<   2009年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

嬉しい出会い

f0202151_13151132.jpgf0202151_13152613.jpgf0202151_13153713.jpg








嬉しい!!
取手に行くことはできませんでしたが
きゅうママさんがキューピットになってくださって
新しい出会いがありました。

今日その方から、風景印の押された絵手紙が届きましたよ。
一番左がそうです。

真中はチャーミングさんにいただきました。
金沢って、それぞれの郵便局に風景印があるみたいですね。

右は、ななさんから。
今リフォーム中だそうで、捨てるものがありすぎですって。
私も、物を増やさないように心掛けないとね。

皆さん、ありがとうございましたemoticon-0102-bigsmile.gif

絵手紙をやってると、時々「えっ!!」っと思うような郵便物が届きます。
先日届いたこの封書もそうでした。
f0202151_13245266.jpg

書き損じかなんか反古の紙を利用した封筒なんですが
郵便屋さん、めんくらったでしょうね。
f0202151_13255932.jpg

裏だってこんなふうで、どこが宛名だか送り主だか探してしまいますよね。
中に入っていたのはこれでした。
f0202151_13281587.jpg

先日「ポストマンの絵手紙展」で感動したことを電話で話したのですが
生前、彼女が受け取ったはがきや名刺をコピーしたものと、彼女手作りの葦ペンです。
葦ペンも柄の方に千代紙を巻いてあって
こまやかな心づかいを感じました。

彼女とは年賀状の交換程度のお付き合いしかなくて
物足りなく思っていたのですが
7月の長久手の招待状を送ったところ、見に来てくださって
「久しぶりに見ごたえのある作品展でした」と喜んでいただきました。
その時にタオル筆の話もして、見本を作って送ったところ
お礼にいただいた封書が今回UPしたものです。

どの方とも、ご縁を大切にお付き合いさせていただきたいと思います。
ありがとうございます。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-30 13:43 | 風景印 | Comments(6)

ホリホリデイ

f0202151_11534748.jpg

お地蔵さまのゴム印を彫りました。
こちらがモデルと原画です。
f0202151_11481588.jpg

乾拓です。
f0202151_11484340.jpg

湿拓です。
f0202151_11491762.jpg

スタンプしました。
彩色は絵墨です。

どんな言葉を添えて、どこへ飛ばそうかな~~~~emoticon-0136-giggle.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-29 11:54 | 絵手紙 | Comments(14)

作品展などのお知らせ

f0202151_19294138.jpg

f0202151_1930021.jpg

作品展のお知らせが届いています。
これは岡崎の方。
f0202151_19303453.jpg

f0202151_19305487.jpg

こちらは東海市の方です。

どちらの展も楽しそうですね。

次は絵手紙列車乗車のご案内。
etegaminikkiさんのところに詳しい情報が載っています。
ご覧になってくださいね。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-28 19:34 | Comments(2)

ガイドブックのこと

f0202151_16283172.jpg

ガイドブックをホテルに忘れてしまったけれど
返送はお願いしないでいます。

…というのも、じっくり探せば、
自分たちの好みにあったガイドブックがあるかも知れませんが
その本はあまり私たちのニーズに合っていなかったから。
スイーツとかテーマパークはあまり興味がありません。
おいしいものも、わんさかと食べなくても、少しでいいのです。
しっとりとその街の情緒を味わえるような、ガイドブックがないかしらと思います。

23日は骨休みの一日でのんびりしていると、夫は紀行文を書き上げました。
パソコンに打ち込むのは私の仕事。
f0202151_16434574.jpg

画像の方が多くて、こんな感じに仕上がりました。

たった一泊でしたが充実した旅でした。

絵手紙は、射水市の海王丸パークで押してきたハンコにコラボしたものです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-28 16:50 | 絵手紙 | Comments(4)

岩瀬

f0202151_19542614.jpg

岩瀬に向かっている途中で大変なことに気がつきました。
やっぱりドジな私は失敗をしていたのですemoticon-0107-sweating.gif
ガイドブックをホテルに忘れてしまいました・・・・

