<   2016年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

旅は歌とともに

f0202151_1561780.jpg

♪ちんちらかんちら♪の話は先日書きましたが
旅行に行くと必ず歌が出てきますね。
↑上の画像は??行きのフェリーから見た竜飛岬です。
♪ごらんあれが竜飛岬北のはずれと~♪
と、歌っていましたね。
f0202151_1515359.jpg

江差では ♪えさし こいしや~~ニシン場こいし~~♪
こまどり姉妹です・・・誰がわかるというの??・・・
f0202151_1519192.jpg

函館はさぶちゃん ♪は~るばる来たぜ函館~~ぇ♪
f0202151_15363452.jpg

摩周湖では布施明の顔が浮かび。
f0202151_1641929.jpg

小樽では、東京ロマンチカ

登別の近くを通れば♪ババンババンバンバン♪とドリフターズになり、
苫小牧で「よいとまけ」というお菓子を頂いたら美輪明宏が浮かび
ダケカンバを見れば♪樺の木のほの白き♪

・・・ですけど、みんな歌が古いなぁ~~~
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-31 15:43 | お出かけ | Comments(2)

風景印

f0202151_14291752.jpg

今回は滞在が12日だったので
風景印はかなり集まりました。
土日が4日含まれましたから
その日はポストに投かんしました。
f0202151_14311457.jpg

寄った郵便局では、ほとんど風景印がありましたが
一局だけ「うちにはないんですよ~」と言われました。
「この近辺ではどこにありますか」とお尋ねすると
そのとき3人おいでになられた局員さんが、サササ~~っと動かれて
風景印のある郵便局の一覧表をくださいました。
時間的にそれを回るのは不可能だったのですが
嬉しかったですね。
f0202151_14342979.jpg

押していただいて「これは何の図案ですか」とお聞きすると
特産物や、近場の観光地の案内もしていただけました。
f0202151_14375528.jpg

申し訳ないのは、今回は切手も葉書も準備して行ったので
風景印を押してもらうだけで郵便局を出てきたのですが
どの郵便局でも「ありがとうございました」と言って下さるんですね。
中には↑の絵ハガキのセットや、ティッシュをくださるところもありました。
f0202151_14432972.jpg

唯一買い物をしたのは、このフォルムカードの発売日でした。
以前の旅行では、葉書を買って「そのはがきに風景印を押してください」
と、言っていましたが、外で待っている夫が早く次の目的地に行けるように
時間短縮を狙ったのですが
郵便局の人にはなんだか申し訳ないことをしました。
f0202151_1449428.jpg

今回特筆すべきは、この最東端の郵便局ですね。
どんなところにも人が住み、その営みがあって
郵便局があり、集配をしてくださっている。
ありがたいことです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-31 14:54 | お出かけ | Comments(0)

北海道は蕗がいっぱい!

f0202151_1423738.jpg

北海道へ着いたのは夜でしたから
一晩泊って翌日、苫小牧から昭和新山へ向かいました。
その時、道路の両側に蕗がたくさん見えるのです。
どこへ行っても蕗が無くなることはなく
とうとう、あるお店で聞きました「食べないんですか?」と。
春先に採収して漬物などにしておけば、冬などに重宝しそうじゃないですか。
実際私の田舎では(岡山県 蒜山)では、そうしていました。
f0202151_14475.jpg

「食べますよ」という返事でしたが、春先の河原に生えているものがいいそうです。
上の写真は神の子池ですから、山の中
下は霧多布で海岸べり。
どちらも一面に生えています。
ということは北海道民が総出で採ったとしても、採りきれませんね。
f0202151_1492619.jpg

葉っぱの大きさもこんな感じですから、茎もとても太いです。
それなのにさらに度肝を抜かれるものがありました。
f0202151_14113811.jpg

ラワン蕗と呼ばれる、高さが3メートルになるものがあるというのです。
茎の直径も10センチくらいあるそうで
オンネトーのほとりの喫茶店のご主人が試食させてくださいましたが
おいしかったです~~~~043.gif
写真を撮るのに比べるものがないと大きさがわからないので
夫婦で交代でモデルになりましたが
ここではパンフレットの写真を引用させていただきます。
f0202151_14184191.jpg

[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-31 14:21 | お出かけ | Comments(0)

ノーザンホースパークから支笏湖

f0202151_12132846.jpg

苫小牧のノーザンホースパークへ行きました。
この牛は行く途中の牧場で写したものです。
ホルスタインを見る度「まだらの模様は全部違うのかなぁ」
という疑問を抱くのですが、違うみたいですよね。
f0202151_1218737.jpg

ノーザンホースパークは、いろんな馬がいっぱいです。
f0202151_12185380.jpg

障害物を軽々と飛び越えて「カッコい~い!」
思わず拍手しました。
f0202151_1220057.jpg

馬だけでなく、こんな自転車も借りることができて楽しそうです。
カルガモ自転車というそうで、見た目の楽しさとは裏腹に
こぐのは大変らしいですが、気の合うお友達などと行ったら
テンションが上がりそうですね。
f0202151_12241493.jpg

