五箇山

f0202151_1730815.jpg

新しい月は雨で始まりました。
6月になったのに5月の話題です。

チューリップ公園に行った帰り、五箇山に寄りました。
砺波のチューリップもとってもきれいで、感動しましたが
私は、五箇山の方により大きな感動を受けました。
f0202151_17182340.jpg

子供の頃の原風景がそこにはあったような気がします。
藁ぶき屋根の家、残雪のある山、水がはられたばかりの田んぼの臭い。
梅も桜もモクレンも花という花が、雪解けを待って一度に咲く雪国の春。
形は違いますが、私の育った田舎の風景を感じて
心が一度にタイムスリップしました。
f0202151_17232344.jpg

この感動をどんな文章にして伝えたらいいんだろう。
そう考え考えしているうちに結婚式の準備に追われて
とうとうUPが今頃になりました。
f0202151_17283382.jpg

ここは菅沼地区で、次に行った相倉地区ではまた違う感動がありました。
それはまた明日ということに・・・・・
f0202151_17331982.jpg

[PR]

by kyo-ko5 | 2011-06-01 17:35 | お出かけ | Comments(2)

Commented by きゅうママ at 2011-06-02 19:04 x
昔のたたずまいが残っているのを見るのは、落ち着きますね~☆
残している皆さんは、とっても大変だと聞きましたが・・・。

↓高梁にこんな民芸品があるんですね~☆
高梁の叔父が、いつも“神楽最中”と“金平饅頭”を持ってきてくれます。
最中は苦手ですが・・・・金平は好きなんです^^
今度、民芸品も聞いてみよ~♪
Commented by kyo-ko5 at 2011-06-02 22:03
きゅうママさん、そう、古い集落に住んでいる人は大変らしいですね~
お洗濯物は外に干せないし、夜もライトアップされるし
おちおち暮らしていられませんね。

高梁の神楽人形ですよ。
ここに書いたものは、5センチほどの高さで
5~6個のセットになっていました。
同じもので土鈴になったものと
少し大きな土人形がありました。

最近は絵手紙のモデルに
民芸品を集めるようになりました。