蕎麦食べ歩き

f0202151_19382352.jpg
昨年夫が、山陰の地方紙を買ったことがきっかけで
帰省の時、お蕎麦屋さん巡りをするようになりました。

今年も3軒まわりました。
f0202151_19385585.jpg
足立美術館へは開館直後より、午後の方が人が少ないだろうということで
まずは、蕎麦屋さんで腹ごしらえをしました。
・・・で、着いた駐車場が上の写真。
「え?」製麺工場と書いてあります。
工場で作りたてを食べさせるところかな・・・と思ったら
f0202151_19390193.jpg
お店はこちらでした。
でも・・「え?」・・・なんて風情のない・・・と思いましたが
あまりの人気に、店の正面に待合所を作ったため
玄関がふさがれてしまっているのでした。(左の建物)
おかげで涼しい場所で順番を待つことができました。
f0202151_19391582.jpg
私は、出雲ではないけれど、島根県へ来たのだからと割りごを注文しました。
3段で、一人前です。
f0202151_19392036.jpg
夫はおろしそばを注文しました。
こちらもおいしそう。

ここで出してくださるお茶は、だったん蕎麦茶です。
f0202151_19392909.jpg
別の日に行ったのは、蒜山の「叉木」です。
ここは以前紹介したことがありますが
玄粉蕎麦と丸抜き蕎麦の2種類があり
それの、ざる蕎麦かあたたかい蕎麦しかメニューがありません。
私が注文したのは、玄粉蕎麦のざるです。

私たちがここへ来たのは3度目で
2回目の時あたたかい蕎麦を注文しましたが
食べてみた結果、ざるそばの方がこしが味わえていいと思いました。

ここで出されるのは、くろもじ茶です。

お店の横に「ご自由にお持ち帰りください」とそば殻を置いてありました。
夫が「枕を作って欲しい」と一袋貰って帰りましたから
近いうち作らなくちゃね。
f0202151_19393340.jpg
こちらは倉吉の土蔵蕎麦。
土蔵の中にお蕎麦屋さんがあります。
2段のわりごで、器が陶器でした。

ここのお茶は、はま茶だそうで、
お蕎麦屋さんによって、それぞれお茶にこだわりがあるのも面白いと思いました。

絵手紙は、田舎でもらったお野菜のお礼状です。



[PR]

by kyo-ko5 | 2017-08-09 20:31 | お出かけ | Comments(0)