夫婦の青空

f0202151_1414646.jpg

最近本を買う時は、新聞などの書評を読んで買うことが多いですが
この本も「小さな 小さな 古本屋 二人で作った 真心のみせ 
お客さんに 真心包んで 売ってきた」という帯の言葉や
f0202151_1417028.jpg

この絵手紙に添えられた言葉(クリックで大きくなります)
を読んで、どうしても本を読みたくなって手に入れました。

奥様に送られたメッセージのひとつ

  坂本けんいちに
  過ぎたるものの二つあり
  こわい女房と
  やさしい嫁はん
  どちらもいててや
  たのんまっせ

言葉もありません。

「いとしきものよ」「愛する唯一のものよ」
という言葉から始るメッセージが多く、とても心がなごむ本でした。
[PR]

by kyo-ko5 | 2012-12-04 14:31 | お出かけ | Comments(10)

Commented by おのり at 2012-12-04 20:34 x
またまた 読みたくなる 本ですね
奥様へのメッセージ そうなのかも~

わたしの 上司だった人が 節分の絵手紙に
鬼より怖い女房がいる なんて 描いていました
恋愛でしたのよ
Commented by jyuntonana at 2012-12-04 20:37
面白そうな本ね、
私も怖い女房だったかもしれないわ!
今は一寸は大人になって怒らなくなりました(笑・・・
Commented by 京子 at 2012-12-04 21:19 x
おのりさん、絵手紙の絵がいいのよ~~
下手でも相手のことを思って一生懸命描いた絵が最高と言われますが
まさしくその東リの絵です。

わが夫もよく、私が怒ってばかりいるというので
最近は一呼吸置いてから離すように心がけています。
Commented by 京子 at 2012-12-04 21:23 x
ナナさん、おのりさんのコメントにも書きましたが
私は怒ってばかりいると、よく夫に言われます。
最近は気をつけているつもりですけど・・・・
自分がどうかではなく、相手はどうかと考えなくちゃだめなのね。
この本の夫婦のようでありたいと思います。
Commented by aki-milk at 2012-12-04 22:30
飾り気のない言葉こそ!いいですね^^
どちらも~~~って!とこがいいわね(笑)
Commented by うとうと at 2012-12-05 11:00 x
えぇ~? にこにこ京子さんのイメージですけどぉ
でも 素になれる相手がいるのも 大切なことかも・・・
時に 孫悟空だったり 観音様になったりしてるのかな

誕生日の私に 結局ottoからの言葉はありませんでした。
ま そういう人です。
充分過ぎるので・・・デヘ
Commented by kyo-ko5 at 2012-12-05 16:35
aki-milkさん、絵手紙は個人に送る手紙なのだから
話しかけるような言葉でいいのよと言いますが
みんな、一生懸命考えますね。

作品展だとちょっと変わってきますし
難しいですね・・・・
Commented by kyo-ko5 at 2012-12-05 16:40
うとうとさん、何に対するコメントかな?と思ったけど
おのりさんやナナさんに対するコメントね・・・・
(読み返したら、変換間違いに気がつきました)

孫悟空でも観音様でもないけど
我を押し通そうとするのね・・・きっと。
先日「すぐそういう」と注意されて
今更ながら気がついたこともあります。


夫なんて、そんなものよね~
肝心なところがぶれてなければ
それでよしとしなければ。

これからも楽しく付き合ってね~~~♪
Commented by tanabata57 at 2012-12-07 16:45
奥様のかじ取りが円満なのではと思います

素直な言葉が心に届きますね
読んでみたくなりました
Commented by 京子 at 2012-12-11 17:20 x
ばあらさん、かじ取りですね。
なるほど~~~
私も上手にかじ取りできるようになりたいわ。