<   2016年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

お花たち

f0202151_2047923.jpg

食べ物ではありませんが、沖縄で忘れてはいけないもの
オリオンビールです。
夕食の時は生ビールを注文しましたが、これはホテルの部屋で。
沖縄とオリオンビールは切り離せません。
f0202151_20494927.jpg

沖縄へ出発したのは4月17日ですが
その時我が家の居間には炬燵があって(今もあります)
沖縄では半袖というのがどうしても信じられませんでした。
f0202151_20514560.jpg

それに中部空港で飛行機に乗るまではきっと寒いだろうし
どんな洋服を持っていくのかとても迷いました。
f0202151_20532624.jpg

行ってみれば気温が27度の日もあって
半袖一枚で十分過ごせたんですけどね。
f0202151_20543648.jpg

というわけで沖縄には南国の花が沢山咲いていてウキウキしました。
f0202151_20553841.jpg

手あたり次第に写してきましたよ。
f0202151_20572884.jpg

あ、これは花ではありませんね。島バナナです。
おいしいらしいですが、小さいのに高いので食べたことはありません。
次回行くチャンスがあったら、食べてみようかな?
f0202151_2115139.jpg

これは名前が書いてありました。
コダチヤハズカズラだそうです。
紫のきれいな花でした。
f0202151_2141498.jpg

f0202151_2143585.jpg

f0202151_215095.jpg

この花は中城城の石垣に生えていました。
f0202151_2161756.jpg

これは浜比嘉島で写しました。
f0202151_2184745.jpg

これは伊計ビーチで写したもの。
f0202151_2110490.jpg

f0202151_2111512.jpg

これは実ですね。なんの見でしょう?
f0202151_21122015.jpg

これは今我が家でも咲いている、昼咲月見草に似ています。
それの小さな花のように感じました。

それにしてももっと画像の写し方を考えないといけませんね。
見苦しい画像を見てくださってありがとうございました。

あ、ちなみに我が家ではまだ炬燵が活躍しています。
今も家族は炬燵に足を入れてテレビを見ていますよemoticon-0136-giggle.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-30 21:18 | お出かけ | Comments(2)

沖縄の食べ物

f0202151_21421314.jpg

沖縄へ着いて第一食目は沖縄そばでした。
この器の色からして南国って感じですね。
うどんより細くてラーメンより太い麺です。
f0202151_2146612.jpg

本場で食べるゴーヤチャンプルーはとってもおいしくて
三日も続けて食べてしまいました。
私が家で作っている物は何なんだと思って
レシピを詳しく聞いてきました。
沖縄の豆腐などは手に入りそうにありませんが
ゴーヤの季節が来たら聞いた通りにチャレンジしてみようと思います。
f0202151_2152643.jpg

モズクの天ぷらです。
息子から、とてもおいしいから食べてきてと言われていたので買ってみました。
看板が写り込みましたが、ここは伊計ビーチです。
ここではグラスボートに乗りましたが
あいにくこの日は波が高いとかで
沖へ出ないで、湾の中をぐるりと回るだけでしたので、
あまりたくさんのお魚は見えませんでした。

それよりもモズクといえば今が旬だそうで
あちこちで試食をさせてもらいましたが
これがみんな暖かいモズクなんです。
モズクは酢の物で食べるものと思っていましたが
暖かいものがおいしくておいしくて
たくさん買って帰って、家でモズクしゃぶしゃぶをしました。
絶品でした!emoticon-0104-surprised.gif
f0202151_21581423.jpg

これは左がニンジンシリシリ、向こうが海ブドウ、右はミミガーの和え物です。
写真をとり忘れましたが、ジーマーミ豆腐の揚げ出し
そうめんチャンプルーもおいしかったです。
f0202151_222111.jpg

これはアイスクリームの器に入っていますけれども、アテモヤという果物です。
古宇利島というところで食べました。
この島は石が多くて畑が作れないので
こういうフルーツが沢山作られているそうです。
美味でした。
ブルーシールというアイスクリームも沖縄オンリーですね。
f0202151_2272775.jpg

この島へは、この橋を渡っていきます。
夫はとてもきれいだったとお気に入りでした。

あと三日目だったかな、
夫がホテルの朝食がおいしくて食べすぎたので
昼食はいらないといいました。
で、私はぽーぽーというお菓子を買って食べました。
黒砂糖を使ったお菓子でおいしかったです。

黒砂糖といえば、沖縄ぜんざいも食べましたが
これも黒砂糖の味でした。
ここのお店ではサータアンダギーをおまけにいただきました。

しっかり食べた旅でしたね~~~emoticon-0140-rofl.gif
f0202151_22203169.jpg

誰かが沖縄へ行ったとき、我が家のリクエストは紅芋タルトです。
今日はちょっとよく働いて疲れたので
こんな絵しか描けませんemoticon-0106-crying.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-29 22:22 | お出かけ | Comments(0)

