徳利のとっくん

f0202151_22333663.jpg

先日の陶器まつりの会場で写してきた
徳利のとっくんの画像をUPしたくて
今日はそれにかかりっきりになっていました。

ほんとにいろいろなポーズをしてるんですよ。
街のあちこちに隠れていて
すべてを写してくることができませんでしたが・・・
とっくりのとっくん

↑クリックするとスライドショーを見ることができます。

絵手紙は乾拓にしてみました。

全国のフォルムカードここから見ることができます。
なぜか兵庫県がないんですよね。↓
http://www.postacollect.com/gotochi/index.html
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-10-05 20:31 | Comments(13)

フォルムカード

f0202151_20585118.jpg

最近フォルムカードのことを聞くので
先日郵便局に行ってたずねてみました。
愛知県のフォルムカードは金の鯱鉾なんだそうです。
f0202151_2162677.jpg

裏はこんなふうなので、宛名が書きにくいかな。
それにしても必ず定型外で、120円切手を貼らなければならないのが
郵便局側のひそかな計画のよう。

でもほかの県がどんなのだか知りたくなります。
あなたの県はどんなフォルムカードですか?
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-10-04 21:13 | よもやま話 | Comments(17)

陶器詰め放題

f0202151_2123036.jpg

「駄知 どんぶりまつり」「下石 どぇらぁえぇ陶器まつり」「笠原 窯ぐれまつり」を
はしごしてきました。
みんな岐阜県で、隣接してるんですよ。
それぞれの得意は、駄知(だち)どんぶり、下石(おろし)とっくり、笠原 タイル、です。

まず駄知は、一袋1000円で詰め放題の陶器を買いに。
f0202151_21293732.jpg

今年の成果はこれだけ。

直径17センチから24センチまで種類はいろいろですが、お皿が20枚。
あとのお茶碗などもろもろが16点、合計36点でした。
箸置きとか、小皿がもう少しあれば隙間に詰められたのですが
今回は大きなものをメインにおいてありました。
でもお値打ちでしょ?

我が家用にはそばつゆをいれる器を一つもらって
あとは施設のバザーに寄付します。

下石では窯元をめぐるスタンプラリーに参加して
ポイントを10ヵ所達成して、とっくんメダルを貰いました。
一番上の画像です。湿拓にしてみました。
f0202151_21551670.jpg

下石では3年ほど前から「とっくん」というキャラクターを作って
街のあちこちに置いてあります。
画像を編集したらUPいたしますね~

笠原の得意は、タイルで、道端にあるモザイク画がずっと気になっていたんですが
今日は車を止めてもらって、画像を写して来ました。
f0202151_2234039.jpg

タイルの会社の看板のようです。
反対側はこれ
f0202151_2252418.jpg

かわいいでしょ~これタイルのモザイク画なんですよ。
反対側にはこれもモザイク画の鳥獣戯画の塀があるのですが
これは写すことができませんでした。

よ~~く歩いた一日でした。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-10-03 22:13 | お出かけ | Comments(14)

今が大事

f0202151_13523618.jpg

絵手紙をやるうえにおいて
なるべくリサイクルで、なるべくお金をかけないでやろうというのがモットーで
作品展で「捨ててしまうようなものを上手に利用して!!」なんて評価を受けると
それがひそかな喜びになっている。

だから私の持ち物は、包装紙、トイレットペーパーの芯、納豆の蓋などなど
私には宝の山に見えても
人さまにはごみの山に見えてしまうだろう。

彩色も同様で、メインは顔彩を使うけれど
子供たちが使っていた、色鉛筆、水彩絵の具、クーピーペンシルなど
みんなおいてあって、必要な時出番となる。

つたない字で名前の書かれたものや
ちびて不揃いになった色鉛筆などを見ていると
その子の子供のころがまざまざと思い出される。

5人の子供を育てるうえにおいては
我慢させたり、叱ったりすることが多かった。
振り返ると、抱きしめたいくらい、いとおしい。

でも私には「今」という時間しかない。
いつも思い、何度も絵手紙の言葉に書くけれど

今日一日を、喜んで、楽しんで生きたい。


絵手紙は佳世さんに見せてもらった八重のハイビスカス。
不思議な感じの花でした。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-10-02 13:29 | 絵手紙 | Comments(17)

消しゴム印

f0202151_1322011.jpg

一度消しゴム印を彫り始めると
「彫る」という作業にすっかりはまってしまって
やめられなくなるんですよね~~
楽しいんですよ~この作業が。
それでUPする絵手紙を描いてなくて、またスタンプです。

これは原画は自分のものではありません。
hinoさんのような色っぽいものにあこがれて彫ってみました。
彼女の絵ではありませんよ~念のため
f0202151_1312539.jpg

上はスタンプ、下のものは乾拓です。
あ、ポイントに色をさせばよかったわね。

f0202151_1313440.jpgf0202151_13131513.jpgf0202151_13132924.jpg







今日はこんな風景印のハガキで飛ばします。
さぁ、どこへ行くのでしょうか・・・・
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-10-01 13:17 | 絵手紙 | Comments(10)

