警察からの間違い電話

f0202151_14422244.jpg
つい先日、間違い電話の話題をUPしたばかりですが
今度は警察からの間違い電話を受けました。

昨日、外出からの帰宅途中、車の中でその電話を受けとりました。
カーラジオが鳴っていたりしたので電話に気が付くのが遅く、
バッグから携帯電話を取り出すと、すぐに呼び出し音が止まってしまいました。
着信履歴を見ると「052-×××-0110」・・・名古屋の警察ではありませんか!
息子か娘が、事件か事故に遭遇したのか!!
胸がドキドキしました。
吹き込まれた留守電を聞いても、内容が聞き取りづらく
さっぱり要領を得ません。
折り返し電話をすると、電話をくれた男性ではなく、女性の声でした。

少し待たされた上での返事はこうでした。

電話をかけた本人は、今ほかの電話で話しています。
しかし、あなたにかけた電話は間違いでした・・・・・と。

それを聞いて、なんだかどっと疲れてしまいました。
11桁もあれば、ボタンを押し間違えることもあるでしょうけどね・・・・

スマホから、Blogにコメントが入っているのは確認していましたが
帰宅してからもパソコンを開く気力もなく寝てしまいました。
沢山眠ったはずなのに、何だか今日もぼーっとしています。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-25 15:15 | 絵手紙 | Comments(0)

孫と絵本

f0202151_21542826.jpg
孫にはできるだけ沢山の本を読んでやりたいと思っています。
でも本屋さんへ行くと、棚の中からどの本をチョイスするか
悩むばかりで決められません。

なので、これは図書館を利用しようと考えました。
いろいろな本を読み聞かせていくうちに、好みもわかるだろうから
それから私の虎の子から買ってやってもいいなと。

以後、一度に10冊くらいを借りてきて読んでやりますが
なかなか成果が見えてきません。
我が家へきて遊ぶのに飽きてくると
「おばあちゃん、you tube」と私のパソコンを独占しています。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-23 22:09 | 絵手紙 | Comments(4)

声のアンチエイジング

f0202151_21003628.jpg
絵手紙は生ものと同じですよ。
旬をはずさないようにしましょうって人には言いますけれど
この絵手紙は、とうに旬をはずしちゃってますね。
我が町のつつじは、とっくに終わってしまいました。
この絵手紙自体は、4月20日ごろのつつじが咲き始めた時に描きましたが
UPが大変遅れてしまいました。
気候も、もう夏みたいになって、言葉の旬も遅れてますね。

さて話は変わって、私の携帯に知らない番号から電話がかかってきました。
以前、知らない番号だけど出て見たら、知っている人だったことがあるので
今回も恐る恐る電話に出てみたら、今度は間違い電話でした。
夫が「どんな人だった?」と聞くので
「私が言うのはおこがましいけど、おばあさんの声だった」

そう答えると「普段あまり声を出さない人だと、
そういう声になりやすいらしい」と言うのです。

そうか、歌手などは普段からボイストレーニングをしているから声が衰えないのかな?
では私たちのような凡人は、せいぜい楽しくおしゃべりして
声のアンチエイジングにつとめましょうか。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-22 21:27 | 絵手紙 | Comments(4)

旅行に連れて行った絵手紙たち

f0202151_19503701.jpg
一気に気温が上がって、昨日までは長袖または七分袖の服を着ていましたが
今日は半袖のTシャツになりました。
体調を崩さないように気をつけなくちゃ。

さて、先日の東北旅行に連れて行った絵手紙を少し紹介します。

一枚目は、亡き母がフィルムケースを使って手作りした人形です。
不思議なのは、昔人間で常識的な母が
人形の髪の毛に、赤や紺色の紙を使っていることです。
今はもう聞くことができません。
実家の整理をしたときに、我が家へ連れてきた人形です。
f0202151_19504871.jpg
これは箸置きのような小さな陶器の人形を見て描きました。
旅行中、来年の年賀状用に犬の民芸品がないかなと探しましたが
見つけることができませんでした。
f0202151_19504352.jpg
ちょっと小さな、房でしたが5本で98円で買いました。
子供の頃は高価で食べることができませんでしたが
今は毎朝、夫と一本を半分こして食べています。
f0202151_19505284.jpg
この子もちょくちょくモデルをお願いします。

絵手紙を送りたい人はたくさんいるのですが
お返事をお待たせしている方をメインに、送りました。
風景印をお願いした局の局員さん、一度に20枚押すのは大変だったでしょうね。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-21 20:15 | 絵手紙 | Comments(2)

