マッサージ

f0202151_16110455.jpg
この狛犬は「陝西歴史博物館」のエントランスホールでスケッチしました。
陝西歴史博物館は周恩来の提案で作られたものです。

足が痛かった私は、一階フロアの展示だけを見てあとはスケッチをしながら待っていました。
夫がここは素晴らしかったと、帰国してからも言います。
f0202151_16113910.jpg
狛犬って、日本の神社でもみんなそれぞれ違う形をしているんですよね。
見るたびにスケッチしたいなと思うんですけど
今回も、できるだけ写真を写してきました。
f0202151_16114805.jpg
さて、何度も言いますように2日目にたくさん歩いて、私は靴擦れをしてしまいました。
一番履きなれた靴は、たくさん履きすぎて、直前に穴が開いてしまったことがわかって
中国には2番目に歩きやすい靴で行ったのです

出かける前に、痛み止めなど薬もいろいろ持参しましたが
旅行で靴擦れはしたことが無かったので、ばんそうこうはうっかりしていました。
ツアーの皆さんに「どなたかお持ちじゃありませんか」と訪ねたら、
分けてくださった方がありましたので、それを使わせてもらいました。
f0202151_16115306.jpg
しかし夜中に足がつるというハプニングもあって
三日目の夜はオプションにも参加しなかったので、マッサージをお願いすることにしました。
f0202151_16115826.jpg
部屋に来てくださったのは、男性の方で
まず肩をもみほぐしてくださったあと、足にうつります。

足の指一本一本と、足の裏を丁寧にマッサージしてくださるのですが
こんな施術を受けたのは初めてなので、なんだか恥ずかしい気がしました。
膝から下も、パンパンとたたいたりしてくださって
その晩は足がつることもなく眠ることができました。

帰国してからも、足の調子がいいので、また施術を受けに中国に行きたいなぁ(笑)
料金は320元で、これはガイドさんに払いました。
f0202151_16120236.jpg

f0202151_16281954.jpg
昨日うっかり忘れていましたが、中国の人はビールを常温で飲むそうです。
私たちが食事をする場所では冷たいビールを出されましたが
あらかじめガイドさんが「日本人を案内するから冷やしてください」
とお店にお願いしてくださるようです。

朝、ホテルで飲むコーヒーとか紅茶はぬるめでした。
飛行機でもらったコーヒーも味がいまいちだったので
2回目からは、お水をもらいました。

スターバックスもあちこちで見かけて
中国ではスターバックスのコーヒーが一番おいしいが
なかなか浸透しないとガイドさんがおっしゃってました。
f0202151_17050895.jpg
これは大唐芙蓉園のスターバックスです。
f0202151_17080592.jpg
このマークを見たらわかりますよね。
f0202151_16282664.jpg
もうひとつ、ホテルのインテリアです。
私は、こういう派手派手なのが好きです。




[PR]

by kyo-ko5 | 2017-07-20 17:18 | お出かけ | Comments(2)

Commented by なお at 2017-07-20 18:14 x
靴ズレ、大変でしたねえ。
私も毎回靴で失敗するのですが
北海道の時は最悪で、最後の函館の日は泣きそうでした。
やはり旅行となると靴を履いてる時間が長いので
よほど履き慣れた靴じゃないとダメですね。

足のマッサージ、気持ち良さそうです!!
いいなあマッサージしに中国へ(笑

↓のお料理も興味深く読ませて頂きました。
ご飯・・・どんな味なんでしょう?
中国料理は好き嫌いがあっても
好きな物を選んで食べていたらいいのは良いですね。
Commented by kyo-ko5 at 2017-07-20 20:51
あ、なおさんも靴擦れされたお話聞きましたね~
6月に東京へ行った時雨が降ったのですが
その時水がしみて、靴底に穴が開いてるのに気が付きました。

すでにご承知のように、外反母趾なので
同じメーカーの、同じデザインの靴を履き続けていますが
色が違うと材質が違うらしく
履き心地が微妙に違うんですよね。
それで穴が開いてしまうほど、
同じ靴を履いてしまったのです。

この旅行のために新しく買い替えても
同じ靴でも新しい、足になじんでない靴。
それでNO2を履いて中国に行ったわけです。

しかも中国では歩く歩く・・・・
写真を撮るために、遅れては走り・・
かなり足を酷使して、
夜なかにはつってしまう羽目になりました。

今迄マッサージや整体を受けたことがありますが
中国で施術されたのは一味違いました。
でも男性に、指の一本一本をマッサージされるのは
恥ずかしかったですよ。

ご飯?・・・・においが独特。
パサパサした感じで
私がどんなに失敗しても
こんな炊き方にはなりません。
一度で懲りて、ご飯は食べませんでしたが
たいてい麺が出てくるし
ほかのものでおなか一杯になりました。