お出かけします

f0202151_22204318.jpg

夫が富山の「風の盆」を見に行こうと言って、宿を予約してあるのですが
数日前から天気予報ばかりを気にしております。

とりあえず出かけてきますので
更新はしばらくお休みさせていただきます。

雨が降りませんよーに025.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-31 22:26 | 絵手紙 | Comments(0)

ぎゅうっと抱きしめる

f0202151_19364411.jpg

丸岡城に行った時「日本一短い愛の手紙」という本を買って来ました。→こちら
その中に「パパ、今度帰ったら 子供じゃなく まずママをぎゅうってしてね」という手紙があります。
単身赴任のお父さんが、帰宅したら子供をぎゅうっと抱き締めているような図を想像しました。

昨日2歳の孫が「おばあちゃんとねんねする」と言って
自分の意思で一人で初お泊りをしました。
何度もぎゅうってしてやりました。

絵手紙は文香にしてみました。
ちょっと絵とはミスマッチですが・・・
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-29 19:53 | 絵手紙 | Comments(4)

会いに来てください

f0202151_19424143.jpg

96歳の伯母に会いに行ってきました。
伯母「100歳になったら、お祝いしてくれる?」
私「分かりました。お祝いは何がいい?」
伯母「会いに来てくれるだけでいいよ」
私・・・・・言葉もありません。
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-27 19:47 | 絵手紙 | Comments(4)

郡上八幡のマンホールなど

f0202151_2019865.jpg

なんだか拍子抜けするくらい涼しくなりましたね。
35~6度の気温に耐えた身には、天国のように思えます。

絵手紙はスタイラスと湿拓墨を組み合わせてみましたが
もう少し工夫の余地がありそうですね。
f0202151_20261182.jpg

昨日UPした郡上八幡のマンホールはあまごのようです。
f0202151_20282484.jpg

自分のために買ったお土産はこれです。
シャケの塩焼とかほんとにリアルなので、持って歩くと「あれ?!」といわれそうな気がしましたが
少し重いので、ビールに柿の種とピーナツバージョンにしました。イチゴは本物よりおいしそう。
f0202151_2032080.jpg

孫へのお土産は木の積み木です。
これはやかんとか、みかんの絵のように木の色が2色になっているため、2級品で1900円でした。
完璧なものだと5000円くらいだったかな?
けっこう喜んで遊んでくれます。
f0202151_20375452.jpg

風景印です。郡上踊りのデザインですね。
こちらの魚は鮎のように見えますが・・・・

郡上八幡に行った思い出です。
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-26 20:42 | 絵手紙 | Comments(3)

郡上八幡

f0202151_2142880.jpg

ここのところとても涼しくなって、一週間ほど前の体験が、ホントだったのかしらと思えるくらいです。
8月16日の暑い一日、岐阜県「郡上八幡」の徹夜踊りを見に出かけました。
f0202151_2123640.jpg

テレビなどで見るこの風景、憧れていました~
この下流では、鮎が多いか、人が多いかというくらい鮎釣りの人がいっぱいいました。
f0202151_2131438.jpg

このお店、行ってみたかったんです~~
f0202151_2162940.jpg

郡上八幡は、食品のサンプルで有名なところ。
ここに行かなくても、街中のいろんなお店で目にすることができますが、現地で見たかったのです。
ほら、このひっくり返ったラーメン、笑っちゃうくらいリアルです041.gif
(ガラス越しなのでちょっと不鮮明です)
本物とサンプルを並べて、本物当てクイズなどもありましたが
目を皿のようにして見つめても、とてもわかるもんじゃありません。
f0202151_21131466.jpg

この日の本命は盆踊りですから夜までいるので、家を出発したのは午前10時ごろでした。
ですから着いたのはちょうどお昼時で、なにはともあれお昼ごはんです。
朴葉寿司とお蕎麦で昼食をとりました。
f0202151_21193255.jpg

