大内宿

f0202151_20131639.jpg

また、東北旅行のお話に戻ります。
タイムスリップしたような、大内宿にはぜひ行ってみたいと思っていました。
f0202151_20145811.jpg

ちょんまげや日本髪の人が、旅姿で歩いていそうです。
f0202151_20174317.jpg

この風景を上のほうから見てみたくて、石段を登りました。
急なうえに、狭くてすれ違いができそうにないので
誰も降りてこないのを確かめてから一気に登りました。
見たい一心です041.gif
f0202151_20204377.jpg

壮観でした。
f0202151_20212826.jpg

ちょっと立ち位置を変えて。
f0202151_20221211.jpg

ここで食べてみたいものと言えば・・・・・・・
f0202151_20225451.jpg

これです!
ネギ一本蕎麦。
f0202151_20235255.jpg

昔のお宿を利用したお店の中はこんな感じでした。

お味ですか・・・・やはりネギ一本では食べにくいので
お箸を使いました。
普通においしかったです・・・って、言い方がおかしいかな?
このネギで食べるっていうところに反応しましたのでね。

お土産もいろいろ買いましたが
その中の一つが絵手紙に描いた人形です。
「白いさるぼぼがいる!」と思ったら、うさぎでした。
色違いもたくさんありましたが、ウサギなので白をチョイスしました。




f0202151_2029511.jpg

さて11月も今日で終わりなので、年賀状のピッチを上げたいのですが
酉をたくさん描いていたら、だんだんデフォルメされて
それならもっとデフォルメしよう、色も思い切り派手にしよう
ここに和紙を貼ろうか、ゼンタングルを入れても面白いな
エンボス加工してもいいかもしれない
などと、想像ばかりが膨らんで、なかなかはかどりません。
手作りにこだわりたいので、消しゴムハンコを彫って
一枚ずつペタペタに変更しました。

孫が風邪で保育園を休んだから預かって~~
という依頼が来たりすると、そこでストップするので
頑張らなくちゃね066.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-30 20:41 | お出かけ | Comments(5)

兵庫県へお出かけ

f0202151_11322375.jpg

昨日は夫の高校時代の集まりがあり
私にも是非一緒にと声をかけてくださったので同行いたしました。
集合時間は正午ということでしたので
それまでの時間「guuchanに会いた~~い!」と
無理に私の予定に合わせていただいて、お出まし願いました。
guuchan、ありがとうございました。
おかげで楽しかったですよ~~~!!

後ろ髪をひかれながら、彼女とお別れして
電車のホームへ上がると、そこに夫のお友達がおいでになり
二人はたちまち、学生時代に戻った会話が始まります。
「これは、私に入る余地があるだろうか」と心配でしたが
食事会が始まると
Aさん「俺、あの時お前のラブレター、代筆したってんぞ!」
Bさん「おまえの文章が下手やさかい、彼女こうへんかったで」
などという会話が飛び交い、終始和やかな集いでした。

おかげさまで、一日楽しく過ごさせていただきました。
感謝です。

絵手紙は、友達の置物を見せてもらって描きました。
この言葉を添えてみたかったのですけど
年賀状にはならないし、誰に送るの~~~?041.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-28 12:33 | お出かけ | Comments(6)

お土産を準備しました

f0202151_19571451.jpg

23日は名古屋へ買い物に出かけました。
5件ほどのお店を回ってクタクタになりました。
街中を歩くのはくたびれますね。

買ってきたものの一つは、カレンダー用紙です。
左側のモチーフは、でこ屋敷のお雛様。
右のものは金沢で買った、鯛の張り子です。
f0202151_19592893.jpg

上に乗せたものが見にくいですね。
お土産のラッピングです。

それぞれの方に合わせて、言葉も載せました。
f0202151_2002180.jpg

これもカレンダーで、どちらも絵はタオル筆で描きました。
コンクールに出品したのよりうまく描けたかも???
何も規制がなくて、のびのび描くほうが楽しいかな?
左が、高山の文二郎はりこ、
右はいいネットで京都へ行った時伏見で買いました。
f0202151_2031719.jpg