琉球村

f0202151_2021161.jpg

琉球村は楽しかったですね~~~
こじんまりとしたテーマパークで
30分おきにいろんなアトラクションをやっていて
場所を移動しながらいっぱい見てきました。
エイサーは楽しくて大好きです。
f0202151_20265891.jpg

これは何と言ったかしら、棒を使ってキビキビとしていました。
f0202151_2028344.jpg

f0202151_20285050.jpg

f0202151_2029713.jpg

しっとりとした踊りもよかったです。
f0202151_2030097.jpg

これは道ジュネー。いろんな人が行列を作って出てきます。
f0202151_20311071.jpg

王様です。
f0202151_20313115.jpg

獅子の演技はユーモラスでした。
f0202151_2032461.jpg

行った日は旧暦の3月15日で、その日だけの行事が見られました。
f0202151_20331027.jpg

f0202151_20332510.jpg

この福の神に仰いでもらうと幸せになれるそうです。
f0202151_20341690.jpg

沖縄の歌も楽しかったです。
涙そうそうのリクエストが一番多いのだとか。
f0202151_20352659.jpg

外でのアトラクションの最後には
必ず皆さんもご一緒に踊りましょうと言われて
その都度踊ってテンションも最高になりました。
f0202151_20363424.jpg

この中のどれかが夫です。
私も踊っているときは、画像は無しです。アハハ
あぁ楽しかったemoticon-0140-rofl.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-28 20:41 | お出かけ | Comments(0)

ブセナテラス

f0202151_1943944.jpg

夫が前回沖縄へ来たときはブセナテラスへ泊ったそうで
きれいだから見に行こうと連れて行ってくれました。
ここは沖縄サミットの会場「万国津梁館」が隣にあって見学をさせてくれます。
f0202151_19463385.jpg

行ってみると小渕さんの銅像がありました。
こんなところにいらっしゃったんですね。
万国津梁館はとてもきれいでしたが
画像があまりうまく撮れていなくて申し訳ないです。

今回の旅でのハプニングは、夫のカメラが壊れてしまったことです。
夫と私では視点が違うので、時々夫の画像を拝借するのですが
途中から夫の画像が無くなりました。
只今メーカーに修理に出しています。
今までにUPした画像で私が写っているものは夫のカメラです。
f0202151_19521841.jpg

ここには海中公園があって、興味津々の私は「見たい」と申し出ました。
f0202151_19533217.jpg

向こうに見える海中展望塔まではこの橋を歩きますが、ちょっとビビりました。
小さな男の子が元気よく走って行くので
思わず「ボクすごいね!」と声をかけてしまいました。
展望塔の狭いらせん階段を下りて一番下に降りると、丸いのぞき窓があります。
f0202151_19581998.jpg

水族館ではありませんから、魚が見えるかどうかは運任せですね。
f0202151_200561.jpg

f0202151_201281.jpg

これだけ見えたら上々なのでしょうか。
f0202151_2041014.jpg

くまのみだけは窓の周りにネットを張って、必ず見えるようにしてありましたが
小さな子供に大人気で、私がいい画像がとれるまで粘っているのはいけない気がして子供たちに譲りました。
外国の子供たちが多かったように感じました。台湾?韓国?
ここでも初めての体験でした。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-28 20:15 | お出かけ | Comments(0)

鍾乳洞

f0202151_10463863.jpg

感動したエイサーの画像が一枚もないなと思ったら
ここは撮影禁止なのでした。
もう忘れていますemoticon-0107-sweating.gif

女性ばかりで演じていましたが、
あのバイタリティー驚くばかりですemoticon-0104-surprised.gif
f0202151_10492637.jpg

ここでは鍾乳洞にも行きました。
ちょこっとなのかなと思いましたが
なんのなんの!とても大きくて驚きました。
f0202151_10512487.jpg

インディジョーンズの世界だ!と思いましたよ。(古い?)
f0202151_10453850.jpg

突き刺さってくるようでしょう?
f0202151_10554320.jpg

水音が聞えると思ったら、とうとうと水が流れていて
こんなきれいな泉もありました。
f0202151_10564711.jpg

f0202151_10585423.jpg

f0202151_10591064.jpg

歩きながらかなり地中深く潜っていたようで
最後は長い長いエスカレーターで地上に出ました。

あちこちで水がぽたぽたと落ちてきますので
帽子などがあるほうがいいですね。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-27 11:03 | お出かけ | Comments(2)

姫ゆりの塔

f0202151_1018442.jpg

夫が沖縄へ行くなら鎮魂もしなくちゃいけないっていうので
実は姫ゆりの塔へは一番最初に行ったんです。
f0202151_10202889.jpg

入口の前にある売り場でお花を買って献花しました。
f0202151_1023565.jpg

すでにたくさんのお花が供えられています。
この花束、かなり沖縄独特のように感じました。
花の順番は決まっているようで
一番下はハイビスカスでした。
f0202151_1026459.jpg

