一年間ありがとうございました

f0202151_20423411.jpg

鏡の前で作り笑いでいいから、にっこりすると
それを見て脳が「今日はいい日だな、機嫌がいいんだな」
と錯覚してくれるのだそうです。

それなら小さな喜びを、大きく喜ぶと
もっと大きな喜びにつながるのではないでしょうか。

私の、今日の嬉しかったことは
白菜の漬物がとっても上手に漬かって
お昼ご飯はその白菜の漬物と、うどんと
志摩に出かけたとき買ってきたイワシの丸干しで
とっても美味しく食べられた!!

買い物に行った時
カーラジオから流れてきたのは
あの懐かしい「ジンジロゲ」で
夫と大きな声で歌った。

そんな幸せでいい。
来年も続きますように。

明日は更新できるかどうかわかりませんので
今日皆様にご挨拶いたします。

一年間ありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします。


飛騨のさるぼぼで、本年最後の更新です。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-30 20:56 | 絵手紙 | Comments(2)

一日頑張りました

f0202151_22444753.jpg

明日は今年最後のごみの日なので
午前中は庭の掃除をしてごみをまとめたり
午後は息子が帰宅したり、娘が孫を連れて泊りに来たり
孫をお風呂に入れるのに大騒ぎしたり
ちょっと大忙しの一日でした。
今年も残すところあと二日・・・頑張りましょう!!

友達にいただいた、アクリル毛糸のたわしを描いてみました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-29 22:52 | 絵手紙 | Comments(2)

本の大きさ

f0202151_14354889.jpg

掃除の合間の一服です・・・って、この一服が長いんですよね。

私の、絵手紙関係の本ばかり置いてある棚は
時々見ては適当に返すので、とてもランダムです。
大きさをそろえて並べ替えようとしましたら
実に本の大きさがまちまちなんです。
上下も前後もデコボコになるので
統一されてると整然と並ぶのにね。

孫に読んでやる絵本も、右から開いたり
左から開いたりするのはどうしてかしら?

昨日に引き続いて「なんで?」でした。

絵手紙のクマちゃんは、タオル筆で描きました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-28 14:44 | 絵手紙 | Comments(6)

どうなってるの?

f0202151_20282174.jpg

留守をしている間に郵便物が届いて、不在連絡票が入っていました。2枚も。
一枚は郵便物、もう一枚はゆうパックでしたが
どちらも「JP郵便局」のマークが入っています。

再配達の時間を両方同じに指定すれば
ふたつ同時に持ってきてくれるだろうと
電話の自動受付で入力しました。

ところが双方の配達希望時間帯が微妙に違っているんですね。
それで両方に共通の時間帯がある番号をチョイスしました。

結局30分ほどずれて別々の方が配達してくださいました。
なんか面白いシステムですね。
f0202151_20403923.jpg

むっかし彫ったハンコを取り出して押してみました。
ハンコは2種類で、交互に押しています。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-27 20:45 | 絵手紙 | Comments(2)

あれから一か月

f0202151_15253771.jpg

正確に絵を描くのは苦手なので、これも比率があってないと思いますが
何の絵かわかりますでしょうか?
これを立てて、左のエリンギみたいなところを握って
三角のあたりに肘を当てて使うようです。
正式な名前はなんていうんでしょう・・・
歩行の補助具?

実は11月24日、出かけた先で正座の姿勢から立ち上がろうとしたとき
左の膝が「ボキッ!」って音がしたんです。
隣の人に聞こえたかなと思うくらいでしたが
それは聞こえなかったそうです。

痛みはあったんですけど、なんとか夫の車で家に戻って
玄関にあがったら、もうそこから動けなくなりました。
夫に抱えられるようにして、居間のこたつに入ったっきり
朝までそのまま過ごしました。
食事をするとトイレに行きたくなると思って、食事もしませんでした。
幸い、立ち上がれないけれど、じっとしていれば痛みはありませんでした。

左足に体重をかけることができなくて
夫が「思い切って左足をついて、その時右足をサッと出したら?」と言いますけど
そんなことは全く不可能でした。

25日整形外科へ行って、レントゲンを撮った結果
「変形性関節症」だと言われました。
26日から夫と出かける予定があって、宿も予約してあったので
神経ブロック注射を打ってもらって「出かけることができますか」と聞いたら
「未来のことなんか誰にもわかりません、明日の朝自分で決めてください」という返事。
f0202151_15481592.jpg

看護師さんが気を使って「出かけるのなら、痛み止めをもらっていってください」と
先生に頼んでくださいました。

病院から帰宅して、また夫が出かけたと思ったら
上の絵に描いたステッキを買ってきてくれました。
夫の友達に会う約束でしたから、夫は気が気じゃなかったんでしょうね。

さて、翌26日、恐る恐る歩いたらあまり痛みもなく歩くことができました。
27日も私はGちゃんに会って、その後夫の友達との食事会でも
誰にも不審がられることなく過ごしてきました。