これもお土産のラッピングです。
申年が終わりに近づいたので
お猿さんを登場させました。
どちらも美濃の民芸品です。

明日から夫の同窓会に同行しますので
また更新はお休みいたします。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-25 20:11 | 絵手紙 | Comments(6)

行きたかった、でこ屋敷

f0202151_21471986.jpg

福島県でほかに行ったところは、白河小峰城です。
f0202151_21591089.jpg

3層のかわいらしいお城でした。
f0202151_2214683.jpg

震災で石垣が大きく崩れてしまって、補修していましたので
ほ~んの気持ちだけの金額を寄付させていただきました。
f0202151_2232244.jpg

ここの石垣の積み方は、なんか円を描くようで楽しいんですよ。
f0202151_22245360.jpg

f0202151_2242356.jpg

次の目的地に向かう途中、こんな風景に出会いました。
稲を干しているんだと思いますが
こんなやり方を見たのは初めてでした。
f0202151_2253633.jpg

ここは唯一、一か所だけ私が行きたいと希望したところです。

計画を立てる段階で「どこに行きたい?」と夫が聞いてくれるのですが
私の希望を言うと、夫がまた必死で工程を練り直すのです。
なので、どうしてもここは行きたいという場所を希望しました。
f0202151_229135.jpg

それはでこ屋敷です。
絵手紙のモデルに、三春人形が欲しくてほしくて・・・・
f0202151_2211127.jpg

うぅ~~このトラも欲しかった!
でも値段的に手も足も出ません。
・・・ていうより、私があこがれていた人形も結構なお値段です。
「断捨離なのに・・・」「たかが趣味のために・・」
「でもせっかくここまで来たのに・・・」と
忙しく言葉が頭の中を駆け巡ります。
f0202151_22153476.jpg

結局憧れていたものよりランクを落として買ったら
夫がひな人形を買ってプレゼントしてくれました。
このたびタオル筆コンクールには、このひな人形を描いて
それにちなんだ言葉を描き入れました。
入賞するといいなぁ~~
f0202151_22181519.jpg

人形屋さんは何軒かあって
その家によって少しずつ形が違います。
上の絵手紙の猫も、三春人形です。
いろんな表情に絵付けしてあって選ぶのに迷いました。
お店の画像も、先方からどうぞ写してくださいと言って下さいました。
f0202151_22223158.jpg

さて次は「二本松城」です。
f0202151_22245360.jpg

名前も聞いたことのないお城でしたが
行ってみると、とてもきれいなお城で感動しました。
f0202151_22301088.jpg

ちょうど菊花展をやっていて、このアーチも菊なんですよ。
咲いたら見事でしょうね。
f0202151_22293121.jpg

大きな音声で音楽が流れていて
聞くと懐かしい「東京の空 灰色の空・・」という歌詞なんですよ。
高村千恵子の生家が近いと知って行ってみました。
中に入ることもできますが、外から見ただけです。
毎日こんな感じで観光するので
一か所を時間をかけて見ていられないんです。
食事の時間すら惜しんで、車中でコンビニのおにぎりを食べながら
次の目的地に進むことも珍しくありませんでした。
f0202151_2236349.jpg

f0202151_2236261.jpg

f0202151_22364521.jpg

[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-23 22:41 | お出かけ | Comments(0)

ならぬことはならぬものです

f0202151_22213466.jpg

10月12日に旅行した福島県でまた地震が起きました。
現地の皆様にお見舞い申し上げます。

福島県では会津若松市に行きましたが
市内に入ると、ある看板が目に入って
会津若松に来たんだなぁと実感しました。
その看板にはこう書いてあったのです。
「九条変えてはなりませぬ」と。
什の掟「ならぬことはならぬものです」
という言葉をもじってあるのですね。
今日は「地震来てはなりませぬ」と言いたい気持ちです。
f0202151_2230767.jpg