全国からの千羽鶴も沢山飾られています。
f0202151_10264128.jpg

女生徒の書いた作文を読んで
改めて戦争のむごたらしさを感じました。

沖縄に着いた早々こんな重たい気分になってしまって
それからの観光がどうなることやらと思いましたが
次に行った沖縄ワールドではエイサーをやっていて
気持ちを切り替えることができました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-27 10:35 | お出かけ | Comments(0)

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

f0202151_92303.jpg

斎場御嶽は行ってみたかった聖地のひとつです。
f0202151_9252579.jpg

三角の隙間はかなり広いです。(誰?)
f0202151_926532.jpg

f0202151_929142.jpg

祭祀を行う場所の右側に二つの甕があり
上の突起から水がしたたり落ちていて
ちょうど甕に入るようになっていました。
神聖な水なのだそうです。
f0202151_9324333.jpg

途中にこのような場所があって
戦争中、銃弾が撃ち込まれてできた穴なのだとか。
f0202151_9345467.jpg

途中に「海のイスキア」というおうち喫茶がありました。
f0202151_9363171.jpg

おうちもお庭も素晴らしい!!
f0202151_937539.jpg

こんなロケーションのいいところに
こんな広いお庭のおうちが持てることが不思議でした。
f0202151_9312580.jpg

マンホールです。
f0202151_9431427.jpg

夫が自分用に買ってきたお茶碗を描いてみました。
沖縄のものを描くのだからと思いついて
アダンの筆を使ってみました。
実のほうではなくて枝で作られたものです。
f0202151_9474055.jpg

アダンの実今回も見ましたよ。
前回の沖縄の旅はこの筆を探し回ったことを懐かしく思い出しました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-26 09:50 | お出かけ | Comments(0)

今帰仁城(なきじんじょう)

f0202151_1325994.jpg

今帰仁城へは以前行ったことのある夫が「ここはいいよ~~」と言いますし
名前にも何となく惹かれる感じで
とっても期待を膨らませて行きましたが
私には中城のほうがインパクトが強かったです。
f0202151_13493054.jpg

ここの石垣の積み方は、今までに見たことのないやり方でした。
f0202151_13505365.jpg

石ですからそんなことはあり得ませんが
手でひょいと押すと、ガラガラと崩れそうな印象を受けました。
実際、崩れている個所が多々あって
下のほうを取り除くと、その上がまた崩れ落ちそうで
どうやって修復するのだろうと思いました。
f0202151_13522859.jpg

杭で囲んであるところは、家の跡だそうです。
f0202151_14352410.jpg

変なおばさんが写りこんでいますけどemoticon-0140-rofl.gif
リュックがやけに大きく見えますね。
f0202151_14372449.jpg

f0202151_14381122.jpg

こんなに石垣を築いたのに、尚氏に滅ぼされちゃうんですね。
f0202151_14444566.jpg

これは御嶽です。
この様式も中城城や首里城とは違っていますが
石垣の石も全く違うものでした。
f0202151_14463562.jpg

こんな感じの石です。
f0202151_1448593.jpg

古道も一部残っていて歩いてみましたが
人一人がやっと通れる幅で、
敵が一気に攻めてこられないようにというためだそうです。
f0202151_1451267.jpg

今帰仁郵便局の風景印です。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-25 14:54 | お出かけ | Comments(0)

やちむん

f0202151_214318.jpg

私のブログによく来てくださってる方なら
沖縄に行ったら「やちむん」を見ないの?とお思いでしょうね。

行きましたよ~~~~壷屋のやちむん通り。
f0202151_2173170.jpg

絵手紙に描いた「からから」は泡盛を入れる器です。
いろいろある中で、カラカラと音がするものを夫は選びました。
ほかには泡盛を携帯するための「だちびん」
泡盛を飲むときの湯飲み「泡盛マグ」・・といえばいいのかな?
あれ?!みんな泡盛関連ですねemoticon-0102-bigsmile.gif
カラカラは音のするものとしないものがありましたが
音のするほうが楽しく飲めそうだと私も思いました。

泡盛マグは人間国宝の金城次郎さんのお孫さんが焼かれたものだとか・・
f0202151_21145864.jpg

やちむん通りでいつもじぃ~~っと見てしまうのは
骨壺を売っているお店です。
私の乏しいお葬式の経験から言えば
骨壺の大きさこそ選べ、形など選んだことはありません。
ここでは色、形など様々で二人用とかもあります。
f0202151_21225855.jpg

