沼島で鱧づくし

f0202151_20350919.jpg
27日は、夫の友達ご夫婦と共に、淡路島へ行きました。
目指すのは沼島ですが、途中たこせんべいの里へ寄り道です。
f0202151_19461241.jpg
いろんな味のおせんべいを、しこたま味見してから買いました。
コーヒーも無料で頂けます。

次は夫の希望で「高田屋嘉平記念館」へ。
f0202151_19503384.jpg
夫の友達の方も読書好きで
「菜の花の沖、読んだ?」
「うん、読んだ」
と言う会話で分かり合えます。
私は、会話の続きを聞いて、やっと司馬遼太郎の本とわかりました。
f0202151_19510421.jpg
高田屋嘉平は、日本とロシアの友好にも力を尽くした人なので
見学しながら「安倍さんは、ここへプーチンさんを案内すればよかったのにねぇ」
などと話していました。
f0202151_19515065.jpg
昨年函館を訪れたときは、高田屋嘉兵衛資料館に行きましたので
私も関心を持って見学いたしました。
f0202151_19540819.jpg
それからもあちこち寄り道をして、いよいよ沼島へ渡ります。
f0202151_19545809.jpg
10分ほど船に乗れば到着です。
f0202151_19560112.jpg
泊ったのは「木村屋旅館」
f0202151_19591499.jpg
玄関わきの水槽で、鱧がお出迎えです。
ゆ~ったりと泳ぐんですね。
f0202151_19581983.jpg
夕食までの時間に、散策しました。
海は全く波がありません。

小さな島なのに。学校や郵便局があってすごいと思いました。
翌朝、島を出発する前に郵便局に風景印をもらいに行きました。
上立神岩のデザインですね。
高さが30メートルで、突き出した岩の周りを
イザナミ・イザナギの男女の神様が回って婚姻したと云われている
「天の御柱」だそうです。
f0202151_19594479.jpg
お待ちかねの夕食は、はものフルコースです。
まず、鱧の湯引きとお刺身が出ます。
鰆、鰺、いかなどのお刺身もついています。
真ん中のお鍋で、両脇にある鱧と野菜を煮ます。
淡路島特産の玉ねぎがたっぷりとついているんですよ。

給仕をしてくださる方が
「皆さん、玉ねぎがおいしいねぇ~とおっしゃるので
鱧がおいしいねぇ~って言って下さいよと、言うんですよ」
と、笑って話されていました。

そういえば道中で、玉ねぎ小屋だと思われるものをたくさん見ましたが
周りは田んぼばかりで畑は見えなかったんです。
玉ねぎを収穫してから、そこへ田植えをするんですか?
どなたか教えてください。
f0202151_20022778.jpg
そのほかに、鱧の天ぷら
f0202151_20025740.jpg
鱧の押しずしが出されました。

最後は、鍋に残った汁で鱧の卵を煮て
丼風にして食べるというのもありました。

どれもおいしかったのですが、4人とも70歳を目前にしては
これらをすべて食べきることはできませんでした。
f0202151_20015662.jpg
残りは「朝ごはんの時、照り焼きにしましょう」と言って
そうしてくださったんですけれども
旅館の朝ごはんて、すごく量が多くないですか。
ご飯を極力少なくよそって、やっと食べることができました。
f0202151_20012643.jpg
沼島から土生(はぶ)港へ
この後、洲本や、ハイウエイオアシスへ寄り道しながら帰りました。
たっぷり朝ご飯を食べて、お腹がすかなかったので
午後2時ごろ、明石で「玉子焼き」を食べてお開きになりました。

あぁ~~この夏は食べてばっかり・・・・・





[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-31 21:47 | お出かけ | Comments(4)

