住居には、火を使った形跡がないので
食料などの保管に使ったのだろうということでした。
f0202151_20255082.jpg
人々は秩序だった生活をしていたらしく、ごみを捨てる場所が決まっていて
それを盛土というそうですが、大量の遺物が発掘されるそうです。
上の写真の場所では、土器がこんなに大量に出てきています。
模様のあるものも見えますね。
こんなに出てきたら発掘作業をしていても楽しいでしょうね。
f0202151_20261677.jpg
さらにこういう水の湧き出る場所があり、ここでも大量の遺物が発見されるとか。
私は水があると腐ると思っていましたが、水のおかげで良い状態が保たれているそうです。
f0202151_20265392.jpg
これは最初にUPした巨大建物の柱の跡ですが
これも水のおかげで残っていたそうです。
今でもここでは水が湧き出していました
f0202151_20272862.jpg
ここは最初の画像の右側の建物の中です。
ボランティアガイドさんが、郷土の誇りとして熱心に説明してくださいました。
大勢の方が草刈りをしたり、発掘をなさっていましたが
すべてボランティアさんだそうです。

土の竪穴式住居も劣化してつぶれてきたら
地元の小中学生の体験学習と称して作り直すのだそうです。
f0202151_20535231.jpg
これは盛土の中のレプリカです。
飛び出しているのが土器などの遺物です。
f0202151_20542524.jpg
右は高さが一メートルはあろうかと思われる壺。
f0202151_20541969.jpg
これはほんの一部で、もっともっとたくさんあります。
石器や、針、匙などの道具類もとても充実していて
縄文人て素晴らしいと思いました。
今までの概念が、がらりと変わった一日でした。
f0202151_21424330.jpg
ここで買ってきた土偶のレプリカを描いてみましたが
この時代の土偶は立体的ではなく、平たい物だったそうです。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-14 21:58 | お出かけ | Comments(0)

明日からお出かけします

f0202151_14162254.jpg
10日から13日までの予定で、夫のお城めぐりのお供で東北へ行ってきます。
今回は、青森県の弘前城、根城(八戸にあるそうです)
岩手県の盛岡城、秋田県の久保田城に行くそうです。

・・・そうです、ばかりで無責任な言い方ですが
ルートなどみんな夫任せなものですから・・・・

私は、どこで風景印をもらえるかしら
どんな郷土玩具があるかしら・・・などということばかり考えてます。

上の画像は持って出かける絵手紙です。
お返事をお待たせしている方をメインに20名様限定で
どこかの風景印で送らせていただきます。

そういうわけで、更新はお休みいたしますが
ネットを見ることは致しますので
「ここが面白いよ~~」などという情報がありましたら
コメントに書き込んでくださいませ。





[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-09 14:36 | 絵手紙 | Comments(6)

和歌山県海南市

f0202151_21002276.jpg
この絵に描いた甘夏は、和歌山県海南市の「船尾市場」で買いました。
先月末、和歌山城に行った時足を延ばしました。
海南市には絵手紙の友達がいます。
どんな町に住んでおいでなのか、興味津々でした。
f0202151_21134043.jpg
船尾市場はとってもレトロで楽しかったですよ。
f0202151_21134604.jpg
カメラの10ヶ月払いですって!
昔は洋服も月賦で買ったものです。
ローンなんて言いません。
f0202151_22110980.jpg
このお店、何か掘り出し物がありそうで覗いてみたかったです。
f0202151_21135406.jpg
この建物は漆器屋さんで、黒江漆器が名産なんだそうです。
夫が桜の絵の仏壇が気に入って、欲しいと言いました。
インテリアにもなりそうだし、買えない値段ではありませんでしたが
今回は保留にして、熱が冷めなかったら買いに行きたいそうです。
f0202151_21133266.jpg
知らない街や、知らないことっていっぱいありますねぇ~~~




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-08 22:21 | お出かけ | Comments(6)

お祝い絵手紙

f0202151_19533096.jpg
来週末、友達の息子さんが結婚されるので、これはそのお祝いの絵手紙です。
紙の大きさはなんていうんでしょうねぇ~~
A4より大きくて、お祝いだから砂子入りを選びました。
キラキラしています。

彼が中学生の頃かな、友達がアメリカへ旅行した時
寂しさがまぎれればと思って、彼とメールのやり取りしていました。
「動くひな形」とかも教えてもらって楽しんでいました。

