テレビ番組を見て思ったこと

f0202151_16414238.jpg

絵手紙に関するテレビ放送がありますよと
うとうとさんからメールが届いていたので
「忘れてはならじ」と私にしては珍しく、
昨夜は時間通りにテレビの前に座った。

舞台は飛騨市で、ひとり暮らしの高齢者に
週に二回「元気だより」と称する往復はがきの絵手紙が届くというもの。
片面に絵手紙、片面には「元気です」「相談したいことがあります」という項目が印刷されていて
いずれかに○をつけて返信するというもの。

コメントを書いておけば、今度はその言葉を添えた絵手紙が届いて
それが高齢者の励みにもなっているというような内容だった。

絵手紙の力を再認識する内容だったが
それにもまして私が目をひかれたのは
83歳の女性の生き生きとして元気な姿だった。

つい自分の母親と比較してしまうが
老健に入居している人たちは、押し並べて静かで
入居者同士談笑している姿など、ほとんど見かけたことはない。

健康で、自分の意思で地域で暮らし
周囲とのかかわりあいを持っている人の様子に感心した。

昨日は、たまたま図書館で、
阿川弘之さん監修の「自分の生き方を持つ人々」という本を借りてきた。

今、老健に暮らす人たちも、まさかの施設暮らしだと思うけれど
テレビに登場した女性のように、
また、この本の登場人物のように
自分の生き方を持つ人になりたいと思った。
[PR]

by kyo-ko5 | 2010-02-11 16:44 | 絵手紙 | Comments(6)

Commented by mayumi at 2010-02-12 09:00 x
健康で自分の事ができるって幸せですよね。
私も母と比べてしまいました。
Commented by etegaminikki at 2010-02-12 13:43 x
可愛いお雛様ですね。
もうそろそろそんな時期ですね。

元気で畑仕事が出来るのは何歳くらいまでなんでしょうね。やっぱり心の支えが必要ですね。

Commented by kyo-ko5 at 2010-02-12 17:27
mayumiさんのお母様も施設でしたっけ?

母の年代の人を見ても
自分の年代の人を見ても
ついつい比べてしまいます。
健康でいたいですね。
Commented by kyo-ko5 at 2010-02-12 17:30
etegaminikki さん、私の母は80歳で倒れるまで畑をやっていましたから
あなたはまだまだ大丈夫ですよ。

母が倒れたのは夏でしたから
秋に収穫の手伝いに行きました。
私はすぐに値を上げてしまって
その時、母にはとてもかなわないと思いました。

でもほんの少しでいいから
私も畑をやりたいわ。
Commented by シャコ親子 at 2010-02-12 17:54 x
私もこの番組を見ました。
子供の世話にならずに、1人で暮らす事。
雪の降る中、たった一人での生活。
年を上手にとることの難しさをみたような気がしました。

施設で過ごす方にも家族がいるので、難しい問題ですよね。
家族の方の生活もあるので。
昔のような、大家族での生活が一番いいのかもと思いました。
Commented by kyo-ko5 at 2010-02-12 18:46
シャコ親子さん、お久しぶりです。

余談ですが、東海市の絵手紙展を見に行ったら
あなたの年賀状も展示してあって
懐かしい人にめぐり合えた感じがしました。

番組を見ての感想
いつもながらあなたの考え方に感心しました。
私の若いころはもっと、軽薄な考えをしていて
思い出すと恥ずかしくなります。

過日、日野原重明さんの本を読んでいたら
自宅で人生の最期を迎えるのが一番望ましいと書いてありました。
さて、我が家の場合、どの部屋なら使えるのかと考えてみたところ
家の間取りがまずだめなような気がしました。

あらあら?!とんだところへ話が飛躍しました。
大きくなったルビーちゃんたちに会いたいわ~~~~