私たちはこの馬車に乗りました。
f0202151_122515.jpg

ずっと奥まで歩いていくと、競走馬を育てている牧場があります。
馬車に同乗された方が競馬に詳しい方で、いろいろ話してくださいました。
今度、競馬の中継も見てみようと思います。
f0202151_12483940.jpg

さて次は、ウトナイ湖で絵手紙交流の方と待ち合わせです。

札幌でも、おひとりお会いしたい方がおいででしたが
夫との兼ね合い、知らない土地で、どこで待ち合わせをすればよいのやら
場所を決めたところで、うまく待ち合わせ時間に行けるのか・・など
沢山の課題があって、このたびは断念いたしました。
苫小牧は最終地で、ここで帰りの船に乗る場所なので
待ち合わせがしやすかったのです。
ウトナイ湖の道の駅でお会いして、その方の車に乗り換えて
支笏湖などを案内していただきました。
f0202151_12542267.jpg

あいにくの雨模様でしたが、面白く
f0202151_12551352.jpg

この橋の上から見る
f0202151_12561690.jpg

湖に流れ込む川の水の美しかったこと!

あとは話が弾んで、画像を写したのはここまででおしまいです。
f0202151_12573997.jpg

f0202151_12575518.jpg

f0202151_1259277.jpg

f0202151_1303268.jpg

f0202151_1304817.jpg

ウトナイ湖で見かけた、可愛い人形を見ていただきながら
一応観光した場所の報告は終わります。

見てくださった方、ありがとうございました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-31 13:07 | お出かけ | Comments(2)

札幌 翌日

f0202151_22322625.jpg

札幌ではこの後、商店街大好きの夫は狸小路に行ったり
夕食もそこでとりました。
f0202151_22335386.jpg

翌朝、北海道庁を見学し
f0202151_2234262.jpg

北大のポプラ並木を見に行きました。
f0202151_2236249.jpg

学生でしょうね、アカペラの練習をしていたり
f0202151_22364199.jpg

競歩をやっている人もいました。
テレビでは見たことがありますが、実際に競歩を見たのは初めてで
すごく早いのに驚きました。
f0202151_2238183.jpg

北大のマンホールです。

これで札幌とはお別れで、苫小牧へと向かいます。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-30 22:41 | お出かけ | Comments(2)

札幌 大通り公園

f0202151_16483780.jpg

ここへ来る前日は、フォルムカードの第8弾の発売日でした。
買ったものの、16日は土曜日で郵便局に行くことができなかったので
ポストに投かんしましたが、風景印が押されていたでしょうか。

札幌本局の風景印はすでにたくさん持っているので
自分あてには投かんしませんでした。
f0202151_1743953.jpg

これは私より一か月ほど前に行かれた方から送っていただいたものです。
f0202151_1784669.jpg

行く前は「名古屋にも久屋大通があるしね」と言っていた夫でしたが
大通り公園のほうに感心して、たくさん写真を撮っていました。
f0202151_17392924.jpg

驚いたのはビアガーデンの準備をしていて
ビールの銘柄ごとにブースがあり、その各々がとっても広いんです。
(あ、写真はサッポロを写さなくちゃいけなかった007.gif
f0202151_17424684.jpg

メニューもこんなに豊富でしたよ。
あと少し滞在を延ばせば、ここでビールを楽しめたのにね068.gif
f0202151_186714.jpg

自販機も札幌ならでの絵柄ですね。
f0202151_1863875.jpg

街も人が多くて活気があるし、街を行く人のファッションも素敵でした。
f0202151_1874393.jpg

こんな馬車も走っていましたよ。
f0202151_1881418.jpg

f0202151_1882887.jpg

f0202151_1884097.jpg

f0202151_1885299.jpg

f0202151_189789.jpg

マンホールはデザインがたくさん!!
あ~~楽しかった!!
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-30 18:49 | お出かけ | Comments(2)

札幌

f0202151_1594053.jpg

あぁ、やっと札幌に着きました。
札幌では「さっぽろ芸文館」というホテルに泊まりましたが
お値段がリーズナブルなのに、お部屋が広くてきれい
それに大通り公園にも近くて、とても良いところでした。

ホテルの隣に咲いていたあおいの花です。
f0202151_15141929.jpg

北海道開拓の村のゲートです。
旧札幌停車場だそうです。
立派な建物ですね。
f0202151_15222928.jpg

北海道各地から移築された建物が並んでいます。
f0202151_15243053.jpg

私たちの地方でいえば「明治村」に似ていますが
f0202151_1525810.jpg

こちらのほうが家が集中して建てられていますので
f0202151_15511220.jpg

私たちの年齢になると、見て歩きやすいですね。
f0202151_1552312.jpg

農村群も素敵です。
f0202151_1553143.jpg

f0202151_15531562.jpg

f0202151_1553482.jpg

f0202151_1554785.jpg

f0202151_1555686.jpg

f0202151_16105864.jpg

嬉しくて写真を撮りまくりました。
どれも似たアングルですね。
もっと写し方の勉強しなくちゃ。
f0202151_15555977.jpg

屯田兵の家の中です。
苦労されたんでしょうね。
f0202151_15564263.jpg

明治ごろの開拓小屋だそうです。
寒かったでしょうね。
当時かなりの人が寒さで亡くなったということを
何かの本で読みました。
f0202151_15583423.jpg