嬉しい出会い

f0202151_13151132.jpgf0202151_13152613.jpgf0202151_13153713.jpg








嬉しい!!
取手に行くことはできませんでしたが
きゅうママさんがキューピットになってくださって
新しい出会いがありました。

今日その方から、風景印の押された絵手紙が届きましたよ。
一番左がそうです。

真中はチャーミングさんにいただきました。
金沢って、それぞれの郵便局に風景印があるみたいですね。

右は、ななさんから。
今リフォーム中だそうで、捨てるものがありすぎですって。
私も、物を増やさないように心掛けないとね。

皆さん、ありがとうございました003.gif

絵手紙をやってると、時々「えっ!!」っと思うような郵便物が届きます。
先日届いたこの封書もそうでした。
f0202151_13245266.jpg

書き損じかなんか反古の紙を利用した封筒なんですが
郵便屋さん、めんくらったでしょうね。
f0202151_13255932.jpg

裏だってこんなふうで、どこが宛名だか送り主だか探してしまいますよね。
中に入っていたのはこれでした。
f0202151_13281587.jpg

先日「ポストマンの絵手紙展」で感動したことを電話で話したのですが
生前、彼女が受け取ったはがきや名刺をコピーしたものと、彼女手作りの葦ペンです。
葦ペンも柄の方に千代紙を巻いてあって
こまやかな心づかいを感じました。

彼女とは年賀状の交換程度のお付き合いしかなくて
物足りなく思っていたのですが
7月の長久手の招待状を送ったところ、見に来てくださって
「久しぶりに見ごたえのある作品展でした」と喜んでいただきました。
その時にタオル筆の話もして、見本を作って送ったところ
お礼にいただいた封書が今回UPしたものです。

どの方とも、ご縁を大切にお付き合いさせていただきたいと思います。
ありがとうございます。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-09-30 13:43 | 風景印 | Comments(6)

ホリホリデイ

f0202151_11534748.jpg

お地蔵さまのゴム印を彫りました。
こちらがモデルと原画です。
f0202151_11481588.jpg

乾拓です。
f0202151_11484340.jpg

湿拓です。
f0202151_11491762.jpg

スタンプしました。
彩色は絵墨です。

どんな言葉を添えて、どこへ飛ばそうかな~~~~037.gif
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-09-29 11:54 | 絵手紙 | Comments(14)

作品展などのお知らせ

f0202151_19294138.jpg

f0202151_1930021.jpg

作品展のお知らせが届いています。
これは岡崎の方。
f0202151_19303453.jpg

f0202151_19305487.jpg

こちらは東海市の方です。

どちらの展も楽しそうですね。

次は絵手紙列車乗車のご案内。
etegaminikkiさんのところに詳しい情報が載っています。
ご覧になってくださいね。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-09-28 19:34 | Comments(2)

ガイドブックのこと

f0202151_16283172.jpg

ガイドブックをホテルに忘れてしまったけれど
返送はお願いしないでいます。

…というのも、じっくり探せば、
自分たちの好みにあったガイドブックがあるかも知れませんが
その本はあまり私たちのニーズに合っていなかったから。
スイーツとかテーマパークはあまり興味がありません。
おいしいものも、わんさかと食べなくても、少しでいいのです。
しっとりとその街の情緒を味わえるような、ガイドブックがないかしらと思います。

23日は骨休みの一日でのんびりしていると、夫は紀行文を書き上げました。
パソコンに打ち込むのは私の仕事。
f0202151_16434574.jpg

画像の方が多くて、こんな感じに仕上がりました。

たった一泊でしたが充実した旅でした。

絵手紙は、射水市の海王丸パークで押してきたハンコにコラボしたものです。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-09-28 16:50 | 絵手紙 | Comments(4)

岩瀬

f0202151_19542614.jpg

岩瀬に向かっている途中で大変なことに気がつきました。
やっぱりドジな私は失敗をしていたのです008.gif
ガイドブックをホテルに忘れてしまいました・・・・

ホテルに戻るには時間的にもったいなかったので
観光案内所で地図を貰ってなんとかそのあとも観光ができましたが・・・

岩瀬は髷を結った人が歩いていそうな町でした。
電柱がないので余計そう感じるのでしょうね。
通りは美濃の古い町並みに似ていると感じましたが
2階のひさしが深くて、雪に備えてなのかなと思いました。
f0202151_2023084.jpg

↑この北前船海鮮問屋森家を見学しました。

ガイドさんに江戸時代の北前船のことを聞きながら
私は「御宿かわせみ」の「初春弁才船」のお話を思い出しておりました。

何しろ風が便りの航海でしたから危険度も非常に高く
「リスクなくして、成功なし」と言われたガイドさんの言葉は
「おっ!!絵手紙にいただきっ!」と思いました。
f0202151_20261080.jpg

↑これは森家の土蔵だったそうです。
f0202151_2027441.jpg

富山市内からここまではライトレールという電車が走っています。
帰りはこれに乗って、車を置いてあるカナル会館まで帰りました。

富山市でも前日行った高岡市でも市電が走っていて
夫はこれを非常に喜びました。
高岡市では車がゆっくり走っていて
これは市電と共存するためではないかと言ってました。憶測ですけどね・・
f0202151_20345014.jpg

面白かったのは、レトロな包装の富山の薬を売っていたこと。
値段も250円からあって、お土産に買う人も多いということで
私も買おうかなと考えたのですが
でもいったい友達の家ではどんな薬を常備薬としているんでしょう・・・
腹痛?頭痛?風邪?なんて考えていたら買えなくなりました。
我が家ではたまに風邪薬を必要として
その時は早めに葛根湯を飲んじゃいます。
[PR]

# by kyo-ko5 | 2009-09-27 20:46 | お出かけ | Comments(2)