北海道の家

f0202151_15303663.jpg

都市部ではなく郊外で見かけた普通の民家ですが
屋根の色が、赤、緑、青色だったり
家全体が真っ白にペイントされたりして
とってもカラフルでかわいいと思いました。

帰宅して改めて、周囲の家を見まわしましたが
屋根瓦も青や茶色があってもそう派手ではなく
壁もグレー、ベージュ系がほとんどで
北海道のような家を建てたら浮いてしまいそうです。

何年か前漫画家が、赤と白のボーダーの家を建てると言って
周囲の住民たちの反対を受けましたが
北海道なら受け入れられるかな?
f0202151_15352650.jpg

これは泊った民宿の玄関ですが、このように畳一畳ほどの
サンルームのようなスペースを設けてあるところが多く
これは冬の吹雪対策のようです。

さらに何段か階段を設けて、玄関が高い位置にある家もあって
これは積雪対策ですね、きっと。
屋根の傾斜も独特で、雪下ろしをしなくて済むように
雪の落ちやすい角度にしてあるそうです。

窓が小さいのも特徴だと思いました。
冬の寒さが忍び込まないようにでしょうね。
私たちのところでは掃き出し窓が多くて
風や光をたくさん取り込めるようにってことかしら?

さらには、北海道の人たちには当然なのでしょうが
煙突のある家があって「オッ!このうちにはサンタさんが来るな」と思いました。
f0202151_16131494.jpg

(これは函館の教会群、ロープウェイから写しました)

千代の富士の出身地である福島町も
海岸線に沿って煙突のある家が並んでいました。
千代の富士の訃報には本当に驚き
謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。
[PR]

by kyo-ko5 | 2016-08-03 16:16 | お出かけ | Comments(0)