今はあまり激しい行動は自制して、そろそろと動いていますが普通の生活をしています。
あの立ち上がれないほどの痛みは何だったんでしょうね。
この絵のステッキも一度も使うことなく
部屋の片隅に、所在なく立てかけられています。
痛み止めも一錠も飲んでいません。

あれから一か月たちました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-26 16:18 | 絵手紙 | Comments(4)

石見銀山のことなど

f0202151_2027516.jpg

11月、中国地方を旅行した時に石見銀山にも行きました。
ここで「一分銀飴」を買ってきたんです。
試食させてもらったらおいしかったし
平たいので、数粒ずつ封筒に入れて送るのにいいなと思ったのです。
以後、小袋に入れなおして封書を送る人に届けていました。
最後に送ったのはクリスマスカードと一緒に
会社に勤めていたころお世話になった方に送りました。
f0202151_20354542.jpg

受け取るとすぐに電話がかかってきて「石見銀山に行ったの?」「ご主人と二人で?」
などと話したあと「うらやましい」とぽつんと言われたのです。

その方は二人の息子さんが中学生の時、ご主人を亡くされました。
二人の息子さんも、そのお嫁さんも共に親孝行で
今、とても幸せに暮らしておいでなのだと思っていました。
私もことあるごとに好物を届けたり、絵手紙は月に一度は送るように心がけていますし
旅行にお連れしたこともあります。
でも、どんなに周囲の人が優しく接しても
ご主人を亡くされた悲しみは癒えることはないのだと、今更ながら気づかされました。
f0202151_20434441.jpg

絵手紙が届くと、電話をくださるのですが、そのたびに
「だんなさんを大切にしなさいよ。たまにはめんどくさいと思ったりするけれど
亡くなると、こんなに寂しいことはない」と、くどいほどおっしゃいます。

夫婦ともにこうして暮らさせていただいていることを
感謝しなければいけませんね。
f0202151_2051547.jpg

さて、銀山ですが、駐車場からしばらくはこんな家並みが続きます。
f0202151_20545813.jpg

最近は若い人が移住して、おしゃれなお店が多いと聞いていましたから楽しみにして行きました。
銀山だけに、銀製品を扱うお店が多いように思いました。
f0202151_20575560.jpg

夫が山繭で作られたストールを買ったので、うらやましがったら
私にはこんなストールを買ってくれました。(使いこなせるかなぁ・・)
夫も早速首にねじねじと巻くので「中尾彬みたいね」と私が言ったら
「中尾彬より、俺のほうがいい男だ」と言うので、笑いが止まりませんでした。
f0202151_21515625.jpg

五百羅漢を見学した後は(羅漢さんはとてもユーモラスでしたが、撮影は禁止でした)
いよいよ、坑道の跡へと向かいます。
f0202151_21542055.jpg

ずっと緩い登り坂が続きます。
f0202151_21551945.jpg

そこへ行くには、徒歩か自転車か、上のような乗り物でしか行くことができません。
夫は自転車を主張しましたが、私はもう長いこと自転車に乗っていないし
何かの時ポンと飛び降りたら、膝に来る衝撃が半端でないような気がして
徒歩で行くことにしました。
自転車で行くのは、ほとんど若い方でした。
体力がないと、ずっと坂道をペダルをこいで登るのは無理のように思います。
f0202151_22301629.jpg

猫が道連れになってくれました。
f0202151_21594452.jpg

こんな間歩などを見ながら、私のペースに合わせてもらって40分ほど歩いて
f0202151_2214113.jpg

入り口に到着しました。
f0202151_223110.jpg

こんな感じのところを歩きます。
今は明かりがついていますが、昔はサザエの貝殻に油を入れて照明にしていたそうです。
f0202151_2244745.jpg

横に何本も坑道が掘られています。

ここに行ったのは1週間の旅行の最後の方でしたので
私はすっかり疲れてしまいました。
f0202151_22185594.jpg

程よいところに喫茶店があって、甘い柚子茶で体力を回復して残りを歩きました。
f0202151_22235353.jpg

この辺のお家の屋根は、こんな飾りが特徴なんだそうです。
大黒さんのお顔かな?わかりますか?
f0202151_22244318.jpg

塀の端っこにも鶴の柄があります。
f0202151_22261178.jpg

これは世界遺産の認定書です。

楽しかったけれど、こんなに歩くところにはもう行けないような気がします。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-25 22:38 | お出かけ | Comments(4)

ラッピングなど

f0202151_2136693.jpg

昨日の投稿とは違って、今日は嬉しい絵手紙です。

これは出産祝いに添付したものです。
女の子なので、娘の七五三の時、神社からいただいた姫ダルマを描きました。
仕上がりを見ると、文章もイマイチだし絵もちょっと地味なので
若い夫婦には(赤ちゃんが生まれるんだもの若いですね)
喜ばれないかなぁと思いましたが、このまま届けてしまいました。
f0202151_21402399.jpg