夫のコレクション

f0202151_18330178.jpg
夫は旅行先で手ぬぐいを買い、それを飾るのを楽しみにしています。
8月も終わりなので、交換しようとゴソゴソしていたら
おわら風の盆の手ぬぐいが見つかりました。
f0202151_18331237.jpg
丁度明日から始まる、越中八尾の風の盆 ←クリックしてみてください
踊りを見るためには、スケジュール表と地図を見比べながら
町の中を歩きまわるのが結構大変でした。
でも女性の踊りは優雅だし、男性の踊りはきりっとして素敵です。
タイムリーなインテリアになりました。

その手ぬぐいを探しているときに見つけたのが
福という文字が違う書体で沢山書かれた手ぬぐいです。
この文字を真似して書いてみようと思いましたが
文字だけ真似して書いても面白くないので
文字を薄墨で書いた上に、招き猫を描いてみたのが上の画像です。
どうでしょうか・・・・
うっとうしいかな??



[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-31 19:25 | 絵手紙 | Comments(0)

至福の時間

f0202151_20410544.jpg
26日の朝、家を出発した直後はこんなお天気でした。
f0202151_20471177.jpg
雲があまりにもくっきりと分かれているのです。
途中雨にも会いました。
f0202151_20472389.jpg
それが姫路に着いたら、この上天気!
嬉しいですねぇ。

姫路ではguuchanとなおさんが待っていてくださって
この姫路城を見ながら、おいしいランチをいただきました。
f0202151_20473240.jpg
あら!もうあがってしまってランチの画像が全部写ってません・・・・・

時間の許すかぎり楽しい時間を過ごしましたが
この時の様子は、おふたりがUPしてくださっていますので
そちらでご覧になってください。
guuchan→こちら
なおさん→こちら
おふたりとも文章がとっても上手なんです。



[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-30 21:00 | お出かけ | Comments(5)

旅先のノスタルジー

f0202151_18535710.jpg
夫の高校時代の同級生と「淡路島に、はもを食べに行こう」と言うことになって出かけてきました。
この集まりもだんだん人数が減って、昨年は3組の夫婦がいましたが
今年はお一人が病気療養中ということで、2組のみの参加になりました。
行先は沼島(ぬしま)という所で、はももおいしかったです。

でも今日は、私が淡路島で一番感動した場所から、ご報告したいと思います。
f0202151_19432029.jpg
それはここです。
洲本市にある「アルチザンスクエア」です。
f0202151_19433129.jpg
ここは元鐘紡の工場だった建物を、複合文化商業施設として利用しているのです。
レストランやカフェ、ギャラリー、図書館、お土産物屋さんなどがあります。
f0202151_19440285.jpg
鐘紡という会社は、今はなくなってしまいましたが
昭和49年まで、私は大阪の鐘紡で働いていました。
f0202151_19444044.jpg
洲本の工場へは一度も来たことはありませんが
建物を見て、なんとも懐かしい気持ちになったのです。
f0202151_19450156.jpg
建物を壊してしまわないで、
こうして再利用してくださっている洲本市に、感謝の気持ちがわきました。
f0202151_19452145.jpg
初めて来た土地で、懐かしい建物に出会えて、ノスタルジーに浸ってきました。
f0202151_19470290.jpg





[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-29 20:13 | お出かけ | Comments(8)

夫の友達と小旅行

f0202151_23005822.jpg
ここ数年恒例となった、夫の友達家族と小旅行に出かけてきます。
今回行くのは淡路島ですが、そちら方面に行くついでに
もうひとつお愉しみなプランもセッティングしています。
上の画像は、準備したお土産のラッピングです。

予定に向かって、順調に日が過ぎているはずでしたけれど
今回想定外だったのは、1歳半の孫が手足口病に感染したことです。
明日から登園許可が出ましたが、今日も1日我が家で預かって
おばあちゃんの責任を果たして、晴れて旅行に出かけることができます。

というわけでちょっと更新をお休みいたします。


[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-25 23:11 | 絵手紙 | Comments(2)