風景印

f0202151_21285532.jpg
このたびの旅行でゲットした風景印です。
右の金木局の印は、斜陽館で葉書と斜陽館の切手のセットを購入して送りました。
f0202151_21285187.jpg
青森中央郵便局のものは、すでに友達に送ってもらって持っているのですが
酸ヶ湯温泉で投かんした葉書が、青森中央郵便局へ行ったようです。
地方のポストで投かんするときは「○○局の風景印で」と書いて置くのですが
今回はそれを忘れてしまいました。
f0202151_21284613.jpg
弘前は、リンゴの町というキャッチフレーズでした。
風景印もりんごの形でかわいいですね。

左の印は、あまりにもひどいので、やり直しをお願いしようと思っています。
これからお願いする方に、こんな押し方では困りますものねぇ~
f0202151_21284145.jpg
これは、北海道の交流の方が送ってくださいました。
私のために郵便局を回ってくださったようで、感謝いたします。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-20 21:42 | 風景印 | Comments(6)

八戸の蕪島と根城

f0202151_17251918.jpg
順番が逆になってしまいましたが、八戸の蕪島へも行きました。
ここはウミネコの繁殖地で、たくさんのウミネコが島の上を飛んでいるのがわかるでしょうか?
ここに行くときは傘を差さないとだめだと、八戸の友達に聞いていましたが
忠告を思い出すまでもなく、雨が降っていたので傘をさしていましたが
その傘をうまくよけて、ズボンにウンが降りかかってきました。143.png
f0202151_17252540.jpg
砂浜にもウミネコがいて、みんな同じ方向を向いているのが面白かったです。
ここは海水浴場にもなっているようでしたが、大丈夫なのかなぁ~・・・・ウン・・・・
f0202151_17253177.jpg
この上に社殿があったようなのですが、火事で焼失したそうです。
そのうち観光バスが着いて、たぶん中国の人が大勢バスから降りてこられたので
私たちは早々に引き上げました。
f0202151_17270938.jpg
次は100名城である根城に行きましたが
地元の方でも「ここはお城なの?」と言われるそうです。
1334年に築城されたそうですが、石垣や天守などが全くないので、そう思われるのでしょうね。
f0202151_17254304.jpg
館は、こういう感じで復元してあり、中を見学することができます。
ボランティアガイドさんに案内していただきましたが
私は予備知識がないのと、ガイドさんのちょっと訛りのある話し方で
正直なところあまりよく理解できませんでした。
その昔、津軽より南部のほうが上にいたのに、津軽がうまく立ち回って
南部はしぶしぶ下に付かなければならなかった・・・というような話をされて
今でも南部の人たちは津軽を快く思っていない…そういうニュアンスを
ガイドさんの話し方から感じたと、夫が話していました。
・・ごめんなさい。自分がよく理解していないことは
言い回しに失礼なところがあるかもしれません。
f0202151_17271526.jpg
この方が当時の領主だったそうです。
f0202151_17260007.jpg
お城の中に、雷が落ちたけれどもそれに耐え抜いたという銀杏の大木がありました。
f0202151_17260644.jpg
これが燃えたあとです。
こういう木を見ると、勇気がもらえますね。





[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-20 18:00 | お出かけ | Comments(0)

十和田湖から奥入瀬渓流、酸ヶ湯温泉

f0202151_20503615.jpg
十和田湖へ行くまでの峠道は濃霧でした。
おまけに道の両脇と山林の中は、たくさんの雪が残っていました。
十和田湖へ着いたら、この雪景色を写そうと思っていましたら
到着してみると、雪は跡形もありません。

駐車場にはこんな楽しいおじさんがおいででした。
お願いするとこんなポーズをとってくださいましたよ。
帽子とネクタイについているのはルパン三世です。
日焼けされたお顔から、働きぶりがうかがわれますね。

丁度お昼時でしたので、後ろに見える「みずうみ亭」で山菜うどんを食べました。
f0202151_20510647.jpg
山菜は、ここの食堂の方が自ら採取されるそうで
丁度山から帰ってこられた方が、その日の収穫を見せてくださいました。
f0202151_20523788.jpg
山の上が濃霧ということは、湖も見通しが悪かったです。
まだ木の葉が芽吹いていない、冬のような景色ですね。

十和田湖といえば、乙女の像でしょうと、見たいと主張したのですが
ここの場所から、さらに車で15分、そこからまた徒歩で15分ということで
私の足ではとても15分では歩けないだろうと、夫に却下されてしまいました。
f0202151_20530752.jpg
いつも「徒歩で○○分」と表示してあるのを見て思うのですが
どんな人が歩いて、それだけかかるんでしょうね。
f0202151_20551112.jpg
そんなわけで次の目的地、奥入瀬渓流へ行きました。
ここは私の腕と、私のカメラでは写せないと思ったら・・やっぱり駄目でした。
f0202151_21362033.jpg
動画なら雰囲気が伝わるかと思うのですが
Blogに動画をUPしたことがないので、わかりません。
f0202151_21391228.jpg

f0202151_21471240.jpg

f0202151_21481364.jpg

f0202151_21485766.jpg
ほんの一部UPいたしますのでお笑いください。
f0202151_21155380.jpg
次は酸ヶ湯温泉へと向かいましたが、またまたご覧のような深い霧の中です。
運転する夫は怖かったでしょうね。
酸ヶ湯温泉についてみれば、こちらの方が雪がたくさん残っていました。
f0202151_21174497.jpg
雪が解けて春になるのはいったい何月なんでしょうね。
f0202151_21162383.jpg
もっと雪の写真を写したかったのですが、雨が強くなってきて写すことができませんでした。