馬券の話ですが、このころのHPにはたいていカウンターが付いていたんですよね。
管理人さんがキリ番を発表されると
それを踏みに行こうと、みんな一生懸命だったものでした。

私のHPにも、もちろん設置していて、キリ番が近づくと
自分で踏んではいけないのでかなり用心が必要でした。
そのおかげで何人かの新しい友達ができましたが
絵手紙の人じゃない方も結構あったので
今、キリ番つながりの友達はいないですね。
賞品を考えるのも楽しかったです。

さて、馬券の話に戻りましょう。
ある方のHPのキリ番で、その時は前後賞もあったのでしょうね
私とわっちゃんがキリ番を踏んだのですが
なんとその賞品が馬券だったのです。
私たちの言う番号を何枚か買ってくださるということでした。
しかしながら二人とも競馬なんて全く知りません。
その時SOSを発した先が、たつ君だったのです。

彼は乗馬が趣味で、競馬のことにも詳しかったのです。
彼のアドバイスは、競馬は騎手が大きく影響するから
武豊の乗る馬にしたら・・というものでした。
その結果、いくらか賞金をもらいましたよ102.png

親御さんは知らなかった出来事かもしれないので
ちょっと小さな字で書きましたけど・・・・・

先日テレビを見ていたら、
武豊がキタサンブラックという馬に乗って優勝しましたね。
それで、このエピソードも思い出したものです。

良い結婚式になりますように。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-07 20:30 | 絵手紙 | Comments(0)

絵手紙三昧の日

f0202151_16521110.jpg
今日は、5月2日から5日消印の郵便が一度に届いて嬉しい日でした。
特別にやることもないので絵手紙を描いて過ごしています。
・・・実はこれが至福の時間なんですよね・・・

友達にいただいたこの花は、真ん中の3本立っている花びらが
水色のものと薄紫のものがあるんですね。
真ん中の絵はタオル筆で描きました。
左右の絵は自分で適当に作った竹ペンで描いています。

左の絵に添えた言葉は、昨年の暮れ惜しくも亡くなられた渡辺和子さんの
「置かれた場所で咲きなさい」という言葉を引用させていただきました。
f0202151_16543574.jpg
これは友達に筍をいただいたので、お礼状に送ったもので
先月描いた絵です。
大好きな筍の旬は短いですね。
漢字をよく見れば、たけのこって「竹」の「旬」て書くんですね。






[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-06 17:21 | 絵手紙 | Comments(4)

みんな子供だった

f0202151_15550695.jpg
今朝ネットを見ていたら「自分にも40代の息子がいる
もうおじさんだけど自分にとっては子供」という投稿がありました。
そうですね、世の中のすべての人は、みんな誰かの子供ですよね。
平和な世の中を願ってやみません。
f0202151_15571103.jpg
過日大阪にお見舞いに行かせてもらった方のお一人が
連休前に退院しましたと連絡がありました。
お祝いの言上は福助さんに託しましたよ。

それから先日和紙の里で買ってきたつめ放題の紙ですが、
分類してみたら、36種類もありました。
同じ色でも雲竜紙あり、地模様あり、砂子もあったりします。

私はこれらの紙が、何に使われた端紙なのか不思議です。






[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-05 16:15 | 絵手紙 | Comments(0)

和紙の里をあとにして

f0202151_21450228.jpg
和紙の里をあとにした私たちは、今庄の「忠兵衛」というお店に向かいました。
目的は越前そばを食べることです。
f0202151_21474286.jpg
これは、なめこ蕎麦。
f0202151_21475424.jpg
こちらはおろし蕎麦。
私と娘は、この二つのセットを食べました。
2杯食べて丁度いい加減の量に盛り付けてあり
違う味が楽しめて良かったです。
f0202151_21471263.jpg
夫が、今庄に行きたかったもう一つの理由は、このお酒を買うことです。
美味しいそうですよ~

次に向かったのは「漁火温泉」
海の見える露天風呂で、以前行った時はとても鄙びた温泉だったのですが
今回行ってみたら、とても大衆化された道の駅になっていてびっくりしました。

ともあれ、温泉につかったあとは、お買い物です。
トロ箱いっぱいのカレイをひと箱1000円で
焼きさばに、さばのへしこ、甘エビに、がごエビ、干物等々
持参したクーラーボックスに詰め込んで帰りました。





[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-04 22:45 | お出かけ | Comments(2)