蒸し暑いですね

f0202151_21202046.jpg
久しぶりに、小さな猫ちゃんばかりを入れてある箱を取り出してみたら
だらしなく寝ている猫ちゃんが結構たくさんいました。
私の気持ちを反映して、そういう猫ちゃんが集まるのかしら?
その中の一つを描きました。
おなかの出具合までそっくりです。
今日も蒸し暑い一日でしたねぇ
皆様ご自愛ください。

[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-23 21:25 | 絵手紙 | Comments(0)

手足口病

f0202151_21465104.jpg
今朝、夫と二人で朝食をとっていると、私の携帯が鳴りました。
こんな時間にかけてくるのは次女かな?・・・と思うと果たしてそうでした。

保育園に送って行く直前になって子供が熱を出したので、預かってもらえないか
そういう電話でした。
食事を中断して、すぐに迎えに行きました。

我が家に連れてきて、娘が帰宅する6時ごろまで預かりましたが
連れ帰ってすぐにまた電話が鳴り
足に発疹が見られるがどうなんだろう・・・と。

お盆前に息子の子供が発祥したので、手足口病かもしれないと返事をしたのですが
病院に連れて行くと、予感が当たってしまいました。

娘は明日も困るだろうけど
明日は息子の子供を預かる約束をしています。
双方の子供たちを預かって、接触させるわけにはいきません。
娘宅では今頃夫婦で相談をしているでしょうか。

お地蔵さまにお祈りしましょう。
オンカカカビサンマエイソワカ








[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-21 22:05 | 絵手紙 | Comments(4)

お盆休暇の終わり

f0202151_20155805.jpg
お盆休みの終わった3男が、彼の勤務地へ帰って、淋しくなりました。
こういう気持ちを味わうたびに、母のことが思い出され
母には、何度こういう思いをさせてしまったかと
申し訳ない気持ちになります。

そう言う時いつも、「愛燦燦」の歌詞が浮かんできます。
いろんなことがあって、人生が深まっていくんですね。

さて今日はもうひとつのお別れ。
大河ドラマで好きだった、高橋一生君の出番が終わってしまいました。
能面を意識したという、彼の演技が好きでした。
でも最後は怖かったですね~~~

絵手紙は、孫の一歳半検診が終わって
何も異常がなかったと報告してきた娘に送りました。
鼻水が出るの熱が出たのと、何かにつけて電話してくるので
こうして形にして褒めてあげると
これからも頑張れるのかなと思います。




[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-20 20:33 | 絵手紙 | Comments(4)

異常気象

f0202151_17005323.jpg
昨日のお天気は、朝、雷雨。昼、カーっと照り付けるお天気、夕方からまた雨で
夜も更けてくると雷が激しくなりました。

私たちが住んでいるところは以前、雷の通り道と言われていたそうです。
それが中央道を通すために山を削ってしまったら
雷の回数が減ったそうです。
ずっとこの土地に住み続けている人から聞いたお話です。

その程度のことで、この土地の気象に変化が出てくるのですから
地球規模であちこちをいじくれば
世界の気象に変化が生じるのも当然かもしれない
そんなことを考えていたら
中央道でがけ崩れが起きて
車が4台遭遇したというニュースが流れました。

今日は、早朝からヘリコプターの音が聞こえていました。
早く復旧するといいですね。



[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-19 17:21 | 絵手紙 | Comments(2)

トマト

f0202151_17135235.jpg
この前田舎へ行った時、あちこちからトマトをたくさんいただきました。
完熟したものをいただくので、帰宅した翌日にはかなりの数が柔らかくなっています。
柔らかくなったものから煮て、冷凍しようかと思っていたら
友達がレシピを教えてくれました。

くし形に切ってから油でいため
つゆの素で味付けしたら卵でとじるというもの。

早速やってみたら、トマト好きの夫に大好評で
最後のつゆも飲み干してしまいます。

この夏の我が家の定番になりました。

[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-18 17:24 | 絵手紙 | Comments(2)