またまた休憩

f0202151_13131793.jpg

年賀状を書く手を休めて、またまたこんなことをしています。

昨日のサンタクロースを描いた薄墨が残っているので
買ってきたままおいてある、出石焼にチャレンジしました。
今年の春出石を訪れたとき、真っ白な出石焼に出会いました。
迷いましたが、薄墨で白を表現してみようと
小さな一輪挿しを買い求めてきたのです。

まだ土が乾ききらないうちに、模様を彫るのだそうですが
それが少し青みがかって見えるので、水色をさしてみました。
f0202151_13214978.jpg

それならこれもと、先月買ってきた萩焼も描いてみました。
こちらはちょっと茶色も見えるのですが
墨をもう少し濃くしたほうが良かったかな?

ゆうべは、友達が水菜をたくさん届けてくださったので
はりはり鍋をしました。
とんすいの代わりに、この萩焼の器を使って
水菜の緑、豆腐の白、これまた頂き物の紫の大根をおろして
紫の大根おろしとのコントラストが、とてもきれいな一品でした。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-12-07 13:31 | 絵手紙 | Comments(2)

Commented by お山ばあちゃん at 2016-12-08 13:45 x
出石焼の一輪差し、上品でいい色していますね。
少しのお花を生けたら素敵だろうなぁ。

萩焼のお皿、大体分かりますよ。
緑、白。、紫とこの萩焼に映えたでしょうね!
Commented by kyo-ko5 at 2016-12-08 20:44
お山ちゃん、この時使った紫の大根
残りを酢漬けにしたら、きれいな赤色になりました。
不思議~~~~~

こちらの焼き物は、美濃焼や瀬戸焼で
色や模様が入っています。
萩にはたくさん萩焼のお店がありましたが
なじみが薄くて、なかなか手が出ませんでした。
思い切って買った小鉢は、使い勝手が良くて
違うデザインのものも欲しくなっちゃった。

出石焼も、旅の記念と、絵手紙のモデルに
迷って迷って買いました。