十和田湖から奥入瀬渓流、酸ヶ湯温泉

f0202151_20503615.jpg
十和田湖へ行くまでの峠道は濃霧でした。
おまけに道の両脇と山林の中は、たくさんの雪が残っていました。
十和田湖へ着いたら、この雪景色を写そうと思っていましたら
到着してみると、雪は跡形もありません。

駐車場にはこんな楽しいおじさんがおいででした。
お願いするとこんなポーズをとってくださいましたよ。
帽子とネクタイについているのはルパン三世です。
日焼けされたお顔から、働きぶりがうかがわれますね。

丁度お昼時でしたので、後ろに見える「みずうみ亭」で山菜うどんを食べました。
f0202151_20510647.jpg
山菜は、ここの食堂の方が自ら採取されるそうで
丁度山から帰ってこられた方が、その日の収穫を見せてくださいました。
f0202151_20523788.jpg
山の上が濃霧ということは、湖も見通しが悪かったです。
まだ木の葉が芽吹いていない、冬のような景色ですね。

十和田湖といえば、乙女の像でしょうと、見たいと主張したのですが
ここの場所から、さらに車で15分、そこからまた徒歩で15分ということで
私の足ではとても15分では歩けないだろうと、夫に却下されてしまいました。
f0202151_20530752.jpg
いつも「徒歩で○○分」と表示してあるのを見て思うのですが
どんな人が歩いて、それだけかかるんでしょうね。
f0202151_20551112.jpg
そんなわけで次の目的地、奥入瀬渓流へ行きました。
ここは私の腕と、私のカメラでは写せないと思ったら・・やっぱり駄目でした。
f0202151_21362033.jpg
動画なら雰囲気が伝わるかと思うのですが
Blogに動画をUPしたことがないので、わかりません。
f0202151_21391228.jpg

f0202151_21471240.jpg

f0202151_21481364.jpg

f0202151_21485766.jpg
ほんの一部UPいたしますのでお笑いください。
f0202151_21155380.jpg
次は酸ヶ湯温泉へと向かいましたが、またまたご覧のような深い霧の中です。
運転する夫は怖かったでしょうね。
酸ヶ湯温泉についてみれば、こちらの方が雪がたくさん残っていました。
f0202151_21174497.jpg
雪が解けて春になるのはいったい何月なんでしょうね。
f0202151_21162383.jpg
もっと雪の写真を写したかったのですが、雨が強くなってきて写すことができませんでした。

日帰り温泉には、スキーを担いだ人も何人かいて
山に行った帰りに立ち寄る人が多いようです。

夫は混浴の方に入りましたが、男女の間には仕切りがあって
実際には見えなかったそうです。
外国の方が多かったと言っていました。

この日は最終日で、夜の飛行機で帰途に就くのですが
温泉から出て車に乗り込んでみれば、自分たちの体から温泉のにおいがプンプンして
飛行機に乗った時、周囲の人ににおわないかと心配になりました。
19時50分発の便でしたが、どうだったんでしょうね~



[PR]

by kyo-ko5 | 2017-05-19 21:59 | お出かけ | Comments(2)

Commented by 華葉 at 2017-05-20 10:49 x
このおじさんの誘導、キット個性的で楽しいでしょうね。
思わず笑みが〜

奥入瀬、素敵な所ですね〜♡
癒されます
雪、もうこちらは夏近しッ!という感じなので どこからかヒンヤリした空気が〜

いいですね〜
Commented by kyo-ko5 at 2017-05-20 20:45
華葉さん、まず帽子の大きなぬいぐるみが目に入りました。
よくよく見れば、ネクタイにもいっぱい。
名前を当てたら喜んでくれました。

今日は名古屋でも真夏日と報道されていましたので
あの雪、少しは解けただろうかと夫と話しました。
雪が解けたら、あの辺の木々は大急ぎで新芽を出して
冬が来るのも早いでしょうから、散るのも早くて
大忙しですね。
そしたら、大きくなるのもゆっくりかしらと
一人で想像していました。