沖縄といえば、いつもお墓に感心するんですね。
家の形をしたものや大きさも様々ですが
山の斜面を利用した画像の形のお墓を見ると,すごいなと思うのです。
(勝手に見知らぬ方のお墓を写してごめんなさい)
お墓の前で親族が集まって食事をするとか
どういうときかは知りませんが洗骨をするとか
先祖を大切にする沖縄の風習の素晴らしさを思うのです。
玉陵の資料館だったでしょうか、見学に行ったとき
骨壺に何年何月に洗骨をしたという記録が書いてありました。
すごいと思いませんか。
f0202151_21354243.jpg

やちむんから話が飛躍してしまいました。
やちむん通りをちょっと外れるとこんな塀もあり
愛知県でいえば瀬戸の窯垣の小径のような感じだなと思いました。
f0202151_21382363.jpg

瓦当もいろいろな柄がありましたよ。
f0202151_21402712.jpg

こんな井戸も2か所くらい見ましたが
ちゃんとお水が出ました。
f0202151_21435467.jpg

別の日にやちむんの里へ行きました。
ここは良かったですよ~~~
それぞれの窯のお店を回ることができるんです。
f0202151_21455093.jpg

おそらく高くて買うことは出来ないでしょうが
金城次郎さんの窯をのぞいてみたかったのですが
あいにくしまっていましたので、表側だけ写してきました。
f0202151_21472440.jpg

それぞれの窯で特徴があり
f0202151_2148135.jpg

夫はこのお店で自分のお茶碗と,息子に泡盛マグを買っていました。
f0202151_21491114.jpg

登り窯もありました。
f0202151_2149497.jpg

建物の一部にはこのように石を使ってあり
独特の建物だなと思いました。
f0202151_21505069.jpg

夫はこのような道を散策してみたり
とても楽しい窯めぐりができました。
f0202151_21545875.jpg

これは上のカラカラの反対側の絵です。
違う景色が楽しめますね。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-24 21:56 | お出かけ | Comments(2)

首里城

f0202151_11391931.jpg

沖縄では珍しい現象を見ることができました。
太陽が暈をかぶっていたのです。
海岸線の美しいところにいましたが
近くにいる誰彼に「見て見て!」と声をかけ
太陽が写せるのだろうかと,ダメもとでやってみたらこの画像がとれました。
f0202151_11445945.jpg

さて、首里城へ行く前に金城古道を歩いてみました。
首里城へ登城するための道だったようです。
f0202151_1146575.jpg

登り口で「しんどいけど、きれいだから頑張って」と
声をかけてくださった方がありました。
f0202151_12242133.jpg

ほんとにその通り急な傾斜で
下るときは、つま先が靴にあたって痛いので
とうとう靴を脱いで降りてしまいましたemoticon-0107-sweating.gif
f0202151_12252517.jpg

変なおじさんが写っていますけど・・・emoticon-0136-giggle.gif

そうそう、島唄ライブでハイサイおじさんの時
「ハイサイおじさん」と歌ったら手を挙げて
「はい」と言って下さいと言われました。
これが時々「変なおじさん」とか「きれいなお姉さん」になるんです。
私はもちろん「きれいなお姉さん」の時
大きな声で「はいっ!!!」と挙手しました。
・・・・・・「え?なにか・・・?」emoticon-0140-rofl.gif
f0202151_12342791.jpg

この古道をち ょっと横にそれたところに「赤木」があります。
一番太い木は一番向こうなのでちょっとわかりにくいですけどね。
f0202151_12372478.jpg

こんな説明がありました。
f0202151_12375114.jpg

この木の前にも「御嶽」というんでしょうか
お祈りの場所がありました。
沖縄ではあちこちに神聖な場所がありますね。
f0202151_1245023.jpg

首里城は、きっときれいな画像を目にされたことがあるでしょうから
私のつたない画像は省略いたしますね。
これは首里森御嶽のあたりから見た宮殿です。

この辺りはその昔「聞得大君」(きこえおおきみ)が
祭礼を執り行った場所のようで,わくわくしました。
f0202151_12594341.jpg

中ではお茶の頂ける場所があって
王朝時代のお菓子を再現したものとさんぴん茶がいただけます。
(有料です)
f0202151_133719.jpg

お菓子はとても良いお味で、歩き回ってのどが渇いていたこともあって
お茶を3杯もお替りしてしまいました。
王朝時代の服装の方が接待してくださいます。
f0202151_135232.jpg

私はこの「はなぼうる」が一番好き
藤の花の形だそうです。
f0202151_13725.jpg

次に行ったのは首里城の近くにある「玉陵」(たまうどぅん)で
ここも見たかった場所、王家の墓です。

余談ですが沖縄では、入場料を支払うときイオンカードがあると
割引してくれるところが結構ありました。
これから行かれる方、持参してください。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-23 13:22 | お出かけ | Comments(2)