鶴ヶ城は立派に修復してありました。
f0202151_22312676.jpg

天守閣の入り口にはこんな見事な石を渡してありました。
威厳を示すためでしょうね。
f0202151_22332893.jpg

天守の入り口の近くには、大量の塩を保管してあって
(これは展示用ですが)
籠城に備えようとすると、こんなに必要なんだと
改めてその備えの大変さを思いました。
f0202151_22354892.jpg

石垣にこのような「武者走り」という階段がありました。
私はここで初めて目にしましたが
その後萩城にも同じものがあるのを見ました。
またご報告いたしますね。
f0202151_22434876.jpg

これは八重さんの銅像です。
見学しながら浮かんでくるのは
綾瀬はるかさんの顔ばかりでしたけど003.gif
f0202151_22455983.jpg

街に出ると「野口英世青春通り」だったかな?
情緒ある通りがありました。
f0202151_22472978.jpg

蔵を改造したお店がたくさんあって
f0202151_2248899.jpg

私たちもその中の1件で昼食をとりました。
ハヤシライスがおいしいですと言われて
久々にハヤシライスを食べましたが、言葉どおりおいしかったです。
添えられているミニトマトが、これまた美味で
トマトのシーズンでもないのに、探し求めて
会津産のミニトマトを買いましたが
これは生産者とか、品名を聞いて買わないとだめですね。
f0202151_22535035.jpg

ほかにも、さざえ堂などにも行きたかったのですが
夫の計画ではお城がメインですから
今回はスルーされてしまいました。
f0202151_22561048.jpg

百名城巡りを終えて、まだ健康でいられたら
また行ってみたい街です。

絵手紙は会津の民芸品です。
会津の方は家族の人数より一つ多く飾って
家の繁栄を願うのだそうです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-22 23:02 | お出かけ | Comments(6)

柳井

f0202151_22234413.jpg

今夜の「鶴瓶の家族に乾杯」は山口県柳井市でした。
11月1日に訪れたばかりなので
「あ、ここに行ったね」「この道も歩いたね」と
夫婦で盛り上がりました。
f0202151_22273241.jpg

白壁の町の両側の軒先には、金魚提灯がずらりとぶら下がっています。
大きなものは、収納に困るので
小さなものを購入して、モデルになってもらいました。
割りばしで描いています。
f0202151_22333124.jpg

町並みはとてもきれいで、ハイテンションで歩きましたよ。
f0202151_22364230.jpg

所々にこんな看板があって笑ってしまいました。
f0202151_22381680.jpg

柳井の地名の由来になった、柳と井戸だそうです。
f0202151_2241372.jpg

f0202151_22412714.jpg

f0202151_2241521.jpg

f0202151_2244774.jpg

足元のマンホールにも金魚がいっぱいでした。
f0202151_2250363.jpg

地元のお醤油屋さんで、お醤油を買ってきました。
封を開けるのが楽しみです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-21 22:51 | お出かけ | Comments(6)

タオル筆作品、描き終えました

f0202151_1625330.jpg

仕上がりの出来不出来はともかく
コンクールに出品するタオル筆の絵が仕上がりました。
f0202151_1674254.jpg

文字もタオル筆で書くというのが難しくて
いろんなタオル筆を作っては試し
試してはまた作り・・・・を何度やったことでしょう。

↑の絵は、今、本の出版で大活躍中の
きゅうママさんのところに送ったものです。
テーマが「家、家庭、家族」だったかな・・・
これなら家と家族のふたつがクリアできると思ったものの
送る直前に文章を読み直して愕然としました。
「なので」という言葉が二つ入っています。
どちらかを「だから」などにすればよかったと思いましたが
タイムアウトで、このまま送ってしまいました。

描いたものは、夫の茶碗です。

タオル筆の作品は、ちょっとゆとりをもって仕上げることができましたが
万一不具合が見つかっても、書き直す気持ちのゆとりがありません。

今は、机の周りをきれいに片づけて
年賀状のハンコをペタンペタンとやっています。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-20 16:22 | 絵手紙 | Comments(2)