お腹一杯になったら街の散策。ここも行ってみたかった宗祇水です。
郡上八幡は水の街といわれ、いたるところに水が湧き出ています。
ポケットパークというそうで、コップのおいてあるところは、どこでもお水が飲めます。
f0202151_2123817.jpg

ここは「いがわの小径」で沢山の鯉が泳いでいます。
f0202151_2124621.jpg

わが街より、気温は低かったのですが、さらに水の効果でより涼しさを感じました。
f0202151_21472893.jpg

この川は、宗祇水の近くですが、たくさんの人が川に入って遊んでいました。
それよりこの家、面白いと思いません?
f0202151_2149784.jpg

もっとアップしてみましょうか?三階建てとかになっているんですよ。
すぐ山が迫るので、狭い地形を有効に利用したものだそうです。
f0202151_21513819.jpg

こんな家もたくさん残っています。隣の家との境に防火壁を作ってあります。
f0202151_21544261.jpg

家々の軒にはこんな提灯がぶら下げられて、踊りへの期待が高まります。
f0202151_21554388.jpg

夕方が近づくと、街に浴衣姿の人が見られるようになり、さらにワクワクします。
後ろの男性は、巾着を持っていますが、踊る時は腰にぶら下げるようです。
アイデアートの、ひのさんが作られるような巾着をつければなお素敵だろうなと思いました。
f0202151_21565765.jpg

踊りをするのは、今日はこの通りと順番だそうで、ほかの通りは夜店で埋め尽くされます。
夜8時から踊りが始まり一番上の画像へとなります。
このたび初めて知ったのですが、郡上踊は10通りも種類があり、
私たちがよく聞くのは「かわさき」という歌でした。
「はるこま」という踊りは振付が簡単ですぐに覚えられたので、私も輪の中に入って踊りました。
なんか、向かい合って踊っているように見えますが、
屋台を中心に通りに沿って細なが~~~い輪ができるためです。
若い人もそうでない人も、男性も女性も、日本の人もそうでない人も
み~んな一緒に輪になって踊るのは快感ですね。

商店には、浴衣を扱うお店が多くみられ
下駄屋さん、それも足に合わせてオリジナルの下駄を作ってくれるお店もあって
とても面白い、ハイテンションな時間を過ごすことができました。

そうそう、先日掛川城で山内一豊のお話をしましたが、郡上八幡はその妻「千代」の出身地なのだそうです。
ここで生まれて、高知や掛川やいろんなところに住んだんですね~

古い街とも、踊りとも関係ありませんが「遊童館」おススメです。→こちら
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-25 22:35 | お出かけ | Comments(2)

作品展のお知らせ

f0202151_22265586.jpg

ケロさんから作品展の案内状を頂きました。
今回はエーゲ海のスケッチがメインですって。
見たいなぁ~~~
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-22 22:28 | よもやま話 | Comments(0)

常滑焼まつり

f0202151_2234568.jpg

ほたるこさんから案内状を頂いていたのに、まだ先のことと思っていましたら、今度の土日なんですね。
常滑焼まつりに出店なさるそうです。
登り窯の前にお店があるのですが、昨年は競艇場の中の会場に出店なさっていました。→こちら
ほたるこさんのお地蔵さまのファンは多いですが、私は先に猫のほうのファンになりました。
14~5年も前のことです。
久しぶりに取り出して描いてみました。
f0202151_22225097.jpg

ファンというにはへたくそな絵ですが・・・・・042.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-20 22:36 | よもやま話 | Comments(3)

駿府城

f0202151_1983893.jpg

静岡で最後は駿府城に行きました。
ここは家康が隠居していたということなので、もっと家康を感じることができるのかと思っていましたが
ちょっとその期待は裏切られました。
f0202151_1911958.jpg

