捨てられない理由

f0202151_13134449.jpg

何かに使えるかも・・・と、しまい込んだものが
長い間利用されなくても捨てられないのは
処分した直後に「あ、あれがあったのにぃ~~」ということが
往々にしておこるからではないでしょうか。

これを捨ててしまうと、必要なことが起きてくるんじゃないか
たとえ安いものであっても、お金を出してまた買うのはいまいましい
などという心理が働くためのような気がします。
でもその気持ちを抑えることが、執着心を捨てるということなんでしょうかね。



さてさて、昨日UPした猫ちゃんの解説にうつりましょう。
昨日の絵手紙の猫は(猫だと思うんですけど・・)チュニジアの焼物です。
松坂屋のミュージアムショップで買いました。

その下のちょっと威張っている猫は、足助のひつじ堂のポストカードです。
私も招き猫の絵をよく描きますが
とてもこんな言葉をしゃべらせることはできません。
「あんた、何さまなのよっ!!」って言われそうですから。

今日の猫はこんなことを言っています・
f0202151_13292842.jpg

2009年にもひつじ堂に行っていますが
↑クリックしてみてください
見てびっくり!絵は違うけど同じ言葉のカードを買ってるんですよ。
よっぽど実行力のない自分に嫌気がさしてるのかな??

今日の絵手紙は、しばらく会ってない人に送りました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2011-02-18 13:38 | 絵手紙 | Comments(2)

Commented by 一休 at 2011-02-20 05:23 x
眼の方は順調に回復されているようでなによりです。昨日は「ありがとう」のお葉書、ありがとうございました。私は執着心がないので不要になったらみんなポイ捨てしてしまいます。後でそれが必要になった時は、又描いたり作ったりします。その方が脳の活性化には良いそうですよ。ご自愛のほどを・・・。
Commented by kyo-ko5 at 2011-02-20 19:57
一休さん、ありがとうございます。

これからは一休さんを見習って執着心を捨て
脳の活性化を図ることにいたします。