ホテルに戻るには時間的にもったいなかったので
観光案内所で地図を貰ってなんとかそのあとも観光ができましたが・・・

岩瀬は髷を結った人が歩いていそうな町でした。
電柱がないので余計そう感じるのでしょうね。
通りは美濃の古い町並みに似ていると感じましたが
2階のひさしが深くて、雪に備えてなのかなと思いました。
f0202151_2023084.jpg

↑この北前船海鮮問屋森家を見学しました。

ガイドさんに江戸時代の北前船のことを聞きながら
私は「御宿かわせみ」の「初春弁才船」のお話を思い出しておりました。

何しろ風が便りの航海でしたから危険度も非常に高く
「リスクなくして、成功なし」と言われたガイドさんの言葉は
「おっ!!絵手紙にいただきっ!」と思いました。
f0202151_20261080.jpg

↑これは森家の土蔵だったそうです。
f0202151_2027441.jpg

富山市内からここまではライトレールという電車が走っています。
帰りはこれに乗って、車を置いてあるカナル会館まで帰りました。

富山市でも前日行った高岡市でも市電が走っていて
夫はこれを非常に喜びました。
高岡市では車がゆっくり走っていて
これは市電と共存するためではないかと言ってました。憶測ですけどね・・
f0202151_20345014.jpg

面白かったのは、レトロな包装の富山の薬を売っていたこと。
値段も250円からあって、お土産に買う人も多いということで
私も買おうかなと考えたのですが
でもいったい友達の家ではどんな薬を常備薬としているんでしょう・・・
腹痛?頭痛?風邪?なんて考えていたら買えなくなりました。
我が家ではたまに風邪薬を必要として
その時は早めに葛根湯を飲んじゃいます。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-27 20:46 | お出かけ | Comments(2)

富山市

f0202151_15164846.jpg

富山市では、やっぱりお城ですよね。
f0202151_15182795.jpg

てくてくと天守閣へ登ってみました。
あまり広くない階段を黙々と登っていると
ふいに、ヨーロッパへ旅行した時に
鐘楼の狭くて長い階段を登っている記憶がよみがえって、夫にそれを話した。
すると夫も同じことを考えていたそうで、お互いにびっくりしました。
f0202151_15255148.jpg

お城によって石垣の積み方に特徴がありますが
ここでは合計五つの大きな石が組み込まれていて
これを鏡石というそうです。
f0202151_15281986.jpg

お城のほとりを流れる松川です。
松川七橋めぐりというクルーズがあるそうですが
今回はあきらめて、次の目的地「岩瀬」へと車を進めます。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-27 15:32 | お出かけ | Comments(2)

風景印 続き

f0202151_12421042.jpgf0202151_12422686.jpg
連休中の風景印の続きが届きました。
この二つはむつみさんから。
9月21日はご主人の誕生日だったそうです。
おめでとうございま~す!!
emoticon-0166-cake.gif夫婦でお祝いしましょって旅行に出られたそうですが
「・・ってことは旅行代金私持ち?!げっ!!」
という、彼女のコメントに大笑いしてしまいました。
f0202151_1248012.jpg
こちらはチーコさんから。
わ~~~、チーコさん、草津温泉に行ったの?
ク~~~~ッ!!うらやましいなぁ・・・




f0202151_12493612.jpg
これは自分自身で投函したもの。
古い街並みのあるところの風景印はみな素敵なので
ぜひそれが欲しかったのですが
届いた印のデザインを見れば違う風景でした。
町としてはこちらの方をアピールしたかったんでしょうね。


f0202151_12512742.jpg

ホテルで用意したのはこんなハガキ。
井波で木のスタンプがあったのですが
ゴム印に比べて押しにくいですね。
細心の注意を払って押したつもりでしたが
自分で適当に描いて、ならば色も楽しくしちゃいましょと
こんな牛になりました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-26 12:57 | 風景印 | Comments(4)

