八戸の蕪島と根城

f0202151_17251918.jpg
順番が逆になってしまいましたが、八戸の蕪島へも行きました。
ここはウミネコの繁殖地で、たくさんのウミネコが島の上を飛んでいるのがわかるでしょうか?
ここに行くときは傘を差さないとだめだと、八戸の友達に聞いていましたが
忠告を思い出すまでもなく、雨が降っていたので傘をさしていましたが
その傘をうまくよけて、ズボンにウンが降りかかってきました。143.png
f0202151_17252540.jpg
砂浜にもウミネコがいて、みんな同じ方向を向いているのが面白かったです。
ここは海水浴場にもなっているようでしたが、大丈夫なのかなぁ~・・・・ウン・・・・
f0202151_17253177.jpg
この上に社殿があったようなのですが、火事で焼失したそうです。
そのうち観光バスが着いて、たぶん中国の人が大勢バスから降りてこられたので
私たちは早々に引き上げました。
f0202151_17270938.jpg
次は100名城である根城に行きましたが
地元の方でも「ここはお城なの?」と言われるそうです。
1334年に築城されたそうですが、石垣や天守などが全くないので、そう思われるのでしょうね。
f0202151_17254304.jpg
館は、こういう感じで復元してあり、中を見学することができます。
ボランティアガイドさんに案内していただきましたが
私は予備知識がないのと、ガイドさんのちょっと訛りのある話し方で
正直なところあまりよく理解できませんでした。
その昔、津軽より南部のほうが上にいたのに、津軽がうまく立ち回って
南部はしぶしぶ下に付かなければならなかった・・・というような話をされて
今でも南部の人たちは津軽を快く思っていない…そういうニュアンスを
ガイドさんの話し方から感じたと、夫が話していました。
・・ごめんなさい。自分がよく理解していないことは
言い回しに失礼なところがあるかもしれません。
f0202151_17271526.jpg
この方が当時の領主だったそうです。
f0202151_17260007.jpg
お城の中に、雷が落ちたけれどもそれに耐え抜いたという銀杏の大木がありました。
f0202151_17260644.jpg
これが燃えたあとです。
こういう木を見ると、勇気がもらえますね。





[PR]

by kyo-ko5 | 2017-05-20 18:00 | お出かけ | Comments(0)