小幡でこ

f0202151_17513448.jpg

近江商人屋敷の中の一軒に小幡でこをたくさん展示してある家がありました。
案内の方に、これは今でも作っているのか、買うことができるのかと聞いたところ
一軒だけ工房が残っていて、そこへ行けば売ってくれるだろうという返事でした。
f0202151_1759811.jpg

お訪ねすると運良くご在宅で、快く迎えてくださいました。
f0202151_1802183.jpg

先代が作ったものは売ることはできないが、自分が制作したものなら
工房の中にある物は、どれでもどうぞということで
おでこの大きな福助を夫が、私はお福さんを買いました。
f0202151_1832798.jpg

福助は裃を着ていますが、ここに好きな文字か、簡単な家紋なら書いてあげましょうということで
夫は左右それぞれに、わが苗字と、福という文字をお願いして書いていただきました。
f0202151_1854515.jpg

そのうち絵手紙に描けたら、UPいたします。

それから今日はどらポケの仲間と、我が街の土雛を見学に行きました。
f0202151_1884262.jpg

どれも古い古いもので、実に素朴で愛着を感じました。

恒例のひつじ堂の猫です。
f0202151_18105052.jpg

勇気がわいてきましたか?
[PR]

by kyo-ko5 | 2011-02-28 18:18 | お出かけ | Comments(4)

Commented by tyaa at 2011-03-01 01:21 x
小幡でこ大好きです

もう1軒しか無いのです、後どうなるのでしょうね
朝鮮通信史の置き土産です(技術)

もう目は大丈夫でしょうか?無理されませんように・・・
五個荘がお隣さんです、いい町でしょう?
Commented by TERAI at 2011-03-01 04:00 x
おはようございます。蒔絵で家紋を描くのは大変ですよ。しかもうちは「丸に違い鷹の羽」ですから難しいです。
ところで2月28日の鑑査で私の「胡蝶蒔絵飾皿」が「第67回金沢市工芸展」に入選いたしました。同展への入選は第62回展に初入選してから6回連続です。
しかし今年は4点出したのですが3点は選外になってしまいました。甘くないと思いました。
Commented by kyo-ko5 at 2011-03-01 16:51
tyaaさん、そうなんですってね。
「私が弟子入りしようかしら?」と冗談で言ったんですけど
ちょっと遅すぎますね・・・・・

数年前、近江八幡のおひな様を見に行った時から
ず~~~っと行きたかった所なんです。
そちら方面に行く時は、あなたに連絡したいんですけれど
夫と一緒の行動では、時間と場所が指定できなくて・・ごめんなさいね。

眼のお見舞いありがとね。
2~3か月して視力が落ち着いてから眼鏡を作るようにとのことで
今はちょっと不便です。
お心遣いに感謝します<m(__)m>
Commented by kyo-ko5 at 2011-03-01 16:53
TERAIさん、おめでとうございます。
ますます精進なさいますとともに
そちら方面のお友達を見つけて交流なさってくださいませ。