村上市

f0202151_19581085.jpg

f0202151_19585860.jpg
北海道でもまっすぐな道に感動しましたけれど
村上市へ続くこの道もまっすぐです。
f0202151_20054990.jpg
そして両サイドに見える、この平野の広さ!
越後平野に感動しっぱなしでした。
f0202151_19590249.jpg
村上市では、駅前にあるこの旅館に泊まりました。

村上市のことを知ったのは、何年前でしょうか。
夫が買ってきた本で「人形で町おこしをした」ということを読みました。
行ってみたいけど遠いなぁというのがその時の感想でしたが
今回ついに行けることになって、とても期待を膨らませて行きました。
f0202151_19595908.jpg
まず行ったのはイヨボヤ会館ですが、楽しかったですよ~→こちら
イヨボヤとは村上で鮭のことをこう呼ぶそうです。
青砥武平治という人のことも初めて知りました。→こちら
クリックして読んでみてください。
すごい人がいたものですよね~~
f0202151_20000648.jpg
一番感動したのはこの展示スペースで、
実はこれ、川の中が見えるようにしてあるんです。
最初それを知らなくて、なんだかあまり魚のいない水槽だなぁと思いましたが
川の中だと分かって、一転「なんと豊かな川だろう!」と感じました。
夫が向こう岸も見えると言うのですが、私には見えなくて
子供用の踏み台に乗ってやっと見ることができました(笑)
f0202151_20001004.jpg
通路には、鮭の絵を描いたものを延々ぶら下げてありましたが
このあと、本物の鮭も見ることができました。
f0202151_20011841.jpg
これです!
鮭の漁の季節しか見ることができないのかと思っていましたので、嬉しかったです。
f0202151_20021409.jpg
ね、すごいでしょ!!
これを薄くスライスしたものを「鮭とば」として売っていましたので
息子や娘たちにお土産に買いました。
食べる前にお酒に浸すとおいしいそうです。

そうそう、旅館の朝食では「鮭の焼き浸し」なる郷土料理をいただきました。
鮭を焼いてから、出汁に漬けてある保存食なのだそうです。
f0202151_20013415.jpg
鮭をつるしてあるお店の座敷です。
f0202151_20015646.jpg
戸口から見えるシャクナゲがきれいでした。
f0202151_19593726.jpg
これはお城の麓です。
夫は途中まで登りましたが、私は車で待っていました。
f0202151_20004793.jpg

f0202151_20005188.jpg

f0202151_20021847.jpg

f0202151_20482332.jpg
え~~っと、ここはなんていったかな?
黒い板塀などがずっと続く趣のある通りでした。
f0202151_20475392.jpg
夫は地酒を買って、私は郵便局によって風景印をもらい
楽しい村上観光でした。

絵手紙のヒョウタンを持った猫は、お店に飾ってあったものです。




[PR]

by kyo-ko5 | 2017-06-28 21:05 | お出かけ | Comments(2)

Commented by guuchan at 2017-06-29 07:51 x
村上鮭を知ったのは、数年前です。
各家庭でも干していて、食べるときに取り込んで・・・
 わぁ~面白い!!
高校でもぶら下げてありました。

 そうそう、北海道の千歳空港の近くで
こうして川の中が見られる水族館(?)があります。
 鮭の遡上が見られたの~
大感激でした。

 それにしても、素敵な旅を続けられましたが
何日間行かれたのですか?
 思い出を織りこんでいかれている気がします♪
Commented by kyo-ko5 at 2017-06-29 16:47
guuchan、鮭の遡上が見られたなんて最高ですね。

夫が定年になったとはいっても
何やかやとしがらみがあって
桜とか紅葉とか、丁度良い時期には
なかなか出かけられませんね。

今回も「なんで梅雨の時期に?!」と突っ込まれそうでしたが
ここしか、まとめて日にちをとれなかったのです。
今回行ったのは5日間でしたが
帰る道中夫が「夢のような五日間だったね」と言ったので
満足したのだと嬉しく思いました。

年を経るごとに、いろんなリスクが増えるので
行けるときに楽しもうと思います。

8月は、蒜山へ行けるのと
月末にすっごい楽しみができました!
それまで日々の生活を頑張ろうと思います。