漁村群のニシン御殿です。
f0202151_155859100.jpg

家の中央に囲炉裏があって
f0202151_15592362.jpg

周囲は漁師さんが寝るスペースになっていました。
ここで冷たいお茶をふるまって下さった女性が
興味深いお話をいろいろ聞かせてくださいました。
f0202151_1615779.jpg

このレールは何だと思いますか?
f0202151_1624039.jpg

馬車が走っています。
f0202151_1632180.jpg

おりしもその日は、児童の写生大会が行われていて
パラソルや椅子はいわずもがな、テントまで持ち込んでいる人がいました。
一生懸命に描く子供たちを見ていたら
ついつい「ここがすごく丁寧に描けていて素晴らしいね」とか
「ここの色の塗り方がうまいね」などと褒めてしまいました。
「このおばちゃん、なんやねん」←(北海道の言葉に変換してください)
と、思ったことでしょうね041.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-30 16:14 | お出かけ | Comments(0)

帯広から夕張へ

f0202151_1237758.jpg

帯広は、街を少し歩きました。
出かける前家族から注文を聞いていたので、六花亭へ行きましたが
応対も丁寧で、夫が「本店は上品だねぇ」と感心していました。

電柱などに取り付けられたスピーカーからは、
地元のラジオ放送が流れているようでした。
ゆっくり聞けば地元情報が得られて面白いでしょうね。
f0202151_12404073.jpg

帯広のマンホールです。
f0202151_12504533.jpg

夕張へは、幸福の黄色いハンカチのロケ地を見るために行きました。
市に入ったとたん、なんともさみしい感じは否めません。
f0202151_12465036.jpg

少しでも買い物などしてあげられたらと思いましたが
ここの見学料はシルバー割引があって、ついそれを使っちゃいました。

さて、この入り口を入ったとたん
f0202151_12524098.jpg

目に飛び込んだのは、このおびただしい黄色のメッセージです。
f0202151_12534459.jpg

私と夫も書きましたから、さらに増えましたよ003.gif
f0202151_12545148.jpg

この台所のしつらえが、なんとも懐かしいです。
f0202151_12553086.jpg

f0202151_12574438.jpg

黄色いハンカチは、ちゃんとありました。
f0202151_12594632.jpg

f0202151_1335979.jpg

f0202151_1365795.jpg

話は変わりますが
f0202151_1373523.jpg

f0202151_1331823.jpg

カーナビの、右上の信号の名前を見てください。
長いでしょ?
地元の人には、これでわかりやすいそうなのですが
私たちは大いに戸惑いました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-30 13:14 | お出かけ | Comments(0)

オンネトー

f0202151_11253486.jpg

ここは息をのむような美しい池だったのですが
その美しさが、ちっとも画像に写り込んでいません。
ウ~~~残念!!
f0202151_11271036.jpg

一日に5回色が変わるのだそうです。
f0202151_11273970.jpg

伝えたいなぁ美しさを。
f0202151_11281159.jpg

お天気もイマイチだったんですけどね。
目視では、ほ~んとに美しかったです。

摩周湖と、神の子池、青い池、そしてこのオンネトー
北海道の印象はブルーです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-30 11:32 | お出かけ | Comments(2)

阿寒湖

f0202151_2120497.jpg

阿寒湖では、クルーズ船に乗りました。
これは船の上から写した画像ですが
岸に白い馬がいたら、有名作家さんの絵になりそうです。
f0202151_21241594.jpg

この船に乗るとチュウルイ島に行くことができて
f0202151_21245680.jpg

飼育されているまりもを見ることができるのです。
f0202151_2125471.jpg

船はこんなにかわいらしい絵が描かれています。
f0202151_21275232.jpg

船を下りてから阿寒湖の周囲を回って
f0202151_21282363.jpg

ぼっけを見に行きました。
f0202151_21303414.jpg

ぼっけとは泥火山のことです。
f0202151_2131432.jpg

数か所でボコボコと吹き上がっています。
f0202151_21315436.jpg

こんな看板も立っていて、なんだか試してみたくなりますよね。

昔、会社勤めをしていたころ、こんな歌がありました。

♪ちんちら かんちら 仕事をさぼり ぼっけに行けば
山の親父がじろりとにらむ なにくそ 熊ぼりさ 男の仁義だよ
親父くらいは 丸太でどやせ♪

これはこの辺のことではないかと
歩きながら夫に歌って聞かせましたが
「知らない」という返事でした。
山の親父とは熊のことだと説明を聞いたような気がするのですが・・・・
f0202151_21432527.jpg

f0202151_21434143.jpg

さて、ここにはいろんなマンホールがありました。
f0202151_21435628.jpg

どうしてここで釧路湿原??
f0202151_2147554.jpg

全部この辺りで写したんですよ~~005.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-29 21:48 | お出かけ | Comments(8)