これは妹が生まれて、お兄ちゃんになった4歳の男の子へ
プチプレゼントに添えて渡しました。
文章は全部ひらがなで書こうと思ったのに
つい、一文字漢字を書いてしまいました。
f0202151_21425495.jpg

これはお嫁ちゃんの実家へ、お年賀のお酒のラッピングです。
正面だけでなく、横にも絵があってもよかったかなぁと
あとから思いました。

こういうものは描いていてとても楽しいです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-24 21:49 | 絵手紙 | Comments(4)

喪中見舞い

f0202151_17191446.jpg

数日前、いとこから電話があって
「母(私には伯母)の部屋を掃除していたら
こんな句を書いた紙があった。読みあげるからメモして」と。

忘れぬうちにと、上の葉書に書きなおしました。
茂(しげる)とは私の父の名前で
生前、長姉からひどい仕打ちを受けたことがありました。
二番目の姉である伯母が、父が亡くなってのち
それらのことを思い出しながら詠んだ句ではないかと思います。

私にはこの句の父の名前を弟の名前に置き換えて詠めば
そのまま私の気持ちにも通じて、感慨深い句です。

ところで今年は年賀状がサクサクと進んで、
受付が始まってすぐに投かんすることができました。
ゆとりができたのでさらに「喪中見舞い」も書いて投かんしました。

これまで喪中の方には、寒中見舞いを送るように心がけていましたが
私自身が喪中の時、喪中見舞いをいただいて、これもいいかなと思いました。

今年、喪中はがきが届いたのは夫に来たものと合わせて20枚。
なかにはKさんのように3人を見送られた方や
夫婦双方の親戚の方が亡くなられた方もあります。
私と年の近い方だったりすると胸が詰まりますが
最も悲しいお知らせは、お孫さんが亡くなられたという内容でした。
お見舞い状のコメントも、どう書いてよいのやら・・・・
「言葉もありません」と書くのが精一杯でした。
どう書けばいいのでしょうね。

昨日の糸魚川市の火事のように
思いもかけなかったことが起こることがあります。
こうして何事もなく暮らさせてもらっていることを
感謝して、感謝して、過ごさなければいけませんね。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-23 18:59 | 絵手紙 | Comments(5)

伊勢

f0202151_15592062.jpg

私の住んでいるところからは結構近いような感じですが
伊勢神宮に行ったのは2回目です。

この鳥居の前で一礼して、左足から踏み込むそうです。
右側通行で、真ん中は神様がお歩きになるところなので通ってはいけません。
f0202151_1621444.jpg

橋を渡りながら振り返ったところです。
f0202151_163743.jpg

五十鈴川の水で、手を清めました。
f0202151_164772.jpg

木々を見上げながら歩いて、結構参道が長く感じました。
(今、足を痛めてるからかな?)
f0202151_1655155.jpg

ここで、参拝します。
f0202151_1662737.jpg

大きな木に両手を当てて、熱心に何かを念じている人がいました。
その気持ちわかります。emoticon-0144-nod.gif
f0202151_1692671.jpg

着物の女性がいました。
帯がかわいいですねぇ~
あ、縮尺を間違えた!!emoticon-0107-sweating.gif
f0202151_16111060.jpg

参拝が終わったらお楽しみ、おかげ横丁です。
f0202151_1612616.jpg

おかげ横丁と言えば招き猫
f0202151_1612412.jpg

お昼寝中の猫もいました。
あ、周囲が写り込んでいないので大きさがわかりませんね。
かなり大きかったです。
f0202151_16131475.jpg

お店をひやかして歩いた後は、赤福餅で一服。
一人前2個で210円、お茶付きで出てきます。
f0202151_16143060.jpg

ここのお店です。
お店は一方通行だし、赤福餅だけなので
行列ができていても、効率がいいです。
f0202151_16171216.jpg

あ、伊勢うどんは参拝の前に食べたのでした。
おなかがすいてちゃ、参道の砂利を踏みしめて歩けませんからね。emoticon-0140-rofl.gif
f0202151_1619467.jpg

楽しい伊勢神宮参拝でした。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-21 16:31 | お出かけ | Comments(2)

志摩

f0202151_2235231.jpg

ホテルは志摩でした。
ホテルの窓から見た、朝日です。
f0202151_2237076.jpg

志摩ではこの前サミットが行われた場所を見たいなと思いました。
f0202151_22385597.jpg

宿泊したわけではないので、恐る恐る志摩観光ホテルで聞いてみると
庭園の中を自由に散策してもいいとのこと。
f0202151_22472387.jpg

広い庭園の中にはこんな橋があったり
f0202151_22482144.jpg

金毘羅様を祀ってあったり
f0202151_2250212.jpg

ヨットハーバーもありました。
f0202151_2254345.jpg

次は横山展望台に行って
f0202151_22554762.jpg

こんな道を登っていくと
f0202151_22563622.jpg

この景色に出会えます。
f0202151_2257139.jpg

こんなに入り組んでいるとは想像していませんでした。
f0202151_22584546.jpg

きれいな風景を満喫してきました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-20 23:00 | お出かけ | Comments(0)