カテゴリ:よもやま話( 185 )

教えてください

f0202151_15234658.jpg
スマホで、フェイスブックを見ていたらこんな警告が出てきました。
これはどうしたらいいですか?
ご存知の方教えてください。



[PR]

by kyo-ko5 | 2017-05-28 15:25 | よもやま話 | Comments(4)

一か月が過ぎました

f0202151_11193541.jpg
3月2日に孫が誕生して一か月が過ぎました。
一か月検診もクリアして、息子家族は自宅に帰っていきましたので
我が家には、通常の生活が戻ってまいりました。
自分の部屋も少しずつ元の状態に戻して
絵手紙を描きたいと思います。

画像は10年以上も前に作って、作品展に展示した紙猫です。
新聞紙を適当に丸めて和紙を貼り、絵付けしたものです。
絵手紙ですから、後ろには言葉を添えてあって
星を持った猫には「希望の星を届けます」と書いてあります。
絵手紙が描けるようになるまで、少しずつ登場させますね。

[PR]

by kyo-ko5 | 2017-04-05 11:28 | よもやま話 | Comments(4)

小牧ワイナリーで

f0202151_19520507.jpg
小牧ワイナリーは、障害のある人がぶどうをつくりワインを販売する
「ななつぼし葡萄酒工房」として2年前に作られた施設です。
及ばずながら応援をしたいと、夫も会員に登録しています。

先日、ここからこんなお知らせが送られてきました。
南正文さんという方の作品展です。
f0202151_20074370.jpg
f0202151_20075721.jpg

2012年にお亡くなりになられたそうですが
経歴を読むと、小学3年生の時家業の手伝いをしていて
両腕を失われたのだそうです。
14歳の時、大石順教尼に師事したと書かれているのを見て
大いに興味をそそられました。

大石順教は、昨年九度山に旅した時に知って
買ってきた本を一気に読んだものです。

おふたりとも不慮の事故で両腕を失われており
その後絵を描かれています。

ぜひその方の絵を拝見したく、ワイナリーは近くなので
行ってみたいものだと思っています。

3月10日から「信長」というワインも販売されるそうですよ。




[PR]

by kyo-ko5 | 2017-02-23 20:23 | よもやま話 | Comments(4)

春の味覚

f0202151_19214199.jpg

立春が過ぎたと思ったら、浜松のお嫁ちゃんの実家から
早くも春の味覚を届けていただきました。
浜松は玉ねぎの産地なので、新玉ねぎです。
あまり日持ちがしないものですから
今夜は早速、放射状に切り込みを入れ
レンジでチンしてから、鰹節とポン酢をかけていただきました。
f0202151_19262118.jpg

春の味覚を堪能しました。
一人一個ぺろりと食べられます。

上のお雛様は15センチの折りで作っています。
折り方はこちら
簡単なので試してみてください。
[PR]

by kyo-ko5 | 2017-02-05 19:41 | よもやま話 | Comments(8)

コメント書いています

f0202151_20271951.jpg

年賀状、一応表も裏も描き終えて、コメントに入りました。
仲良くしてもらってる人には、コメント書きたい。
年賀状だけのお付き合いになった人にも、コメント書きたい。
というわけで、結構長々と書いてしまう人もいて
だんだん手が痛くなってきます。

画像はラメ糊を乾かしているところです。
このタイプのほとんどは、昔からの友達のところに行く予定です。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-08 20:33 | よもやま話 | Comments(4)

岡山へ行きます

岡山の実家に行く用事が出来ましたので、出かけてきます。
次回の更新は、11月の中旬くらいになります。

私の実家のある蒜山は、一週間前に地震のあった倉吉市と
県境を隔てて隣同士なんです。
ですから地震の揺れはかなりひどかったようで
棚のものが落ちたり、お墓の灯篭が倒れたりしたとか。
親戚に地震見舞いにも行く予定です。

というわけで、またまたしばらくお休みさせていただきます。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-10-28 21:51 | よもやま話 | Comments(2)

カットされてましたね

f0202151_20503538.jpg

今日の「こころ旅」で私たちは完全にカットされてましたね。
朝、あれだけ写ったので良しとしましょう。

日本最東端の駅には行きませんでしたが
最東端の郵便局には行ってきましたよ。
f0202151_20533390.jpg

珸瑤瑁(ごようまい)郵便局というそうです。
f0202151_20554164.jpg

これは正平さんも寄り道して見に行かれた「車石」です。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-21 20:57 | よもやま話 | Comments(0)