高岡

f0202151_12514646.jpg

次に行ったのは、木彫りの街から一転して硬いもの
鋳物の産地である高岡で、画像の街はその名も金屋町です。
千本格子の家並というそうです。

ここではオシドリのかわいい水滴を見つけましたが
値段が高い!!買うのをあきらめました。

お土産ものは、まず値段はどうか、絵手紙に描けるものかどうか
描いたあとも家に飾りたいものか…などを基準に選びますが
これは値段のところで、パスしてしまいました。

食べ物の時はまた選ぶ基準が違いますよ。
おいしいかどうかがまず第一かしらね。
f0202151_12591620.jpg

こちらは土蔵造りの町並みにある、赤レンガの銀行。
ちゃんと機能しているようですよ。
f0202151_1303252.jpg

秋の日暮は早い。
日のあるうちに富山のホテルに到着したいので
大仏も車の中から画像だけ撮って、一路富山へと急ぎました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-25 13:03 | お出かけ | Comments(8)

今回ゲットしたもの

f0202151_127588.jpg
閑話休題、ここで風景印をご紹介します。
これは東北を旅行されたjyuntonanaさんから頂いたもの。
ご主人が綿密な計画をお立てになるんですって。
彼女は記録係らしいですよ。
すごいわね~~~


f0202151_1295463.jpg
チャーミングさんからいただきました。
お忙しいのにいつも心がけてくださってありがとう!

素敵な封筒でいただくときはとても嬉しいです!




f0202151_12121996.jpgf0202151_12123141.jpg
この二つは、秋ちゃんから。
私が古い風景印のハガキを使って送ったので
彼女も同じようにして送ってくださいました。
5並びです。
これも貴重なハガキでした。





f0202151_12155455.jpgf0202151_1216511.jpg
これらはむつみさんから。
ご主人とお二人で旅行らしいです。
彼女は美術館巡りがお好きなようです。
充実していましたか?




f0202151_12183039.jpgf0202151_12184412.jpgf0202151_12185884.jpgf0202151_12191548.jpg








さてさて、これは自分自身でゲットしたもの。
左は射水市で投函しました。海王丸のデザインですね。
周囲はしろえびでしょうか?

その右は高岡市のものです。

さて、この砺波市のものはちょっと想定外でした。
私は城端と井波で投函したので、同じ印が届いても
それは南砺市のものだろうと思っていました。
ところがその隣の砺波市の印が送られてきたんですよ。
民営化されてからこういうことが起こるので困ります。

いちばん右は、富山市のもの。
富山南とありますので、市内のほかの局にも風景印があるようですね。
お城の近くで投函したので、今度行くチャンスがあったら
ほかのポストに投函してみましょう。

実はもう一か所投函したのですが、それはまだ届きません。
砺波市のような事が起こらないよう、郵便局名を指定して投函したのです。
郵便局の方、お手を患わせてごめんなさい・・・・
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-25 12:38 | 風景印 | Comments(0)

井波

f0202151_20282113.jpg

井波は門前町というのでしょうか
見事なまでに街が保存されていて
しかも町全体がミュージアムなんです。
家という家には木彫りの看板が掲げられていて
f0202151_20302713.jpg

ほら、私の干支の牛や
f0202151_203058100.jpg

おめでたい鳳凰
f0202151_20312456.jpg

こんなおなかをした布袋様など、もうい~~~っぱい!!
これらを探して歩くだけで一日を費やしそうです。

突き当たりにある瑞泉寺も見事なものでした。
f0202151_2033379.jpg

内部はいけないけれど外側は撮影可ということでしたが
私の腕では力不足です。こちらからどうぞ。

井波彫刻総合会館には、ため息の出るような木彫りの作品が展示してあります。
お値段を見てもため息が出ますが
これは原木の値段、彫る技術、かかった日数などを考えると
妥当な値段のように思います。
f0202151_20471186.jpg

こんなでっかい七福神が出迎えてくれますよ。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-09-24 20:49 | 絵手紙 | Comments(12)