石敢當

f0202151_19144682.jpg

沖縄では、お店の入り口付近や、民家の塀などに「石敢當」と彫り込まれた石をよく見かけた。
お土産物屋さんでも、10㎝くらいの高さやいろいろな石に、石敢當と彫ったものを売っていた。
なんだろうと思って聞いてみるといしがんとうといって魔よけなんだそうだ。

「せきがんとう」と読むほうがいいんじゃないかなぁと言ったら
娘が「またそんなこと言って!沖縄では昔からそうなんだからいいの!!!」と怒る。
私がなんと言ったって、変わるわけもないけれど
音読みと訓読みを一緒にしてはいけませんと教わったので、ついそう思ってしまう。
f0202151_209392.jpg

ともあれ、町中いたるところにこういうふうにはめ込まれているのです。
この画像は嘉手納町の民家で、クリックすると大きくなります。

魔よけならひとつお土産に買って帰りましょうと、連れてきたのがこれです。
f0202151_20151375.jpg

ただいまは我が家の玄関におわします。

寒くてしっかり働けない…なんて言わないで、頑張ってくださいよ。
[PR]

by kyo-ko5 | 2010-11-18 20:18 | お出かけ | Comments(2)

Commented by えみこ at 2010-11-19 12:16 x
湯桶読みですね~
石敢當
初めて知りました
なるほど~
Commented by kyo-ko5 at 2010-11-19 22:23
えみこさん、そう、湯桶読みだと思います。
でも、よその国から入ってきた習慣に
あとから漢字を当てはめたらしいのです。

魔よけと聞いたら、我が家にも一つと思っちゃいました。