あなたへ

f0202151_19211637.jpg

土日は、夫の予定に会わせるため、自分の予定は極力入れないようにしています。
でも今日は、夫が年に一度の幼馴染と山へ行く日でした。
(偶然、東海市にお住まいです)

ぽっかりと空いた一日、何をしようかと考えました。
名古屋へ出かけて、一人でゆ~~っくり画材を選ぶのもいいなぁ
瀬戸へ行けば、招き猫祭り もやってるし・・・

などなど考えましたが、結局は昨日から読み始めた「あなたへ」という本が気になって
半日読書に費やしてしまいました。

坐骨神経痛は、殆ど快復しましたが
ま、だひとりで遠出するのはちょっと不安も残りましたし・・・
というわけで家で「あなたへ」を読みました。

2週間前、夫と高倉健主演の映画を見に行きましたが
さまざまな人の人生模様がえがかれていて、心に残る映画だったので
夫が本も買って来てくれたのです。

読み終わってふたつの言葉が心に残りました。
「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えることが出来る」
「人生に賞味期限はない」という言葉です。

これからの人生を味わって、いたわりあって暮らしたいと思いました。


あ、そうそう、絵手紙に添えた言葉は、ラジオから流れてきたものです。
「おはよう」と「ハッピー」を合体して「おハッピー」だとか。
なかなか良い言葉だと思いました。
[PR]
Commented by guuchan at 2012-09-29 22:16 x
私も(あなたへ)を2回目読み終えたの~
映画を観る前に読んでおこうと読むと面白く、
でも数箇所???があったので2回目読むとよく分かり^^
いい言葉や山頭火の句がいい役目を果たしていますね
Commented by 京子 at 2012-09-30 16:05 x
まぁ~guuchan2回もですか?
この本は映画のストーリーを参考に書かれたらしいですね。
映画では、自分で感じながら見るけれど
本は文章で書いてあるから良く理解できました。

あなたが言われるように、本では山頭火の句を
効果的に引用してありましたね。
今度山頭火の句集を読んでみようと思いました。
by kyo-ko5 | 2012-09-29 20:36 | 絵手紙 | Comments(2)