20年祭

f0202151_19141187.jpg

来年は、阪神大震災から20年になるそうです。
今日はその時亡くなった少女の20年祭に出席してきました。

(神道は、1年、5年、10年、20年の節目に年祭を行い
それは命日より早めにとりおこなう決まりです)

娘を失った悲しみに耐えて20年生きてきた両親
妹、もしくは姉を失った兄弟。
その人たちとかかわりながら、
私たちも、この20年生かされてきました。

どの人の上にも、やさしい風が吹くことを
切に願います。
[PR]

by kyo-ko5 | 2014-09-07 19:27 | 絵手紙 | Comments(2)

Commented by とくちゃん at 2014-09-08 16:22 x
逝った人のことは想いが深い分だけなかなか忘れられないでしょうね。

私はいつも

「 残された人がどう生きているのが、逝った人が安心するのかな~」

と考えるようにしているのですが・・・
Commented by kyo-ko5 at 2014-09-08 19:55
とくちゃん、それはいい考えですね。

震災で娘を失った友達は
亡くなった娘に似た孫が誕生して
やっと、心から笑えるようになったようです。