城崎温泉

f0202151_20422839.jpg

蒜山からの帰り道、城崎温泉に寄りました。
3月30日のことです。

これは昨年、結婚40周年の記念に
子供たちが箱根の旅行をプレゼントしてくれましたが
おりしも噴火の恐れがあるということでキャンセルして
代わりに旅行券を貰っていました。
その旅行券が、一年を経過して41年目の結婚記念日に
城崎温泉で使われることになったのです。

宿は本好きの夫の希望で
志賀直哉が泊まったという「三木屋」にしました。
f0202151_20491824.jpg

お願いすればお部屋も見せていただけます。
2階のこじんまりとしたお部屋で、志賀直哉の絵と
宿宛に送られた葉書などが飾られています。
f0202151_20593116.jpg

文豪の泊まった宿らしく、ロビーには本が充実していて
夕食の後、夫は読書に耽っていました。
f0202151_2115679.jpg

城崎温泉といえば外湯巡りです。
チェックインの後、私たちも浴衣に着替えてくり出しましたが
街を見ながら歩いて湯に入り、また歩いて次を目指すと
夕食の時間までに三か所しか入ることができませんでした。
しかもお湯はどこも芋の子を洗うような混雑ぶりで
外人さんなどはきっと戸惑われたことでしょうね。

驚いたのは、どこのお湯でも下足番の方がおいでになって
客がお湯から出てくると、サッと下駄を出してくれることです。
私たちも間髪を入れず三木屋の下駄を差し出されて、びっくりしてしまいました。
きっと浴衣や半纏に宿の特徴があるんでしょうね。
下駄は三木屋のものであれば、ほかの人が履いてきたものでも
いっこうにかまわないわけですから。
f0202151_21142971.jpg

外湯はそれぞれに工夫を凝らしてあるようで
庭園の中だったり、滝が流れ落ちていたりしました。
特に滝のある露天風呂はマイナスイオンもあふれている感じで
お得感がありました。
f0202151_2119119.jpg

そんなわけで、ちょっとせかせかと街を歩きましたので
落ち着いて写真を写せませんでした。
2泊すると、街も外湯も堪能できたのかなと思います。
f0202151_2121326.jpg

[PR]

by kyo-ko5 | 2016-04-03 21:29 | お出かけ | Comments(6)

Commented by なお at 2016-04-04 07:25 x
結婚41年、おめでとうございます!
城崎でゆっくり良い時間を過ごされたんですね。
城崎までうちから1時間少しで行けるので
時々出かけますが
風情のある素敵な街ですよね。
桜はまだ少し早かったでしょうか。
Commented by guuchan at 2016-04-04 08:44 x
わぁ~ 懐かしいです。
子どもの頃、ちょっと旅行と言うと城崎温泉でした。
外湯めぐりは、子ども心にもワクワクしたものです。
大好きなおばあちゃんとよく行ったものです。
 わら細工が有名で、カラフルなわら細工の蓋の木箱を買ってもらっていたのを、何十年も大切にしていました。
Commented by ノリペー at 2016-04-04 08:49 x
実家に行ったのね(*^_^*)
Commented by kyo-ko5 at 2016-04-04 08:51
なおさん、ありがとうございます。
こんな風情のある街が近くてうらやましいです。

岡山から愛知までの道中では
寄り道することが恒例になっていますので
城崎温泉にも立ち寄ったことがありますが
今回念願かなって泊まることができました。

兵庫県はいいところが沢山ありますね。
次回はどこへ寄れるのでしょうか。
Commented by kyo-ko5 at 2016-04-04 09:05
guuchan、なおさんにも書きましたが
こんな温泉が近くでうらやましいわ!

おりしも春休みで、沢山の若い女性が浴衣姿で
カラコロとそぞろ歩きする姿は良いものでした。
宿の温泉の大きさを制限して外湯に入ってもらい、
街のお土産物屋さんも潤ってもらおうという姿勢がいいですね。
実際温泉に入れば、アイスクリームが欲しくなるし
わが夫も宿の夕食まで辛抱できなくて
途中のお店の地ビールで、のどの渇きをいやしていました。

よっちんさんの写真の風景を探したかったのですが
最初,久しぶりに履いた下駄で歩くのが慣れなくて
夫の速度について歩くのに必死でした(笑)
Commented by kyo-ko5 at 2016-04-04 09:08
のりぺーさん、誰もいない無人の実家に行ってきました。
気温も低かったし、家の中も寒々としていました。

ご自愛してくださいね~~~