きんか頭

f0202151_10254857.jpg

整理をしていたら、こんな絵手紙が出てきました。
節分のころ描いたもので
友達にテトラパックに入った豆を貰って
その袋に描かれていた鬼を見て描いたものです。

三角の鬼を描いたら、四角の鬼もいてもいいじゃないかと思い
四角の鬼も描いたら、こんな言葉を思いつきました。

子供のころに歌った歌で
「さようなら」と別れる時に歌ったように思います。

060.gifさよなら三角、また来て四角、四角は豆腐、豆腐は白い
白いはウサギ、ウサギは跳ねる060.gif(以下略)と続きます。

運よく覚えていたので、最後まで歌ってみて笑ってしまいました。
最後は「光るはおやじのきんか頭」で終わっているんです。

きんか頭とは「はげ頭」のことです。
私の田舎ではこう言いました。

結婚式の引き出物についてくる、鯛の砂糖菓子のことを
「きんか糖」といいましたから、光るという意味なんでしょうか。

久しぶりに子供の頃のことを思い出したことを
この絵手紙を見て思い出しました003.gif008.gif
[PR]

by kyo-ko5 | 2013-07-04 10:43 | 絵手紙 | Comments(2)

Commented by guuchan at 2013-07-05 07:14 x
 この絵手紙を見ながら、
 ♪ 四角はなぁ~に?四角はなぁ~に? ♪
♫ 四角は豆腐 豆腐は白い ♪
♫ 白いはなぁ~に? 白いはなぁ~に? ♪
      。。。。。。。。。。
 息子たちとの言葉遊びの場面が甦ってきました。
次々に思い出されて、朝から脳の活性化よ^^

 (さよならさんかく)の絵本も孫たちには買ったわ~
 (わかやま けん)さんだったかな? 五味太郎さん???
Commented by kyo-ko5 at 2013-07-05 16:58
guuchan、いつもコメントりがとうございます。

歌の好きなguuchanとは歌つながりが多いような気がします。
子供の時って、何でも歌ってやっていたような気がします。
縄跳びやまりつき、ゴム飛びにお手玉
時々思い出して歌っては懐かしんでいます。
それらを、またUPしたら付き合って下さいね。