喪中葉書 その2

f0202151_17415819.jpg

今年一番に受け取った喪中葉書には非常に驚いた。

この方とは何年間か一緒に絵手紙を楽しんだ。
ご主人を亡くされて悲しみのどん底にあった時
友達の喫茶店に飾ってあった私の絵手紙を見て
「これは誰が描いた絵?私もこんな絵が描きたい!」
そう言って私たちのグループに参加してくださるようになった。

その頃は情緒も不安定だったらしく
「心配だから」とお姉さんが付き添いで来てくださったほどだった。

数年後、そのグループが解散したのを機に
「もう私は大丈夫だから。絵手紙でどんなに励まされ、どんなに元気をもらったか!!
これからは私がほかの人に元気を送りたい」
そう言って、私たちとは離れて行かれた。

その後も絵手紙のやり取りは続いたし
昨年は私たちの作品展も見に来てくださった。
・・・でも、ここのところちょっと疎遠になっていたなァ・・・・・
それにしてもどなたがなくなったんだろう・・・・・
そう思って文面を読むと「33歳の息子さんが亡くなった」と書いてある。

…・ショックだった。

どうしてもっとこまめに絵手紙を送らなかったんだろう。
とても悔やまれた。

小さいけれど、絵手紙は大きな力もち。
喜び、元気、癒しなどを運んでくれる。
常々そう言っているのに、自分が怠っていたではないかと・・・

返事は来ないけれど、私の絵手紙を待っていてくれる人たちにもっと送ろう。
そう反省して最近は、交流ではない方たちにせっせと絵手紙を書いている。

年賀状も、庭の草取りもはかどらないけれど
それが私が絵手紙をやろうと思った原点だから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
絵手紙の言葉は誤解しないでくださいね。
今日また寅の置物を貰いました。
デフォルメしたわけではなく、お団子を二つ重ねたような形です。
続々と来るのはお人形でした。
[PR]
Commented by あねご at 2009-11-27 21:58 x
そうですね。原点。

お若い方が亡くなるのは、ホントに辛いですよね。

わたしも、この日記を読んで、、、
絵手紙友達じゃない友人への便りを!!
待っていてくれる大切な友人、今から書きます。。。ありがとう。
Commented by とくちゃん at 2009-11-27 22:51 x
みんな何かを抱えて生きているんですよね!

ただ、表にだすか出さないか・・・ですよね。
Commented by kyo-ko5 at 2009-11-28 10:17
あねごさん、絵手紙友達じゃない友達からは
絵手紙は返ってこないけれど、すごい感動の言葉を伝えてくれます。
そういう時は、こちらがそれ以上の感動なんですよね~~~

でも、お顔も知らない絵手紙友達が
私のことを思って絵手紙を送ってくださったことを考えるとき
そのお気持にも答えなければと思ってしまいます。
Commented by kyo-ko5 at 2009-11-28 10:22
とくちゃん、10月に昔の会社の友達に会った時
みんな幸せそうにしていて良かったと思いましたが
話が進むにつれて、悩みもポツポツ話し始めるんですよね。

どの人も多かれ少なかれ問題を抱え込んでいるなと思いました。
でも、それの解決を考え、突き進んでいくことは
自分を向上させてくれるチャンスだよと
ちょっと年長さんらしいことをしゃべってきました。
(一番年上なんですぅ~~~~)
Commented by 素顔のままで at 2009-11-28 17:48 x
私もどんなに絵手紙に励まされ 力を頂いた事でしょう!
正直に、涙が頬をつたうことも。。
ポストに絵手紙を見つけたときの喜びは言い表せません。

本当にありがとうございました。
改めて御礼申し上げます。
Commented by kyo-ko5 at 2009-11-28 22:29
素顔さん、あなたにもしばらく送ってないわ。
ごめんなさいね。
頑張って描いても限度があるので、待っててね。

私も一番最初に絵手紙の講師にもらった葉書は
自分で不思議なくらい感動しました。
たった一枚のはがきなのに
すごい働きをしてくれますね。
by kyo-ko5 | 2009-11-27 18:13 | 絵手紙 | Comments(6)