食い違い

f0202151_15274451.jpg

ネットや絵手紙の友達とちょっとした食い違いが生じてしまった。
ひとつは、じかに会って話していれば
「ん?」「あ、違う!違う!実はね・・・」とすぐに誤解の解けるものだったが
ネットを通じたために、解決に時間がかかったものだった。

もうひとつは、これも直接話せば、顔の表情や
言葉のニュアンスでわかる、何事もない雑談だった。

こちらは文字で読んだためにおこる、アクセントの違いではないかと思う。

たとえば私が送ったメールを関西の人は
関西のアクセントで読むであろうし、
関西の人から届いたメールを、私はこちらのアクセントで読む。

夫は兵庫県の出身で、姑と同居していた時
姑に「するの?」と言われて、それはゴマをするというような意味だったのが
私は岡山弁のアクセントで聞き取って、英語でいえばdoという意味だと思い
相互に理解するのに、一瞬間が空いたことがある。

また、私の田舎でありがとうという時に「ようよう」ということがある。
これは、「ヨー!ヨー!」とくだけた挨拶をするのとはアクセントが違っているのだが
文字で書いてしまうとそれは伝わらない。
「なんて生意気な」と思われそうだ。

そういうふうな、誤解が今回生じてしまったのだと思う。
ともあれ、どちらとも今までどおりのお付き合いができそうでホッとしている。

今日は偶然、ピッタリの絵手紙がありましたよ。
暖房のおかげでチューリップがすっかり開いて、あられもない形になりました。
言葉は「腹には何もありません」としようかと思いましたが
可憐な花には似合わない気がしてこちらにしました。
鯵の開きなんかだと「腹を割って見せます」で良かったんですけどね。
[PR]
Commented by えみこ at 2010-03-16 22:24 x
そうですよね~
お互い逢ったことがあったりすると
その人の言い方もわかりやすかったりしますね
私はかなりネイティブな石川県弁
通じないことも多いかも~
ちゃんと私の気持ちを読み取ってね~
よろしく~~
Commented by 京子 at 2010-03-17 07:14 x
あは~!えみこさんの言い方は分かるげん~
声も顔も浮かぶげんよ~

これからも仲良くしてちょーだゃぁーよ。
…なんて言葉はほとんど使わないか・・・・・・
Commented by トロロママ at 2010-03-17 12:41 x
絵手紙仲間はすぐに通じるよ
まあ~~  いろいろあらあ~~~な
Commented by 京子 at 2010-03-17 13:23 x
トロロママさん、そうよね!
いろいろあって、よけいに仲良くなっていくんですよね。

体調は良くなりましたか?
Commented by TERAI at 2010-03-17 14:45 x
そうですねえ。私も経験が何度かありますが、ネット上では誤解が生じても解決の手段がありませんよね。私の時はたまたま相手の電話番号がわかっていて、思い切ってかけたら、な~んだ全然怒ってないじゃない、ということで誤解が解けましたが・・・。

ところで次の作品の題材、トンボに決まりました。トンボは蜻蛉、別名を「秋津」ともいうようです。金胎蒔絵四方盆「秋津」という作品名に出来ればと、今から取らぬ狸の皮算用をしています。
Commented by kyo-ko5 at 2010-03-17 20:21
TERAIさん、それは楽しみですね。
作品名も素敵です。
頑張ってください。

そろそろ同じ趣味のお友達も作ってくださいね。
Commented by TERAI at 2010-03-17 20:50 x
蒔絵教室の時は、個人的電話番号やメルアドを聞くのは難しく、教室が休講になってしまえば連絡は取れません。友だちというのとちょっと違いますが、輪島工房長屋のIさんとはよく話が合います。先生は厳しく雑談も出来ませんが、その人とはよく携帯で話しています。
Commented at 2010-03-18 01:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyo-ko5 at 2010-03-18 13:11
うとうとさん、ありがとう~~!!

わかりましたぁ~~~?
話せばわかりあえる人あり
わからぬ人もあり
それぞれの人
それぞれの人生

なぁんてね。
by kyo-ko5 | 2010-03-16 15:58 | 絵手紙 | Comments(9)