日帰り温泉には、スキーを担いだ人も何人かいて
山に行った帰りに立ち寄る人が多いようです。

夫は混浴の方に入りましたが、男女の間には仕切りがあって
実際には見えなかったそうです。
外国の方が多かったと言っていました。

この日は最終日で、夜の飛行機で帰途に就くのですが
温泉から出て車に乗り込んでみれば、自分たちの体から温泉のにおいがプンプンして
飛行機に乗った時、周囲の人ににおわないかと心配になりました。
19時50分発の便でしたが、どうだったんでしょうね~



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-19 21:59 | お出かけ | Comments(2)

木造駅 もう一度

f0202151_16215303.jpg
木造駅が、ちょっと暗いイメージですね、というコメントがありましたので
夫の画像を借りてきました。
曇り空だったせいかな・・・こちらも似たような感じに映っています。
駅舎ってこんなふうなのかな、駅だけがポツンとあるでしょう?
f0202151_16215843.jpg
駅の前にある建物はこんな感じで
せっかくこんな駅舎を作ったのに、もっと活性化させないともったいないなと思いました。
それぞれの自治体の事情があるのでしょうね。



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-19 20:48 | お出かけ | Comments(0)

木造(きづくり)駅

f0202151_20134482.jpg
この駅舎のことを知ったのは、JAFの冊子だったように思います。
水彩画でしたので、左右もきれいに彩色されていましたが
行ってみると、駅舎だけがポツンとあるという感じでした。
これは亀ケ岡遺跡から発掘された遮光器土偶がモチーフになっています。
f0202151_20134802.jpg
下から見上げてみました。
f0202151_20135360.jpg
左の駅の入り口は、ごく普通の大きさですから
足の太さを想像してみてください。

こんな立派な駅舎がありながら、駅前はさびれた感じで
もっとアピールして活性化すればよいのにと思いました。
私たちもこの駅を見ただけで、引き返してしまいましたから。
f0202151_20135944.jpg
これは走る車の中から写したのでわかりにくいのですが
木造駅から次の目的地へ向かう途中、延々とりんご畑が続いていました。

ここへ来るまでに見た広大な選果場に、おびただしいパレットが積まれているのを見ました。
これほどまでに必要なのかと思いましたが、このりんご畑を見たら納得できました。
収穫のシーズンにはたくさんのフォークリフトも右往左往しているんでしょうね。

今度りんごを買ったり食べるときは、このりんご畑の風景を思い出すことでしょう。

白いりんごの花を見ながら「りんご~の 花びらがぁ~」とか「りんご畑のお月さん こんばんは」
「赤いリンゴに唇よせて~」「私は真っ赤なりんごです」等々
(どれも古すぎるぅ~~~~~)(;^_^A💦
知っている限りのりんごの歌を歌いましたよ。




[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-18 20:57 | お出かけ | Comments(2)

斜陽館

f0202151_19405983.jpg
斜陽館・・・・太宰治の生家で、太宰治記念館になっています。
私は太宰の作品を「走れメロス」くらいしか知らなくて
読書好きな夫の、強い希望で行きました。
「斜陽」もさわりくらいは読んだのですが
お母様がスウプのスプーンをひらりと口に運ばれた・・・というような描写があって
知らない世界にびっくりしたことがあります。
ひらり、という言葉がとても優雅に感じました。
f0202151_19411518.jpg
一歩足を踏み入れると、この広い広い土間がありました。
f0202151_19412661.jpg
土間の向こうにはレンガの建物があって、とてもいい感じでした。
f0202151_19415589.jpg
お仏壇も立派です。
f0202151_19414756.jpg
2階へ上がる階段の見事なこと。
でも太宰は「風情も何もない、ただ大きいのである」と何かに書いているんですよね。
f0202151_19413654.jpg
面白いと思ったのはこの部屋です。
壁もドアも天井の照明も洋風なのに、床は畳なんです。
f0202151_19420551.jpg
斜陽館の前にあるバス停の標識です。
旅行しててもなかなか方言を聞くことがないのですが
斜陽館では、入場券を売る方と話していたら「したらば・・・」と言われて
おぉ~~っと嬉しくなりました。

では、今日はこの辺で「へばな~~」「また読んでけろ~」



[PR]

# by kyo-ko5 | 2017-05-18 20:05 | お出かけ | Comments(0)