気ばかりが焦ります

f0202151_18495573.jpg

年賀状も気になるし、やりたいことがいっぱいあって
時間がとても足りません。

これは病気のお友達に送る絵手紙です。
f0202151_18523045.jpg

折りたたんで表紙をつけたところと
モデルになってくれた猫さんです。

こういうお手紙は待ったなしですものね。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-19 18:55 | 絵手紙 | Comments(4)

まぁ~奇縁ですねぇ~~

f0202151_1415362.jpg

萩では、当然ながら萩焼のお店がたくさんありました。
当地に住んでいると、一番目にするのは美濃焼で
織部など色の付いたものや、絵付けされた陶器もいろいろあります。
それから見ると絵付けをしない萩焼は、とても静かな印象でした。
記念にと小鉢を二つ買ってきましたが
野菜の緑も映えるし、佃煮などを盛ってもさまになるし
お鍋の時、とんすいとしても使えて重宝しそうです。

さて、萩では「女台場」という民宿に泊まりました。
f0202151_14343416.jpg

ここが女台場の跡ですが、すぐ近くにある民宿です。
そこのおかみさんが、宿帳で私たちの住所を見ながら
「この住所のところに姪が住んでいる」とおっしゃるのです。
聞いてみれば、水彩画を一緒に習っていた友達ではありませんか。
すぐに電話をしてくださって、話が盛り上がりました。

泊り客も、もう二組が愛知県からの方で
食事しながらお話が弾みました。
f0202151_14423232.jpg

萩で見た場所で一番感動したのは「松下村塾」です。
当時の建物が残っていて、ここから歴史が動いたんですね。
その場所に立てたことがすごいです。
f0202151_14481171.jpg

城下町と言えば、道が枡形になっているものと思っていましたが
萩の道はまっすぐでした。
石垣も当時のものが多く残っていて、散策するのが楽しい町でした。
f0202151_1453165.jpg

場所は違うのですが。もう一つ奇縁のお話です。
蒜山ではいつも国民休暇村の温泉に行くのですが
そこで出会った男性が、
背中にSHINJOUと書かれた洋服を着ておいでなので
新庄村の方ですか?と聞いてみました。
「そうです」とおっしゃったので、
この夏新庄村へ行ったことなどを話しました。→こちら
相手の方が「どちらから?」と聞かれたので
今愛知県に住んでいるけれど、帰省していることを話すと
「うちの嫁は、名古屋の出身です!」とおっしゃって
またまたここでも偶然のお話に盛り上がりました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-17 15:11 | お出かけ | Comments(2)

鴛鴦呈祥(えんおうていしょう)

f0202151_2017042.jpg

2週間家を空けると、出かける前もいろいろな段取りで忙しく
帰宅してからもやるべきことや、やりたいことがいっぱいです。

そんなわけで画像の整理がはかどっていません。
あまりたくさんのところに行ったので、画像を見ても
すぐにどの場所か思い出せないっていうこともあります。

今日は鳥取県日野郡日野町根雨の、オシドリの画像を見てください。
f0202151_20273864.jpg

お盆にこの町の「たたらや」というお店におそばを食べに行ったのですが
その時、冬になればここを流れる日野川に
たくさんのオシドリが飛来することを知って
ぜひそれを見たいと思いました。→こちら

詳しいことを何も調べないで、午後2時ごろにオシドリ観察小屋に行きました。
そしたらオシドリたちはみんな山に遊びに行ってて、川にはほとんどいませんと
ボランティアの方が、本当に気の毒そうに言われるのです。

それを聞くまで、水鳥は一日水の中にいるものだと思っていましたので
とてもびっくりしました。
観察小屋の近くには、朝7時ごろと、夕方4時ごろに餌を食べに来るそうです。
f0202151_20424989.jpg

ならば待ちましょうと、コーヒーを飲みに行ったり
車の中で本を読んだりして、時間を過ごしました。

4時ごろ見に行くと、いるいる!!その数と美しさに感動しました。
タイトルの「鴛鴦呈祥」とは
オシドリが、喜びや、めでたいこと、幸いをかもし出すという意味だそうです。
このBlogを見てくださった皆様に良いことがありますように。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-11-16 20:52 | お出かけ | Comments(4)