今夜です

f0202151_8404989.jpg

私たちが、火野正平さんに出会った日の放送は今夜です。
朝の15分バージョンに、夫が「正平さ~~~ん!」と声をかけながら
追い越していく我が家のVOXYが映っていました。
この後、左の空き地に車を止めて写真を写したんですよ。

私たちのほうが先に目的地である花咲小学校に行ったんですね。
100名城のスタンプを押してもらうため、隣の建物に行ったので
小学校の正面の画像はありません。
夫が写しているかしら?

今夜の放送が楽しみです。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-07-21 08:48 | よもやま話 | Comments(0)

大失敗

f0202151_2032263.jpg

友達の旅行記を読んでいたら
この前沖縄旅行の帰りに大失敗したことを思い出しました。
f0202151_20333770.jpg

帰宅するには、セントレアで飛行機を降りてから、名鉄電車に乗り換えます。
改札はマナカ(乗車券と電子マネーが一緒になったカード)で通りました。
乗りたい電車まで時間があったので、待合室に入りました。
しばらくして「行くぞ」といわれて電車に乗り込んだのですが
「あれ?!マナカは?」
待合室に忘れてきたようです。
急いで夫が見に行ってくれましたが、もうなかったそうです。
f0202151_20415961.jpg

乗換駅の金山について、窓口で訴えました。
その時、2重払いになりますが、
現金を払えば改札を通してくれるかと思ったのです。
ところが駅員さんは
「では、捜索しますので、駅長室へ行ってください」と言われました。
駅長室に行って、同じことを訴えると
「一応電話してみましょう」と、電話をかけてくださいました。
すると「一枚、届いています」と言われるではありませんか。
f0202151_2047490.jpg

そこでおおよその残高と、カードを使った履歴を聞かれました。
「あってますね、これはあなたのカードに間違いないでしょう。
ただ、ここにそのカードが届けられるのは○時間後なので
後日こちらまで取りに来ていただけますか」・・・と。
f0202151_20551254.jpg

セントレアで改札を入った記録は消去してくださって
改めて現金を支払って、改札を出していただきました。
カードは数日後夫が受け取りに行ってくれて一件落着しました。

初めて駅長室なる部屋へ入ったこと
カードの残高を聞かれて、あまりの少なさに恥ずかしかったこと。
大失敗した経験でした。



沖縄ではあちこちにシーサーがありますが
2番目の画像は首里城のお手洗いの蛇口です。
f0202151_218327.jpg

こんな大きいのもありました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-05-18 21:12 | よもやま話 | Comments(10)

無私の日本人

f0202151_1131473.jpg

「この本読んでみて」と夫から「無私の日本人」という本を渡されたのは昨年でした。
その中のお話が、このたび映画化されたので昨日見てきました。
「殿、利息でござる!」という映画です。
スケートの羽生君が出演しているのも楽しみのひとつでした。

このお話のもとになった方の子孫は
「決して人に話してはならない」という家訓のために
今まで地元の限られた方しか知らなかったらしいですが
このたび、書籍化されたり映画になったりで
大勢の人の知るところになりました。
それはそれでよいことだったと思います。
http://hon.bunshun.jp/articles/-/1228?page=2
リンクを貼りたいのですが、パソコンが新しくなってから
やり方がわかりません。↑ここにアクセスしてみてください。

羽生君のお殿様ぶりも良かったです。
裏話に織田信成君が「僕は氷上のお殿様というBlogをずっとやっているのに
この映画のオファーが来なかった」なんて言っていましたが
仙台のお話ですから、ここは羽生君でしょう037.gif
織田君もかわいくて大好きです。

絵手紙は布で作られたフクロウを描いたものです。
細かい柄を書き写すのは大変なので、和紙を貼りつけました。
和紙は(私にとって)高いので、小さなものも取り置いてありますが
このたび越前で沢山買ってくることができたので
小さな切れ端を使ってしまおうとやってみました。
f0202151_11362670.jpg

[PR]

by kyo-ko5 | 2016-05-17 11:39 | よもやま話 | Comments(4)