お見舞いの絵手紙

f0202151_22181915.jpg

夕刊に「この道」というコラムがあって
今はペギー葉山さんが連載されている。
「介護」というテーマの日に

「私は今、病気のお見舞いに簡単に行かないようにしています。
元気な人が明るく見舞いに行ったら
病人は悔しいだろうと思うからです。」

そう書いてありました。

私も今、母と弟が入院していて
母はともかく、弟の病室では気を使います。

兄ではなく、弟なのでよけいに、ペギーさんが言われるように
やっかむだろうと思うからです。

そういう相手ではなくても、病気のお見舞いに行って
なかなか適当な言葉が出てきません。

もし私がお見舞いされるほうの立場なら
病みつかれた顔を見られることも困惑するでしょう。
気力を振り絞って、お見舞いの人と話さなければと努力するでしょう。

そんなとき、絵手紙はとってもすぐれもののアイテムだと思います。
気分の良い時に何度でも見てもらえるというメリットもあります。

これまでに何枚そういう絵手紙を描いたでしょうか。
こういう絵手紙こそが、私の目指しているものです。

今日の絵手紙の花は、きすげ・・かな?
「きいない」は、この辺りの方言で「黄色の」という意味です。
[PR]

by kyo-ko5 | 2009-06-26 22:35 | 絵手紙 | Comments(12)

Commented by 素顔のままで at 2009-06-27 02:24 x
お見舞いは嬉しや悲しやデスネ。
行く方も来られる方も、、、
本当に難しいと思います。
個室なら兎も角、同室の方に互いに気も使いますしね。

絵手紙は、戴くと本当に嬉しいです。
私は、未だに飾ってあります。

そして、下手ですが母には時折書いて励ましています。
絵手紙で顔を出さない事への詫び状のようでも。
でも喜んでくれます。

チョットした気遣いが互いの心を優しくしてくれます。
Commented by ばあら at 2009-06-27 14:41 x
お見舞いも気を使いますが
メールでいかがですか?とたずねるのも
どうかなと迷います。元気になっているのならいいけど
逆の場合は本人も返事しずらいと思います
先日、迷って、すっかり元気になったのを周りの方から聞き
メールしました
Commented by TERAI at 2009-06-27 18:23 x
なるほど。お見舞いも気をつかいますね。私の大叔母はちぎり絵をしていて私のHPにもUPしてありますが、90歳をすぎて覚束なくなってから、施設へ入りました。しかし息子さんは入所したことは広めてもらっていいが、面会には行かないで欲しいということでした。
その施設も先日電話してみたらもう数ヶ月前に退所したということでした。今はどこでどうしているやら・・・。
Commented by mayumi at 2009-06-27 21:04 x
私もお見舞いは行きにくい方です。そんな時に絵手紙は良いですね。ホッとしてもらえるような絵手紙を送ることが出来たら最高。
Commented by yayoi  at 2009-06-27 21:59 x
そうですね
私も 癌のお友達の時  行きにくかったので
毎日  絵手紙出しました。
へたな絵  喜んで頂きました。
絵手紙って  いいですね。

Commented by 京子 at 2009-06-27 22:11 x
素顔さん、お見舞いはやはり言葉にも気を使いますね。

母の部屋は大部屋で、ほかのベッドの人も退屈して
私たちの話に聞き耳を立てていて、時々質問が入ったりします。

以前は、週に一枚は母に絵手紙を送っていましたが
私の方へ連れてきてからは自分が会いに行くので
送っていないです。
Commented by 京子 at 2009-06-27 22:15 x
ばあらさん、療養して元気になれる人ならともかく
母や、同じ部屋の人たちにはどう話していいのか迷うばかりです。
あまりポジティブな言葉を描けるのも空々しい気がしますが
そういわざるを得ませんしね。
Commented by 京子 at 2009-06-27 22:16 x
TERAIさん、大変ですね。
人の気持ちはいろいろですね。
Commented by 京子 at 2009-06-27 22:18 x
mayumiさん、本当にこういう時の絵手紙はいいですよ。
コメントもさりげなく季節のことなどを描いてもいいしね。
Commented by 京子 at 2009-06-27 22:19 x
yayoiさん、どんなに言葉を尽くしても
相手の気持ちは分かりませんし
絵手紙はこういう時のお助けマンですね。
Commented by jyuntonana at 2009-06-28 00:07
最近私のお友達も大腸がんの手術をしましたが
矢張りお見舞いには行かなくて絵手紙にしていました。
特に女性は化粧もしない、やつれた顔を見せたく
無いですものね!
Commented by from-sumi3 at 2009-06-28 01:40
黄色は ビタミンカラーだそうですよ p(・∩・)q

皆さん 迷ったり悩んだりしながら 絵手紙描いていらっしゃるのね
>コメントもさりげなく季節のことなど・・・
『さりげなく』ってのが 難しいですねぇ

伯母へはほとんど毎日 絵手紙描いて出していたのに・・・
母へはなかなか描けません。
母も
「あんたみたい上手に描けないから 出さないからね」と言い出す始末
なんとか描く気にさせ 描く事を習慣にもっていきたいんですが・・・