母に送った絵手紙Ⅱ

f0202151_12512868.jpg

この絵手紙は’99年6月の消印がある。
消印て西暦のものもあるんですね。

以前は子供たちとの交流も結構あった。
昨日書いた、わっちゃんの娘さんのKちゃん、佳世さんの長男のH君
ひなちゃんの末娘のSちゃん、児童館の子供たち。

その中で、ちょうど今頃の時期
Sちゃんから貰った絵手紙で、忘れられない言葉がある。
「もうすぐ春です。6年生です。」というものだ。
春になったら最高学年になる。
喜びや、不安、期待、そういうものがすべて、この言葉の中に込められている。

今、Sちゃんは高校生、Kちゃんは大学生、H君は社会人だ。
私は?・・・・・・・・・・・・・3回目の成人式を迎えた!!・・・アハハ!



明日から兵庫県の明石にお墓参りに行きますので、更新はお休みします。

お花…・良し!
線香・…良し!

行ってきま~~~~す!!
[PR]

by kyo-ko5 | 2010-03-19 13:19 | 絵手紙 | Comments(2)

Commented by ファインちゃん at 2010-03-22 09:53 x
京子さん  おはようございます~♪
ご無沙汰ばかりでご免なさい。

お母様に出された沢山の素敵な絵手紙を拝見していると
京子さんの元気が伝わってきます。
其の時其の時の思い出が詰っていて宝物ですね。

私も葉書一枚の親孝行をしています。
電話で元気を伝えるのも良いですが・・
絵手紙だと手元に其の時の気持ちが残っていて読み返しても
気持ちが新たに成るので喜びが倍増ですよね~♪

お母様・・どうぞお大切に為さって下さいね。
Commented by 京子 at 2010-03-22 20:20 x
ファインちゃん、ありがとうございます。

>葉書一枚の親孝行
なんていい言葉でしょう!
すぐに絵手紙の言葉として使えそうですね。

この前は「お互いに優しい夫にめぐり合えた幸せ」という言葉をいただきましたし
ファインちゃんの頭の中からは
ポンポンと素敵な言葉が飛び出際てきますね。

過去に思ったことが形として残る
絵手紙は本当にいいですね!!