泉佐野へ

f0202151_20562446.jpg
運よくタオル筆のコンクールに入賞しましたので
息子家族には「この日はどうしても出かけたい」とお願いして
昨日、表彰式に出かけてきました。

上の写真は副賞で頂いたバラです。
ピンクの好きなどなたかさんが、赤をチョイスされてびっくり!
黄色をチョイスされた方は、ナットク!
ここでも笑いが起きました。
f0202151_20565264.jpg
私の作品はこれです。
送る前に写したものです。
会場では、一番上に展示していただいていましたので
私の身長ではとても写せませんでした。

タオル筆のワイルドな線を描きたかったので
絵の、輪郭の太いところは筆をころころ転がして
文字は先の長~い筆を作って描きました。

福島の、でこ屋敷で買ったお雛様を描きましたが
あまりかわいい顔ではないので
そのまま書き写すか、可愛い顔にしようかと悩みましたが
現物に忠実に描きました。
f0202151_20572140.jpg
交流会場では、同じスマホケースを持った人が3人いたり
f0202151_20572836.jpg
同じテーブルに京子さんが3人いたりして
大いに盛り上がりました。

泉佐野の方たちは、6年前にタイムスリップしたかのように
同じ笑顔でもてなしてくださり
懐かしい方たちに大勢再開することができて
とても楽しい一日を過ごすことができました。
スタッフの皆様に、心から感謝申し上げます。





[PR]

by kyo-ko5 | 2017-03-27 21:23 | お出かけ | Comments(8)

Commented by choakuta at 2017-03-27 21:41
京子さん、お忙しい中、ご参加いただき本当にありがとうございました。
またお会いしましょう!
Commented by guuchan at 2017-03-28 07:09 x
私も、背伸びをし腕を伸ばして撮りましたがうまく撮れてなくて・・・
こんなに素敵な絵でしたのに~

 写真を送っていただいても、おのりさんと、
たーさんしかわからないくらい、
私って、ほとんどの方を知らないのですよ。
 でも、遠いところから行かれた甲斐がありましたね。

スタッフの多くの方々のパワーとセンスに尊敬しました。
Commented by なお at 2017-03-28 09:55 x
表彰式、交流会
とても楽しそうですね!
普段出あえない方達と出会える場でもあって
尚更楽しかったでしょうねえ。
私も先日お邪魔した時に
皆さんに本当に良くして頂き
絵手紙の絆の深さ
皆さんの優しさに大大大感激しました。
また皆さんにお会いするために
次回も頑張ろうって思えました。

お揃いのスマホカバー
可愛い!!
Commented by お山ばあちゃん at 2017-03-28 13:22 x
タオル筆コンクール、受賞おめでとうございます!
やはりタオル筆が生かされていますよねぇ!
バラがきれいだわぁ。

スマホカバーがお揃いだったり、京子さんが3人も。
ビックリですが嬉しいですねぇ!
色々な方にお会いできて、行った甲斐がありましたねぇ。
Commented by kyo-ko5 at 2017-03-28 14:39
ふぅふぅさん、入賞の通知を受け取った時から
絶対に行くぞ~~と決めていました。

でもだんだん日がたつにつれて
元気が良すぎる孫と付き合うのに疲れてきましたが
行くことができて良かったです。

真心のこもったおもてなし
長い準備期間にお片付け
心から感謝申し上げます。
Commented by kyo-ko5 at 2017-03-28 14:45
guuchan,当日は時間が足りなかったわ~~
自宅で作品集を見ながら
「あぁ、この方も、あの方も」と再確認しています。
孫の産まれた月でなかったら
もっとゆっくりできたことでしょうが
それはそれで、孫の産まれた月の表彰式ということで
心に残る思い出になるかなと思います。

泉佐野の方のバイタリティーとおもてなしの心
素晴らしいです!!
Commented by kyo-ko5 at 2017-03-28 14:53
なおさん、「行きたい!」と思った
最大の要因は、友達に会えることです!!
びりでいいから、賞に入れたら
泉佐野行きの切符が手に入ると
それを思って描きました。

絵手紙やネットのお友達は、ブランクを感じないで
昨日のお話の続きみたいな感じで
会話に入っていけるのがいいですね。

願わくは、もっと時間が欲しかった。
泊りましょうと誘っていただきましたが
今回は泣く泣く帰宅しました。

って、連れて行ってくれた夫に感謝ですね。
Commented by kyo-ko5 at 2017-03-28 14:58
お山ちゃん、ありがとうございます。
タオル筆のワイルドな線が好きなので
どうしたらそれが生かせるのかと
考えながら描きました。

新しい出会いはもう少しあるのかなと期待していましたが
旧交を温める時間で精いっぱいでした。
遠かったけれど行ってよかったです。