石垣も、修復されたもののようで、石の積み方が整然としています。
f0202151_1913092.jpg

マンホールはカラフルでした。
静岡市の花「たちあおい」だそうでピンクとか青のバージョンもあるらしいですが、
今回はこれしか見つかりませんでした。
f0202151_19174663.jpg

これは今年できたばかりなんですね。カラフルで目立っていました。
f0202151_1918069.jpg

こちらも静岡らしいデザインですね。
f0202151_1921511.jpg

これで帰途につきましたが、車の中からきれいな夕焼けが見えました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-19 19:22 | お出かけ | Comments(0)

久能山東照宮

f0202151_2212411.jpg

掛川城をあとにした私たちは、ホテルを予約した静岡を目指しました。
静岡は泊まっただけで観光はしないで、一路目車を走らせるのは久能山です。
以前から行ってみたかった久能山・・・・・・・・・でも階段が・・・・・・・・1159段もあります。
f0202151_22181991.jpg

腹を決めて登り始めました。
f0202151_2219678.jpg

途中見える、こんな景色や
f0202151_22194198.jpg

こんな景色に癒されながら登りました。
f0202151_2224115.jpg

眼下には一面イチゴのハウスが見えます。
f0202151_22273712.jpg

石段はこんな感じに積まれていて、段差が低いのが私には幸いでした。
小さな石がまるでパズルのように並べられていますが、小さくても石ですから運ぶのが大変だったことでしょうね。
f0202151_22294826.jpg

そんな思いをして登って見た東照宮は、きれいで、きれいで!
f0202151_22304934.jpg

施された彫刻はみな平和を現わしているのだそうです。
f0202151_22335337.jpg

私の未熟な写真では、とてもその感動を伝えられません。
f0202151_22313267.jpg

f0202151_22255392.jpg

これは廟、いわゆるお墓ですが上のパノラマ画像の建物の右奥にあります。
もうこれ以上階段を上がる気がしなくて、これは夫が写したものを借りました。。
f0202151_22402150.jpg

下りるときも気を抜かないで、ゆっくりゆっくり歩きました。
大満足でした~~~~003.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-18 22:45 | お出かけ | Comments(0)

掛川城

f0202151_23225146.jpg

最近お城の話題が多いのですが、これは夫が日本100名城のスタンプを集め始めたからです。
2月28日に行った伊賀上野城を皮切りに、今12個集まりました。
今迄に行ったことのあるお城にも、スタンプを押すためにもう一度行くことになりそうですが
まだまだ先が長いので、どんなところに連れて行ってもらえるのか、これからが楽しみです。

というわけで浜松城の次は山内一豊が築いた掛川城に行きました。
運よく雨も上がってくれました。
f0202151_23265874.jpg

ここの石段は段差が大きくて、私には登るのがとても大変でした。
こんなふうに夫にはたびたび待ってもらったんですよ。
f0202151_23285827.jpg

門のところまで登って街を振り返ると、街がお城の雰囲気にとってもマッチしています。
そういうふうに心がけて街づくりをしたのでしょうか。

このお城を見た瞬間「なんだか見たことがある」と感じました。
f0202151_2331364.jpg

このお菓子の箱に描かれているお城に似ているような気がしたのです。
係りの方にお話を聞いたら、山内一豊は高知城と同じに作るよう命じたそうなので
高知城には似ているそうなんですが、このお菓子は香川県のものなので讃岐地方のお城とも似ているのでしょうか。
f0202151_23343713.jpg

ここには江戸時代に作られた御殿がそのまま残っており
複雑に入り組んだ部屋や廊下がまるで迷路のようであり
子供ならかくれんぼ遊びができるなと思いました。
f0202151_23362240.jpg

ここにいる間中、何を見ても聞いても、上川隆也と仲間由紀恵の顔が浮かんできました。
f0202151_23381818.jpg

御殿から見るアングルのお城も素敵でしたよ。
f0202151_23395138.jpg

掛川市のマンホールです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2015-08-15 23:48 | お出かけ | Comments(4)