水彩画教室で

f0202151_20422828.jpg

久しぶりに水彩画教室に行った。
デスケール(・・・・って呼んでるけど、正確にはデザインスケールかな?)
を使い、紙にもマス目を引いて、正確にデッサンをしている人がいた。

この教室では、正確に描くということは必要なことだけど
私は絵手紙の、絵は勢いですよ、感動で描くんですよ、
感じたように描けばいいんですよ、楽しんで描くんですよ
どんなものを使ってもいいんですよ
という自由奔放なところが好きだなぁと、改めて思った。

水彩画教室にも感動も楽しみもあるから通っているんだけど
絵手紙の方がもっとワクワクしますね071.gif

今日の絵手紙は先日の猫の湿拓バージョンだけど
ちょっとやりすぎですね。
手のところに墨も落としてしまいました。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-10-14 21:01 | 絵手紙 | Comments(4)

Commented by etegaminikki at 2009-10-14 21:50 x
今度きゅうママさんに湿拓教えてもらう約束なんだけど、
彫り彫りしたところが鮮明にでちゃうんでしょうか?
Commented by とくちゃん at 2009-10-14 21:54 x
顔を洗ってる猫のしぐさがかわいいですね。

墨のポトンもアクセントになっていますよ!
Commented by kyo-ko5 at 2009-10-14 22:08
etegaminikki さん、湿拓は乾拓よりちょっと深く彫らないと
鮮明に浮かび上がって来ません。
それに白抜きのところの彫り跡がよくわかるので
そこも、猫の場合だったら毛の流れに沿って彫るほうが
仕上がりが綺麗に見えるように思います。

私は、あっち向いたりこっち向いたり適当に彫ってます。
彫り残す線は、もっとワイルドなほうがいいと思うんですけど
消しゴム印の癖でつい綺麗に彫ろうとしてしまいます。

きゅうママ先生に習えるなんてうらやましいわ!
Commented by kyo-ko5 at 2009-10-14 22:09
とくちゃん、ほかの時でも
ボトンはあまり気にしないことにしています。
失敗も味わいのうちです。