女子会

f0202151_18133183.jpg

共にサービス業の長女と次女が
今日は珍しくお休みが一緒でした。
それで実現したのが、6ケ月の孫娘も加えて
我が家の女性5人だけのティーパーティー。
f0202151_18234466.jpg

夫からのプレゼントは「シェ・シバタ」のケーキでした。
f0202151_18223467.jpg


一番上の画像は、アイアイさんに教わったポップアップフラワーです。
この模様の紙で作ったら、どうなるだろう?
この組み合わせはどうかしら?
造花に使う花芯のペップを入れてみたらどうかしら?と
想像が広がって楽しいです003.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2013-04-26 18:29 | よもやま話 | Comments(10)

また、おさぼりしました

f0202151_1626549.jpg

まだ完治したわけではないので、またまた更新をさぼってしまいました。

京都へ行った日は、早朝に淡路島で地震があったので、ちょっと大変でした。
その日は娘が大阪でネイルの試験があって、車で出かけましたので
大津まで私と夫も便乗させてもらいました。
ところが大津駅に着いてみると、地震のため電車のダイヤがめちゃくちゃで
その上車内は超満員なのです。

体調に自信が無い上に、その日の私には満員電車に乗りたくない理由がもうひとつありました。
お土産に名古屋名物の「手羽先味のうまい棒」を持っていたのです。
これを押しつぶされたくありません。
結局2本電車をやり過ごしてから乗りました。

うまい棒はね「お土産があります」とみんなを期待させて
「うまい棒です」と、ばらして「な~んだ」と笑いをとりたかったの。

でもね、交流会の会場があまりにもキチキチに座っていたので
足の痛い私は立つことが不可能でした。
結局お世話してくださる方に預けてきましたけれど
参加された方、手羽先味のうまい棒は貰って下さいましたか?

画像は、アイアイさんに教わったポップアップフラワーのカードの表紙です。
周囲も変わりハサミでカットしてみました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2013-04-25 16:44 | よもやま話 | Comments(12)

嬉しかったぁ~

f0202151_16391186.jpg

いいネットの京都展に出かけてきました。
会う人会う人「体調は大丈夫ですか?」と優しい言葉をかけて頂いて
と~~っても嬉しかったです!!
それだけで来て良かったと思いました。

素敵な作品たちと楽しい友達に会えて
とても癒されて満足した旅でしたが
ずっと引きこもりしてた後、初めてのお出かけでしたので
身体はとても疲れましたが、もう大丈夫です!

京都からお連れして帰った、張り子のお地蔵様を描いてみました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2013-04-17 16:45 | 絵手紙 | Comments(25)

ありがとうございます

f0202151_16161153.jpg

f0202151_16162429.jpg

先日の投稿に関しましては、沢山のコメントをいただきありがとうございました。
とても嬉しくありがたく、心から感謝申し上げます。

今日は、整形外科の予約日でしたので行ってまいりました。
自分でも感じていましたが、検査の結果、ずいぶん良くなっていると言われました。
今こうしてパソコンの前に座っていましても、6日の投稿の時よりも
足も手指も楽になっています。
最後まで頑固だった指の第2関節が、しなやかになってきました。



今更私がUPするまでもないのですが
絵手紙いいNETの仲間展in京都が開催され、
明日は関西のお仲間さんが搬入に行って下さいます。

交流会の申し込みは、体調の悪いさなかでしたが
「ここに行って、楽しいお仲間に会いたい!!」との思いで
この日までには治るぞ066.gifと決心して、治療に励みました。
おかげで13日には京都に行くことができそうです。

京都文化博物館にいらっしゃる皆さん
どうか私をお見かけになったらお声をかけてくださいませ。
[PR]

by kyo-ko5 | 2013-04-09 16:35 | よもやま話 | Comments(21)

長い間ご無沙汰しました

大変長い間更新を休んでしまいました。
はたしてログインできるのだろうかと、ドキドキしながら開きました。

12月の上旬より、夜中に体中の関節が痛むようになりました。
それは朝起きて、家事をしている間に痛みが消えて、夕方には普通の状態になるので、きっと寒さのせいで血のめぐりが悪くなっているのだろうくらいに考えて、身体を冷やさないこと、こまごまと動くことを心がけていました。
加えて12月は年賀状を書きたい、お正月の準備もやらなくては・・と考えていたこともあって、そのまま年を越しました。しかし夜中の痛みは激しさを増し、特に上腕のあたりが何かで締め付けられるような痛みで、朝になってもダメージが残って、辛いことが多くなり、整形外科の門をたたきました。
私の訴えを聞いた医師は「リューマチか、膠原病を疑って検査をしてみましょう」とレントゲンや、血液検査をやっていただきましたが、その結果は「原因が分かりません」ということだったのです。
2週間後になれば何らかの数値が上がるかもしれないからと再検査をしましたが、それも同じ答えでした。
とりあえず痛み止めを処方されましたが、それがちっとも効果が無くて、夜中には激しく痛みます。そのままの状態でいるのは辛いと思ったときに、たまたま開いた情報誌に「MRIやレントゲンの検査で異常なしといわれたが痛みのある人を対象とした、痛み・しびれの専門院」という整体院をみつけました。
藁にもすがる思いで行ったその整体院で施術してもらったら、なんとその一度だけで夜中の痛みが無くなりました。さらに驚いたことには、夜中にトイレに行くと訴えた私に「あなたは汗をかかない身体だからです」と言われ「汗をかく体にしておきました」と告げられたのです。
その頃私は、ババシャツの上に裏起毛のパジャマを着、さらにもう一枚上着を重ねて電気毛布で寝ていたのです。そしたらその晩は夜中に暑くて寝られなくなり、上着を脱いで、電気毛布のスイッチも消して、その夜から薄着で寝られるようになりました。
さて、夜中の痛みこそなくなったものの、全身の関節が痛くて力のはいらない状態は続き、朝は布団が重くてのけられない、顔を洗うにも歯磨きチューブの蓋がとれない、箪笥の引き出しが重くて開けられないなど不自由な状態が続きました。特に困るのは、こたつに座ってしまうと立ち上がれないことです。手を引っ張って貰うのは関節が痛くてダメで、夫に抱きかかえて立たせてもらいました。歩くのに、ステッキを使うにも、手が痛くて使えない、などなどの状態が、この整体院に通ううち少しずつ治っていきました。
病院の方も3度目の検査で「これと断定できるような数値ではないけれど、リューマチの初期症状とみなしましょう」ということになって3月の20日頃からやっと、薬を処方してもらえました。
今、やっと手の指のこわばりもとれてパソコンのキーを打つことができ、皆様へのご報告となりました。

皆様にはご心配をおかけし、お見舞いのメールや絵手紙をいただいて、心から感謝しています。絵手紙はことのほか嬉しく、壁に貼って励みとさせてもらいました。筆がとれるようになりましたら、おひとりおひとりに、お礼状を書かせて頂きたいと思います。

まだしばらく病院や整体院へ通院しますが、正座ができないなどのほかは、日常の生活にはほとんど支障が無くなりました。どうかご安心くださいまして、皆様にもご自愛くださいますようお祈りしております。
[PR]

by kyo-ko5 | 2013-04-06 19:14 | よもやま話 | Comments(35)