ネイルアート

f0202151_11365656.jpg

長女はネイリストです。
12月のある日、袋の口が開いたこまごまとした沢山のお菓子を
「お客さんに貰った」と持って帰りました。
「もしかして食べ残りなの?」と聞いた私に
長女の答えはこうでした。

80歳くらいの方で、いろいろなお菓子を食べたいけれど
一人暮らしだから、全部は食べきれない。
なのであなたと半分こしましょ・・・と
買ってきたばかりのお菓子を目の前で半分にして下さったとのこと。
それでお菓子の理由は分かったものの
まだ私の疑問は続きます。

「80歳の方がネイルアートをされるの?」
「そうよ」と平然と答える娘。

歳をとってもお化粧はしたい・・するようにしようとは考えていましたが
ネイルアートまでは想定外でした。

日が過ぎて、長男の結婚式の日
「控えめでいいから」と私も娘にネイルを施してもらいました。

結婚式が過ぎても、指先にキラキラとクリスタルな輝きがあることは
とても気分が華やいできます。
「そうか、80歳のご婦人がネイルをされるのも
こういう効果があるからだわ」と、ここで気がつきました。

家事をするにはちょっと不都合な面もあるけれど
これからは時々娘に頼んでネイルをしてもらおうと考えたのでした。
[PR]
Commented by aki-milk at 2012-02-04 13:06
心が和むお話ですね♪
女はいつまでもおしゃれでいないと!!いけませんね♪
Commented by 京子 at 2012-02-04 14:17 x
あきみるくさん、いつまでもおしゃれでいたいとは思っていいましたが、
ネイルアートは考えても、いなかったので
目か鱗の気分でした。
Commented by roku727 at 2012-02-04 18:49 x
おしゃれをすることで気持ちもシャキッと・・・
うちの相手に言って貰いたいようです
何もしないからすっかり老けて…
オニは―・・・うちです

垢では死なない・・・話しになりませんよねーー
Commented by 京子 at 2012-02-04 21:04 x
rokuさん、そうなんですか、
刺激のある場所へご一緒してはいかがでしょうか。
家にいるだけでは刺激がありませんものね。
Commented by やっこババ at 2012-02-04 21:15 x
オシャレってそうゆう事なんですよね、傍から見ても気分が良いけれど先ずは自分の気分を明るくする事なんでしょうね
Commented by 京子 at 2012-02-04 22:49 x
やっこババさん、そうですよね。
いつまでもおしゃれでいましょうね??
by kyo-ko5 | 2012-02-04 11:55 | 絵手紙 | Comments(6)